中庭と水盤のある家|上新田の家

中庭と水盤のある家|上新田の家の写真0
中庭と水盤のある家|上新田の家の写真1
中庭と水盤のある家|上新田の家の写真2
中庭と水盤のある家|上新田の家の写真3
中庭と水盤のある家|上新田の家の写真4
中庭と水盤のある家|上新田の家の写真5
中庭と水盤のある家|上新田の家の写真6
中庭と水盤のある家|上新田の家の写真7
中庭と水盤のある家|上新田の家の写真8
ジャンル
戸建住宅
予算
3000万円台
延床面積
~150平米
エリア
大阪府

抜けるような開放感と水盤、
そこからの光が天井を照らし、

「ゆらぎ」が、
静かにうごめくリビング。

この家には、
住む者にしか味わうことのできない、
特別な空間が存在します。


敷地は大阪の市街地、豊中市に新しく区画整理された土地。この計画時では近隣は更地で、まもなく新しい街並みが予想されましたが、北側隣地のマンションから見下ろされるという大きな不安。そしてご要望は、外部空間を生かした開放的で快適な住まいを希望されましたが、周辺環境を考慮するとプライバシー、セキュリティの観点からも、たんに開放的なだけの住居とするには不安がありました。

・プライバシーをコントロールする三つの扉
コの字型に囲むような間取りの配置で、南向きに開かれた中庭。まず、門のような大きな扉をくぐり、中庭へとアプローチされ、こに面して玄関があります。また、水盤の脇にある大きな引き戸は中庭と外部の通りと分け隔て、開閉する事で距離感も生まれ、空間の性質を変えられます。さらに、内と外を仕切るワイドサッシを引き込むことで、リビングと中庭とが融合します。これらの三つの扉によって、この家の空間の性質だけではなく、プライバシーも自由にフレキシブルにコントロールが可能となりました。

・四つの性格の異なる庭で空間演出
大小さまざまな外部スペースの、中庭、光庭、坪庭、内庭、空庭を配置し、半屋外の魅力的な場所となりました。ガラス扉を壁に引き込むことで、開放的となった広間であるリビング・ダイニングは、この大開口によって内と外とがつながり、魅力的な空間の演出が可能となりました。
そして、水盤からの光がリビングの天井に「ゆらぎ」をもたらします。その光は静かにうごめき、まるで時がとまったかのようです。

・プライバシーを守る水盤と演出効果
空庭に降り注いだ雨水は樋をつたって、和室前の光庭の石臼に落ち、あふれ出た水が中庭にある水盤へ。床続きで作られた水盤は、3m 四方でわずか5cm の深さと浅いもので、雨が降れば水はいつも綺麗に循環します。中庭の水盤は大きな演出効果を持つと同時に、雨水利用のエコロジー的な潤いがあり、この家のプライバシーも守ってくれています。

(無料)希望予算で家づくりをしてくれる建築家を探してみませんか?

この情報をシェアする

こちらを設計された建築家

水谷嘉信

中庭のある家づくり|水谷嘉信建築設計事務所

電話番号
06-6308-0524
ホームページ
https://www.court-yard.com/
事務所住所
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島1-9-16、新大阪ストロングビル801
性別
男性
生年月日
1956/11/05

水谷嘉信さんの他の作品