LIXILのトイレ「プレアス」シリーズの特徴・価格をリフォームの視点で解説!

auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

「タンクレストイレは高価で手が出せない。けれどスッキリとしたトイレがほしい」

こういった悩みを抱えている人にはLIXILの「プレアス」シリーズが向いています。

 

「プレアス」シリーズは、タンク付きトイレでありながらタンクレスのようなコンパクトなデザインが特徴です。

この記事では、LIXILのトイレ「プレアス」シリーズの購入を検討している人のために、リフォームに必要な費用や商品の特徴を紹介します。

 

LIXILのトイレ「プレアス」シリーズの概要

LIXILの「プレアス」シリーズの基本情報は以下となります。

価格(プレアスLS-CL4A) 230,000円〜
サイズ HSタイプ 幅391mm×奥行754mm×高さ946mm
LSタイプ 幅391mm×奥行714mm×高さ650mm
排水方式 床排水・床上排水
便器カラー 4色

 

「プレアス」シリーズにはHSタイプとLSタイプの2種類があり、サイズや機能、価格が異なります。

また、「プレアス」のHSタイプには手洗い器がついているため、LSタイプよりも5,000円ほど高くなっています。

 

LIXILのトイレ「プレアス」シリーズの特徴

LIXILのトイレ「プレアス」シリーズには、以下の機能があります。

  • 100年もクリーンさが続く新素材「アクアセラミック」
  • 少量の水で強力に洗浄する「パワーストリーム洗浄」
  • フチをなくしていつも清潔に「フチレス形状」
  • タンクレスのようにコンパクトなデザイン
  • 楽に掃除ができる「お掃除リフトアップ」

 

100年もクリーンさが続く新素材「アクアセラミック」

高い硬度を誇る「ジルコン」と呼ばれる素材を使った製品が「アクアセラミック」です。

キズや汚れに強く、毎日清掃をしても100年は新品のツルツルが維持できると言われています。

アクアセラミックは水を流すだけで汚れが落ちるため、黒ずみやくすみが発生しにくいでしょう。

 

ただし、定期的に掃除をしなければアクアセラミックといえど汚れがついて輝きが失われます。

まったく掃除をしなくてもいいわけではないので注意しましょう。

 

少量の水で強力に洗浄する「パワーストリーム洗浄」

「プレアス」シリーズでは、3つの吐水口から水を流して洗浄する「パワーストリーム洗浄」機能が備わっています。

「パワーストリーム洗浄」は、1,000を超える形状の便器を試作して生み出された、水の流れをコントロールする技術から誕生しました。

少量の水で便器のすみずみまで洗浄できるため、節水をしたいに人にとっては非常に重宝するでしょう。

 

フチをなくしていつも清潔に「フチレス形状」

トイレ清掃の悩みのひとつといえば、フチ裏にたまった汚れが取れにくいことでしょう。

「プレアス」シリーズは、フチのない形状を追求して汚れにくく清掃しやすいトイレを実現しました。

フチレス形状によって汚れが隙間にたまることがなく、余計な凹凸がないためサッとひと拭きするだけで簡単に掃除ができます。

 

タンクレスのようにコンパクトなデザイン

「プレアス」シリーズのLSタイプは、便器の奥行きを720mm以内に抑え、曲線を多用することでコンパクトなデザイン設計となっています。

このため、タンク付きのトイレでありながらタンクレスのように背後が目立ちにくい便器となりました。

また、下部にへこみを作ることでトイレ自体が浮いているような見た目となり、トイレ室内が広く感じられるようになります。

 

楽に掃除ができる「お掃除リフトアップ」

便座と便器の隙間に汚れが溜まって掃除が大変だったという経験はありませんか?

