2021/07/06   地域の空き家買取

【石川県編】空き家買取におすすめの買取業者5社を厳選!買取の手順・相場・デメリットも解説

auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

–家づくりはカタログ一括請求から始めよう!–

本文に入る前に、マイホームを考えているあなたに向けて重要なことをお伝えします。

マイホーム作りでまず初めにやらなければいけないこと、それは「住宅メーカー選び」です。

土地探しよりも、資金調達よりも、まず初めに住宅メーカーを探すことが大事。というのも、依頼する住宅メーカーに関して後悔する声が後を絶たないからです。

建てた後に後悔してしまわないように、初めの段階でメーカーの比較を十分に行っていきましょう。

でも全国各地に無数にある住宅メーカーからどれを選べばいいかわからない

という問題が出てきますよね。

そこで活用してほしいおすすめサービスが、東証一部上場のリクルートが運営するカタログ一括請求サービスです。

カタログ一括請求サービスを利用すれば、条件に合うおすすめ住宅メーカーのカタログが一括で届きます。しかも無料

予算や住宅のテーマ、シニア向けやエコ住宅などの条件を選択できるので、あなた好みの住宅メーカーを探すことが可能です。

ぜひ一括請求で理想のハウスメーカーを探してみてくださいね!

SUUMOでカタログを一括請求してみる⇒

空き家を手放すなら、空き家買取がおすすめです。

スピーディーに売却できるので、時間がない人や手間をかけたくない人にぴったりの方法として知られています。

石川県にある空き家買取を行っている業者をご紹介しますので、取引の参考にしてください。
また空き家が生じるデメリットや空き家に関する政策についてもご紹介します。

ぜひ最後まで目を通してください。

また、不動産売却を考えている方の中には、これから不動産会社に査定を依頼しようとしている方もいるかもしれません。

しかし、査定依頼する前に少し注意してみて頂きたいことがあります。

それは、

「あなたが査定依頼しようとしている不動産会社はどんな会社ですか?」

「何社に査定依頼しようと考えていますか?」

ということです。

実は、不動産を売却するときに絶対にやってはいけないことがあります。

それは「1~2社だけしか査定依頼をしないこと」

なぜ、1~2社だけではいけないのでしょうか。

それは、不動産というものが市場に左右されて価格変動するものだからです。

一般的な商品と違って、不動産には決まった価格がありません。

2021年は不動産市場が好況で価格が高止まりしているため、10年前と比較すると現在は高値で売却できるチャンスであるように、不動産価格は常に変動しています。

では、どのように売却価格を決めれば良いのか。それは「適正価格を知ること」です。

1~2社にしか査定依頼しないと、その会社が適正価格よりも低い価格の査定を出した場合大きな損をしてしまう可能性があるのです。

3,000万円が適正価格なのに、1社が出した2.700万円の査定を鵜呑みにして売り出してしまったら、300万円も損したことになりますよね。これでは大損です。

そうした事態にならないために是非やって頂きたいのが、「6社以上に査定依頼をすること」です。

1社や2社では査定価格が偏ってしまう可能性があっても、6社以上に査定依頼すれば適正な価格を把握することができます。

「6社も査定依頼するなんて、時間も手間もかかりそうで面倒」と思ったあなた。

「一括査定サイト」を利用すれば、無料で簡単に複数社に査定を依頼することができます。

数ある一括査定サイトの中でも、特におすすめなのは下記の3サイトです。

HOME4U

550万人が利用する国内初の一括査定サイト。全国の不動産会社と提携。「NTTデータグループ」が運営。

すまいValue

不動産業界をリードする大手6社に査定依頼できる(三井のリハウス、野村の仲介+、小田急不動産、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、東急リバブル)。

イエウール

使い勝手の良いサイトで簡単に査定依頼できる。全国1,700社と提携。JASDAQスタンダード市場上場の「Speee」が運営。

どの一括査定サイトも無料で利用でき、一度に最大6社まで査定依頼可能です。

こうした一括査定サイトを利用すると無理な営業をされるのでは?と不安に思われるかもしれませんが、そういったことがないように対策も施されているため安心して利用できます。

不動産で数百万円の損をしないためにも、是非活用をおすすめします。

【全国OK】HOME4Uで無料一括査定⇒

【都心部の人向け】すまいValueで無料一括査定⇒

【地方の人向け】イエウールで無料一括査定⇒

空き家買取は仲介とどう違う?

