外壁塗装工事の費用と業者の選び方!安くおさえるには?

auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。
外壁塗装工事の費用と業者の選び方!安くおさえるには?

–家づくりはカタログ一括請求から始めよう!–

本文に入る前に、マイホームを考えているあなたに向けて重要なことをお伝えします。

マイホーム作りでまず初めにやらなければいけないこと、それは「住宅メーカー選び」です。

土地探しよりも、資金調達よりも、まず初めに住宅メーカーを探すことが大事。というのも、依頼する住宅メーカーに関して後悔する声が後を絶たないからです。

建てた後に後悔してしまわないように、初めの段階でメーカーの比較を十分に行っていきましょう。

でも全国各地に無数にある住宅メーカーからどれを選べばいいかわからない

という問題が出てきますよね。

そこで活用してほしいおすすめサービスが、東証一部上場のリクルートが運営するカタログ一括請求サービスです。

カタログ一括請求サービスを利用すれば、条件に合うおすすめ住宅メーカーのカタログが一括で届きます。しかも無料

予算や住宅のテーマ、シニア向けやエコ住宅などの条件を選択できるので、あなた好みの住宅メーカーを探すことが可能です。

ぜひ一括請求で理想のハウスメーカーを探してみてくださいね!

SUUMOでカタログを一括請求してみる⇒

promotion

PR

外壁や屋根は、家のなかでも一番外気・紫外線にさらされる部分です。劣化し、剥げていく外壁塗装のメンテナンスは、家の手入れの重要なことのひとつとなります。外壁塗装は、美観という点以外でも家を守ってくれる重大な役割を担っています。今回は、外壁塗装にまつわる大切な知識についてお伝えします。

本文に入る前に、この記事を読んでいるあなたへとっておきの情報をお伝えします♪
 

リフォームを考えているあなたは今、「リフォーム会社が多すぎて、どこにお願いしたら良いか分からない」と悩んでしまってはいませんか?

リフォームにはたくさんのお金を使いますし、失敗して後悔したくはありませんよね・・・。

そんなときに「絶対使わないと損する」サービスがあるんです!

それが、リクルートが運営するSUUMOカウンターリフォーム



◼️完全無料
◼️無理な営業は一切なし
◼️優良なリフォーム会社800社から厳選して紹介
◼️万が一でも安心な「完成あんしん保証」付き
◼️お断りも代行してくれる
◼️相談だけでもOK


このサービスを使うと、リフォームのプロがあなたの条件に合ったリフォーム会社を厳選してくれるんです!

自分ではなかなか会社選びが難航してしまいますよね・・・。でもこのSUUMOカウンターリフォームを使えば、プロが一瞬でおすすめの会社を複数紹介してくれるので、忙しい人でも簡単にリフォーム会社を比較検討できるようになりますよ!

\完全無料!3分入力で簡単に依頼完了!/


 

1.外壁塗装とは

外壁塗装といえば、家の美しさを保つと同時に、家を守るためとても重要なものです。あまり意識しない家の外側のことではありますが、まめなチェックが必要です。

1-1.そもそも外壁塗装はどんな工事?

そもそも外壁塗装はどんな工事?

家を建て引渡しが完了した時点では、家は「最高の状態」にあります。しかしながら、年月を経るにつれ、風雨や太陽光にさらされることで塗料が傷み始め、家のイメージを変えるだけでなく、雨水が下地を通過して浸入することで家を傷めることになります。

家の「美しさ」と「健康」を保つためのカバー役となるのが外壁塗装です。

1-2.外壁塗装しないまま放っておくと…

外壁塗装のし直しをせず、劣化するに任せてしまうと、単に家が古ぼけて見えるだけでなく、雨水や汚れが外壁を浸食してしまいます。金属外壁であればサビを、その他の外壁ならばひび割れを起こし、雨漏りの原因を作ってしまうことにつながります。1ミリ以下のごく薄い塗料膜ではありますが、家を守るために重要な役割を果たすのです。

1-3.外壁塗装は築何年経過が目安?耐用年数は

外壁塗装の塗り直し施工のサイクルは、新築時からの初回は5年を目安に考えるのがよいでしょう。というのも、構造に用いられる木材やコンクリートは、新築時から数年かけて湿度・気温に左右され多少ながら変形してしまうからです。その後は安定してきますので、10年に1度のサイクルでも大丈夫です。

しかしながら、用いる塗料の種類によっては風雨に耐えられる年数も変わります。耐用年数はアクリル塗料の場合5年ほど、シリコン樹脂塗料は10年以上、フッ素樹脂塗料ならば20年ほどとされています。

