南青山の東洋医学クリニック+鍼灸院

南青山の東洋医学クリニック+鍼灸院の写真0
南青山の東洋医学クリニック+鍼灸院の写真1
南青山の東洋医学クリニック+鍼灸院の写真2
南青山の東洋医学クリニック+鍼灸院の写真3
南青山の東洋医学クリニック+鍼灸院の写真4
南青山の東洋医学クリニック+鍼灸院の写真5
南青山の東洋医学クリニック+鍼灸院の写真6
南青山の東洋医学クリニック+鍼灸院の写真7
南青山の東洋医学クリニック+鍼灸院の写真8
南青山の東洋医学クリニック+鍼灸院の写真9
南青山の東洋医学クリニック+鍼灸院の写真10
南青山の東洋医学クリニック+鍼灸院の写真11
南青山の東洋医学クリニック+鍼灸院の写真12
ジャンル
診療所・病院
予算
1000万円未満
延床面積
~100平米
エリア
東京都

「R壁」と「スキップフロア」で、可愛らしい空間の「質感」が変わるクリニックを設計しました。

小さなスペースで、天井高さも低い状況で、どうすれば、居心地の良い空間がつくれるか考えました。元々室内には、構造上の関係で、50センチほどの段差が有り、南側半分の明るいエリアが高い範囲、北側半分が低い範囲になっていました。段差をネガティブなモノとして考えるのでは無く、逆に段差を上手く使う事で、より良い空間をつくる事を目指しました。

段差をスキップフロアにする事で空間全体に変化をつけて、開放感を持ちながら段差を解消しました。待ち合いスペースを、小さいながらも溜まれるスペースとして、スキップフロアで受付とクリニック診察室にいく目線の変わる動線が、天井が低い事での圧迫感を感じさせない空間構成となっています。

クリニック診察室を、明るい南側のスペースに配置。天井が低いが、入室の為にスキップフロアで上がる経験をする過程で、天井高さは気にならなくなります。鍼灸院のエリアは北側の落ち着いたエリアに配置しました。診察室で診断を受けた患者がリラックスして治療を受ける。他の場所から独立し影響を受けない場所としています。

アール壁(曲線の壁)とスキップフロアが、待ち合いスペースと、診察室、治療室(鍼灸院)の間にあり、空気感が変わる切っ掛けになっています。「落ち着いた気持ち」や診療を受ける「動的な気持ち」に変わり、それぞれの場所に入っていく事になります。

東洋医学らしくないクリニックにしたいという要望と、不老長寿の仙桃(三千歳)を理念としたクリニックであったので、桃色をキーカラーとした内装デザインをし、桃をモチーフにしたロゴの提案もさせて貰いました。

(無料)希望予算で家づくりをしてくれる建築家を探してみませんか?

この情報をシェアする

こちらを設計された建築家

小木野貴光 + 小木野仁美

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

電話番号
03-5948-9673
ホームページ
https://www.ogino-a.com/
事務所住所
〒115-0053 東京都北区赤羽台1-5
性別
男性
生年月日
1973/12/

小木野貴光 + 小木野仁美さんの他の作品