2019/05/13   外壁塗装

【元プロ監修】初めて外壁塗装をする人が知るべき費用や業者の注意点

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

「外壁塗装をしたいけれど費用はどのくらいかかるのか心配」

「外壁塗装を依頼する業者はどうやって選べばいいのか」

 

初めて外壁塗装をする人は、こういった心配をかかえてしまい工事をためらってしまう人が多いでしょう。

この記事では、外壁塗装の元プロが、工事にかかる費用や、業者選びの注意点を紹介します。

他にも、

  • 外壁塗装にかかる工期
  • 塗装が必要な時期の判別方法
  • 外壁塗装に使う塗料の種類と寿命
  • 色選びの方法

 

を解説します。

読むと、外壁塗装に関する不安の多くが解消するでしょう。

 

外壁塗装でかかる費用は70〜100万円

30坪程度の住宅の場合、外壁塗装にかかる費用は70〜100万円です。

費用の内訳としては、以下を参考にしてください。

作業内容 費用相場
足場 20〜23万円
養生 10〜13万円
高圧洗浄 2〜4万円
シリコン塗装 23〜33万円
軒天井 2〜4万円
破風板 2〜4万円
諸経費 工事総額の5〜15%

 

屋根を同時に塗装する場合は100〜145万円が目安です。

外壁塗装の費用を安くするためには3つの手段があります。

  1. 自社施工をしている会社に依頼する
  2. 相見積もりをする
  3. 安い塗料を使う

 

工事の品質を落とさずに価格を安くする方法として、自社で工事をしている会社に依頼する方法があります。

ハウスメーカーやホームセンター、ゼネコンは外壁塗装の依頼を受けても自社で工事はしていません。

こういった会社は下請けの塗装専門店に作業を任せており、工事費用の何割か仲介料として差し引いています。

 

最初から自社で工事をしている塗装専門会社に依頼をすれば、仲介料をとられることはありません。

工事品質を落とさずに費用を安くできるでしょう。

 

費用を安くする方法の2つ目は、相見積もりをすることです。

相見積もりとは、複数の業者に同じ工事条件で見積もりを作成してもらうことです。

 

同じ住宅を塗装するとしても業者によって価格は異なるでしょう。

価格の違いは、業者ごとに料金の基準が異なるために起こります。

同じ塗料を使った工事で価格が違うのなら、可能なかぎり安い業者に依頼したいですよね。

相見積もりは外壁塗装の価格を比較できるため、工事費用を安くするうえで有効な手段です。

ただし、価格が安すぎる場合は工事で手抜きをする危険性があるため、極端に低価格な見積もりを出してきた業者には注意しましょう。

外壁塗装業者に無料で相見積り依頼できるサービスはこちらです。

 

外壁塗装の費用を安くする3つ目の方法は、低価格の塗料を使うことです。

塗料は品質によって価格が大きく異なります。

最も利用されている塗料はシリコン塗料ですが、価格が安いウレタン塗料を使えば1割近い費用を節約できるでしょう。

ただし、低価格の塗料を選ぶと耐久性や寿命が低下するため長期的に考えると損をするリスクがあります。

 

スポンサー広告

外壁塗装にかかる工期は2〜3週間

30坪程度の住宅だと、業者による外壁塗装の作業期間は12〜15日程度です。

上記は天候不良や休日を考慮していないため、実際には2〜3週間程度の工期が目安となるでしょう。

外壁塗装における作業ごとの工期は以下のようになります。

作業内容 作業期間
足場設置、養生作業 1〜2日
高圧洗浄 1日
素地調整、塗装作業 8〜10日
細部の塗装作業 1日
足場解体、清掃作業 1日
合計似数 12〜15日

梅雨や台風など、天候不良が続く時期だと1ヶ月以上かかるケースもあります。

外壁と同時に屋根塗装もする場合はさらに3日程度が必要となるでしょう。

 

外壁塗装が必要な時期の判別方法を知ろう

自分の家はいつごろ塗装を行えばいいのかを判別できる人は少ないでしょう。

外壁塗装の目安は、前回のリフォームや新築から10年後です。

 

ただし、正確な塗替え時期を知るには年数だけでは不安が残ります。

外壁塗装が必要な時期は劣化症状から判別すると確実性が高いです。

外壁に起こる劣化現象としては、以下があります。

劣化現象 症状
白亜化 色をつける「顔料」が塗装の膜から分離して粉状となる現象。「チョーキング」とも呼ぶ。外壁をさわってみて指に粉がついたら白亜化している
ふくれ 塗膜が水分や空気を含んでふくらむ現象
割れ 塗膜に亀裂が入る現象。表面の浅い割れを「チェッキング」、下塗りが見えるほどの深い割れを「クラッキング」と呼ぶ
はがれ 塗膜が付着力を失ってしまい、下地から剥がれる現象
層間剥離(そうかんはくり) 下塗りと中塗り、あるいは中塗りと上塗りのあいだが剥がれる現象
変色 塗装とは異なる色に変わる現象
退色 色がかすれてくるといった、色あせ現象

上記のうち、白亜化、ふくれ、割れ、はがれ、層間剥離の症状が、外壁の多くの部位で見つかったら塗装が必要です

変色や退色は見た目以外に大きな問題がないため、急いで塗装をする必要はありません。

 

外壁塗装をしないと何が起こるのか

劣化を放置しつづけて外壁塗装をしなかったら何が起こるのでしょうか?

