TOTOのトイレ「レストパル」シリーズの特徴・価格をリフォームの視点で解説

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

出典:https://jp.toto.com/products/toilet/restpal/index.htm

TOTOの「レストパル」シリーズは、トイレ本体と必要器具をセットにしたパッケージ商品です。

この記事では、TOTOの「レストパル」シリーズのリフォーム費用や特徴を紹介します。

便器だけではなくレストルーム全体のイメージを変えたい人にとって「レストパル」シリーズは向いているでしょう。

 

TOTOのトイレ「レストパル」シリーズの概要

TOTOが販売する「レストパル」シリーズの基本情報は以下となります。

価格

(レストパル I型)

277,600円〜
設置可能サイズ レストパルF 750cm×1210cm
レストパル 750cm×1115cm
排水方式 壁排水・床排水
便器カラー 4色

「レストパル」シリーズには、「レストパル」と「レストパルF」の2種類があります。

それぞれ形状や設備、価格が異なります。

 

「レストパル」と「レストパルF」の違いはフローティングデザインかどうかです。

「レストパルF」は重力から解放されたかのように便器が浮いた形状をしています。

フローティングデザインによってトイレ室内が広く感じられるでしょう。

 

スポンサー広告

TOTOのトイレ「レストパル」シリーズの特徴

TOTOのトイレ「レストパル」シリーズには、以下の特徴があります。

  • フローティングデザインだからトイレ下の隙間が掃除しやすい
  • キャビネットや棚板などレストルームの収納力が抜群
  • 手洗い器がタンクとは別置きのため子供や高齢者でも使いやすい
  • ウォシュレットのノズルを洗浄する「ノズルきれい」
  • 自働で便器にミストをふきつけて汚れをつきにくくする「プレミスト」
  • TOTO独自の防汚技術「セフィオンテクト」
  • 掃除のしやすさを追求した「フチなし形状」
  • 渦を巻くような水流で節水しながら効率的に流す「トルネード洗浄」

 

それぞれどのような機能かを具体的に解説していきましょう。

 

フローティングデザインだからトイレ下の隙間が掃除しやすい

「レストパルF」では、トイレが浮いているように演出するフローティングデザインを採用しています。

このためトイレ下に手を入れる余裕があり、従来の便器に比べて掃除がしやすくなっています。

便器の下はボルトなどが邪魔をして掃除をしにくいと感じていた人にとっては画期的なデザインと言えるでしょう。

 

キャビネットや棚板などレストルームの収納力が抜群

「レストパル」シリーズはキャビネットや棚板などがセットになったパッケージ商品です。

このためレストルームに収納スペースが数多くあり、トイレットペーパーや掃除道具を置いても室内が狭く感じません。

広々としたトイレ室を演出したい場合に「レストパル」シリーズは適しているでしょう。

 

手洗い器がタンクとは別置きのため高齢者や子供でも使いやすい

従来のトイレでタンクに手洗い器が付いている場合、身体を動かしにくい高齢者や背が低い子供だと無理な体勢になって危険性が高まります。

「レストパル」シリーズではタンクとは別の場所に手洗い器を設置できるため、高齢者や子供がいる家庭でも安心してトイレを利用できるでしょう。

 

ウォシュレットのノズルを洗浄する「ノズルきれい」

「きれい除菌水」を使ってウォシュレットのノズル内側と外側を自働で洗浄・除菌する機能です。

使用時のみならず定期的に自働洗浄をするため、清潔さを常に維持できます。

「きれい除菌水」とは、水を電気分解して作られる除菌成分「次亜塩素酸」を含んだ水です。

水を分解して作った除菌成分のため時間経過とともに水に戻る特徴があり、環境に優しい点が特徴です。

 

自働で便器にミストをふきつけて汚れをつきにくくする「プレミスト」

 

便器内に自働でミストを吹き付け、水のクッションを作ることで汚れを浮かして便器を汚れにくくする機能です。

先に水を撒いておくことで、使用時に汚れと便器の隙間に水が入り込む仕組みです。

「プレミスト」によって汚れがつきにくいため便器を清潔に保ちやすいでしょう。

 