空き家買取をご存知ですか?

仲介業者を利用して家を売却する方法と異なり、手早く家を手放すことが可能です。

双方の違いについてご紹介しながら、メリットやデメリットをお伝えします。

空き家買取とは

空き家買取とは、不動産会社が直接空き家を買い取ることを言います。

仲介での売却と異なり、家の買い手を探す必要がありません。そのため買い取ってくれる業者さえ見つかれば、すぐに家を売却し、買取金額を受け取ることができます
仲介手数料がかからないのも嬉しいポイントです。

ただしデメリットも。買取金額が相場よりも下がってしまう点です。
相場で売却できる仲介と異なり、買取価格は下回る傾向にあることを知った上で、利用しましょう。

空き家買取の手順

空き家買取の手順についてご紹介しますので、利用したいと考えている人はぜひチェックしてください。
手続きが完了するまでの期間は業者にもよりますが、最短で7日で売却できるケースもあります。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒

さっそくご紹介します。

まずは空き家買取を行っている不動産会社をネットやSNS、知人の口コミで探しましょう。
すべての不動産会社が空き家買取を行っているわけではありません。地域に根差した、評判の良い会社を見つけることが、ポイントです。

空き家買取を行っている業者をいくつかピックアップしたら、公式ホームページから問い合わせましょう。
多くの会社が、メールフォーム、もしくは電話で空き家に関する相談や問い合わせ、無料査定を受け付けています。
来店前に問合せすることで、万が一、空き家が買取不可能でも時間をロスすることがありません。

問合せ後、予約を済ませた上で店舗を訪れます。
打ち合わせを行い、空き家買取終了までのスケジュールを話し合いましょう。打ち合わせでは、査定や買取金額の決定が行われます。
空き家のある周辺の相場から算出したり、実際に空き家をチェックしたりした上で、買取金額が決定されます。
買取金額に納得がいかない場合には、他社に査定を依頼してはいかがでしょうか。会社によって買取金額にはバラつきがでるものです。
納得のいく形で家を売却しましょう。

買取金額に問題がなければ、契約書にサインをします。
また家に関する書類の提出も済ませましょう。書類は担当社員から指示がありますが『登記済権利証』『固定資産税納税通知書』などの提出を求められます。
期日までにあらかじめ用意しておき、スムーズに取引を終えましょう。

家の引き渡しを行い、買取金額の全額を受け取って終了です。

空き家買取は実家相続時におすすめ

空き家買取は実家相続時に選ばれている方法です。

仲介ではなく買取が選ばれている理由は、手間と時間がかからないことです。
特に相続人が複数いる場合には、スピーディーに手間なく取引を終えることが重要となります。仲介では買い手は見つかるまで家を手放すことができない上に、交渉の必要性も出てくるので、手間がかかりがち。
また家の売却金額を決める必要もあり、いくらに設定するのかで揉める可能性もあります。

その点、空き家買取ならば買取金額は不動産会社が決定するので、揉め事が減ります。また買い手との交渉も必要ないので、相続人のうち誰かひとりに大きな負担がのしかかることもありません。

そのほかにも売却したいと考えている家が、古く傷んでいる場合にも空き家買取はおすすめです。仲介では買い手が見つからないような家でも、買取ならば値段がつく可能性があるからです。

売却を諦めていた家でも、空き家買取なら買い取ってもらえるかもしれません。ぜひ利用してみてください。

【全国OK】HOME4Uで無料一括査定⇒

【都心部の人向け】すまいValueで無料一括査定⇒

【地方の人向け】イエウールで無料一括査定⇒

空き家買取はいくらで買い取ってくれる?

