ESCか、このウィンドウの外クリックで閉じます
建築作品
2016/03/30

虚像の壁によりバーチャルな拡がりを持つ美容室

作品詳細

ジャンル その他 都道府県 栃木県 予算帯 1000万円未満
工場をリノベーションし美容室とする計画。老朽化した建物は風雨が若干吹き込んでいたが外装の補修となるとコストが跳ね上がる。そこで我々は工場内に同じ片流れ勾配を持った入れ子状の空間を挿入した。職人が活動出来る寸法で外装のスキマを決定。そのスキマは直接外部に触れないバッファゾーンとして働き、安定した室内環境を生み出す。内部には既存給排水のライニングが通っており、その箇所はメンテナンス出来るように元々のレンガやトタンのまま露出させている。片流れ空間の高い側をカットスペースとし天井から床までの鏡を貼る事で、虚像の壁がバーチャルな切妻空間を創り出し奥行きと拡がりだけでなく店舗としてのインパクトも与えている。

こちらを設計された建築家

大橋 崇弘

群馬県 studioLOOP
性別
男性
生年月日
1979/06/06
事務所住所
〒374-0112 邑楽郡板倉町朝日野3-8-4

大橋 崇弘さんの他の作品