TOTOのトイレ「GG」シリーズの特徴・価格をリフォームの視点で解説!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

トイレのリフォームを検討している人のなかには、TOTOの「GG」シリーズを購入しようかと考える人もいるでしょう。

この記事では、TOTOのウォシュレット一体形タンク式トイレ「GG」シリーズのリフォーム費用や特徴を紹介します。 

スタイリッシュなタンク式トイレを購入したい人に「GG」シリーズは役立つでしょう。

 

TOTOのトイレ「GG」シリーズの概要

TOTOが販売する「GG」シリーズの基本情報は以下となります。

 

価格 230,000円〜
サイズ 「GG」幅391mm×奥行730mm×高さ654mm
「GG-800」幅391mm×奥行771mm×高さ930mm
排水方式 壁排水・床排水(床排水は追加費用10,000円)
カラー 4色

 

「GG」シリーズには、「GG」と「GG-800」の2種類があり、サイズや設備、価格が異なります。

「GG」と「GG-800」の違いは、手洗い器がタンク上部に付いているかどうかです。

「GG-800」は手洗い器が付いているため「GG」よりも5,000円高くなっています。

 

スポンサー広告

TOTOのトイレ「GG」シリーズの特徴

TOTOのトイレ「GG」シリーズには、以下の特徴があります。

  • ウォシュレットのノズルを洗浄する「ノズルきれい」
  • 自働で便器にミストをふきつけて汚れを落としやすくする「プレミスト」
  • ウォシュレットの前方が持ち上がるため掃除しやすい「お掃除リフト」
  • TOTO独自の防汚技術「セフィオンテクト」
  • 掃除のしやすさを追求した「フチなし形状」
  • 渦を巻くような水流で節水しながら効率的に流す「トルネード洗浄」

 

それぞれどのような機能なのか解説していきましょう。

 

ウォシュレットのノズルを洗浄する「ノズルきれい」

「きれい除菌水」でウォシュレットのノズル内部と外部を自働で洗浄・除菌します。

使用時にかぎらず定期的に洗浄するため清潔さを保てるでしょう。

「きれい除菌水」とは、水を電気分解して作られる除菌成分「次亜塩素酸」を含んだ水です。

除菌成分は時間経過とともに水に戻るため、環境に優しいというメリットがあります。

 

自働で便器にミストをふきつけて汚れを落としやすくする「プレミスト」

便器内に自働でミストを吹き付け、水のクッションを作ることで汚れをつきにくくします。

先に水を撒いておくことで、使用時に汚れと便器の隙間に水が入り込むのです。

これにより汚れが浮いて流れやすくなります。

 

ウォシュレットの前方が持ち上がるため掃除しやすい「お掃除リフト」

「GG」シリーズは、便器の側面に取り付けられたレバーにより、ウォシュレットの前方が持ち上がる構造をしています。

これにより便座と便器のあいだが簡単に掃除できるためトイレを清潔に保てるでしょう。

 

TOTO独自の防汚技術「セフィオンテクト」

セフィオンテクトは、表面の凹凸を100万分の1mm(ナノメートル)のレベルでなめらかにしたTOTO独自の技術です。

純度の高いガラスを約1200℃の高温で焼き付けたことで、汚れがつきにくく落ちやすい清潔な便器を実現しました。

便器に傷がつくと汚れがつきやすいのですが、セフィオンテクトは耐久性テストでナイロンたわしを40万回こすっても傷がつかなかったとのこと。

掃除を重ねても傷がつかず、新品同様の清潔さを保てるでしょう。

 

掃除のしやすさを追求した「フチなし形状」

トイレのフチは汚れが溜まりやすく掃除が面倒ですよね。

TOTOは掃除のしやすさにも着目し、独自デザインによってフチがない便器を実現しました。

「GG」シリーズにはフチがないため、掃除の際にはスッとひと拭きするだけで汚れが取れるでしょう。

 

