リクシルのシステムバス「リノビオV」の特徴や価格、評判をプロの目線で紹介!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/bathroom/renobio/

リノビオVは、リクシルのマンション用システムバスシリーズです。

華やかで美しい人造大理石の「ルフレトーン浴槽」や、全身を包み込むように降り注ぐ「フルフォールシャワー」、カンタンに取り外しができる「まる洗いカウンター」や「とるピカ」などの特徴を持っています。

このページでは、リクシルのマンション用のシステムバス「リノビオV」について、特徴や価格、評判や口コミなどを、元住宅設備メーカー勤務のプロの目線を交えて解説していきます。

リノビオVの価格やサイズ基本情報

まず、リクシルのシステムバス「リノビオV」に関する基本情報を確認していきます。

プランセット価格
メーカー参考価格)
¥1,136,000~ (Sタイプ 浴室サイズ1616)
浴室サイズ マンション用(1620,1616,1418,1416,1317,W1316,1316,1218,W1216,1216,S1216,1116)
浴槽タイプ ・1600ロング浴槽
・1200ロング浴槽
・ワイド浴槽
・エコベンチ浴槽
・ストレートライン浴槽
・ラウンドライン浴槽
・アーチライン浴槽
仕様グレード Kタイプ、Qタイプ、Sタイプ、Fタイプ、Eタイプ
壁パネルカラー  全36色
WOOD Design(木目柄):7色
STONE Design(石柄):10色
ABSTRACT Design(抽象柄):12色
TEXTURE Design(素材の風合い):7色
スポンサー広告

リノビオVの特徴

それでは、リノビオVの特徴を確認していきましょう。

リノビオVには、心地よいバスタイムを過ごすための機能はもちろんのこと、清掃性などお手入れの面を考慮している機能もたくさんあります。

ルフレトーン浴槽

リノビオVでは、人造大理石のルフレトーン浴槽を、全タイプで標準搭載しています。

ルフレトーン浴槽は、キラメキと奥行きのある人造大理石浴槽です。大理石のような上質な光沢と、華やかなきらめきを纏っているのが特徴です。

ルフレトーン浴槽のカラーは全6種類。好みにあった、または選んだ壁カラーにマッチする浴槽カラーを選択することができます。

浴槽のカラーで人気なのが、黒の浴槽です。人造大理石のルフレトーン浴槽では、黒色でも美しくきらめきます。

しかし一つ注意が必要です。それは「浴室において黒色は、水垢が目立ちやすい」という点です。水垢は基本的に白っぽく浮かび上がるため、浴槽であれ壁パネルカラーであれ、黒色に対しては目立ってしまいます。

どれだけお手入れができるか、またどれだけ気にするか(気にならないか)をしっかりと考えて色選びをすると良いでしょう。

 

フルフォールシャワー(レインO2シャワー)

フルフォールシャワーとは、真上から全身を包み込むように降り注ぐシャワーのことです。その秘密は、たてのスマイルカーブを描いたフルフォールスライドバーにあります。

フルフォールスライドバーは、下の画像のようにシャワーのスライドバーがゆるやかにカーブを描いています。さらに角度のあるシャワーフックを用いて、シャワーヘッドがちょうど頭の上にくるように設計されています。

このフルフォールシャワーは、2018年レッドドットプロダクトデザイン賞と、2017年グッドデザイン賞を受賞しています。

レインO2シャワーは、大粒の雨のような優しい浴び心地の節水シャワーです。

グローエ社と共同開発されたレインO2シャワーは、カラフルで大きなシャワーヘッドが特徴です。吐水される水には空気が含まれており、大粒となった水滴はやわらかい浴び心地となっています。従来のシャワーと比べて、15%の節水を実現しました。

 

まる洗いカウンター・とるピカスリムカウンター

まる洗いカウンターは、汚れがちで掃除が大変なカウンター部分を、取り外してまる洗いすることができる商品です。

カウンター本体はもちろんのこと、洗いにくかったカウンター裏の壁や床もラクラクお掃除することができます。取り外しの作業はカンタンに行えるのがうれしいポイントです。カウンターの下に風呂イスがすっぽり収まるため、見た目もスッキリさせることができます。

 

