基本設計(基本設計書)とは

auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。
住宅用語集

–家づくりはカタログ一括請求から始めよう!–

本文に入る前に、マイホームを考えているあなたに向けて重要なことをお伝えします。

マイホーム作りでまず初めにやらなければいけないこと、それは「住宅メーカー選び」です。

土地探しよりも、資金調達よりも、まず初めに住宅メーカーを探すことが大事。というのも、依頼する住宅メーカーに関して後悔する声が後を絶たないからです。

建てた後に後悔してしまわないように、初めの段階でメーカーの比較を十分に行っていきましょう。

でも全国各地に無数にある住宅メーカーからどれを選べばいいかわからない

という問題が出てきますよね。

そこで活用してほしいおすすめサービスが、東証一部上場のリクルートが運営するカタログ一括請求サービスです。

カタログ一括請求サービスを利用すれば、条件に合うおすすめ住宅メーカーのカタログが一括で届きます。しかも無料

予算や住宅のテーマ、シニア向けやエコ住宅などの条件を選択できるので、あなた好みの住宅メーカーを探すことが可能です。

ぜひ一括請求で理想のハウスメーカーを探してみてくださいね!

SUUMOでカタログを一括請求してみる⇒

promotion

PR

家を建てようとする土地には、様々な条件がかけられています。その条件の範囲内で図面や仕様を示すものを「基本設計」と呼びます。基本設計の段階で概ねの工事費用がわかります。

本文に入る前に、この記事を読んでいるあなたへとっておきの情報をお伝えします♪
 

リフォームを考えているあなたは今、「リフォーム会社が多すぎて、どこにお願いしたら良いか分からない」と悩んでしまってはいませんか?

リフォームにはたくさんのお金を使いますし、失敗して後悔したくはありませんよね・・・。

そんなときに「絶対使わないと損する」サービスがあるんです!

それが、リクルートが運営するSUUMOカウンターリフォーム



◼️完全無料
◼️無理な営業は一切なし
◼️優良なリフォーム会社800社から厳選して紹介
◼️万が一でも安心な「完成あんしん保証」付き
◼️お断りも代行してくれる
◼️相談だけでもOK


このサービスを使うと、リフォームのプロがあなたの条件に合ったリフォーム会社を厳選してくれるんです!

自分ではなかなか会社選びが難航してしまいますよね・・・。でもこのSUUMOカウンターリフォームを使えば、プロが一瞬でおすすめの会社を複数紹介してくれるので、忙しい人でも簡単にリフォーム会社を比較検討できるようになりますよ!

\完全無料!3分入力で簡単に依頼完了!/


 

事前調査から見えてくるものを基礎とする

建設予定地や建築許可を司る役所などに出向き、その土地に家を建てる際にクリアすべき条件を確認することが、基本設計の基礎となります。敷地の形状(高低差を含む)、地盤の状態、道路や隣接する土地との位置関係、用途地域や建築規制の把握が主な物です。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒

都市ガスや公共下水道がその敷地近辺にまで伸びてきているようならば、そのようなものの利用を含めた計画も必要です。このような「家を建てるために必要な条件」を全てクリアしながらも、基本的な施主の希望を形にした図面を描きますが、これが基本設計です。

「平面図・立面図・断面図・仕様書」が「基本設計図書」となる

土地の持つ条件に施主の希望を掛け合わせたものが基本設計です。その基本設計が正しい役目を果たすためには、平面図・立面図・断面図・仕様書で成り立つ基本設計図書が必要です。

この基本設計の段階で、施主の望む家についての希望を充分に聞き、規制といった条件と上手く折り合いをつけることが建築家や工務店などの力量です。そのため、この基本設計の段階でどれだけ施主の気持ちに沿えるよう、納得できる打合せができるかどうかが大切なことです。

施主側も、自分たちの希望する家のイメージをここでしっかりと伝えるよう努力をしなければなりません。特に、間取りは家の機能性に大きく関わるものですから、家事や、子育て、介護といった「新しい家でクリアしたい問題」を自分自身でもピックアップし、希望する“使い勝手”を明確にしておかなければなりません。

概ねの費用が決まる基本設計

基本設計の段階で、おおまかな工事費が決まります。このようなとき、建築家は設計の調整を行い再提案してくれることでしょう。

時には諦めざるを得ないものも出てくるかもしれません。このようなケースに当てはまってしまった場合にも、初期の打合せで家に求める優先順位を明確に定めておくことが役に立ってくれます。どうしても譲れないものは何なのか、多少の我慢をしてもよい部分は何なのかをきちんと仕分けしておけば、設計の調整もスムーズです。

諦めざるを得ない部分がでてきても、何とかそれに近い状態を作れないかと建築家は知恵を絞ってくれることでしょう。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