ウッドワンのキッチン「SA」の特徴や価格、評判をプロの目線で紹介!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

出典:https://www.woodone.co.jp/product/kitchen/sa/

 

木製キッチンを得意とするウッドワンには、「SA」という低価格帯のキッチンがあります。

「SA」は、ウッドワンの高価格帯キッチンであるsu:iji(スイージー)と、ほとんど同じプランにすることができます。キッチンの扉は無垢ではなくシート貼りの扉になりますが、価格はグッと抑えることができるのが魅力です。

このページでは、ウッドワンの低価格帯キッチン「SA」について、特徴や価格、評判や口コミなどを、元キッチンメーカー勤務のプロの目線を交えて解説していきます。

「SA」の価格や基本サイズ(255cm)や価格、レイアウト

まずは、ウッドワンの低価格帯キッチン「SA」に関する基本情報を確認していきます。

I型セットプラン価格例
(メーカー参考価格)
¥477,500〜 (間口255cm  フルスライド 食洗機なし)
¥567,800〜 (間口255cm  フルスライド 食洗機あり)
キッチンレイアウト  I型・L型・P型
キッチン対応間口 225cm〜270cm
調理カウンター高さ 80cm(特注対応)、85cm、90cm
扉カラー 全8色
木質柄:5種類
単色柄:3種類
使いやすい調理カウンターの参考高さは、「身長(cm)÷ 2 +5cm」
スポンサー広告

「SA」の特徴

それでは、ウッドワンのお手頃キッチン「SA」の特徴を見ていきましょう。

キッチンのレイアウト

ウッドワンのキッチン「SA」は、I型・L型・P型(パーティー型)に対応したキッチンです。

・I型

I型は、調理カウンターが1本まっすぐに伸びている形のキッチンです。

I型キッチンを壁につければ、家族の気配を背中で感じながら料理することができます。

リビングとの間に仕切りを設けて対面式にすることで、家族の顔を見ながらキッチン作業をすることができます。空間としては独立しているため、作業に集中することができます。

・L型

L型は、調理カウンターがL字に曲がった形状をしているため、加熱機器とシンクの導線が短くなり、作業がしやすくなります。

ダイニングテーブルを置けば、キッチンが空間を包み込むような形になるため、一体感が生まれます。

・P型(パーティ型)

P型は、全面フラットで開放的な調理カウンターが特徴のキッチンです。

奥行きがあるカウンターは、さまざまな使い方があります。カウンターとして使ったり、お皿を並べて使ったりすることができます。またリビングとの隔たりがないため、キッチンとリビングが一つの空間となり、コミュニケーションが非常にとりやすいです。

「SA」の扉カラー


出典:ウッドワンのショールームより

「SA」のキッチンの扉カラーは全部で8色です。オレフィンシートを用いた木質柄が5種類、高圧メラミンによる鏡面単色柄が3種類あります。

木質柄は、銘木が持つ高級感と美しさを再現し、単色柄はベーシックなラインナップとなっています。

「SA」の扉は無垢材ではない

ここで注意すべきポイントは、「SA」の扉は無垢材ではないということです。木質柄の扉もシート貼りの仕様となっています。

ウッドワンといえば、木材に特化したメーカーで、無垢材が強みの一つでもあります。無垢材扉のキッチンを使用したい場合は、上位グレードのキッチン「su:iji(スイージー) 」を選ぶ必要があります。

 

「SA」のキャビネット

「SA」キッチンのキャビネットの特徴についてみていきましょう。

「SA」は、ウッドワンの低価格帯のキッチンですが、引き出しが「上段引き出し」「中段引き出し」「アンダーストッカー」の3段構造となっています。

大容量の中段引き出しには、2リットルのペットボトル(高さ約31cm)や、2リットル紙パック調理酒(高さ約32cm)を立てたまま収納することができます。さらに仕切りを足すことで、自分好みに引き出しの中をカスタマイズすることも可能です。