1-4.外壁塗装工事の工程とスケジュール

外壁塗装工事の工程とスケジュール

外壁塗装は足場を組むところから開始されます。概ね2週間弱を見込んでおくのが良いでしょう。

まずは、ご近所へのご挨拶・おおよその工事内容の説明に回ります。このご挨拶があれば、ご近所に住む方とのトラブルを最小限にとどめることができます。これは業者が行ってくれることが一般的ですが、両隣のご家庭には自身でご挨拶しておくとよりスムーズに進みます。工事中にホコリや塗料などが舞いますので、必要に応じて隣家の車にかけるシートを工事業者が用意してくれます。

実際に工事がスタートすると、

  1. 足場を組む
  2. 塗装工事事前の外壁洗浄
  3. 外壁塗装前の下地塗り
  4. 下地の養生
  5. 下塗り
  6. 中塗り
  7. 上塗り
  8. 最終チェック
  9. 足場解体

でそれぞれ最低でも1日ずつを要します。

とはいえ、これはお天気に恵まれ、殊更難易度も高くない形状の家の場合ですので、これ以下になることはほとんどありません。

工事期間中は、ご近所へ迷惑がかかってはいないかを業者と共に注意深くチェックしておきましょう。工事業者へ文句を言えずに「溜め込んでしまう」タイプの方がいれば、ささいな気兼ねが後に大きな問題となる事例もありますので、なおのこと注意が必要です。

2.外壁塗装するにはいくらかかる?騙されない見積書チェック方法

外壁塗装するにはいくらかかる?騙されない見積書チェック方法

外壁塗装工事を依頼する際には、見積書をもらいましょう。良心的かつ誠実な業者であれば、何にいくらかかるかの情報を細かく記載した見積書を出してくれます。見積書の読み方についてご説明します。

2-1.外壁塗装工事費用の計算方法

外壁塗装工事費用の計算方法

実際の見積書に記載されているべきものは以下の通りです。

  • 足場
  • 高圧洗浄
  • 養生
  • 飛散防止ネット
  • ケレン(クリーンが語源。汚れやサビ落とし、古い塗装膜を落とす作業)
  • シーリングないしはコーキング
  • 下地補修
  • 下塗り
  • 防水
  • 廃棄物処理費などの雑費

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒

このような項目に、単価と家のサイズに合わせた小計額、そして合計額が記載されているのが自然な見積書です。

2-2.外壁塗装工事の項目と目安となる平米単価

上記の項目の目安となる平米あたりの単価、つまり相場は以下の通りです。

  • 足場…500~1,500円(足場の種類・掛け方による)
  • 高圧洗浄…200~500円(洗浄方法による)
  • 養生…300~500円
  • 飛散防止ネット…100~200円
  • ケレン…500円~(塗装膜や外壁の状態による)
  • シーリングないしはコーキング…700円~(状態による)
  • 下地補修…2000円~(ひび・クラックの状態による)
  • 下塗り…600円~(外壁の種類や塗料との相性で下地材を決定する)
  • 防水…3,000円程度
  • 廃棄物処理費などの雑費…10,000円~

2-3.外壁塗装工事に使われる塗料の特徴とそれぞれの平米単価

外壁塗装工事に使われる塗料の特徴とそれぞれの平米単価

外壁塗装に用いられる塗料は、大まかに6種類があります。ベーシックな塗料から、機能性を持たせた塗料までありますので、業者とよく話し合って決定しなければなりません。

  • アクリル系塗料…1,000円程度
  • ウレタン系塗料…2,000円程度
  • シリコン系塗料…3,000円程度
  • フッ素系塗料…4,000円程度
  • 光触媒(太陽光で汚れを浮かせる機能あり)…5,000円程度
  • 遮熱(含有するセラミックにより日光を跳ね返す機能あり)…5,000円程度

2-4.外壁の塗装面積の求め方

上記で記載した費用は、1平米あたりの目安です。この単価に、外壁の面積をかけることで概ねの金額がわかりますが、外壁の面積を理解している方はそう多くはないでしょう。このときは、延べ床面積から概ねの外壁面積を計算することができます。

  • 延べ床面積×1.3

大きな窓のある家ならば、この計算式で導き出された数よりも少なくなります。

もちろん、家の図面が手元にあればそれを見たり、実際にメジャーで図ってみることも有益です。

2-5.一般的な規模の住宅における見積もり価格例

家の大きさ・形状、足場のかけやすさ、外壁の傷み具合、選ぶ塗料の種類で金額は異なりますが、以下のような金額をイメージしておくとよいでしょう。

2-5-1.外壁塗装工事の面積が約100㎡(約30坪)のケース

約100㎡(約30坪)の一般的な家の場合、概ね73万円ほどの金額がかかります。内訳は、

  • 足場…約80,000円
  • 洗浄…約25,000円
  • 養生…約50,000円
  • 飛散防止ネット…約18,000円
  • シーリング…約90,000円
  • 下地補修…約15,000円
  • 下塗り…約85,000円
  • シリコン系塗料…約350,000円
  • 雑費…約20,000円