外壁を保護するという塗装の役割が失われ、紫外線や雨風にさらされた外壁は内部が腐食するでしょう。

やがて雨漏りを引き起こし、最悪の場合は住宅全体の建て直しが必要となります。

 

外壁塗装にかかる費用は多くても150万円ですが、住宅の立て直しとなれば2,000万円を超えるでしょう。

劣化した外壁は元に戻せません。

張替えなどが必要となるため、外壁が劣化しはじめたら放置をせずに塗装を検討しましょう。

 

外壁塗装で使う塗料の種類と寿命は?

外壁塗装で使う塗料は6種類あります。

 

種類 1㎡の材料単価 耐用年数 特徴
アクリル 1,840〜2,970円 5〜7年 耐用年数が短いため外壁塗装では滅多に利用しない
ウレタン 2,100〜3,100円 8〜10年 価格は安いが耐久性が低い
シリコン 2,730〜4,140円 10〜15年 最も使われている一般的な塗料
ラジカル 2,930〜4,290円 14〜16年 コストパフォーマンスは高いが実績不足で高リスク
フッ素 3,690〜4,700円 15〜20年 耐久性が高いものの価格が高い
無機 3,680〜5,080円 18〜22年 商品によって品質に大きな差がある

 

外壁塗装で一般的に利用する塗料は「ウレタン」「シリコン」「フッ素」です。

他の塗料は耐久性に問題があったり、価格が高すぎて個人住宅には適していなかったりします。

では、各塗料のメリットやデメリットをチェックしていきましょう。

 

アクリル塗料

アクリル樹脂は、アクリル酸やメタアクリル酸を主成分とする樹脂です。

元々が透明な樹脂のため色を付けやすく、軽量という特徴があります。

外壁で利用する塗料としては最も安価ですが、耐用年数が5〜7年と短いため付帯部の塗装でしか利用しません。

付帯部とは、屋根の側面にある破風板(はふいた)、雨水を地面逃がすための雨樋(あまとい)といった外壁の細かい部分を指します。

 

メリットは非常に安価なことで、仮に外壁すべてをアクリル塗料で塗装するのなら

シリコン塗料に比べて10万円以上の費用が節約できるでしょう。

 

デメリットは耐久性が低いことです。

最長で7年という寿命は現代の外壁塗装においては短すぎるため、長期的に考えると他の塗料よりも工事費用が高くなってしまいます。

アクリル塗料は外壁全体ではなく細部に利用する材料だと考えましょう。

 

ウレタン塗料

ウレタン樹脂は、ポリオールとイソシアネート化合物という物質を反応させて結合させた樹脂です。

光沢があって肉もち感がよく、付着性に優れている特徴があります。

10年ほど前まで主流だったといわれる外壁塗料がウレタンです。

 

メリットは価格が安いことです。

外壁全体を塗装する塗料としては最も安価なため、工事費用を抑えられるでしょう。

 

デメリットは耐久性が低いことです。

耐用年数が外壁塗装としては最低限しかない8〜10年であるため、30年程度の長期間で考えるとシリコンやフッ素より工事費用が増える可能性があります。

ウレタン塗料は、工事費用が捻出できない人や、8年以内に解体する住居に適しています。

 

シリコン塗料

シリコン樹脂は、ケイ素を中心にシロキサン結合と呼ばれる要素をもった無機化合物です。

シリコン塗料は600℃の高温でも耐えられる熱に強い塗料ですが、高価格で粘り気が少ないためそのまま使うと問題が多いです。

そのため他の樹脂と組み合わせた「変性シリコン」が多く使われています。

外壁塗装で現在、最も利用されている種類がシリコン塗料です。

耐用年数は10〜15年で、個人住宅の塗装としては寿命が十分にあります。

 

メリットは実績が豊富なことと、コストパフォーマンスに優れている点です。

後述するラジカル塗料や無機塗料は実績が少ないため工事を請け負わない業者がいます。

シリコン塗料は一般的な塗料のため施工できない業者の存在は考えられないでしょう。

また、使用頻度が高い塗料グレードのため、さまざまな商品が販売されていて選べる余地があります。

 