とるピカスリムカウンターは、ボトルなどが手元に置ける便利なカウンターです。

カンタンに壁から外してまる洗いできるのが特徴です。スリムなカウンターなので、壁からの張り出しが少なく、洗い場を広々と使うことができます。

 

「まる洗いカウンター」や「とるピカスリムカウンター」は、プロの目から見ても採用すべき仕様と言えます。

最近になって減ってきてはいますが、一般的にカウンターの下にはエプロンがついています。そのエプロンの中に少しずつ水が入り、数年後にニオイの原因に・・・というのはよくある話です。

取り外すことができる「まる洗いカウンター」や「とるピカ」は、そもそもエプロンがなく、カウンター本体の裏・壁・床までしっかりと洗うことができます。

まる洗いカウンターは洗いやすいのがウリですが、外した時の支柱パーツが多いので注意が必要です。

 

サーモバスS & キレイサーモフロア

サーモバスSは、時間が経ってもお湯が冷めにくく、あたたかさを持続させる浴槽です。4時間後の温度変化はわずか2.5度以下で、家族が多い家庭や、入浴時間に差がある場合にうれしいですね。

キレイサーモフロアは、主に3つの特徴があります。

  • 入った際に冷たくない
  • スポンジでラクラク掃除ができる
  • すべりにくく、水はけが良い

キレイサーモフロアは、独自の断熱層を用いています。足裏から逃げていく熱を少なくして、冷たさを感じにくい構造となっています。

また、床面をゆるやかな溝にすることで掃除がしやすくなっています。汚れや水垢がたまりがちな従来の溝と比べて、キレイサーモフロアの床はスポンジ一つでラクラクお手入れができます。

表面の素材により、すべりにくく水はけが良いので、毎日のお風呂を安全で気持ちよく使うことができます。

プッシュ水栓

プッシュ水栓は、ボタンを押してダイヤルを回すタイプのカンタン操作水栓です。

  • ボタンを押す
  • 水またはお湯が出る
  • ダイヤルを回して水量を調節する
  • もう一度ボタンを押すと止まる

ボタンの形状が、中心に向けて凹んでいるようなデザインになっています。そのため、立った状態・座った状態どちらでもボタンが押しやすくなっているのが特徴です。

浴槽タイプ

Arise(アライズ)の浴室のタイプを確認していきます。

1600ロング浴槽

1600ロング浴槽 対応サイズ 1620,1616

1600ロング浴槽は、足も肩周りもゆったりと入ることができる大きな浴槽です。リノビオVの浴槽ラインナップの中で、最も底面が広い浴槽となっています。

背が高い人でも、足を伸ばしてゆっくりとくつろぐことができます。

1200ロング浴槽

1200ロング浴槽 対応サイズ 1218,W1216,1216

1200ロング浴槽は、限られたバスルームの中でゆとりを感じることができるようにデザインされた浴槽です。

腕を置けるアームレストを採用したり、広さを感じさせる形状にしたりと、小さなバスルームでも快適に過ごせるような工夫が詰まっています。

ワイド浴槽

ワイド浴槽 対応サイズ 1620

ワイド浴槽は、ひろびろと入ることができる大きな浴槽です。ひとりで広々と入ることはもちろん、お母さんとお子さんで、おじいちゃんとお孫さんで、家族でコミュニケーションを取りながら入ることもできます。

ゆったり座れるベンチがついているため、半身浴を可能にすると同時に、浴槽水量も抑えたエコデザインになっています。

エコベンチ浴槽

エコベンチ浴槽 対応サイズ 1620,1616,1418,1416

エコベンチ浴槽は、半身浴ができるベンチ付きの浴槽です。満水容量が35リットルも削減していて、節水とデザインを両立させています。

ストレートライン浴槽

ストレートライン浴槽 対応サイズ 1620,1616,1418,1416,1317,W1316,1316

ストレートライン浴槽は、直線的なデザインがスタイリッシュな浴槽です。すっきりとシャープな印象を与えます。

まっすぐなラインですっきりとしていますが、ひとつひとつの角はソフトなので、ゆったりと優しい入浴ができます。

ラウンドライン浴槽

ラウンドライン浴槽 対応サイズ 1620,1616,1418,1416,1317,W1316,1316

ラウンドライン浴槽は、なめらかな曲線のシンプルデザインの浴槽です。浴槽上部を広くとり、ゆったり入浴できる形状となっています。直線と曲線をあわせ持った、だ円形の浴槽はソフトな印象を与えます。

