2021/07/06   地域の空き家買取

【福井県編】空き家買取におすすめの買取業者5社を厳選!買取の手順・相場・デメリットも解説

auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

–家づくりはカタログ一括請求から始めよう!–

本文に入る前に、マイホームを考えているあなたに向けて重要なことをお伝えします。

マイホーム作りでまず初めにやらなければいけないこと、それは「住宅メーカー選び」です。

土地探しよりも、資金調達よりも、まず初めに住宅メーカーを探すことが大事。というのも、依頼する住宅メーカーに関して後悔する声が後を絶たないからです。

建てた後に後悔してしまわないように、初めの段階でメーカーの比較を十分に行っていきましょう。

でも全国各地に無数にある住宅メーカーからどれを選べばいいかわからない

という問題が出てきますよね。

そこで活用してほしいおすすめサービスが、東証一部上場のリクルートが運営するカタログ一括請求サービスです。

カタログ一括請求サービスを利用すれば、条件に合うおすすめ住宅メーカーのカタログが一括で届きます。しかも無料

予算や住宅のテーマ、シニア向けやエコ住宅などの条件を選択できるので、あなた好みの住宅メーカーを探すことが可能です。

ぜひ一括請求で理想のハウスメーカーを探してみてくださいね!

SUUMOでカタログを一括請求してみる⇒

処分できずに、持て余している空き家はありませんか?

買い手が見つからない空き家は、空き家買取で売却してはいかがでしょうか。手間なく、スピーディーに家を手放すことができます。

福井県には多くの空き家があり、空き家率は全国比率よりも高い状況が続いています。
活用しきれていない空き家は売却して、地域や人のために役立ててはいかがでしょうか。

おすすめの買取業者をご紹介しますので、参考にしてください。

また、不動産売却を考えている方の中には、これから不動産会社に査定を依頼しようとしている方もいるかもしれません。

しかし、査定依頼する前に少し注意してみて頂きたいことがあります。

それは、

「あなたが査定依頼しようとしている不動産会社はどんな会社ですか?」

「何社に査定依頼しようと考えていますか?」

ということです。

実は、不動産を売却するときに絶対にやってはいけないことがあります。

それは「1~2社だけしか査定依頼をしないこと」

なぜ、1~2社だけではいけないのでしょうか。

それは、不動産というものが市場に左右されて価格変動するものだからです。

一般的な商品と違って、不動産には決まった価格がありません。

2021年は不動産市場が好況で価格が高止まりしているため、10年前と比較すると現在は高値で売却できるチャンスであるように、不動産価格は常に変動しています。

では、どのように売却価格を決めれば良いのか。それは「適正価格を知ること」です。

1~2社にしか査定依頼しないと、その会社が適正価格よりも低い価格の査定を出した場合大きな損をしてしまう可能性があるのです。

3,000万円が適正価格なのに、1社が出した2.700万円の査定を鵜呑みにして売り出してしまったら、300万円も損したことになりますよね。これでは大損です。

そうした事態にならないために是非やって頂きたいのが、「6社以上に査定依頼をすること」です。

1社や2社では査定価格が偏ってしまう可能性があっても、6社以上に査定依頼すれば適正な価格を把握することができます。

「6社も査定依頼するなんて、時間も手間もかかりそうで面倒」と思ったあなた。

「一括査定サイト」を利用すれば、無料で簡単に複数社に査定を依頼することができます。

数ある一括査定サイトの中でも、特におすすめなのは下記の3サイトです。

HOME4U

550万人が利用する国内初の一括査定サイト。全国の不動産会社と提携。「NTTデータグループ」が運営。

すまいValue

不動産業界をリードする大手6社に査定依頼できる(三井のリハウス、野村の仲介+、小田急不動産、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、東急リバブル)。

イエウール

使い勝手の良いサイトで簡単に査定依頼できる。全国1,700社と提携。JASDAQスタンダード市場上場の「Speee」が運営。

どの一括査定サイトも無料で利用でき、一度に最大6社まで査定依頼可能です。

こうした一括査定サイトを利用すると無理な営業をされるのでは?と不安に思われるかもしれませんが、そういったことがないように対策も施されているため安心して利用できます。

不動産で数百万円の損をしないためにも、是非活用をおすすめします。

【全国OK】HOME4Uで無料一括査定⇒

【都心部の人向け】すまいValueで無料一括査定⇒

【地方の人向け】イエウールで無料一括査定⇒

空き家買取は仲介とどう違う?

