2020/05/13   洗面台

クリナップの洗面化粧台「ティアリス」の特徴や価格、評判をプロの目線で解説!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

出典:https://cleanup.jp/wash/tiaris/

クリナップの洗面化粧台「ティアリス」は、クリナップの洗面化粧台のカテゴリーの中では、高級グレードの洗面化粧台に位置します。

クリナップらしい特徴をふんだんに盛り込んだ洗面化粧台「ティアリス」について、特徴や価格、評判や口コミなどを、住宅設備メーカー勤務のプロの目線を交えて解説

していきます。

ティアリスの価格・サイズなどの基本情報


まずはティアリスの基本情報について見ていきます。

本体標準価格
(メーカー参考価格)
¥307,000円~
間口(幅) 1,800mm・1,650mm・1,500mm・1,350mm・1,200mm

・1,000mm・900mm・750mm

カウンター高さ 850mm
キャビネット材質 ステンレス製
水栓 シャワー付きシングルレバー水栓
カウンターカラー 全4色
扉カラー 全8色(プレミアム1色・ハイグレード5色・スタンダード2色
スポンサー広告

ティアリスの特徴

それでは、クリナップの「ティアリス」の洗面化粧台についての特徴を見ていきましょう。高級グレードの洗面化粧台であるからこそ、クリナップらしい特徴が満載で、満足度の非常に高い洗面化粧台です。

アクリストンクオーツ・カウンター


クリナップの技術を使った独自のアクリル系人工大理石のカウンターを採用しています。

表面は光沢があり非常になめらかで、奥まで透き通るような高級感のあるカウンターで、高級グレードの洗面という印象を強く与えてくれます。

ティアリスの特徴としては、ショールームなどでパッと見た瞬間、このカウンターの光沢・色合い、素材の高級感にまずは惹かれる方が多いポイントになるぐらい綺麗なカウンターになります。


またこのアクリストンクオーツカウンターは機能面も優れております。

洗面化粧台のカウンターと言いますと、毎日使うため色々なモノを落としてしまったり、水垢などの汚れも気になるところですが、このカウンターは安心です。

人工大理石の中でも、品質の高いアクリル系を採用していることから、強度も高く割れにくくなっています。うっかり化粧品などの瓶や、歯磨きコップを落としても、高強度な素材を採用していることから、傷がつきにくく、割れにくい素材になっている点は安心感があります。

そして、表面が非常に滑らかな素材になってることことから、日常のお手入れはさっと拭いていただくだけで汚れが落ちます。

洗面化粧台は水垢だけでなく、ホコリや髪の毛も溜まりやすいです。樹脂製のカウンターですと、汚れが蓄積してくると除去しにくかったりしますが、この滑らかな素材は、汚れも染み込みにくく、ふき取りしやすいです。

カウンター色は全4色

ティアリスのカウンター色は全4色あります。

天然石に似た華麗な雰囲気を醸し出す2色(シトリンベージュ・アクアマリンブルー)と、水晶のように奥ゆかしい雰囲気を出す2色(クリスタルホワイト・オニキスアンバー)があります。

・シトリンベージュ


・アクアマリンブルー


・クリスタルホワイト


・オニキスアンバー

カウンター位置が選べる

洗面化粧台は、おおよそ幅に対して中心に洗面ボールがあるタイプが多く、選択すらできない場合が多いですが、ティアリスは洗面ボールの位置が、センターもしくは左右への片寄が選択することができます。

高級洗面では、幅を広くとっていただくことが多いため、間取りや使い方に合わせて位置を選択できるようになっています。(幅750mmタイプはセンターのみ)

・センターボールタイプ

・片寄せボールタイプ

流レールボール

クリナップの特徴の1つでもある「流レール」シリーズです。カウンター底面の形状を工夫することで、排水口へ水が流れやすくなっています。

具体的には、カウンターの中央部分が盛り上がっており、ボールの周囲へ水を均等に流し、さらに周囲が排水口に向かって水が流れやすいようになっおります。

従来の洗面化粧台は、洗面ボールの周囲に泡・髪の毛・ホコリ等が溜まりやすかったですが、流レールボールは、水が全体に行きわたり、使って頂くたびに、ゴミなどを水流で集めて排水口へ一緒に流していくので、綺麗を長続きさせることができます。

排水口と水栓の仕様

排水口は、流レールボールでゴミが流れ着きやすくなっておりますが、ヘアキャッチャーが外して洗えないと、それもストレスになります。

しかし、ティアリスのヘアキャッチャーは、スポっと抜いて外して洗うことがきる仕様になっている為、お掃除も簡単に行っていただくことができ、日々のストレスも少ないです。