です。

2-5-2. 外壁塗装工事の面積が約130㎡(約40坪)のケース

約130平方メートル(約40坪)の場合には概ね97万円の費用がかかります。内訳は、

  • 足場…約110,000円
  • 洗浄…約35,000円
  • 養生…約60,000円
  • 飛散防止ネット…約22,000円
  • シーリング…約130,000円
  • 下地補修…約15,000円
  • 下塗り…約125,000円
  • シリコン系塗料…約450,000円
  • 雑費…約20,000円

です。

2-6.騙されないための見積書のチェック方法

できるだけ避けたい項目は「一式」です。どうしても細かく記載できない費用を「一式」と表示することもありますが、そのときは誤解やごまかしを避けるために「この中には何の費用が含まれているのか」を詳しく聞いてください。一式という表現でうやむやにし、余計な施工費用を取ろうとしている業者なら、事細かに説明できないはずです。

3.サイディング外壁の場合

サイディング外壁を用いている場合は、上記の手順・費用とは少し異なっています。サイディングとは、板状の外壁材を壁に貼る外壁のことです。

※サイディング外壁を採用していないときは、この項は読み飛ばしてください。

3-1.サイディングとは

サイディングとは

先にも触れましたが、サイディング体壁とは、板状になった外壁材を壁に張り外壁を「組み上げていく」タイプのものです。工業製品として既に出来上がった外壁材をサイズに合わせてカットし、建物に貼り付けていきます。モルタル壁などと比較して時間がかからない・デザインが多く選びやすい・人件費も安く抑えることができることが特徴です。比較的、最近の住宅によく見られます。

サイディングは、

  • 窯業系
  • 木質系
  • 樹脂系
  • 金属系

に分けられ、求める機能やデザインにより選択が可能です。

サイディングを覆っている防水用塗膜は7年ほどで劣化してしまいます。特に窯業系・木質系サイディングは水を吸う性質を持っていますので、塗膜がはがれ始めると、雨水を取り込んでしまい家を傷めることがありますので注意が必要です。

また、サイディング同士を接着するコーキング(シーリングともいう)が劣化し、その隙間から雨水が入ってしまうこともあります。

3-2.サイディング外壁の場合の費用

サイディング外壁の手当ては、劣化具合により張り替えなければならないケース、塗装で済むケース、コーキングのし直しで済むケースとに分けられ、その程度により費用が大きく変わります。

150㎡の外壁の場合、概ね

  • 張替え…約200万円~
  • 塗装…約150万円~
  • コーキング…約15万円~

の費用がかかります。

3-2-1.サイディングの張替え

サイディング自体が傷んでしまい、張り替えるときでも、今のサイディングをはがし新たなものに変えなければならないこともあれば、今のサイディングの上に新しいサイディングを貼り付けることで済むこともあります。

3-2-2.サイディングの上から塗装する、またはいまのボードをはがして塗装する

サイディングの塗膜の劣化に早く気づけば、塗装工事だけで済ませることができます。塗膜の役割は水分を外壁材に染み込ませないための撥水です。特に日光にさらされやすい南向きの壁に注意をし、手のひらでこすってみて白っぽい粉(チョーキングといいます)が表れ始めたら塗装を検討してください。

サイディングボードをはがして塗装することも可能ではありますが、手間や費用の面で現実的ではありません。

3-2-3.シーリングのリフォーム

サイディングボード同士の隙間を埋めるシーリング材が縮み、隙間が見えるようになっていれば、リフォームが必要です。シーリングを取り除き新たに打ち変える方法と、今のシーリングの上からシーリング材を追加する方法があります。

上記のどのケースに当てはまるにせよ、外壁の異変を早期発見することで安く・早く手当てをすることができます。

4.外壁塗装業者の選び方と騙されない見積書チェック方法

外壁は家の印象を決める大事な要素であると同時に、家を守るものでもあります。それを逆手に取り、築年数が概ね同時期の住宅団地全体を「お客様」と捉え、ローラー営業をかける業者もあります。それらの業者全てが悪質とはいえないものの、中には悪徳業者が存在するのも事実です。

4-1.訪問販売の業者に要注意

訪問販売の業者に要注意

注意していただきたいのは、「近くで塗装工事を行いますので、今なら足場の準備にお金がかかりません」、「今すぐ決めて頂けたら○○円引きします」と決断を急ぐよう迫る営業方法です。大きな金額が動く手入れだけに、冷静さを欠かせるような営業手法は好ましいものではありません。

4-2.どんな業者がおすすめ?