デメリットは、中途半端であることです。

価格はウレタン塗料より高く、耐久性ではフッ素塗料に劣るため、価格重視や性能重視の人には適していません。

 

また、ウレタンなどに比べると付着性が劣るというデメリットもあります。

シリコン塗料は、外壁塗料にこだわりがない人が塗料を選ぶ際に適しているでしょう。

 

ラジカル塗料

2012年に登場したばかりの種類で、正式名称を「ラジカル制御形塗料」と呼びます。

塗料を劣化させる「ラジカル」という要因を抑える機能をもった塗料です。

 

メリットはコストパフォーマンスが高いことです。

耐用年数が14〜16年あるのに対して価格はシリコン塗料とほとんど変わらないため、費用と性能のバランスを考える人に適しています。

デメリットは実績が少ないことです。

耐用年数を実際に超えた実例がなく、メーカーの耐久テストによる性能しか判明していません。

また、新しい塗料のため工事を請け負ってくれない業者が多いです。

登場して間もない塗料だけあって、種類が少ないのもデメリットでしょう。

ラジカル塗料は、多少のリスクを抱えてでもコストパフォーマンスを重視する人に適しています。

 

フッ素塗料

フッ素樹脂は耐摩耗性、耐絶縁性、耐候性(気象の変化に強い)に優れており、自動車部品や半導体など様々な分野で使われている樹脂です。

利用実績が豊富で、耐用年数が15〜20年と非常に長い材料でもあります。

東京スカイツリーや公共施設にも使用されており、信頼性が高い塗料といえるでしょう。

 

メリットは耐久性が高いことです。

外壁塗料としては非常に長く、30年といった長期で考えた場合に他の塗料よりも費用が安くなる可能性があります。

また、フッ素塗料を使えば他の種類と比べてメンテナンスの手間がかからないでしょう。

デメリットは塗料の価格が高いことです。

性能が優れているだけあって、シリコンやラジカルよりも1〜3割ほど材料費が高額です。

フッ素塗料は、メンテナンスの手間を減らしたい人や、高性能な塗料を使いたい人に適しています。

 

無機塗料

無機塗料とは、無機物を配合した塗料の総称です。

生物が作り出すものが有機物ですが、無機物は有機物以外のものすべてを指します。

外壁塗装で利用する無機物の例としては「セラミック」があります。

 

メリットは耐用年数が最も長いことです。

長持ちする塗料を探したい場合には無機塗料が適しているでしょう。

デメリットは、商品によって品質差が激しいことです。

無機塗料は長ければ20年程度の寿命がありますが、短い場合は10年ともちません。

種類によって耐久性に大きな違いがあるため、塗料の良し悪しを見抜ける目がなければ最適な商品を選べないでしょう。

無機塗料は、高耐久の塗料を使いたい人で商品の良し悪しを判別できる人に適しています。

 

外壁塗装業者の選びかたで耐用年数が全然違う!

外壁塗装の業者選びは、塗料の耐用年数に直接関係する重要な要素です。

悪徳業者に塗装を依頼してしまうと手抜き工事をされて塗料の寿命が半分以下になるケースもあります。

では、業者はどのように選べばよいのでしょうか?

以下の3つのポイントを守れば悪徳業者に遭遇する確率は格段に下がるでしょう。

  1. 訪問営業の業者は断る
  2. 相見積もりをとる
  3. 見積書のチェックポイント

具体的に何をすればよいのでしょうか。

 

訪問営業の業者は断る

外壁塗装では、呼んでもいないのに自宅に訪問してくる業者がいます。

訪問営業の業者は、突然やってきたと思ったら「今すぐリフォームをしないと大変なことになる」などと不安を煽って工事を急かします。

 

しかし、訪問営業の業者に外壁塗装を依頼してはいけません。

外壁塗装に関するトラブルの多くは、訪問営業の業者に依頼したことが原因で起こっています。

 

「他の業者と相談してみます」と冷静に対応し、訪問営業の業者の提案は断りましょう。

一般的な外壁塗装業者であれば個人住宅を訪問しなくても仕事に困りません。

そのため、訪問営業をしているのは悪徳業者か、未熟な技術しかない個人が大半だと考えられるでしょう。

 

相見積もりをとる

相見積もりとは、複数の業者に同じ工事条件で見積もりを依頼することです。

外壁塗装では相見積もりが基本です。

費用を比較して安く工事をしてもらう目的もありますが、同じ工事内容で比較することで、手抜き工事をしないかどうかを把握しやすくなります。

外壁塗装業者に無料で相見積り依頼できるおすすめのサービスはこちらです。

 

他社の見積書に記載されていない項目があったり、必要な工程が抜けていたりする場合は遠慮なく業者に尋ねましょう。

もし具体的な返答ができなかったら、その業者に依頼するのは避けましょう。

 