「プレアス」シリーズにはお掃除リフトアップと呼ばれる機能が搭載されています。

お掃除リフトアップは、スイッチ操作によって便座が持ち上がることで便器との隙間を簡単に掃除できる機能です。

便器と便座の隙間を清潔に保ちやすくなるため、頻繁にお手入れをする人には嬉しい機能と言えるでしょう。

 

LIXILのトイレ「プレアス」シリーズのグレードによる性能の違い

「プレアス」シリーズには「HSタイプ」と「LSタイプ」があります。

「HSタイプ」と「LSタイプ」の違いは、手洗い器の有無だけです。

プレアスではHSタイプにのみ手洗い器がついています。

 

各タイプには3種類のグレードがあり、HSタイプが「CH6A」「CH5A」「CH4A」、LSタイプが「CL6A」「CL5A」「CL4A」のグレードとなります。

各グレードにおける機能の違いは以下を確認してください。

トイレの機能 CH6A CH5A CH4A CL6A CL5A CL4A
手洗い器(トイレのフタが自動で開閉する機能) × × ×
フルオート便座 × × × ×
温風便座(温風でおしりを乾燥させる機能) × ×
フルオート便器洗浄

(男子小洗浄に対応)

× × × ×
フルオート便器洗浄

(男子小洗浄に非対応)

 

 

この他に共通機能として、

  • シャワートイレ機能(おしり洗浄、ビデ洗浄)
  • ノズル自動洗浄機能
  • 女性専用ノズルの設置
  • ノズル先端の着脱機能
  • ノズルの位置調節機能
  • 便器内の抗菌作用
  • 節電、節水機能
  • 脱臭機能
  • 便座暖房機能

などがあります。

 

LIXILのトイレ「プレアス」シリーズの価格とカラー

「プレアス」シリーズの価格は以下のようになります。

LIXILのタンクレストイレ「サティス」に比べると安価となっていますが、機能とデザイン性の高さから一般的なトイレよりは値が張ります。

タイプ グレード 価格
プレアスHS CH6A 295,000円〜
CH5A 255,000円〜
CH4A 235,000円〜
プレアスLS CL6A 290,000円〜
CL5A 250,000円〜
CL4A 230,000円〜

 

商品の最低価格は230,000円です。

上記は商品価格のため、工事費用が追加で必要となるでしょう。

工事費用は業者によって異なりますが、商品と工事費用を含めて上記より安いケースもあるようです。

 

トイレリフォームは室内の状況や工事範囲によって費用は大きく変動するため、業者から見積もりを取得しなければ正確な価格はわかりません。

価格が気になる場合はまず業者に見積もり依頼を行ってください。

トイレのリフォーム業者に工事を依頼する際は、3社以上から見積もりを取得する「相見積もり」を行ってください。

1社だけに依頼すると相場より高額な費用を請求されても気付くことができません。

3社で見積もり額を比較して、工事内容や価格で信頼できる業者に依頼しましょう。

LIXILのトイレ「プレアス」を無料で見積り依頼できるサービスはこちらがおすすめです。

 

LIXILのトイレ「プレアス」シリーズのカラーバリエーション

「プレアス」シリーズのカラーバリエーションは全タイプ共通で4種類が存在します。

全タイプとも以下の4種類のカラーしかありません。

  • ピュアホワイト
  • オフホワイト
  • ピンク
  • ブルーグレー

上記は便器とタンクの色です。

便座の色は変えられる可能性があるため、トイレ空間や好みに合わせて後悔しない色を選びましょう。

 

まとめ

LIXILの「プレアス」シリーズは、タンク付きトイレでありながらタンクレスのようなデザインをしているトイレです。

タンクレストイレは高価すぎて手が出せないけれど、見た目にはこだわりたい

「プレアス」シリーズは、そういった考えの人に向いている商品と言えるでしょう。

 

トイレの足元がスリムで浮いているように見えるため、トイレ空間を広く見せたい場合にも最適です。

手洗い器つきかどうかでサイズがやや異なりますので、両者の違いや利便性を考慮したうえで購入するタイプを選ぶようにしましょう。

LIXILのトイレ「プレアス」を無料で見積り依頼できるサービスはこちらがおすすめです。