外壁塗装の悩みを業者選びからトラブル解消までQ&A形式で解消!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

「外壁塗装をしたいけれど業者の選びかたがわからない」

「塗装リフォームでトラブルを避ける方法を知りたい」

 

こういった悩みを抱える人は多いでしょう。

この記事では、外壁塗装に関する悩みをQ&A形式で回答します

 

読むことで外壁塗装リフォームの悩みが解消するため、工事前にチェックしておきましょう。

 

外壁塗装でよくある悩みに答えます!

外壁塗装でよくある悩みには以下があります。

  • 外壁塗装をするタイミングがわからない
  • そもそも外壁塗装は必要なのか
  • 外壁塗装の費用相場が知りたい
  • 業者の選びかたを知りたい
  • 見積書のチェックポイントがわからない
  • 塗料は何を選ぶべきなのか
  • トラブルの防止法と、問題が起こったときの対処法

 

ほかにも外壁塗装に関する悩みに回答していきます。

 

外壁塗装をするタイミングは何年目?

外壁塗装リフォームに適したタイミングは、前回の工事から8〜10年後です。

前回のリフォームで使用した塗料がわかっている場合は、各塗料の耐用年数を目安にするとよいでしょう。

各塗料の最短耐用年数はアクリルで5年、ウレタンで8年、シリコンで10年、フッ素で15年程度です。

 

見た目を気にしない場合は外壁塗装をしなくてもいいの?

外壁塗装は見た目をキレイにするだけだと考えてはいませんか。

外観を美しくするだけではなく、外壁を保護する役割もあります。

 

見た目を気にしない場合でも、塗装の劣化によって外壁がダメージを受けて雨漏りなどの原因となります。

家がボロボロになって雨漏りしても構わない人なら外壁塗装は不要かもしれませんが、見た目以外にも重要な役割があることは覚えておきましょう。

 

自分の家に外壁塗装は必要なの?

あなたの家に外壁塗装が必要かどうかは塗装の劣化状況で判断します。

外壁に以下の症状が出ていた場合は外壁塗装を検討しましょう。

 

白亜化(チョーキング)

白亜化とは、塗料に含まれる樹脂成分が劣化して、色をつける「顔料」が露出してしまう現象です。

外壁をさわった際に粉がつく場合は白亜化が進行しています。

やがてひび割れや剥がれを引き起こすため、外壁の多くで白亜化が見つかったら塗装を検討しましょう。

 

ひび割れ(チェッキング、クラッキング)

 

塗装や外壁の表面がひび割れる現象です。

塗装表面のひび割れを「チェッキング」、下地まで割れている場合は「クラッキング」と呼びます。

 

ひび割れが起こると雨水が侵入して雨漏りを引き起こします。

雨漏りとまではいかなくても、外壁が隙間から侵食されてしまい他の部位が腐食しやすくなります。

 

ひび割れは悪化すると塗装の剥がれにつながります。

外壁の多くの部位でひび割れが見つかったら塗装を行いましょう。

 

剥がれ(塗膜剥離)

塗装が剥がれてしまい外壁を保護する機能が失われている状態です。

塗膜が剥がれて下塗りや素地が露出している外壁は短期間で劣化します。

放置して外壁が劣化すると張替えが必要となるため、剥がれが見つかったら早めに外壁塗装を行ってください。

 

外壁塗装の費用相場は?

外壁塗装にかかる費用は、30坪程度の住宅であれば70〜100万円程度です。

屋根塗装も同時に行う場合は100〜145万円程度かかるでしょう。

 

この価格は、一般的な塗料であるシリコンを使った場合の費用です。

グレードが高いフッ素塗料を使えばさらに高額となるでしょう。

 

外壁塗装では住宅の構造や面積によって費用が大きく変わります。

しかし、50坪以下で一般的な構造の住宅であれば200万円を超えるケースはほとんどないでしょう。

 

外壁塗装業者の選びかたは?