見積書のチェックポイント

 

相見積もりをしても、見分けるポイントがわからなければ悪徳業者を判別できません。

見積書では以下の点をチェックしましょう。

  1. 工事価格が高すぎたり安すぎたりしないか
  2. 塗装面積と足場面積が「一式」と表記されていないか
  3. 塗料名が具体的に記載されているか

 

工事価格が高すぎる業者はもちろんですが、安すぎる場合も依頼するのは避けたほうがよいでしょう。

価格が安すぎる業者は、手抜き工事をする危険性があります。

他社と見比べて価格が極端に安い場合は、なぜ他の業者よりも安くなるのかを尋ねましょう。

「キャンペーン中のため」とか「モデルケースとするため」と回答した場合は悪徳業者の可能性が高いため依頼するのは避けてください。

 

見積書には「塗装面積」と「足場面積」の項目があります。

どちらか、あるいは両方が「一式」と表記されている業者には依頼しないようにしましょう。

「一式」とは、重要ではない項目に使う表記方法です。

塗装工事で特に重要な塗装面積と足場面積を一式と表記する場合は、工事の信用性が低いでしょう。

 

塗装の項目で塗料名が記載されていない業者も注意が必要です。

悪徳業者は「シリコン塗装」というように塗料の種類しか書かないケースがあります。

優良な業者であれば「塗料名」「メーカー名」「樹脂名」などを記載するため、塗料をどれだけ具体的に記載しているかをチェックしましょう。

 

外壁塗装における色選びのコツ

外壁塗装では色選びで迷う人も多いでしょう。

色選びにはコツがあります。

 

以下のポイントを確認して、「工事後に色のイメージが違って後悔した」とならないようにしましょう。

  1. 住宅全体のイメージを先に決める
  2. 外壁のみで4色以上は使わない
  3. カラーシミュレーションに頼りすぎない
  4. 面積効果を考慮する

 

住宅全体のイメージを先に決める

外壁の色を決めるには、最初に住宅全体のイメージを考えなくては失敗しやすいでしょう。

「周囲の景色にとけこませたい」

「他の家より目立たせたい」

「格調高いシックな外壁にしたい」

 

あなたがイメージする住宅によって選ぶべき色が変わります。

まずはどのような家にしたいかを、ぼんやりとでもいいのでイメージしてください。

周囲の景色に溶け込ませたいのならブラウンやグレー、他の家より目立たせたいのなら隣家では使っていない色、格調高いシックな外壁にしたいのならホワイトとブラックが適しているでしょう。

 

外壁のみで4色以上は使わない

外壁に4色以上の色を組み合わせるのは避けましょう。

統一感がなくなって見栄えが悪くなります。

屋根を合わせて4色であれば許容範囲ですが、外壁のみなら3色までに抑えると色のバランスがよくなります。

デザインセンスによほどの自信がある場合や、独自性が高い外壁にしたいのなら4色を選ぶのもひとつの手段でしょう。

 

カラーシミュレーションに頼りすぎない

カラーシミュレーションとはコンピューター上で自宅のカラーを変えて、工事後の全体イメージを作り出す手法です。

カラーシミュレーションは住宅全体のイメージを浮かべるのに適しています。

 

一方で、コンピューター上で作り出された色は現実の塗料とは見えかたが異なるため、完成後の住宅がカラーシミュレーションとは違うイメージになることが多いです。

住宅の全体イメージを決める際には役立ちますが、カラーシミュレーションに頼りすぎてはいけません。

色のサンプル板や、色見本と呼ばれる資料を見て細かい色を決めましょう。

 

面積効果を考慮する

面積効果とは、塗料を塗った面積によって色の見えかたが異なる現象です。

色は、塗った面積が大きいほど明るく見える傾向があります。

 

このため1㎡もない色サンプルで外壁のカラーを決めると、完成後の住宅イメージが多少変化してしまいます。

外壁と同じ面積で塗装サンプルを作るわけにはいかないため、面積効果は想像で補うしかありません。

色を決める際には、面積効果によってサンプル板よりも少し明るい色になることを覚えておきましょう。

 

まとめ

外壁塗装でかかる費用は70〜100万円です。

工期の目安は2〜3週間ですが、天候不良が続けば1ヶ月かかる可能性があります。

外壁に使う塗料は6種類あり、一般的には「シリコン塗料」か「フッ素塗料」を使います。

 

塗料の耐用年数は業者の技術力によって変化します。

悪徳業者に依頼すると塗料が数年で剥がれてしまうため、相見積もりなどを行って優良業者を探しましょう。

外壁塗装業者に無料で相見積り依頼できるおすすめのサービスはこちらです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告