空き家買取には多くの利点があります。
ですが、気になるのは買取金額についてです。一体、どのくらいの値段になるのでしょうか。

例をあげながら、詳しくお伝えします。

空き家買取の相場

空き家買取の場合、買取金額は相場よりも低くなってしまうことが一般的です。

おおよそ5~8割と言われており、家の状態や立地によっても上下します。
相場とは、仲介で売却した場合の金額のことを言います。

仲介業者を利用して2000万円で売却できる家がある場合、空き家買取では1000万円~1600万円になる計算です。平均値のため目安として知っておきましょう。

【全国OK】HOME4Uで無料一括査定⇒

【都心部の人向け】すまいValueで無料一括査定⇒

【地方の人向け】イエウールで無料一括査定⇒

石川県で空き家買取におすすめの業者5選

石川県にある空き家を買い取ってくれるおすすめの業者があります。
その中から5社をピックアップしてご紹介しますので、ぜひチェックしてください。

公式ホームページもお伝えしますので、気になる会社があれば問い合わせてみましょう。

1. 株式会社さくらホーム

株式会社さくらホームは石川県・富山県・福井県で不動産売却を手がける会社です。
最短48時間で不動産の買取を行うことができるので、現金化を急いでいる人にぴったり。
仲介での売却と異なり、近隣住民に知られることなく家を手放すことができるのも嬉しいポイントです。

まずは公式ホームページをチェックしましょう。

会社名 株式会社さくらホーム
住所 〒920-0345 石川県金沢市藤江北1丁目380番地
営業時間 不明(来店の際は事前予約をおすすめします)
TEL 076-266-4411
サイトURL https://www.sakura-home.co.jp/

2. 株式会社第一地所

金沢市周辺にある空き家の買取は、年間500件もの売買実績のある、株式会社第一地所にお任せしましょう。
無料査定を行っているので、空き家の売却を迷っている人でも、気軽に問い合わせすることができます。
空き家の買取は、地元に根差した営業活動をはじめて40周年を迎えた、株式会社第一地所がおすすめです。

会社名 株式会社第一地所
住所 〒921-8035 石川県金沢市泉が丘2丁目12番46号
営業時間 9:00〜18:00
TEL 076-243-4001
サイトURL https://www.djweb.co.jp/

3. 株式会社ドゥハウス

株式会社ドゥハウスでは、金沢市周辺の空き家を買い取っています。
オンライン査定では簡単な項目の入力をするだけで、無料で不動産の価値を知ることが可能です。

空き家買取は、創業40年を迎えた、不動産のプロに任せましょう。

会社名 株式会社ドゥハウス
住所 〒920-0059 石川県金沢市示野町西3番地
営業時間 不明(来店の際は事前予約をおすすめします)
TEL 076-267-8118
サイトURL https://dohouse-estate.jp/

4. ハートホーム株式会社

買取、売却査定の相談をしてみませんか?
簡易査定は無料なので、はじめての利用でも安心です。

ハートホーム株式会社の公式ホームページからメールもしくは電話を使用して、依頼してみましょう。

会社名 ハートホーム株式会社
住所 〒920-0016 石川県金沢市諸江町中丁171-1 梅信ビル1F
営業時間 9:00〜18:00
TEL 076-282-9980
サイトURL https://he-home.jp/sale/

5. 三匠不動産株式会社

三匠不動産株式会社は、石川県金沢市・野々市市にある不動産を売却したいと考えている人におすすめの会社です。
「買取保証」も行っているので、少しでも高い値段で家を手放したいと考えている人にもぴったり。

メールもしくは電話で気軽に問い合わせましょう。

会社名 三匠不動産株式会社
住所 〒920-0912 石川県金沢市西念1丁目3番9号
営業時間 9:00〜18:00
TEL 0120-947-993・076-294-6877
サイトURL http://www.office-sansho.co.jp/sell/

近年急増する空き家問題

近年、日本では空き家が急増しています。

2018年の調査では全国に846万戸もの空き家があることがわかりました。また石川県内にある総住宅数54万戸のうち、空き家の数は7万7千戸
空き家率は14.5%にもなり全国第21位の多さです。

空き家が増えている背景には一体、どのような理由があるのでしょうか。空き家問題にスポットライトを当ててご紹介します。

空き家はどうして増えている?