塗装業者を選ぶ際は以下の基準で考えると失敗を避けやすいでしょう。

 

20年以上の歴史がある業者から選ぶ

歴史がある会社から選ぶことで悪徳業者に当たる危険性を下げられます。

悪徳業者は同じ地域で活動していると悪評が立ってしまいます。

 

このため20年以上も継続して経営することは困難でしょう。

20年の歴史がある業者なら信用性が高いと考えられます。

 

相見積もりをする

複数の業者に同じ工事条件で見積もりを依頼することを相見積もりと呼びます。

相見積もりを行うことで、費用が高すぎる業者を見抜いたり、手抜き工事を避けたりできます。

 

相見積もりの際は、工事条件や使う塗料を統一しなくてはいけません。

条件が異なる見積書を比較しても違いが見抜けなくて意味がないからです。

外壁塗装業者に相見積もりをする際はこちらがおすすめです。

 

訪問営業の会社は選ばない

訪問営業でやってきた会社に工事を依頼してはいけません。

なぜなら、訪問営業をしている会社は悪徳業者ばかりだからです。

 

優良業者であれば訪問営業をしなくても依頼が舞い込んできます。

仕事が足りなかったとしても企業相手に営業するだけで、個人住宅に訪問はしません。

 

訪問営業をする会社は、企業に相手にされないような悪徳業者か、技術が未熟な個人が多いです。

工事を依頼するとトラブルを引き起こして後悔するでしょう。

 

自社施工をしている会社を選ぶ

工事費用を安くしたいのなら自社で工事をしている業者に依頼しましょう。

ハウスメーカー、ホームセンター、ゼネコンは自社で工事をしていないため、費用を節約したい人は依頼しないでください。

 

自社施工をしているかどうかの判断基準は、業者のホームページにあります。

ホームページに職人の写真が掲載されている業者は自社施工をしている可能性が高いです。

 

見積書のチェックポイントは?

相見積もりをしても見積書のチェックポイントがわからなくては意味がありません。

以下では、見積書で注目するべき点を紹介します。

 

足場や塗装の面積

足場や塗装の面積を「一式」と表記している業者に依頼してはいけません。

「一式」とは、重要ではない項目の数量に使う表記方法です。

足場や塗装の面積は業者の利益に直結する重要な項目です。

これらを「一式」で表記する業者は信用できません。

 

塗料の商品名

見積書に塗料の商品名を書かない業者は信用できません。

「シリコン塗料」は種類名です。商品名ではありません。

優良業者であれば「エスケー化研株式会社」の「クリーンマイルドシリコン」といったように、メーカー名や商品名を記載してくれます。

塗料の種類名しか書かない業者は避けましょう。

 

項目の数

見積書は具体性が高い業者ほど信用できます。

足場費用、塗装費用、諸経費といった3項目しかないような見積書を出してくる業者は話になりません。

最低でも「足場」「養生」「高圧洗浄」「外壁塗装」「付帯部塗装」「諸経費」などを含む7項目以上はほしいところです。

「諸経費」などは名称が異なることもありますが、具体性が高い見積書ほど信用性が高いと考えてよいでしょう。

 

合計工事価格

相見積もりをして、合計の工事価格が他の業者より高すぎる、あるいは安すぎる場合は警戒しましょう。

同じ工事内容、材料を使うのであれば費用に大きな差は生まれにくいです。

他の業者より2割以上の価格差がある場合は、ボッタクリか手抜き工事のおそれがあります。

 

支払い方法

工事費用を全額前払いで請求してくる業者に依頼してはいけません。

全額支払ったあとに工事を放置されるおそれがあります。

 

優良業者でも前払いするケースはあります。

しかし、全額を前払いで請求はしません。

せいぜい合計工事費用の3〜4割程度でしょう。

 

過去に依頼した経験があって信頼できる業者でもないかぎり、費用の全額前払いは避けてください。

 

外壁塗装ではどの塗料を使えばいいの?

外壁塗装で利用する主な塗料には以下があります。

塗料名 1㎡単価の目安 耐用年数 特徴
ウレタン 2,100〜3,100円 8〜10年 価格が安いが耐用年数が短い
シリコン 2,800〜3,840円 10〜15年 信頼性が高くコストパフォーマンスに優れる
ラジカル 2,930〜4,000円 14〜16年 実績は少ないがコストパフォーマンスが最も高い
フッ素 3,760〜4,640円 15〜20年 高品質で耐用年数が長いものの価格が高い

 

とにかく価格を抑えたい人には「ウレタン塗料」が向いています。

特に要望がない場合は最も人気がある「シリコン塗料」が向いているでしょう。

新しい塗料を使いたい人には「ラジカル塗料」が向いています。

耐久性を重視する人には「フッ素塗料」が適しているでしょう。

 

外壁塗装でトラブルを避けるには?

