2021/06/16   地域の空き家買取

【東京都編】空き家買取におすすめの買取業者5社を厳選!買取の手順・相場・デメリットも解説

auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

–家づくりはカタログ一括請求から始めよう!–

本文に入る前に、マイホームを考えているあなたに向けて重要なことをお伝えします。

マイホーム作りでまず初めにやらなければいけないこと、それは「住宅メーカー選び」です。

土地探しよりも、資金調達よりも、まず初めに住宅メーカーを探すことが大事。というのも、依頼する住宅メーカーに関して後悔する声が後を絶たないからです。

建てた後に後悔してしまわないように、初めの段階でメーカーの比較を十分に行っていきましょう。

でも全国各地に無数にある住宅メーカーからどれを選べばいいかわからない

という問題が出てきますよね。

そこで活用してほしいおすすめサービスが、東証一部上場のリクルートが運営するカタログ一括請求サービスです。

カタログ一括請求サービスを利用すれば、条件に合うおすすめ住宅メーカーのカタログが一括で届きます。しかも無料

予算や住宅のテーマ、シニア向けやエコ住宅などの条件を選択できるので、あなた好みの住宅メーカーを探すことが可能です。

ぜひ一括請求で理想のハウスメーカーを探してみてくださいね!

SUUMOでカタログを一括請求してみる⇒

東京都内にいくつ空き家があるかご存知ですか?

平成30年度に行われた調査によると、都内にはおよそ81万戸もの空き家があることがわかりました。
空き家率は10%を越えており、10軒のうち1軒が空き家となっている現状が浮き彫りとなっています。

持て余している空き家は、空き家買取を行っている業者に任せてはいかがでしょうか。
手早く家を手放すことができますよ。

都内にある買い取り専門業者をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
空き家を放置することで生じるデメリットや空き家問題についても解説します。

また、不動産売却を考えている方の中には、これから不動産会社に査定を依頼しようとしている方もいるかもしれません。

しかし、査定依頼する前に少し注意してみて頂きたいことがあります。

それは、

「あなたが査定依頼しようとしている不動産会社はどんな会社ですか?」

「何社に査定依頼しようと考えていますか?」

ということです。

実は、不動産を売却するときに絶対にやってはいけないことがあります。

それは「1~2社だけしか査定依頼をしないこと」

なぜ、1~2社だけではいけないのでしょうか。

それは、不動産というものが市場に左右されて価格変動するものだからです。

一般的な商品と違って、不動産には決まった価格がありません。

2021年は不動産市場が好況で価格が高止まりしているため、10年前と比較すると現在は高値で売却できるチャンスであるように、不動産価格は常に変動しています。

では、どのように売却価格を決めれば良いのか。それは「適正価格を知ること」です。

1~2社にしか査定依頼しないと、その会社が適正価格よりも低い価格の査定を出した場合大きな損をしてしまう可能性があるのです。

3,000万円が適正価格なのに、1社が出した2.700万円の査定を鵜呑みにして売り出してしまったら、300万円も損したことになりますよね。これでは大損です。

そうした事態にならないために是非やって頂きたいのが、「6社以上に査定依頼をすること」です。

1社や2社では査定価格が偏ってしまう可能性があっても、6社以上に査定依頼すれば適正な価格を把握することができます。

「6社も査定依頼するなんて、時間も手間もかかりそうで面倒」と思ったあなた。

「一括査定サイト」を利用すれば、無料で簡単に複数社に査定を依頼することができます。

数ある一括査定サイトの中でも、特におすすめなのは下記の3サイトです。

HOME4U

550万人が利用する国内初の一括査定サイト。全国の不動産会社と提携。「NTTデータグループ」が運営。

すまいValue

不動産業界をリードする大手6社に査定依頼できる(三井のリハウス、野村の仲介+、小田急不動産、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、東急リバブル)。

イエウール

使い勝手の良いサイトで簡単に査定依頼できる。全国1,700社と提携。JASDAQスタンダード市場上場の「Speee」が運営。

どの一括査定サイトも無料で利用でき、一度に最大6社まで査定依頼可能です。

こうした一括査定サイトを利用すると無理な営業をされるのでは?と不安に思われるかもしれませんが、そういったことがないように対策も施されているため安心して利用できます。

不動産で数百万円の損をしないためにも、是非活用をおすすめします。

【全国OK】HOME4Uで無料一括査定⇒

【都心部の人向け】すまいValueで無料一括査定⇒

【地方の人向け】イエウールで無料一括査定⇒

空き家買取は仲介とどう違う?