キャビネットの高さは、85cmと90cm。金額差なしで特注で高さ80cmにすることもできます。

ワークトップとシンク

「SA」のワークトップは、人工大理石ステンレスから選ぶことができます。人工大理石が7種類、ステンレスが3種類から選ぶことができます。

人工大理石のワークトップは、ホワイト系もベージュ系も選ぶことができます。アクリル系の人工大理石で、直射日光や調味料、洗剤でも色が変化しにくい丈夫さが特徴です。

 

「SA」のシンクは、人工大理石シンクが2種類、ステンレスシンクが3種類の中から選ぶことができます。ワークトップの素材との兼ね合いも考えて、自分好みのシンクを選ぶと良いでしょう。

 

「SA」のワークトップでは、ステンレスで「エンボス」「ヘアライン」「バイブレーション」を選ぶことができます。

低価格帯のキッチンで「ヘアライン」と「バイブレーション」を選ぶことができるキッチンはなかなかありません。木目柄とステンレスの相性も良いため、ステンレスにこだわりがある方にはうれしいラインナップです。

さらに低価格キッチン「SA-Light」

ウッドワンのキッチンには、「SA-Light」というシリーズもあります。「SA-Light」は、「SA」よりもさらに価格を抑えているのが特徴です。

「SA」との違いは主に以下の通りです。

  • L型キッチンに対応していない
  • ソフトクローズ機能(ゆっくり閉まる機能)が対応していない
  • ワークトップやシンクの選択肢が減る

キッチンの機能的なこだわりよりも価格を重視される方は「SA-Light」を検討してみても良いかもしれません。

「SA」のプラン別の価格

「SA」の価格を、プラン別に確認していきましょう。

食洗機なし 食洗機あり
I型プラン(255cm) ¥477,500 ¥567,800
P型プラン(257.5cm) ¥620,600 ¥710,900
L型プラン(255cm×165cm) ¥618,100 ¥708,400

上記の価格はあくまでメーカー参考価格(定価)です。

実際にキッチンを購入するときには、工事費がプラスになったり、逆に値引きが入ったりします。間口やレイアウト、設備のグレードによっても、料金が大きく変わります。キッチンリフォームは、リフォーム費用の総額や、相場が分かりにくいのが現状です。

キッチンリフォームで実際にかかる費用を知るには、業者から見積もりを取ってみるのが一番です。このとき、見積もりは、必ず複数の業者に依頼するようにしてください。料金は、リフォームの内容だけでなく、業者によっても異なります。

複数の業社から見積もりを取ることで、リフォーム費用の相場や、適正な価格が見えてきます。

ウッドワンのキッチン「SA」を、無料で見積り依頼できるサービスはこちらがおすすめです

「SA」の評価や評判、口コミ

「SA」を実際に採用した人、実際にショールームなどで見た人の評判や口コミを見ていきましょう。

・木の温かみを十分にいかせたいいデザインだと思う。
・部屋全体の色みや雰囲気を合わせられるのは嬉しい。
・木製柄は、和みや穏やかさ、リラックスに通ずるなぁと、私自身は感じているので、好印象を受けました。
・キッチンも対面式でコミュニケーションがよく取れそう。木の温もり確かに伝わって来そう。私はどちらかというと下のダークブラウンの方が好み。
・木質柄が暖かみを感じさせて流しの部分が広くて使いやすい感じがします
出典:http://www.v-hf.com/review/detail/masterid/62/order/1/s/5/
「SA」のキッチンでは、扉が無垢材ではなくシー貼りの仕様となります。それでも、「SA」で木目柄を選ぶ人が多いようです。
低価格帯のキッチンでありながら、使い勝手の面は問題なさそうですね。

まとめ

「SA」は、価格を抑えて購入することができ、お手頃さが売りのキッチンです。

扉が無垢材ではないにしろ、上質な銘木を表した木質柄シートの扉や、種類が豊富な人工大理石カウンター・ステンレスカウンターによって、自分好みのキッチンに仕上げることができそうです。

低価格でウッドワンのキッチンを採用したい方は、ぜひ「SA」を検討してみてはいかがでしょうか。

ウッドワンのキッチン「SA」を、無料で見積り依頼できるサービスはこちらがおすすめです




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告