アーチライン浴槽

アーチライン浴槽 対応サイズ 1218,W1216,1216,S1216,1116

アーチライン浴槽は、左右非対称のデザインをしている浴槽です。小さいサイズのバスルームでもリラックスできるよう追求したカタチで、浴槽の上縁部を広げることで外寸の小ささをカバーしています。

壁パネルカラー

リノビオVの壁パネルのカラーをみていきましょう。

・WOOD Design(木目柄)

木目柄の壁パネルは、天然木をつややかに仕上げた鏡面のタイプと、素材感を表現したマットなタイプがあります。木目のあたたかみのある風合いが、浴室をやさしい雰囲気に仕上げます。

・STONE Design(石柄)

石柄の壁パネルは、流れ模様のある大理石や、天然石が持つ豊かな表情を表しています。優しくも凛とした石目の模様は、浴室空間を上質なものに仕上げてくれます。

・ABSTRACT Design(抽象柄)

抽象柄の壁パネルは、鮮やかな色や爽やかな色を使って、浴室空間を彩ります。すっきりとリフレッシュできるような浴室になりそうですね。

・TEXTURE Design(素材の風合い)


素材の風合いを表したLパネルは、光の反射や陰影で表情豊かな壁面を作ります。優しい柄を眺めることで、おだやかな気持ちで入浴することができます。

リノビオVの価格

リノビオVの、様々な価格比較を見ていきましょう。

・仕様グレードによる価格表

浴室サイズ1616(マンション用)
Kタイプ ¥1,218,000
Qタイプ ¥1,136,000
Sタイプ ¥1,136,000
Fタイプ ¥1,085,000
Eタイプ (Eタイプは浴室サイズ1616非対応)

・浴室サイズによる価格表

Sタイプ(マンション用)
1620 ¥1,438,000
1616  ¥1,136,000
1418 ¥1,136,000
1416 ¥1,096,000
1317 ¥1,054,000
W1316 ¥1,041,000
1316  ¥1,041,000
1218 ¥1,028,000
W1216  ¥988,000
1216  ¥988,000
S1216  ¥958,000
1116  ¥921,000

上記に記載の金額は、全て「メーカー参考価格」つまり定価のことです。

実際にシステムバスを購入するときには、工事費がプラスになったり、逆に値引きが入ったりします。浴室のサイズやプラン、オプションに何をつけるかによっても、料金が大きく変わります。お風呂のリフォームは、リフォーム費用の総額や、相場が分かりにくいのが現状です。

お風呂のリフォームで実際にかかる費用を知るには、業者から見積もりを取ってみるのが一番です。このとき、見積もりは、必ず複数の業者に依頼するようにしてください。料金は、リフォームの内容だけでなく、業者によっても異なります。

複数の業社から見積もりを取ることで、リフォーム費用の相場や、適正な価格が見えてきます。

リノビオVを複数の業者に見積もり依頼できるおすすめのサービスはこちらです。

 

リノビオVの価格タイプは5段階あります。その中でよく採用されているのはSタイプFタイプです。

SタイプとFタイプ、どちらも主な標準仕様はほとんど同じです。大きな違いは、Sタイプが「まる洗いカウンター」、Fタイプが「とるピカ」が標準仕様という点です。

自分の入浴時をよく思い出してみて、どのくらいカウンターを使用しているかを考えてみると良いでしょう。

 

リノビオVの口コミ評判

リノビオVを実際に採用した人、実際にショールームなどで見た人の評判や口コミを見ていきましょう。

リノビオVが売りとしている、キレイサーモフロア、くるりんポイ排水口、キレイ浴槽、サーモバスS、エコフルシャワー、キレイドア、キレイ鏡、とるピカスリムカウンターを使用してみての感想です。