空き家を手放す際、仲介業者を利用して家の売却を行うのが一般的です。

ですが空き家買取という方法があることをご存知でしょうか?
空き家買取について、仲介と比較しながら詳しくご紹介していきます。

空き家買取とは

空き家買取と仲介とでは、家の売却先が異なります。

仲介は、業者を利用して家に住みたいと考えている人に家を販売するのに対し、空き家買取の場合は不動産会社が家を買い取ります
空き家を買い取った不動産会社はその後、家を解体して空き地にしたり、リフォームしたりしてから一般顧客に向けて家や土地を販売する仕組みです。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒

仲介と異なり、家の買い手を探さなくても良いので、スピーディーに家を売却することが可能です。現金化を急いでいる、時間がない人におすすめの方法と言えます。
ですが空き家買取には、見逃せないデメリットも。相場よりも買取金額が下がってしまうことです。

多少買い取り額が下がっても、早く家を手放したいと考えている人におすすめの方法と言えます。

空き家買取の手順

空き家買取の手順は決して複雑ではありません。

仲介と異なり、買い手と交渉する必要がないので、買取業者さえ見つかれば、スピーディーに家を売却することができます。
買取が成立するまでの手順をご紹介しますので、ぜひ目を通してください。

まず、空き家買取を行っている業者を探します。
すべての不動産会社が空き家買取を行っているわけではありません。SNSやネットで、空き家のある地域に絞り、専門業者を探すと、何店舗かヒットするはずです。
評判の良さそうな、信頼できる不動産会社をまずはピックアップしましょう。

続いては、公式ホームページ内の問い合わせフォームや電話を使って、連絡を取ります。
メールや電話で無料査定を行っている会社もあるので、買取金額の参考にしましょう。
家の状態や立地によっては、買取不可能な場合も。
手間を省くためにも、直接来店するのではなく、前もって連絡を入れてから、店舗を訪れましょう。

店舗に来店し、打ち合わせをします。
打ち合わせでは、売買に関する必要な要件を話し合ったり、スケジュールを決めたりします。
また査定額の提示や、買取金額の決定も行われます。
一般的に、市場価値や相場などから査定額が決定されます。その後の打ち合わせで、買取金額が決定するため、納得のいくまで話し合いを進めましょう。
もし不満点があるのなら、他社に査定を依頼し、比較検討することをおすすめします。
後々後悔しないように、手続きを進めましょう。

買取金額に問題がなければ、売買契約書にサインをします。
登記済権利証』『土地測量図』などの住宅に関する書類の提出が必要になることも。
詳しくは担当社員から指示があるので、従いましょう。
サインをしたら、家の引き渡しを行います。

買取金額の全額を受け取り、すべての工程は終了です。

空き家買取は実家相続時におすすめ

一般的に、空き家を手放す際には、仲介を選択する人が多いもの。
ですが、買取が選ばれている場面があります。実家の相続時です。

実家を相続する場合、人数は1人ですか?それとも複数人ですか?

複数人いる場合には、買取を選択し、できる限り早く家を手放した方が、身内のトラブルや揉め事を防ぐことができます。
というのも仲介業者を利用し家を手放す場合には、買い手と交渉をしたり、家の販売価格を決定したりする必要があります。
また家が売れるまでは固定資産税などの税金もかかります。

誰が税金を負担するのか、交渉に当たるのかで揉めることは、避けたいもの。
空き家買取ならば、買取業者さえ見つかれば、すぐに家を手放すことが可能です。
そのため多少、買取金額が下がってしまったとしても、空き家買取を選択する人が多い傾向にあります。

また築年数が経過していたり、家が古く傷んでいたりする場合にも、空き家買取は選ばれています。
仲介では買い手が見つからないような家でも、買い取ってもらえることがあるからです。

「仲介業者を利用して、買い手を探しているけれど、なかなか売れなくて困っている」というような悩みを抱えている人にも、空き家買取はおすすめです。

空き家買取はいくらで買い取ってくれる?

空き家買取ならば、手早く家を売却できます。

ですが気になるのが買取金額です。

相場よりも下がってしまうことがわかっていますが、一体どのくらいの価格になってしまうのでしょうか?