また排水口とカウンターの繋ぎ目の隙間が少なくなっており、汚れが蓄積しにくいようになっており、スポンジなどで一拭きで水垢やカビなどを除去しやすいようになっています。

そして水栓については、1種類のみになっていますが、こちらの水栓は高級感のあるシルバー仕上げになっており、機能面としては節湯水栓となっております。

節湯水栓とは、水栓のレバーを水と湯の切り替え位置が「カチッ」というレバーの感触でわかるようになっています。これにより、お湯を知らないうちに使わないようして、ガス代・電気代の削減に繋げることができ、そして量も同じように水量70%の位置で「カチッ」という感触でわかるようになっており、節水もしやすいようになっています。

また各種補助金の申請などにも使える仕様の水栓になります。

ビテラスミラー(ダブルLED)

ティアリスのミラーキャビネットは、ビテラスミラーという名称で縦型のダブルLED照明を採用している点が特徴的です。

他社でも同様の照明がありますが、ティアリスのビテラスミラーは鏡の中に縦型LED照明を埋め込んでいるため、鏡とフラットになっており、凹凸がない形状でスッキリした印象と、掃除が楽な点が魅力のLEDになります。

 

LED照明が縦型になることで、良い一面が生まれます。

  • 顔全体に対し光が均等に当たって化粧やひげ剃りがしやすい
  • 顔の印象が明るく見える

上からの光ですと、顔の凹凸に応じて影ができやすくなってしまい、化粧の塗り具合や、髭剃りの際に鏡に顎を無意識のうちに近づけてしまうことになります。しかし縦型LED照明になると、光の当たり具合がよく分かるので、非常におすすめになります。

 

縦型LED照明である、ビテラスミラーは見た目の美しさと併せて、機能面のメリットがありますので、ティアリスを選ぶ際にはぜひ採用したいミラーです。

ミラーキャビネットはこのビテラスミラーとしては、1面鏡3面鏡タイプがありますので、デザイン重視のスッキリした印象の1面鏡か、収納重視の3面鏡かは好みに合わせて選択することができます。

・ビテラスミラー1面鏡

・ビテラスミラー3面鏡

ミラーキャビネット

基本的には、本体キャビネット幅に合わせて、ミラーキャビネットを選択する形になります。

ティアリスは、上記のビテラスミラーの2種類に加えて、木製3面鏡・樹脂製3面鏡の合計4種類から選択することができます。ビテラスミラー以外は、照明が上部に付いているタイプの3面鏡になります。また幅によっては、選択出来ないミラー形状もあります。

・木製3面鏡

・樹脂製3面鏡

ミラーキャビネット内部については、3面鏡の場合は収納になっています

クリナップのティアリスの特徴は、トレー底面がアルミ仕様になっていることから、化粧品などの薬品に強い仕様になっていることと、着脱可能で掃除がしやすい点が魅力です。

そしてキャビネットの下部で、カウンターとの間の壁面のデザインは3種類から選択ができます。

洗面空間が広く見えるミラータイプ、汚れが気になりにくいフロストミラータイプ、もしくはモザイクタイルや壁紙でコーディネートできるアンダーミラーパネル無しの3種類です。

ミラーがあることで、空間を広く見せる以外にも、背の小さいお子様や、ご高齢の方は高い台に乗らなくても、鏡を低い位置から見ることができるメリットがあります。

・ミラータイプ

・フロストミラータイプ

・アンダーミラーパネルなし

ステンレスキャビネット

「クリナップならでは」の技術・特徴と言えばステンレスです。キッチンなどでもステンレスの技術が長けており、ステンレスの魅力に惹かれてクリナップを選択する方も多いです。

そんなステンレス仕様のキャビネットが、洗面化粧台にも採用されているのティアリスです。

ステンレス製だと何が良いのか?ですが、様々な良いポイントがあります。

 

〜ステンレス仕様のメリット〜

キャビネット本体が丈夫
通常、キッチンや洗面化粧台は、パーチクルボード等の木を加工した板で構成されていますが、ステンレス製であることから水に強く、匂いがつきにくいメリットがあります。

・錆に強い
強度があることと、水廻りに使うことからステンレスは錆に強いため、水廻りのキャビネットには最適な素材です。

掃除がしやすい
洗剤や水などがこぼれやすいところでもあるため、キャビネット本体はもちろん、引き出しの底板もステンレスにすることで、掃除がしやすい仕様になっています。

虫がわきにくい
木製キャビネットですと、水漏れなどがあるとそこから腐食する場合があり、その腐食が虫を呼んだりすることがあります。その恐れがステンレスの場合は少ないと言えます。

 

ステンレスキャビネットは、クリナップの代名詞とも言うべき特徴になっており、昔からキッチンの「SS」「クリンレディ」で有名です。国内メーカーではステンレス製のキャビネットを採用しているのは、クリナップだけです。

