東京タワーと桜の見える家

東京タワーと桜の見える家の写真0
ジャンル
戸建住宅
予算
1億円以上
延床面積
151平米~
エリア
東京都

ご夫婦と3人のお子さん、お祖父さんの6人で暮らすRC造の二世帯住宅。
近隣のマンションからの視線に配慮しつつ、東京タワーの見える南側の眺望と北側隣地の桜の景色を最大限室内に取り入れた住まいです。
家族が多くの時間を過ごすLDKと子供の勉強スペースを2階に配置。親世帯の居住スペースは1階に、子世帯の個室は3階に配置して距離をとっています。
リビングダイニングのほか、主寝室、書斎、洗面・浴室からも東京タワーの眺めを楽しむことができ、加えて、リビングダイニングや和室、3階通路や子供室1からは北側隣地の桜の借景が楽しめるようになっています。
構造は外周部に耐力壁を配した鉄筋コンクリートの壁式構造で、柱型や梁型が室内に現れず、将来の間取りの変更にもフレキシブルに対応でる計画です。

(無料)希望予算で家づくりをしてくれる建築家を探してみませんか?

この情報をシェアする

こちらを設計された建築家

石井正博+近藤民子

設計事務所アーキプレイス

電話番号
03-3377-9833
ホームページ
http://www.archiplace.com
事務所住所
〒151-0071 東京都渋谷区本町パルムハウス初台301
性別
男性
生年月日
1962/04/03

石井正博+近藤民子さんの他の作品