次の項目で、具体的な例を出して解説します。

空き家買取の相場

空き家買取の場合、買取金額は相場の5~8割になると言われています。
相場とは、仲介で売却する場合の価格のことを言います。
ただしあくまでも平均値のため、立地や家の築年数、傷み具合によって上下することも。

参考値として知っておきましょう。

たとえば相場が3000万円の家があるとします。仲介では3000万円で売ることができますが、空き家買取だと1500万円~2400万円の買い取り額になる計算です。
かなり数字に差が出てしまうことがわかります。

空き家を手放す場合には、じっくりと検討しましょう。

【全国OK】HOME4Uで無料一括査定⇒

【都心部の人向け】すまいValueで無料一括査定⇒

【地方の人向け】イエウールで無料一括査定⇒

東京都で空き家買取におすすめの業者5選

東京都内には、空き家買取を行っている不動産会社がいくつもあります。
一軒家だけでなく、マンションを買い取ってくれる業者もあるので、ぜひチェックしてください。

気になる会社があれば、公式ホームページ上から問い合わせてみましょう。

1. 株式会社 Oneness

株式会社 Oneness(ワンネス)では、女性スタッフがきめ細かい対応をしてくれます。
女性ひとりでの来店に不安を覚えている人に、おすすめの会社です。

東京都内にある中古住宅や土地の買取を行っているので、まずは問い合わせてみましょう。
東京メトロ日比谷線小伝馬町駅から徒歩3分の場所にオフィスがあります。

会社名 株式会社 Oneness
住所 〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町7-8久保ビルC-202号
営業時間 10:00~18:00
TEL 03-6661-1818
サイトURL https://www.zennichi.net/m/oneness/index.asp#pg_top

2. 株式会社第一(不動産のダイイチ)東京支店

株式会社第一(不動産のダイイチ)東京支店は、福岡県に本社があり、2009年設立の会社です。
渋谷、新宿を中心とした不動産売買を行っており、自社での不動産買取も行っています。

まずは公式ホームページ内の問い合わせフォームを使い、空き家買取についての相談を行いましょう。

会社名 株式会社第一(不動産のダイイチ)東京支店
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-57-2 ドルミ代々木5F
営業時間 10:00~19:00
TEL 03-5309-2922
サイトURL http://www.dai1-tokyo.com/

3. 空き家買取センター

一都三県を対象とした空き家を売却したい場合には、空き家買取の専門業者に依頼しましょう。
査定は無料なので、気軽に問い合わせることができます。

空き家を放置し続けることで、さまざまなデメリットを生むことにもなりかねません。
空き家買取センターに相談をし、手放すことを検討しましょう。

会社名 空き家買取センター
住所 〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-8-303
営業時間 不明(予約を済ませてから来店することをおすすめします)
TEL 03-3868-9511
サイトURL https://akiya.space/

4. 株式会社ヒルズホーム

中古住宅は一軒家だけではありません。
東京都目黒区にあるマンションの売却は、株式会社ヒルズホームに任せてみませんか?丁寧で真心のこもった接客を心掛けている会社です。
長年、地域に密着して営業活動を行っていることから、顧客それぞれにあわせた最善の方法をアドバイスしてくれます。

電話もしくは問い合わせフォームから依頼しましょう。

会社名 株式会社ヒルズホーム
住所 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-24-6-101 カーサデローレル
営業時間 9:00~18:00
TEL 03-5726-9381
サイトURL https://www.hillshome.co.jp/

5. ハウスドゥ!馬込店 株式会社ニューエスト

「大田区周辺にある空き家を買い取ってほしい」そう考えている人におすすめなのが、ハウスドゥ!馬込店 株式会社ニューエストです。
空き家の買取を積極的に行っています。

大手ハウスメーカーのチェーン店ならではの安心感もあり、店内は明るく利用しやすい雰囲気です。

会社名 ハウスドゥ!馬込店 株式会社ニューエスト
住所 〒143-0021 東京都大田区北馬込2丁目30-11
営業時間 10:00~18:00
TEL 03-3775-6211
サイトURL https://magome-housedo.com/

近年急増する空き家問題

近年、日本では空き家の数が急増しています。

2018年に行われた調査では、全国に846万戸もの空き家があることが判明しました。
今後も増え続けていくと言われており、いずれ1000万戸を超える日が訪れるかもしれません。

わたしたちの生活にも関わりかねない、空き家問題に焦点を当てて解説・説明します。

空き家はどうして増えている?