底板ステンレス・サイレントレール

キャビネット本体だけでなく、引き出しの底板もステンレスになっています。これにより洗剤などが垂れても、サッとふき取りやすい仕様になっています。

通常の引き出しはメラミン素材という素材になっており、洗剤などがこぼれて時間が経つと、変色や染みの原因になってしまいますが、ステンレスの場合は変色変形しにくいメリットがあります。

また、キッチンの引き出しでは最近は一般的になってはいますが、洗面化粧台では各社高級グレードでないと付帯されていない、引き出しを閉める時のゆっくり閉まる機能「サイレントレール」機能があります。

この機能によって、化粧品などを立てて収納することの多い洗面化粧台では、化粧品などが倒れたりしにくくなっています。

扉カラー展開は全8色

扉のカラー展開は全8色ありますが、色によって表面素材の仕上げや、見え方が異なります。またグレードによって価格も変動してきます。

・プレミアム(ステンレス鏡面仕上げ):ノワール色

・ハイグレード(鏡面の木目仕上げ):シャビーホワイト・シャビーモカ・シャビーダーク

・ハイグレード(鏡面の単色仕上げ):スコレホワイト・ジャスパーレッド

・スタンダード(艶消しマット加工の木目仕上げ):モカバーチ・ダークバーチ

色に関しては、個人での好みや、インテリアイメージに合わせて選んでいただければ良いと思いますが、扉グレードは細かく解説すると、表面の塗装コーティングも異なります。

スタンダードグレードでは、木目を印刷した樹脂シートをはっており、表面コーティングを行っておらず、また木口(扉の横~縦端面)もコーティングはされていません。

それに対して、プレミアム・ハイグレードについては、扉全体はコーディングをされていたり、木口もキャップやコーティングの仕上げになっており、より長く綺麗に使っていただきやすい仕様になっています。

詳細はショールームに行った際などに、色合いだけでなく表面のコーティングも見比べてみてください。

腰への負担がすくない高さ設計

通常の洗面化粧台は、洗面ボールの高さが床から、750mmという設計が多いですが、ティアリスは高さが850mmの設計になっています。

この850mmという設計は、キッチンで最も多く出るカウンター高さですが、かがむ角度が少なくて済み、姿勢から来る負担を身長170cmの方であれば約2割程度負担軽減できるようになっています。

洗面の時などに、大きくかがんで腰が痛いという方は、こういった点も検討の時の参考になさってください。

ボール下キャビネットの形状

ボール下キャビネット(洗面化粧台の洗面ボール下のメインキャビネット)は、下記から幅に合わせて、ご自身の好みに合わせながら選択していく形となります。

・オールスライドタイプ

オールスライドタイプは、簡潔に言うと「引き出しタイプ」のキャビネットです。

洗面化粧台の幅により2段・2段+体重計収納、もしくは3段(ベースキャビネットのみ)で幅に合わせた選択のバリエーションがあり、すべての幅でそれぞれ、もしくは単独で組み合わせて、ご自身の好みに合わせたプランを作っていきます。

・2段引き出しタイプ

・2段引き出し(体重計収納付き)

オールスライドタイプは、収納量と奥までモノ置けて使いやすいというメリットがあり、人気が高い収納タイプです。

・スライドツールタイプ

スライドスツールタイプは、簡潔に言うと「座ることができる収納引き出し」です。

洗面所で、ゆっくりフットケアや爪のお手入れなどがしやすいように、引き出し式になっている座れるキャビネットになっています。普段は収納スペースとなっており、ストック品を多く入れたい洗面化粧台として役割を果たしてくれています。

・スライドツールタイプ(腰掛時)

・スライドツールタイプ(収納時)

・オープンタイプ

オープンタイプは引き出しが無く、机のように洗面化粧台を使うことができるプランです。

例えば収納スペースは、ランドリーラックが洗面所や、隣接しているクローゼットにしっかりあるので、洗面化粧台には収納は不要で、むしろ化粧台として使いたいという方には向いているプランです。

ベースキャビネットの収納パターン

こちらは、メイン収納ではなく洗面化粧台の洗面ボール下キャビネットのサイドに位置する、細かいものを収納することを想定したキャビネットです。幅が900mm以上の洗面で選択することができるキャビネットです。

・オールスライドタイプ(2段引き出し・3段引き出し)