家を売却する場合、仲介業者を利用して買い手を探すのが一般的です。

空き家買取との違いについて、詳しくお伝えします。
また買取のメリットやデメリットもご紹介しますので、利用したいと考えている人は、ぜひチェックしてください。

空き家買取とは

空き家買取とは、不動産会社に空き家を直接買い取ってもらう仕組みのことを言います。家の買い手を探す必要がないので、買取業者さえ見つかれば、1.2か月程度で売却可能です。仲介手数料がかからないことも嬉しいポイント。時間がない人や、手間をかけたくない人におすすめの方法です。

ただしデメリットも。仲介での売却時に比べて、買取金額が下回る点です。空き家を買い取った不動産会社がリフォームや解体するなどしてから、市場に出すため、高額での買取は見込めません。

利点や欠点を知ったうえで、買取か仲介かの選択をしましょう。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒

空き家買取の手順

空き家買取を利用する前に、手順をおさらいしておきましょう。できる限り、手間や時間をかけずに買取を済ませる方法をご紹介します。
ぜひチェックしてください。

まずは、空き家の買取をしている不動産会社を見つけます。
注意したいのは、すべての不動産会社が空き家買取を行っているわけではない点です。空き家のある地域に絞り、口コミの良い会社をネットやSNSでピックアップします。
信頼できる知人の紹介も活用して会社探しをしましょう。

不動産会社が見つかったら、来店する前に、公式ホームページ上から問い合わせます。メールフォームもしくは電話で受け付けている会社が多いので、活用しましょう。
買取業者の中には、オンラインでの無料査定を行う会社もあるので、利用をおすすめします。
来店前に問合せることで、空き家が買取不可だった場合の、時間のロスを防ぎましょう。

続いては、直接来店して打ち合わせをします。来店の際は、事前予約を済ませましょう。
打ち合わせでは、買取終了までのスケジュールや空き家の査定、買取金額の決定をします。
査定額や買取金額は『空き家のある周辺の相場』『空き家の状態』を見て、算出されるため、金額の決定までに時間がかかることも。
「この日までに売却したい」という日時がある場合は、余裕を持った行動を心掛けましょう。

買取金額に問題がなければ、契約書にサインをします。
同時に家に関する書類の提出を済ませましょう。書類の内容は担当社員から指示があるので、指定の日時までに用意します。
会社にもよりますが、『登記事項証明書』『土地測量図』などが求められるでしょう。

家の引き渡しを行い、買取金額の全額を受け取って、取引は終了です。
後ほどご紹介しますが、福井県には、現金化を急いでいる人のために最短日数での取引を行っている会社もあります。売却を急いでいる場合は、前もって相談しましょう。親身になって対応してくれるに違いありません。

空き家買取は実家相続時におすすめ

空き家買取はスピーディーな取引ができるため、時間をかけたくない人にぴったりの方法です。
一般的な仲介と異なり、相場よりも買取金額が下回るデメリットはありますが、多くの人に支持されています。

なかでも特におすすめなのが、実家相続時です。

実家を相続したのは1人ですか?それとも複数人いますか?
もし複数いる場合には、仲介ではなく、買取の利用を提案します。というのも、相続人が複数人いる場合、誰かひとりの独断で家の売却に関する事柄を決定できません。
仲介で売却するケースでは『売却金額はいくらにするのか』『買い手との交渉にあたるのは誰か』で揉める可能性があります。また家が売れるまでの時期も不透明なので、空き家の管理を定期的に行わなくてはいけません。一方で、空き家買取ならば、買取金額は不動産会社が決めます。
買い手との交渉は不要ですし、買取可能な業者が見つかれば早期に売却可能です。

実家の相続時に起こりやすいと言われる揉め事。空き家買取を選択して、スムーズに取引を終えましょう。

また家が劣化しているなどの理由で、仲介で買い手が見つからない場合にも、空き家買取はおすすめです。
買い取った不動産会社はリフォームや解体してから売り出すので、多少、家が古く傷んでいても買い取ってもらえるケースが多々あります。

長く買い手の見つからない空き家を所持している人は、一度、買取業者を当たってみましょう。良い返事がもらえるかもしれません。

【全国OK】HOME4Uで無料一括査定⇒

【都心部の人向け】すまいValueで無料一括査定⇒

【地方の人向け】イエウールで無料一括査定⇒

空き家買取はいくらで買い取ってくれる?