・キレイサーモフロア
潔癖の方は単色、なまくらさんは加飾がおすすめ。私は加飾なのですが、汚れが本当に分からない。どれぐらい汚れてるのかが分からないので逆に困っている。
確かに、水はけが良く、冷たさも感じにくいです。
ただ…硬いです。そして、加飾だからかザラザラしてます。バスチェアをひっくり返して洗っていたら擦れて傷が入った。悲

・くるりんポイ排水口
網に毛などが全く絡みつかないわけじゃないけど、ほぼまとまります。まるごとポイって捨てれる日もあるけど、ゴミ箱にコンコンして捨てる日もあるという感じ。石鹸カスが溜まって目が詰まるので定期的に網の掃除は必要だけど、従来よりすごく楽。
そして、網の下の排水口はもっと楽。筒みたいなシンプルな形だから、スポンジ持って手でくるんとしたら終了。あっという間にきれい。ストレスフリーですばらしい!

・キレイ浴槽
たぶん一番の売りであろう人造大理石。人造大理石自体がよく分からないまま使用しているけれど、とにかく汚れはすぐ落ちる。ゴシゴシ力を入れないで落ちる。
あと、パールが効いてるから水垢が目立たない。

・サーモバスS
一番効果が実感しにくい。笑
従来と比較したらそうなんだろうけど、やっぱ入るときは追い炊きしちゃうしなー。

・エコフルシャワー
何ら問題なくシャワーの役割を果たしています。これで本当に48&%も節水になってるならすごいと思う。

・キレイドア
勇気を持って白のドアにしてみたけど、カビてないよ〜。
ただ、下のゴムのところに汚れが溜まって目立つかな。それでも、レールや溝がないぶん楽に掃除できる。

・キレイ鏡
油断していたら少しウロコができてしまった。悲
油断は禁物ですぞ。

・とるピカスリムカウンター
あまり外すことはないけど、根こそぎ掃除できてスッキリ。

以上です。
やはり、バスルーム選びの決め手も、「お手入れの簡単さ」です。
まんまと釣られて売りを買いましたが、かなり楽になりましたよ〜。

出典:https://ameblo.jp/mujiryohinseikatsu/entry-12247512556.html

完成です
LIXILのマンション用システムバス「リノビオV」の1216サイズ。

人造大理石でできた黒色の浴槽がポイントです。
ショウルームに行かれた際に、黒をとても気に入られたのですが、「汚れが目立つのでは」と、最後まで悩んでいらっしゃいました。
しかし、「お掃除しやすいお風呂だから大丈夫」と決められたそうです

出典:https://uohashi.co.jp/relay/20847.html

セレクトの中で一番悩んだのは壁の色。薄い色だとカビや汚れが目立つし、濃い色だと水垢や石鹸かすが目立つ。
今までのお風呂が白系だったから、カビや汚れと戦う機会が多くて存在が薄れていたけど、水垢ってかなりやっかいなんですね。不動産、リホーム、水廻りの仕事に携わる人が、口を揃えて黒い風呂はやめておいたほうがいいって言ってたもんな。カビや汚れより阻止するのが難しそうだし、今となっては白系にして正解だったな。
ちなみに、想像がつかなかった木目のアクセントパネル「HTクリエモカ」はマットな感じだしどうだろう?と思っていたけど、案外汚れません。濃い色だから水や石鹸が飛び交う器具面ではなく、浴槽面をアクセントにしました。

出典:https://ameblo.jp/mujiryohinseikatsu/entry-12247512556.html

リノビオVは、人造大理石のルフレトーン浴槽が標準仕様となっています。ルフレトーン浴槽自体の評価は高いですが、浴槽の色を黒色にするかどうかで迷っている人が多いようです。

そのほか、掃除がしやすいようなさまざまな特徴的な商品が高評価のポイントとなっていました。

まとめ

リノビオVは、お手頃価格でしっかりと機能も兼ね備えたマンション用システムバスです。

お掃除がしやすい「まる洗いカウンター」や「とるピカ」、しっかりとした浴び心地の「フルフォールシャワー」、冬でも快適に入浴できる「キレイサーモフロア」や「サーモバスS」など、便利でうれしい機能がたくさん詰まっています。

マンションのお風呂を快適にしたい方は、リクシルのリノビオVでリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

リノビオVを複数の業者に見積もり依頼できるおすすめのサービスはこちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告