TOTO独自の防汚技術「セフィオンテクト」

セフィオンテクトは、表面の凹凸を100万分の1mm(ナノメートル)クラスまでなめらかにしたTOTO独自の技術です。

純度の高いガラスを約1200℃の高温で焼き付けて便器に使用しています。

このため汚れがつきにくく落ちやすいという特徴があります。

 

便器は傷がつくと汚れがつきやすいのですが、セフィオンテクトであれば傷が付く心配がほとんどありません。

セフィオンテクトは耐久性テストでナイロンたわしを40万回こすっても傷がつかなかったとTOTOによって公表されています。

「レストパル」シリーズであれば掃除を重ねても傷がつかず、従来の便器に比べて新品同様の清潔さを保てるでしょう。

 

掃除のしやすさを追求した「フチなし形状」

トイレのフチは、汚れが溜まりやすく掃除が面倒というデメリットがあります。

このためTOTOは独自デザインによってフチがない便器を作りました。

「レストパル」シリーズにはフチがないため、掃除ではスッとひと拭きするだけで汚れを落とせるでしょう。

 

渦を巻くような水流で節水しながら効率的に流す「トルネード洗浄」

渦を巻くような勢いのある水流により、少ない水を効果的に使って汚れを落とす機能が「トルネード洗浄」です。

便器内の汚れをくまなく洗い流し、それでいて従来のトイレよりも7割以上も節水が可能です。

「レストパル」シリーズの節水量は、従来品の71%(年間で約14,200円相当)に相当すると考えられています。

 

TOTOのトイレ「レストパル」シリーズのタイプと価格、色

 

「レストパル」や「レストパルF」には、「L型」と「I型」の2種類があります。

L型とI型はトイレ本体の機能が同じで、キャビネット部分などの形状による違いのみといえるでしょう。

トイレ室内の構造や広さによって最適な形状を選んでください。

 

また、「レストパル」シリーズの色は、以下のようになっています。

  • キャビネット 5(ホワイト、ミルベージュ、ダルブラウン、ミディアムフローチェリー、グレイススーパーホワイト)
  • カウンター・天板 4(ホワイト、ミルベージュ、ダルブラウン、ミディアムフローチェリー)
  • 便器・手洗い器 4(ホワイト、パステルアイボリー、パステルピンク、ホワイトグレー)

 

「レストパル」シリーズの参考価格は以下のようになります。

種類 タイプ 価格
レストパルF L型 500,000円〜
I型 390,000円〜
レストパル L型 387,600円〜
I型 277,600円〜

「レストパル」シリーズの最低価格は「レストパル I型」の277,000円です。

設置する器具や室内の構造によって費用は変動するでしょう。

工事費用は業者によって異なりますので探せば上記より安い会社もあるでしょう。

 

トイレリフォームは室内の状況や施工範囲によって費用が大きく変動する工事です

あなたの自宅に適した正確な価格は、業者に見積もりを依頼しなければわかりません。

価格を知るために、まずは業者に見積もりを依頼しましょう。

 

リフォーム業者に工事を依頼する際は、3社から見積もりを取得する「相見積もり」が最適です。

TOTOのトイレ「レストパル」を無料で見積り依頼できるサービスはこちらがおすすめです。

1社だけに見積もり依頼をすると、相場より高額な費用を請求される危険性があります。

3社で見積もりを比較すれば適正価格を判別しやすいでしょう。

 

まとめ

TOTOの「レストパル」シリーズは、トイレ本体とキャビネットなどがセットになったパッケージ商品です。

トイレ室内を豪華に演出したい場合や、手洗い器を別で設置したい人に適しているでしょう。

「レストパルF」であれば、トイレ本体が浮いているように感じるフローティングデザインが楽しめます。

トイレ下の掃除もしやすいため、レストルームを清潔に使いたい場合は「レストパルF」を検討してみましょう。

TOTOのトイレ「レストパル」を無料で見積り依頼できるサービスはこちらがおすすめです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告