ボール下キャビネットと同様、引き出しタイプになります。

こちらは、ボール下キャビネット2段と3段引き出しタイプを組み合わせることも可能です。洗面化粧台本体の幅に合わせて選択ができます。

・ランドリータイプ

引き出し部分が網かごになっており、タオル類が収納しやすくなっている人気のタイプです。こちらは引き出しとしては1個の引き出しですが、収納部分は2段になっています。

収納が充実するトールキャビネット

このキャビネットは、壁から壁まで洗面化粧台本体で設計するのではなく、洗面化粧台本体のサイドに、床面から天井近くまで高さのある(トール)収納キャビネットになります。

家族の人数が多い方や、洗面本体の幅よりタオル類などの収納をしっかり充実させたい!という方におすすめのトールキャビネットです。

・扉タイプ(幅450mm・300mm)

前面からの収納のみのタイプです。幅も広くタオルを収納したい方におすすめのトールキャビネットです。

・片面収納タイプ(幅250mm・幅150mm)

「化粧品などを、洗面化粧台で使いたい!」という方に非常に便利な収納です。正面からではなく、洗面ミラーと隣接する形でのオープン型の収納が利用できます。

幅250mmタイプは、ハンドタオルなども収納できるだけの幅があり、化粧品の収納量も十分です。幅150mmタイプは、ミラー側から横から収納できる量は、化粧品などを置くための必要最小限の奥行になっています。

ティアリスの価格

ティアリスの価格は、各キャビネットや色などの組み合わせ構成によって左右されます。またティアリスは高級グレードの洗面化粧台であることから、下記の定価からの値引き率は他シリーズに比べて少なくなっています

また洗面化粧台の場合は、新築時は商品代に加えて施工費用、リフォーム時はさらに既存の洗面化粧台の撤去・処分費用が加算されますので、正確な価格については一度お見積もりを取得されて検討されることえをおすすめします。

幅1,800mm 780,000円~
幅1,650mm 720,000円~
幅1,500mm 660,000円~
幅1,350mm 609,000円~
幅1,200mm 547,000円~
幅1,000mm 488,000円~
幅900mm 433,000円~
幅750mm 374,000円~

※こちらは組み合わせによって、同じ幅でも金額は上下します

ティアリスの口コミや評判

ティアリスを見た住宅会社や、実際に設置された方のブログなどから、口コミをみていきましょう。

ホテルのような高級感。ひと味違った雰囲気をもつティアリス。
自分のお気に入りの洗面室に置くのも良し!
人の集まる場所に設置して、おもてなしの独立したサニタリーにするのも良し!
ティアリスは、まさに、贅沢な空間と時間を提供してくれる洗面台です!

〈ティアリスの良いところ、まとめ!〉
◎綺麗で硬いアクリストンクオーツのカウンターで流レールボールを実現!
◎ステンレスはカビや臭いがつきにくい!キューブデザインとフロート感でスタイリッシュ!
◎埋め込みダブルLEDでフラットなキューブデザインのミラーキャビネット。拭き掃除も楽々!

出展:http://blog.kkenko.com/?eid=40

 

HPみると分かりますが、キラッキラでピッカピカで、綺麗で可愛いのです
横幅は1500にしました。右側にはトールキャビネットも付けました。タオルとかたくさん入ります。

鏡にこのライン照明!綺麗でもあり、カッコイイ!と思い、ショールームで2人とも一目惚れしました。洗面室はこのティアリスを置くために全てのインテリア設計をしたと言っても過言ではありません。

鏡の部分は3箇所に分かれて開けて、三面鏡になります。奥さん三面鏡必須らしく。
写真撮れてない…

開けばもちろん棚になってて収納スペースがあります。開いた下あたりに照明のスイッチと、曇り止めスイッチ、コンセントが両サイドについてます。

詳しくはお近くのクリナップへ…!
ぱっと見余計なものが見えず、スッキリとしたデザインなので、良いですね。

出展:https://ameblo.jp/porypory1/entry-12434176979.html

まとめ

まとめとしては、高級グレードの洗面化粧台らしく、デザイン美と、機能を兼ね備えた万能の洗面化粧台になります。

もっとも、デザインも良いことは勿論ですが、カウンターやキャビネットの耐久性も高いことから、安い洗面化粧台に比べて、長い間きれいに使っていただけること間違いない商品になります。

洗面化粧台は、毎日使うことと、ご家族構成にもよりますが様々な年代の方が使うことから、カウンター高さや、アンダーミラーパネルでミラーを採用できたりと、長くお住まいのうちに家族構成が変わったり、当然全員が年齢を取っていくことを考えると、幅広い年代に使いやすいポイントも重要になってきます。

洗面化粧台は家族しか見ないから、と費用を削りがちな点にはなっていましますが、しっかりしたティアリスを購入いただくと、長く高級感のある洗面化粧台で、満足感が長く続くこと間違いありません。

クリナップの洗面化粧台「ティアリス」を複数の業者にお見積り依頼ができるオススメのサービスはこちらです 

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告