渦を巻くような水流で節水しながら効率的に流す「トルネード洗浄」

渦を巻くような勢いのある水流により、少ない水を効果的に使って汚れを落とせるのが「トルネード洗浄」です。

便器内の汚れをまんべんなく洗い落としたうえで、従来のトイレよりも水の使用量を抑えることができます。

「GG」シリーズによる節水量は、従来品の71%(年間で約14,200円相当)にまで達するでしょう。

 

TOTOのトイレ「GG」シリーズのタイプによる性能の違い

「GG」や「GG-800シリーズは、GG1、GG2、GG3の3タイプがあります。

それぞれ付いている機能が異なるため、詳しい個別機能は以下を参考にしてください。

タイプ 個別機能
GG1

GG1-800

「オートeco小」「オート開閉」「リモコン便座・便ふた開閉」「温風乾燥」
GG2

GG2-800

「便座・便ふたソフト閉止」「温風乾燥」
GG3

GG3-800

「便座・便ふたソフト閉止」

 

「オートeco小」は、男性の小便時に、オート便器洗浄の水量を減らして節水する機能です。

「オート開閉」は、近づくとセンサーが反応して、便ふたが自働でひらく機能です。離れるとセンサーが反応して便ふたが自働で閉じます。

「リモコン便座・便ふた開閉」は、リモコンのスイッチを押すだけで便ふたや便器に直接さわらなくても開閉ができる機能です。

「温風乾燥」は、ウォシュレット後におしりに温風を当てて乾かす機能です。

 「便座・便ふたソフト閉止」は、便座と便ふたが勢いよく閉じないよう制御する機能です。

 

必要な機能を備えたタイプを購入し、無駄な費用を使わないようにしましょう。

 

TOTOのトイレ「GG」シリーズの価格とカラー

「GG」シリーズの価格は以下のようになります。

シリーズ タイプ 価格
GG-800 GG1-800 295,000円
GG2-800 255,000円
GG3-800 235,000円
GG GG1 290,000円
GG2 250,000円
GG3 230,000円

 

「GG」シリーズの最低価格は「GG3」の230,000円です。

上記は商品価格のため、工事費用が追加で必要となります。

工事費用は業者によって異なります。

商品と工事費用を含めて上記より安い会社もあるようです。

 

トイレリフォームは室内の状況や工事範囲によって費用が大きく変動します。

あなたの自宅に適した価格は、業者に見積もりを取ってもらわなければわからないでしょう。

リフォーム業者に工事を依頼する際は、複数の会社から見積もりを取得する「相見積もり」を行いましょう。

 

1社だけに依頼をすると、相場より高額な費用を請求されても気づかずに支払ってしまいます。

3社程度で見積もりを比較すれば適正価格を判別しやすいでしょう。

「GG」シリーズを無料で相見積もりできるサイトはこちらです。

 

TOTOのトイレ「GG」シリーズのカラーバリエーション

「GG」シリーズのカラーは全部で4種類あります。

4種類とは以下のようなカラーです。

  • ホワイト
  • パステルアイボリー
  • パステルピンク
  • ホワイトグレー

トイレ室の壁や床に合わるか、好みのカラーを選ぶとよいでしょう。

 

まとめ

TOTOの「GG」シリーズはウォシュレット付きタンクトイレとしては小型です。

このためトイレ室内を広々と使いたい場合に適しているでしょう。

 

他にも、TOTO独自の汚れがつきにくい技術「セフィオンテクト」や、節水しながら汚れをしっかり洗い流す「トルネード洗浄」機能があります。

「お掃除リフト」を使えばレバーで便座と便器の隙間が持ち上がるため、掃除がしやすく清潔さを保ちやすいトイレとなるでしょう。

ウォシュレットにこだわりがある人や、清潔さを重視する人はTOTOの「GG」シリーズを検討してみてください。

「GG」シリーズを無料で相見積もりできるサイトはこちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告