LIXILのトイレ製品があなたに向いているか特徴や価格を紹介!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

「LIXILのトイレを買うか迷っている」

「自分に適したトイレ製品を知りたい」

 

このような疑問を持っている人のために、この記事ではLIXILのトイレの特徴や価格、あなたに向いているかどうかを紹介します。

LIXILのトイレ製品を購入するか迷っている人は、読むことで悩みが解消されるでしょう。

 

LIXILのトイレの特徴

LIXILのトイレには以下のような特徴があります。

下記の特徴はすべてのLIXIL製品に当てはまるわけではありません。

購入時には機能の詳細を確認しましょう。

 

TOTOに比べて価格が安い

LIXILのトイレは大手トイレメーカーであるTOTOに比べて価格が安い傾向があります。

TOTOのトイレ製品よりも全体的に3〜5万円程度安いため、価格を抑えたい人に向いているでしょう。

ただし、「おしりの洗浄機能すら不要で10万円以下の便器がほしい」という人はTOTOやLIXIL以外の製品を探したほうが賢明です。

 

男性の小便時に飛散しにくい「泡クッション」

「泡クッション」は、LIXILのトイレのなかでも「サティス」にしかない機能で、水面に泡の層を作りだして男性の小便時の飛散を防止します。

男性が頻繁にトイレを利用する場合はLIXILのサティスの購入を検討しましょう。

泡クッションは他社製品には存在しない機能のため、男性利用者がいる家庭では「サティス」を購入すればトイレ掃除の手間を省けます。

LIXILのトイレ「サティス」の特徴・価格をリフォームの視点で解説!

 

新品時のツルツルが100年続くといわれる「アクアセラミック」

LIXILの製品は、水アカがこびりつかない「アクアセラミック」をトイレに利用しています。

しつこい汚れであってもトイレの水を流すだけで簡単に落とせるでしょう。

 

汚れの種類によっては水だけでは対処できない場合があります。

それでも、毎日掃除を行えば新品のようなツルツルさが100年は維持できるでしょう。

 

すみずみまで汚れを洗い流せる「パワーストリーム洗浄」

LIXILの「パワーストリーム洗浄」は、3つの吐水口から勢いよく水が流れるため、少ない水で便器内の汚れを十分に落とせます。

水の勢いが弱くて困るといった心配はなくなるでしょう。

パワーストリーム洗浄は節水にも役立つため、水道代が気になる人にはLIXILのトイレが適しています。

 

「プラズマクラスター」によりトイレ室内や便器を除菌

LIXILのトイレは、イオンの力によって脱臭を行います。

便器内の臭いはもちろんのこと、設定した時間になると便器のフタが自働で開いてトイレ室内の脱臭までしてくれます。

 

プラズマクラスターイオンは、臭いの元となる原因菌を99%以上も除菌します。

臭いの原因から絶つためトイレの悪臭に悩まされることはなくなるでしょう。

 

スポンサー広告

LIXILのトイレの種類と価格

LIXILのトイレには以下の4種類があります。

 

種類 価格 カラー 特徴
サティス 24〜55万円 6色 最新機能を備えたタンクレストイレ
プレアス 23〜47万円 4色 デザインを重視したトイレ
アメージュZA 19〜24万円 4色 機能を少なめにした安価なトイレ
リフォレ 24〜50万円 2色 キャビネット付きトイレ

 

それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

 

サティス

サティスは、LIXILの最新機能をふんだんに取り入れたタンクレストイレです。

「泡クッション」の有無などによって「Gタイプ」と「Sタイプ」にわかれます。

 

新品の輝きが100年続くといわれる「アクアセラミック」製のほか、勢いよく水を流せる「パワーストリーム洗浄」、男性小便時の飛散防止に役立つ「泡クッション」、さらには脱臭や除菌機能も備えています。

泡クッションは「サティス」にしか存在しない機能のため、男性が頻繁にトイレを利用する家庭では必要となるでしょう。

サティスは、最新式のトイレがほしい人、タンクレストイレを求める人に向いています。

サティスについて詳しくはこちらで解説しています。

 

プレアス

プレアスは、最新機能を取り入れながらデザイン性と価格の安さを重視したタンク付きトイレです。

プレアスでは、サティスにも存在する「アクアセラミック」や「パワーストリーム洗浄」、フチがないために手入れがしやすい「フチレス形状」を取り入れています。

 

「泡クッション」はありませんが、タンク付きでありながらコンパクトなデザインをしているため、タンクレストイレを設置した場合と同じようなトイレ空間を演出できるでしょう。

タンクレスでなくてもいいので機能の豊富さを重視する人、タンクレストイレのようなスリムな便器を求める人に向いています。

 

アメージュZA

アメージュZAは、機能を減らして価格を安くしたトイレです。

他製品と同様に「アクアセラミック」や「フチレス形状」はありますが、特殊な機能は備わっていません。

機能は求めず、とにかく安いトイレがほしい人に向いている商品です。

 

リフォレ

リフォレは、収納棚にもなる「キャビネット」が便器と一体化したトイレです。

便器単体ではなくキャビネットとセットで販売されているため、トイレ室内のイメージを変えたい人に適しています。

便器自体のカラーバリエーションは2色ですが、キャビネットは7色もの豊富な種類があります。

 

LIXILのトイレがあなたに向いているかチェック!

LIXILのトイレはどのような人に向いているのでしょうか。

以下の目的でトイレを探している人にはLIXILのトイレが適しています。

  • 男性の小便時の飛散が気になる人
  • 十分な機能を備えつつもTOTOより安い便器がほしい人
  • トイレの臭いが気になる人
  • 年月が経過してもキレイなトイレにしたい人

 

一方で、以下のような人にはLIXILのトイレは向いていないかもしれません。

  • おしり洗浄器(シャワートイレ)の掃除をしたくない人
  • なめらかな形状のデザインのトイレを求める人
  • おしりの洗浄機能すら不要で、格安のトイレを探している人

 

こういったトイレを求めている人はTOTOなどの他社製品が適しているでしょう。

 

まとめ

LIXILのトイレには男性の小便時に飛散を防止する「泡クッション」があります。

男性が頻繁に利用する場合は適したトイレといえるでしょう。

 

また、大手トイレメーカーであるTOTOに比べてLIXILの製品は価格が安い傾向があります。

最低限の機能を求めつつも価格を抑えたい場合は、LIXILのトイレを選ぶとよいでしょう。

LIXILのトイレを無料で見積り依頼できるサービスはこちらがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告