都内の新興住宅地では家の一般販売が抽選で行われるなど、需要がとても多い状況が続いています。
ですが都内には81万戸もの空き家があり、社会問題になっています。

また地方だけでなく23区内にも多くの空き家があることをご存知でしょうか。
実は都内ならではの理由があります。

たとえば都内でも世田谷区にある高級住宅街などには、古くからその土地に住む高齢者が多く暮らしています。やがて介護が必要になり、老人ホームに入居したり、娘や息子家族の家に引っ越しをしたりすると、家が空き家になります。
ただし高級住宅街の場合、売りに出したとしてもあまりに高価格すぎて、若年層には手が出せません。買い手が見つからないまま空き家として放置されることになり、数が増加していく現状があります。

今後、高齢化社会はますます加速していくことが予想されています。
買い手が見つからない空き家が増えていくことで、空き家問題はますます深刻化していくでしょう。

空き家対策の制度

空き家が増えていく現状を、政府や地方自治体はただただ見守っているだけではありません。
空き家に関する法律や仕組みがあるのをご存知でしょうか。

なかでも必ず知っておきたいのが、空き家対策特別措置法です。

空き家対策特別措置法は2015年に全面施行された法律のことで、空き家法とも呼ばれています。
空き家対策特別措置法が施行されたことで、固定資産税が6倍に跳ね上がるリスクが追加されることとなりました。

空き家は、誰も人が住んでいなくても固定資産税がかかります。
ですが空き家を放置し続けることで家が朽ちていき、倒壊や崩壊の危険が訪れることも。

また古くなった家は、周りの景観や住民に悪影響を及ぼします。
注意を受け、改善が見られない場合に、空き家は特定空き家に指定されることとなり、固定資産税が6倍に跳ね上がります。

国土交通省の公式ホームページによると、令和2年3月31日時点で存在する、特定空き家などとして市区町村が把握している件数は、約1.8万物件だそうです。
空き家を放置し続けることで、誰の身にも起こりうる可能性があることを知っておきましょう。
そして特定空き家に指定されてしまう前に、家を手放す方法を検討することが重要です。

【全国OK】HOME4Uで無料一括査定⇒

【都心部の人向け】すまいValueで無料一括査定⇒

【地方の人向け】イエウールで無料一括査定⇒

空き家のままにしておくとデメリットばかり

空き家のままにしておくと、さまざまなデメリットがあります。
持て余している空き家がある場合には、かならず知っておきたい項目です。

詳しくお伝えしますので、チェックしてください。

空き家のままで生じるデメリット2つ

空き家のままにしておくことで生じるデメリットについて、2つご紹介します。

1つ目は、家が早く朽ちてしまうことです。
人が住まなくなった家は、管理が行き届かなくなります。
毎日、ドアや窓を開けることもなくなり、部屋の中の空気もよどんでいきます。家の中に湿気がたまると、木材が傷み、家が傷んでいきます。
最悪の場合には人体に悪影響を及ぼすことにもなるので、空き家の放置はおすすめできません。

2つ目のデメリットは、防犯面です。
空き家になると、人の出入りが減ることから、不審者に目を付けられやすくなります。
不法侵入、放火、ゴミの不法投棄など、事件が起こりやすくなるので、注意しましょう。大切な家が、事件や事故の現場になってしまっては、悔やんでも悔やみきれません。
また近隣住民に迷惑をかけたり、けが人を出してしまったりしては大変です。
空き家を放置することで、防犯面に関わるデメリットがあることを知っておきましょう。

空き家になってしまったら

もし空き家になってしまったら、仲介や買取以外に方法はないのでしょうか。

立地や築年数などの関係で、買取であっても家を手放すことのできないケースもあります。
その場合におすすめなのが、解体やリフォームです。

解体して空き地にすることで、買い手が見つかる可能性があります。
またリフォームをして賃貸物件として貸し出しでも良いでしょう。自分自身で住むこともおすすめです。

いずれにしても費用がかかることなので、家族や不動産会社に相談するなどして、慎重に選択する必要があります。

まとめ

東京都内にある、空き家を買い取ってくれる不動産会社をご紹介しました。
また空き家が増えている背景やデメリットについてもお伝えしました。

空き家買取はスピーディーに家を売却できる、おすすめの方法です。
まずは気になる不動産会社を探して、公式ホームページから問い合わせてみてはいかがでしょうか。

いずれ空き家が朽ちて売れなくなってしまう前に、行動に移すことをおすすめします。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