屋根を初めて塗装する人が適した時期を判別するコツ!塗装に適した季節も紹介

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

出典:ユーコーナビ|日本最大の外壁塗装メディア情報サイト

「自宅の屋根を塗装する時期が知りたい」

「新築から何年くらいで塗装をしたらいいのか」

こういった疑問をいだいている人は多いでしょう。

 

屋根塗装が必要な時期は、家を建ててから7〜10年後です。

住宅を建ててから10年が経過する頃には塗装が必要だと考えましょう。

この記事では、屋根塗装を初めてする人が自宅に適した塗装時期を判別するコツを紹介します。

 

他には、以下の点を解説しています。

  • 屋根塗装に適した季節と避けるべき時期
  • 屋根塗装をしてから次にリフォームする時期を知る方法
  • 屋根塗装の時期を調べる際の注意点

屋根塗装をする具体的な時期の見極めかたを知れば、塗料の寿命を最大限活用して無駄な工事をしなくて済むでしょう。

 

屋根を塗装する時期を判別する手段は劣化状況を見ること

出典:札幌・江別の外壁塗装店 あおば塗工舎のブログ

 

屋根の塗装をする時期は劣化状況で判別します。

屋根に起こる劣化状況としては以下があります。

劣化症状 特徴
白亜化

(チョーキング)

色をつける「顔料」が塗料から分離して粉状となる劣化現象
ふくれ 塗膜が水分やガスを含んでふくれあがる劣化現象
割れ 塗膜が裂ける劣化現象
はがれ 塗膜が付着力を失って屋根素材から剥がれる劣化現象
さび 屋根の表面から酸化していく現象

 

上記の劣化が確認できた場合は屋根の塗装が必要です。

ただし、屋根にのぼって確認してはいけません。

職人以外が屋根にのぼろうとすると転倒や落下によって怪我を負いやすいからです。

地上から確認するか、業者に劣化状況を調査してもらいましょう。

 

スポンサー広告

屋根塗装に適した季節と避けるべき時期

屋根の塗装に適した季節は春だと考えられます。

気温が高すぎず低すぎないこと、雨が降りやすいわけではないことが理由です。

屋根塗装は、以下の気象条件だと乾燥不良を引き起こします。

  • 湿度85%以上
  • 気温35℃以上
  • 気温5℃以下
  • 海が近い地域
  • 強風時

 

上記の条件を満たす可能性が低い季節が春です。

では、春以外の季節は塗装に適していないのでしょうか。

夏も屋根塗装に適しています。

ただし、梅雨の時期は避けましょう。

 

雨が降ると屋根の塗装作業はできません。

梅雨以外の時期であれば夏は塗料が乾燥しやすいため屋根塗装に適しているでしょう。

ただし、気温が35℃を超える地域だと塗料に泡が生まれて施工不良を引き起こす可能性があります。

 

秋は屋根塗装に向いていません。

台風が襲ってくる季節のため、大雨や強風で塗装作業が進まないからです。

ただし、北海道のように台風がほとんど来ない地域であれば秋は塗装に適しています。

 

冬は屋根塗装に向いていません。

気温が5℃を下回る日が多いため塗料が乾燥不良を起こしてしまいます。

ただし、気温が5℃を下回らない地域であれば冬は乾燥しやすいため屋根塗装に適しています。

一方で、冬に雪が積もる地域では原則として塗装ができません。

 

屋根塗装をしてから次にリフォームする時期を知る方法

 

屋根の塗装をしたら次はいつごろリフォームをすればよいのでしょうか?

次回の塗替え時期は使う塗料によって変わります。

屋根塗装で使う塗料は主に2種類です。

  • シリコン塗料……耐用年数が612
  • フッ素塗料……耐用年数が815

 

上記を参考にして、次回の塗装年数を考えましょう。

ただし、塗料の耐用年数は環境によって変化します。

雨風に頻繁にさらされる場合や、海が近くて塩害が起こりやすい場合は耐用年数が短くなるでしょう。

また、塗装業者の技術が未熟だと塗料の寿命が短くなります。

 

屋根塗装を行う時期を調べる際の注意点

 

屋根塗装を行う時期を調べるには劣化状況をチェックすればよいと伝えました。

しかし、職人でもない人が屋根にのぼると落下や転倒の危険性があります。

屋根の劣化状況を調べたい場合でも屋根にのぼらないでください。

地上や2階から屋根を見渡す程度に留め、どうしてもチェックできない場合は屋根塗装業者に調査してもらいましょう。

 

屋根塗装では訪問営業をする業者がいます。

突然、訪問してきて「お宅の屋根が劣化しているので、塗装が必要かどうかを調査させてください」と相談してくるかもしれません。

訪問営業できた業者は決して屋根にのぼらせてはいけません。

なぜなら、訪問営業の会社は多くが悪徳業者だからです。

彼らは調査という名目で屋根にのぼり、正常な屋根材を意図的に破壊して「屋根が壊れているので修理が必要です」と語るおそれがあります。

だまされないためには、訪問営業の業者が来たとしても対応しないようにしましょう。

 

まとめ

屋根塗装が必要な時期は、新築から7〜10年です。

ただし、年数よりも屋根の劣化状況を確認してリフォームが必要かどうかを判断するのが望ましいです。

 

屋根塗装に適した季節はです。

理由は、湿度が高すぎず、気温が高くも低くもなく、雨や強風が起こりにくい季節だからです。

一方で、台風や梅雨の時期だと屋根の塗装は困難となるでしょう。

初めて屋根塗装をする場合、タイミングや季節で迷うことが多いです。

屋根塗装に適した季節を把握して、無駄に工期を延ばさないようにしましょう。

おすすめの屋根塗装業者に無料で見積り依頼できるサービスはこちらです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告