京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜

京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真0
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真1
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真2
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真3
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真4
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真5
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真6
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真7
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真8
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真9
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真10
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真11
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真12
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真13
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真14
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真15
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真16
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真17
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真18
京ケ峰の家〜深い軒に守られた趣のある家〜の写真19
ジャンル
戸建住宅
予算
3000万円台
延床面積
~150平米
エリア
愛知県

郊外の小高い丘に雛壇状に造成された敷地に建つ住宅。子育てがひと段落したタミングでの建て替え。40年以上前に造成された住宅街にあり、落ち着いた風情の街並みに馴染むよう落ち着きのある佇まいを心がけた。

もともと週末に家庭菜園を楽しまれていたこともあり、引き続き家庭菜園を楽しむスペースのある庭を希望されていたので、リビングと庭を緩やかに繋ぐためウッドデッキと深い軒を設けた。

基本的にご夫婦の生活が1階で完結するようにすることで将来の生活も見据えた間取りとしている。

丘陵地にあるため2階の眺望がよかったのでインナーバルコニーを設けた。手すりが腰掛けにもなっている。

主要な窓には木製の雨戸が引き込めるようになっており、近年急増する大型台風対策になるのはもちろん、木製の戸袋が外観に落ち着きをあたえ、網戸も収納できるので使わない季節は汚れ防止にもなる。

施主の感想
不順な気候の影響をほとんど感じない大変快適な生活を送っております。また昨日から一転猛暑に見舞われましたがこの家は大変涼しくまたエアコンもよく効き以前の家の頭が火照るようなことは一切ありません。先週も帰省した長男がこの家はとてもエアコンが効いて涼しいと感心していました。とのお言葉をいただきました。

(無料)希望予算で家づくりをしてくれる建築家を探してみませんか?

この情報をシェアする

こちらを設計された建築家

小林良孝

小林良孝建築事務所

電話番号
052-770-6458
ホームページ
http://arch-kobayashi.main.jp/
事務所住所
〒464-0851 愛知県名古屋市千種区今池南2-27 千種通スカイマンション201
性別
男性
生年月日
1977//

小林良孝さんの他の作品