外壁塗装ではさまざまなトラブルが起こりえます。

実際に起こるトラブルの例には以下があります。

  • 悪徳業者に騙されて高額な費用をとられる
  • 塗料の悪臭が耐えられない
  • 塗料の飛散や騒音によって近隣住民とトラブルになる

 

悪徳業者に騙されないようにするためには、相見積もりや業者の選別を徹底的に行うことが重要です。

上述した「業者の選びかた」や「見積書のチェックポイント」を参考にしましょう。

 

塗料の悪臭が耐えられない場合は、水系塗料を使ってください。

外壁塗料には「水系」と「溶剤系」があります。

「水系」は臭いが少なくて価格が安いため、悪臭を避けたい人に向いています。

ただし、「水系」は乾燥不良を起こしやすく、仕上がりの美しさが「溶剤系」より劣ることは覚えておきましょう。

塗装後の仕上がリを重視する場合は「溶剤系」、臭いを避けたいのなら「水系」を選んでください。

 

足場の組み立てによる騒音や、塗料の飛散で、近隣住民とトラブルになるケースがあります。

近隣住民とのトラブルは原則として工事業者に対応してもらいましょう。

塗料の飛散や騒音の責任は工事会社にあります。

どうしても気になる場合は、工事をはじめる前に近隣住民に挨拶をしておきましょう。

こうすることで「騒音を出すのに挨拶にも来ない」といった住民の不満を軽減できます。

 

外壁塗装でトラブルが起こったらどうするの?

 

外壁塗装では、悪徳業者に騙されてトラブルになるケースが多いです。

対策をしたのにトラブルになった場合は以下に相談しましょう。

公益財団法人「住宅リフォーム・紛争処理支援センター」

 

上記は行政が認めたサイトで、専門家が無料で相談に応じてくれます。

あなたが遭遇したトラブルと似たケースも見つかりやすく、役に立つでしょう。

 

外壁や屋根から雨漏りが起きたらどうしたらいいの?

外壁や屋根から室内に雨漏りが起こった場合、外壁塗装では修繕ができません。

外壁塗装会社が雨漏り対策をするケースもありますが、専門外の領域のため問題が再発する可能性が高いです。

雨漏りは塗装とは別に専門業者がいるため、雨漏り業者や防水業者に依頼しましょう。

 

外壁塗装の色はどうやって決めたらいいの?

外壁の色を決める方法は3つあります。

 

  1. カラーシミュレーション
  2. 色サンプル
  3. 試し塗り

 

カラーシミュレーションは、コンピューター上であなたの家の色を変えるシミュレーションを行う方法です。

メリットは、外壁全体のイメージがつかみやすいことです。

デメリットは、コンピューターでは現実にある塗料の色を完全には再現できないことです。

 

色サンプルは、カラーシミュレーションのあとに行うのに適した方法です。

板や紙に塗った塗料を直接確認します。

メリットは、現実の塗料の色が直接見られることです。

デメリットは、面積効果(面積が異なると色の見え方が変わる現象)によって実際に塗装した印象とは差があることです。

 

試し塗りは、家の外壁の一部に塗装をして色を確認する作業です。

メリットは、外壁の質感までわかり、仕上がりに最も近い状況で色を確認できることです。

デメリットは、一般的な方法ではないため有料の可能性があることです。

 

基本的には「色サンプル」の段階で決めるケースが多いですが、想像通りの色に完璧に合わせたい場合は「試し塗り」まで行いましょう。

なお、現実の塗料とかけ離れた色となるため、カラーシミュレーションだけで色を決めてはいけません。

 

外壁塗装で職人へのお茶出しは必要なの?

工事中の職人にお茶を出すべきかで悩む人は多いでしょう。

結論から言うと、お茶出しで塗装の品質が変わることはありません。

お茶出しで職人のやる気が出ることはありますが、1時間も経過すればテンションは元に戻ります。

それを理解したうえで、職人に感謝の気持ちを伝える意味でお茶出しをするのであれば問題ありません。

塗装の品質を上げたいからお茶出しをすると考えている場合は必要ないでしょう。

 

スポンサー広告

まとめ

 

外壁塗装を行うには不安がつきものです。

悪徳業者に騙されないために今回の記事を確認して、工事の依頼時には1つ1つチェックしていきましょう。

 

トラブルが起こっても解決できる手段があると考えるだけで、安心して業者に依頼することができます。

外壁塗装では悪徳業者が多いですが、適切な知識を身につけて騙されないようにしましょう。

おすすめの外壁塗装業者に無料で見積り依頼できるサービスはこちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告