意外に多いトラブルは、知り合いからの紹介です。「あの人がいうのなら大丈夫だろう」という安心感からついお願いしてしまい、後に後悔するというケースはとても多いものです。

たとえ紹介してくれた方は満足していたとしても、その人の家とあなたの家の状態・外壁の種類は全く異なります。紹介してくれた方が納得した仕上がりであっただけに、その人に文句も言えず、業者との「直接対決」を経て国民生活センターへ相談することになる方も少なくありません。

4-3.大手業者か?地元の業者か?

外壁塗装を手がける業者は、大手として知られる業者、地元の業者とがあります。特徴は

  • 大手業者…下請け業者が存在し、中間マージンが発生する
  • 地元業者…自社で塗装工事をする

という違いです。

どちらがよいのか、というのはひとことで言うことはできません。きちんと管理のできている大手ならば、下請け業者も気を引き締め施工してくれるはずです。地元業者はその土地での評判が命綱であるだけに、丁寧な施工をしなければ生き残ることができません。

こう考えると、「どこがいいのかわからない」と考えてしまうのも当然のことです。

4-4.複数の業者から見積もり書をもらおう

複数の業者から見積もり書をもらおう

上記のケースで問題となる点は、紹介により「最初から1社に依頼しようと決意したこと」です。業者により得意・不得意がありますし、会社の営業姿勢もわからないままにお願いすることがトラブルの原因となっているのです。

大切なのは、複数の外壁塗装業者に見積もりを出してもらうことです。そして、家をチェックに来た営業担当者に以下のことを聞くことをおすすめします。

  • 塗装工事の方法
  • 保障の有無
  • これまでに施工した実績

また、実際に見積もり書を受け取ったときに、不明点があればとことん説明を求めましょう。費用面だけでなく、近隣の家への配慮の方法、使用する塗料、想定される工事の日数など、納得できるまで説明してくれる会社に依頼すべきです。

複数の会社に見積り書を求めることは、相場情報を知ることができるだけでなく、「お客さまが納得できるまで回答ができるか」を比較するチャンスを得ることにもつながります。

4-5.一括見積サイトなら最大で180万円も安くなったケースも!

しかしながら、数多くある塗装会社からいくつかをピックアップし、1社1社へ問い合わせをするのはとても手間のかかる作業です。この時間の無駄を省くことができるのが一括見積サイトです。

一括見積サイトの良いところは、一度の情報入力で済むことです。その情報が複数の業者に伝わりますので、各業者は他社の存在を意識しながら誠意ある見積書を出してくれ、丁寧な対応をしてくれます。

外壁塗装駆け込み寺」というサイトがおすすめです。

外壁塗装駆け込み寺

地域の工事費用の相場を知ることができるだけでなく、10万件以上の紹介実績があること、業者からのしつこい営業を経験せずに済むこと、家の状態を調査してもらったときに不安を感じたら代理で断ってもらえることが安心材料です。

まとめ

一生の財産である家を大事にするために必要な外壁塗装は、専門知識を持たない方にとって「何を基準にすればよいのか」がわかりにくいものです。しかしながら、とても大切なメンテナンスですので、避けて通ることはできません。

  • 外壁塗装を傷むに任せてしまうと、雨水の浸入・雨漏りを招いてしまい、家そのものが長持ちしなくなる
  • 新築の家の初回塗装は5年目、その後は10年ごとを目安に外壁の状態をチェックし塗装しなおすことがベスト
  • 塗装に使用する塗料によりもちが異なる。アクリル塗料の場合5年程度、シリコン樹脂塗料は10年以上、フッ素樹脂塗料ならば20年ほど
  • 工事は足場をかけるところから始まり、終了まで約2週間を見込んでおき、隣家への配慮も必要
  • 費用は外壁の平米単位で決まり、見積書は平米単価が反映されたものであるべき。「一式」でごまかす業者もあるので注意
  • 外壁の面積が約100㎡ならば70万円~、約130㎡ならば100万円程度~が一般的な外壁塗装費用
  • サイディング外壁の場合、張替え・塗装・コーキングのいずれかとなり、一番傷みがひどい「張替え」となったなら、150㎡で200万円~
  • 知人からの紹介がトラブルを招くケースが多い。一括査定サイトを利用して複数の業者を比較検討することが大切
  • 外壁塗装駆け込み寺」なら、お客様に代わっての「お断り代行サービス」があるので、心理的負担を感じずに複数の会社から見積が取れる

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