空き家の増加は、過疎化の進む地方だけの問題ではありません。

大都市でも増えている傾向にあり、深刻な問題となっています。空き家が増えている理由のひとつに、高齢化社会と核家族化が深く関係しています。

高齢者に介護が必要になると、実家に住み続けることが難しくなり、老人ホームに入居したり、娘や息子家族の元に引っ越しをしたりする必要が出てきます。子ども家族と同居をしていない場合は、実家が空き家となり、誰も住まない状態が続くことに。

すぐに売却できれば良いのですが、長年暮らした住まいを手放すことは、決して簡単なことではありません。家財道具の運び出しに時間がかかりますし、何より愛着があるので惜しくなります。
また長く暮らした家は所々に痛みが見られ、仲介では売却できないケースも。
そのまま長期間に渡り、空き家として放置されることとなります。

今後、団塊の世代が高齢者になり、上記のようなケースが増えていくことが予想されています。空き家の増加は決して他人事ではありません。
活用しきれていない空き家は、早い段階で手放すことをおすすめします。

空き家対策の制度

空き家対策特別措置法という法律をご存知ですか?

2015年に全面施行された、空き家に関する法律のひとつです。空き家法とも言われており、空き家を所持している人は内容を把握しておくことをおすすめします。
というのも空き家対策特別措置法が全面施行されたことにより、固定資産税による負担が増す可能性が高まったからです。

まず、空き家対策特別措置法には『空き家の処分』や『空き家の活用』を促す目的があります。
そのため『倒壊の危険がある』『周囲の環境や景観に悪影響を及ぼしている』などといった劣悪な状態にある空き家に対して、固定資産税が6倍になるという圧力がかかることになりました。

指導や勧告を受けたにも関わらず、改善が見られない空き家は、特定空き家に指定されます。すると固定資産税が6倍に跳ね上がる仕組みです。
空き家の数を減らすために、税率の負担をあげて、処分や活用を促す目的があります。

特定空き家に指定される前に、空き家の処分を検討しましょう。

【全国OK】HOME4Uで無料一括査定⇒

【都心部の人向け】すまいValueで無料一括査定⇒

【地方の人向け】イエウールで無料一括査定⇒

空き家のままにしておくとデメリットばかり

空き家にしておくことでいくつものデメリットがあります。
特定空き家に指定されることだけでは決してありません。

空き家を所持している人は要チェックです。

空き家のままで生じるデメリット2つ

空き家のままで生じるデメリットについて、2つご紹介します。

まず1つ目は、近隣住民とのトラブルです。
空き家になると人の出入りが減り、管理がおろそかになります。すると不審者に目を付けられやすくなり、不法侵入や不法投棄などの被害を受けることも。
また人が住まなくなった家は老朽化が早く進むと言われており、周囲の景観を悪くします。
そのほかにも庭の草木が隣の家にまで伸びてしまうなど、近隣住民とトラブルになる可能性があることを視野に入れておきましょう。

2つ目は、経済的なデメリットです。
人が住んでいないにも関わらず、空き家には固定資産税などの税金がかかります。
また先ほどご紹介した空き家対策特別措置法によって、固定資産税が6倍に跳ね上がったり、税金の優遇を受けられなくなったりなどの不利益を被ることとなります。
家計の負担にもなりかねない欠点が存在することを承知しておきましょう。

空き家になってしまったら

もし空き家になってしまったら、買取や仲介以外にも方法はあります。
家を手放すことが惜しい場合におすすめなのが、リフォームです。改装して賃貸物件として貸し出してはいかがでしょうか。もしくは自分自身で住むこともおすすめです。

また買い手が見つからない場合には、解体をして更地にしたり、無償譲渡したりすることもできます。更地にすることで買い手が見つかる可能性が高まるので、候補のひとつにしましょう。

空き家買取を行っている不動産会社では、空き家に関する相談を受け付けている場合もあります。
まずは問い合わせてみてはいかがでしょうか。

【全国OK】HOME4Uで無料一括査定⇒

【都心部の人向け】すまいValueで無料一括査定⇒

【地方の人向け】イエウールで無料一括査定⇒

まとめ

石川県にある空き家買取業者のご紹介、空き家がもたらすデメリットなどについてご紹介しました。
今後も増えていくと言われている空き家。決して他人事ではありません。

もし持て余している空き家があるのなら、活用や売却する方法を検討してみましょう。
良い方法が見つかることを願っています。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