手間なく空き家を手放すことができるため、空き家買取は多くの人に選ばれています。
ですが気になるのは、買取金額です。一体、相場よりもどのくらい下回るのでしょうか?

次の項目で詳しくお伝えします。

空き家買取の相場

気になる家の値段ですが、空き家の買取金額は、相場の5~8割と言われています。

仲介業者を利用して2000万円で売却できる場合、空き家買取では1000万円~1600万円での買い取りになる計算です。
ただし築年数や家の劣化具合によっても価格は変動します。数字はあくまでも平均なので、参考値として捉えましょう。

【全国OK】HOME4Uで無料一括査定⇒

【都心部の人向け】すまいValueで無料一括査定⇒

【地方の人向け】イエウールで無料一括査定⇒

福井県で空き家買取におすすめの業者5選

福井県内には、空き家買取を受け付けている会社が多くあります。

なかでもおすすめの業者を5社、ご紹介しますので、ぜひチェックしてください。
気になる会社があれば、公式ホームページ内のメールフォーム、もしくは電話で気軽に問い合わせてみましょう。

1. まいほむ株式会社

築20年以上経過している空き家は、買い取ってもらえないと思っていませんか?
まいほむ株式会社では、築20年以上の家も積極的に買取しています。また最短10日で現金化も可能。

気になったら一度、問い合わせしてみてください。

会社名 まいほむ株式会社
住所 〒910-0122 福井県福井市石盛町812番地
営業時間 9:00~20:00
TEL 0120-979-518 ・0776-50-2743
サイトURL https://myhom.jp/sell/

2. 北陸不動産売却・買取コンシェルジュ

出蔵不動産株式会社運営の、北陸不動産売却・買取コンシェルジュは、福井県・石川県・富山県にある空き家の買取を行っている会社です。
地域に密着した不動産売却専門店なので、安心して依頼することができます。

会社名 北陸不動産売却・買取コンシェルジュ(出蔵不動産株式会社)
住所 〒910-0856 福井県福井市勝見3丁目1-2
営業時間 不明(来店の際は事前の予約をおすすめします)
TEL 0120-553-575
サイトURL https://www.hokuriku-baikyaku.com/

3. ナカノ住宅開発株式会社

仲介、買取どちらを利用するか悩んでいませんか?ナカノ住宅開発株式会社では、2パターンから、顧客にあった売却方法を提案してくれます。

質問も随時受け付けているので、まずはメールもしくは電話で問い合わせましょう。

会社名 ナカノ住宅開発株式会社
住所 〒918-8055 福井県福井市若杉2-1525
営業時間 不明(来店の際は事前の予約をおすすめします)
TEL 0776-35-6160
サイトURL http://www.nakano-jyutaku.com/publics/index/37/

4. 白い雲不動産

白い雲不動産では不動産の買取も行っています。
他社で断られた物件でも、買取可能なケースがあるため、諦めていた空き家の相談依頼をしてみましょう。
福井県内にある空き家は、最短1週間で売却可能な、白い雲不動産にお任せしてはいかがでしょうか。

会社名 白い雲不動産
住所 〒916-0012 鯖江市東米岡1丁目4番19 白い雲ビル.1F
営業時間 10:00~18:00
TEL 080-6369-3840
サイトURL http://aoisorashiroikumo.com/

5. 株式会社 日章土地

敦賀市を中心に、空き家買取を行っているのが株式会社 日章土地です。
創業49年を迎えた、地元密着の企業のため、安心して取引できます。
不動産に精通した社員が、不動産の有効活用を提案してくれます。

会社名 株式会社 日章土地
住所 〒914-0058 敦賀市三島町二丁目1番4号
営業時間 9:00~17:00
TEL 0770-23-5363
サイトURL https://nissyou-t.co.jp/

近年急増する空き家問題

近年、空き家の数は急増しています。

2018年の調査では国内に846万戸もの空き家があることがわかりました。深刻さを増す状況に注目が集まり、政府や地方自治体は数々の政策を打ち出しています。

空き家問題について、ご紹介します。

空き家はどうして増えている?

