リフォーム費用の相場一覧(水回り、リビング、収納、和室など…)

auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。
リフォーム費用の相場一覧(水回り、リビング、収納、和室など…)

リフォームといっても、部屋や範囲によって手を入れる方法はさまざまです。もちろん価格も異なります。もしもリフォームを希望なさっているのなら、「いくらくらい準備しておけばいいのだろうか」と不安になることもあるでしょう。

今回は、特に人気のある「バスルーム」「トイレ」「キッチン」「洗面所」「リビング」「収納」「和室」のリフォーム費用の相場についてご紹介します。是非参考になさってください。

バスルーム―50~150万円

バスルームといっても、在来工法(床や壁をタイルで貼ったもの)からユニットバスに変更、ユニットバスから新たなユニットバスに変更、更に多機能なユニットバスに入れ替えるなど、いくつかのリフォーム方法があります。

ざっと、相場をピックアップしてみます。

  • 在来工法からユニットバスへ―100~150万円ほど
  • ユニットバスから新たなユニットバスへ―60万円ほど
  • ユニットバスから多機能なユニットバスへ―100万円ほど

 

おおむね、このような金額となります。

同時に給配水管を新しくするなどの追加費用が発生することがありますので、相場より少し余計目に見ておいたほうがよいでしょう。

トイレ―30万円~100万円

トイレもまた、和式から洋式へ、古い洋式から多機能の洋式へといったパターンが考えられます。同時に、内装もきれいにしたいといった希望もあるかもしれません。

  • 和式から洋式(システムトイレ)へ―100万円ほど
  • 洋式から多機能洋式へ―50万円ほど
  • 床材やクロス変更―10万円ほど
  • 既にある様式トイレに暖房温水洗浄便座をつける―10万円ほど
  • トイレの増設(1階トイレ上部・同じ位置に)―50万円ほど

 

単に便器を取り替えれば済むケースと、和式の段差解消に費用がかかるケースがあります。

さらに、トイレスペースを広げ、バリアフリー仕様にしたいという希望がある場合、壁の位置の変更も考えられますので、相場より更に高額になってしまうでしょう。

キッチン―50万円~200万円

キッチンのリフォームについても、またご希望によりさまざまなケースが考えられます。今あるキッチンが古くなったのでそれだけ取り替えればいい、コンロをガスからIHクッキングヒーターに買えたい、アイランドキッチンにしたいなどが想定されます。

ご希望はどれでしょうか。そして、その相場は……。

  • キッチンだけを取り替える―50万円~100万円ほど
  • IHクッキングヒーターへ変更―30万円~50万円ほど
  • 従来の壁付けキッチンからアイランドキッチンへ―100万円から400万円ほど

 

やはり、見た目も一番大きく変化する「アイランドキッチンへ」というパターンが高額となります。新しいキッチンを配置する位置へ給排水管の移設をし、排気用ダクトを設置、もとあったキッチンの撤去、床や壁にまで手を入れますので、どうしても相場より高額になってしまいます。

洗面所―40万円~100万円

洗面所も、単に手洗い・洗面といった機能だけでなく、それにまつわるモノ(化粧品やタオルなど)の収納力を求めるためにリフォームしたい場所かもしれません。また、トイレ同様、お客様が来たときに使っていただく場所でもあるため、システムタイプでは満足できず、好みのボウルやタイルで美しく仕上げたいということもあるでしょう。そのときは、相場は「使うモノ次第」です。

  • システムタイプの洗面台へ変更―40万円~100万円ほど
  • 最低限の機能でシンプルなものへ変更―20万円ほど
  • ボウルやタイルを厳選し、造作してもらう―使う資材により変動

 

ご家族の多いご家庭で、なおかつ広いスペースを確保できるのであれば、朝の“みじたくラッシュ”を避けるためにボウルと鏡を二つ用意するなどのプランで、1日のスタートを快適に切ることができます。

リビング―30万円~200万円

リフォーム時期を迎える家は、キッチンとダイニング、リビングが引き戸で区切られていることが多いのではないでしょうか。これらを一体化し、リビングダイニングキッチンへ変更するとなると、仕切り部分・柱の撤去が伴いますのでどうしても大掛かりになってしまいます。

単純に和室をフローリングにすればそれで事足りるケースもありますから、相場にかなりの開きがあるのがリビングです。

  • キッチン・ダイニング・リビングをLDKへ―150万円~200万円ほど
  • 和室をフローリングへ―100万円ほど
  • 現在のフローリングを新しいフローリングへ―50万円ほど
  • リビングの一部に畳スペースを設置―20万円~50万円ほど

 

キッチンとダイニング、リビングを一体化させ、LDKにリフォームしたい場合、強度の問題でどうしても取ることのできない柱が現れることがあります。それを上手に活かし、見栄えよく仕上げるために、デザインや家具の配置の面で細かな検討が必要となることがあります。上記は相場ですが、その他に必要な費用が出てくるかもしれません。

収納―30万円~100万円

「収納のリフォーム」とは、あまり思い浮かばないことかもしれません。ですが、リビングダイニングキッチンのように、広いスペースを設けることが多くなった今、部屋を美しく保つために、生活観の漂うものは極力しまっておきたいという気持ちにもなります。そういった場合、壁面収納を設けるのが一般的です。テレビのみ表に見せ、それを取り囲むように壁面収納を配置します。

また、キッチンを新しくすると同時に、食材や調味料、保存食品を収納するための床下収納が必要となるかもしれません。吊り棚を昇降式に変更することで使い勝手の向上を希望されることもあるでしょう。

  • リビングの壁面収納―100万円ほど
  • 床下収納を設ける―10万円ほど
  • 吊り棚を昇降式に―20万円~30万円ほど
  • 廊下部分に壁面収納を設ける―50万円ほど

 

収納のリフォームを考えるとき、必須なのは「どこに・何を・どのくらい収納するのか」の検討です。収納リフォームをしたはいいけれど、思ったより入らなかったというときは、計算ミスといわざるを得ません。極力無駄なモノを廃棄し、本当に必要なモノだけで暮らすというライフスタイルを実践しましょう。

和室のリフォーム―50万円~100万円

和室といえば、日本人がほっとする一画です。かといって、全くのフラットでは使いづらいということから、フローリングのリビングの一部分を小上がり畳敷きにするスタイルも流行中。また、従来の和室の“古臭さ”を排除した、モダンな和室も人気です。和室のリフォーム相場は……。

  • リビングの一部を畳スペースに―50万円~100万円ほど
  • 近代風の和室に―50万円~100万円ほど
  • 新しい畳へ入れ替え―1畳あたり2万円ほど
  • 畳表のみ新しいものへ―1畳あたり1万円ほど
  • 土壁から珪藻土に塗り替え―30万円~

 

いずれの方法であっても、近接の他の部屋とのバランスを見てデザインすべきものですから、和室単体で考えずに印象の統一を図ることも必要です。

おわりに

せっかく大きな手を入れるリフォームですから、ただ単に設置しているモノを新しくするだけでなく、使い勝手を向上させたいところです。「古さ」以外に今現在困っていることはありませんか。それを解消するためにリフォームすべきモノをどう選べばその問題を解消することができるでしょうか。

リフォームは生活の質向上にもつながります。一度リフォームすれば、その後更に数十年使うことになりますので、「これからどう暮らしたいか」をしっかりと考えた上で、建築家やリフォーム業者へ相談してください。

無料でお得なリフォーム業者を探すなら、こちらがお勧めです。