石部の家

石部の家の写真0
石部の家の写真1
石部の家の写真2
石部の家の写真3
石部の家の写真4
石部の家の写真5
石部の家の写真6
石部の家の写真7
石部の家の写真8
ジャンル
戸建住宅
予算
2000万円台
延床面積
~150平米
エリア
滋賀県

本計画はクライアントの「倉庫をリノベーションしたような住まい」という言葉からスタートしたプロジェクトです。
近年住まい方の多様化もあり、金額面を考え既存倉庫をリノベーションしたような住まいが流行っています。
しかしながら実際は、しっかりと住居として考えるには断熱性能や構造面を配慮する必要があり、結局のところ新築並みの金額がかかってしまうことが多々あります。
そこで、本計画では新築で「倉庫をリノベーションしたような住まい」をつくりだし多様で豊かな空間を試みました。

敷地は古くからある住宅地と新しい分譲地の間に位置し三方を細長い生活道路に囲まれた敷地です。
そこで私たちはまず、昔からこの場所に元々存在するような倉庫を生み出し、その倉庫を施主の手で一つ一つリノベーションしていったかのように丁寧に設計を行っていきました。
外部と内部のつながりを大切にしながら、内部空間ではホワイトキューブを1つ設け、その中にプライバシーの必要な機能を閉じ込めました。全体としては、緩やかに繋がるスキップの空間とし、あえて空間の機能を限定しない平面計画を行い、施主の手で長い時間をかけて愛着のもてる空間を作っていける余白を設けました。
新築とすることで耐久性や環境負荷を考慮しながら時間軸までもデザインし、まるでそこに今まで濃く生活の豊かさへと変化することを私たちは期待しています。



The hope of this client is to live in a house just like a renovated warehouse.
The type of houses is diversified into various kinds, and such a house is prevalent on the ground of financial terms.
However, there're problems as regarding heat insulation capacity and construction to convert a warehouse into a house.
As a result, it costs the same amount as new construction.
Therefore, we built a new house like a renovated warehouse pursuing diversified and productive open spaces.
The ground sits between old residential area and new land for sale for sale in lots.
And it's an area enclosed by residential roads.
We made a building like an existing warehouse at first, and designed it carefully as if the client renovated it.
We made a white-cube inside the building and put rooms needed privacy inside the cube.
In doing so, we valued the connection of the inside and the outside.
We made a splitlevel house, and dare to make non-exclusive rooms on floor planning.
We created.

(無料)希望予算で家づくりをしてくれる建築家を探してみませんか?

この情報をシェアする

こちらを設計された建築家

水本純央

ALTS DESIGN OFFICE(アルツデザインオフィス)

電話番号
0748-63-1025
ホームページ
http://alts-design.com/
事務所住所
〒528-0033 滋賀県甲賀市水口町綾野3-59ミフクプラザ1F
性別
男性
生年月日
1977/04/03

水本純央さんの他の作品