空き家の件数が増えているのは、決して過疎化の進む地域だけではありません。

東京都や大阪府などの大都市でも増加傾向にあり、国内全体の問題になっています。
福井県の空き家率は、2018年の調査で13.8%にもなることがわかりました。
全国平均の13.6%をやや上回る状況です。

では空き家は一体、どうして増えているのでしょうか。

理由のひとつに、税金の負担があげられます。
空き家を更地にすると固定資産税が増加することをご存知でしょうか。建物が残ったままの場合と、更地にした場合では、土地の課税額に6倍もの差が出てしまうのです。

そのため空き家をそのまま放置する人が後を絶たず、深刻な状況となっています。

放置された空き家は年数の経過により、どんどんと朽ちていき、周辺環境に悪影響を及ぼしかねません。地域にある空き家の件数が増えればやがて景観が失われ、土地自体の価値や人気も下がってしまうでしょう。

空き家対策の制度

空き家に関連した制度、空き家バンクをご存知ですか?
空き家バンクとは、空き家に関する情報ネットワークのことを言います。地方自治体が運営しており、誰でも利用することができます。
各自治体によって手続きの方法に違いはあるものの、基本的な部分はほとんど変わりません。

売りたい家の情報を空き家バンクに登録すると、家の購入者が閲覧できる仕組みです。
マッチングし、交渉が成立すれば、家を売却できます。非営利のためどのような家でも登録できることが最大のメリットです。
ですが、デメリットも。自治体は交渉や契約に干渉しないので、すべて自分で行わなくてはいけません。

利点と欠点を知った上で、利用しましょう。

【全国OK】HOME4Uで無料一括査定⇒

【都心部の人向け】すまいValueで無料一括査定⇒

【地方の人向け】イエウールで無料一括査定⇒

空き家のままにしておくとデメリットばかり

「空き家のままにしておくのは悪いこと?」

そう考える人もいるかもしれません。更地にすることで固定資産税が増加するため、空き家のままにしておく方が賢い方法にも思えますが、実はそうではないのです。
空き家のままにしておくことで生じるデメリットについてご紹介します。

空き家のままで生じるデメリット2つ

いくつかあるデメリットの中で、2つご紹介します。

1つ目は、経済的な面です。
特定空き家というワードをご存知ですか?2015年に施工された『空家等対策特別措置法』により、特定空き家に指定されると、固定資産税が6倍に跳ね上がることとなりました。
特定空き家とは『倒壊の恐れがある』『周辺環境や景観に悪影響を及ぼしている』ことが認められる空き家を差します。空き家は放置し続けると、老朽化し、人が住めない状態にもなります。経済的なデメリットがあることを知っておきましょう。

2つ目は、近隣トラブルです。
空き家になると人の出入りが減り、管理が疎かになります。すると不審者に目を付けられやすくなり、不法侵入や不法投棄、最悪の場合には放火の被害にあう可能性も。
また庭の草木が伸び放題になり、隣家の敷地に侵食するなど、近隣トラブルの元になりかねません。
空き家のまま放置しておくことで、さまざまなデメリットが生じる可能性があります。

空き家になってしまったら

もし空き家になってしまったら、売却ではなく活用することもひとつの方法です。
リフォームして貸し出してはいかがでしょうか?売却の必要がないので、家や土地を失うことがありません。

また仲介や買取でも売却できない空き家は、更地にしてから売り出したり、無償譲渡したりする方法もあります。

空き家に関する相談を受け付けている不動産会社はたくさんあるので、一度、活用方法や売却の仕方について問い合わせてみましょう。

【全国OK】HOME4Uで無料一括査定⇒

【都心部の人向け】すまいValueで無料一括査定⇒

【地方の人向け】イエウールで無料一括査定⇒

まとめ

福井県にある空き家の買取業者をご紹介しました。

また空き家問題に焦点を当てて、深刻な状況もお伝えしました。空き家を所持し続けることで、さまざまなデメリットを生じる可能性があります。

持て余している空き家の売却や活用を検討してはいかがでしょうか?
記事を参考に、ベストな解決方法を見つけてください。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