• HOME
  • 建築作品一覧
  • コア型収納で職住を別ける「左京区のマンションリノベーション」

コア型収納で職住を別ける「左京区のマンションリノベーション」

コア型収納で職住を別ける「左京区のマンションリノベーション」の写真0
コア型収納で職住を別ける「左京区のマンションリノベーション」の写真1
コア型収納で職住を別ける「左京区のマンションリノベーション」の写真2
コア型収納で職住を別ける「左京区のマンションリノベーション」の写真3
コア型収納で職住を別ける「左京区のマンションリノベーション」の写真4
コア型収納で職住を別ける「左京区のマンションリノベーション」の写真5
コア型収納で職住を別ける「左京区のマンションリノベーション」の写真6
コア型収納で職住を別ける「左京区のマンションリノベーション」の写真7
コア型収納で職住を別ける「左京区のマンションリノベーション」の写真8
コア型収納で職住を別ける「左京区のマンションリノベーション」の写真9
コア型収納で職住を別ける「左京区のマンションリノベーション」の写真10
コア型収納で職住を別ける「左京区のマンションリノベーション」の写真11
コア型収納で職住を別ける「左京区のマンションリノベーション」の写真12
ジャンル
集合住宅
予算
1000万円台
延床面積
~100平米
エリア
京都府

本計画は、京都市左京区にある築30年、床面積73㎡のマンショリノベーションです。
リモートワークをされるご夫婦で作業スペースと生活のスペースをゆるやかに分ける必要がありました。
そこで、マンション中心部にコアとなる収納を設け職と住を分ける計画としました。

約6mのカウンターデスクと背面には、収納を設けています。コンパクトにまとめられた
ワークスペースは、人の最小限の動作で作業ができるスペースとなっています。
また、ふんだんに設けられた収納スペースには、仕事の物だけではなく趣味の物なども収納することができます。
仕事との物と趣味の物がまざりあうことによっても、ゆとりがうまれています。

近年リモートワークが増加している中で、職と住との関係性が必要となっています。
多様化する働き方と住まいの考えかたをコア型収納でゆるやかに繋げることにより、
ONとOFFを切り替えながらも、豊かに生活ができる住宅となりました。

(無料)希望予算で家づくりをしてくれる建築家を探してみませんか?

この情報をシェアする

こちらを設計された建築家

水本純央

ALTS DESIGN OFFICE(アルツデザインオフィス)

電話番号
077-554-3680
ホームページ
http://alts-design.com/
事務所住所
〒520-3037 滋賀県栗東市北中小路340-5
性別
男性
生年月日
1977/04/03

水本純央さんの他の作品