外壁塗装で中塗りと上塗りの感覚は1日以内でもOK!最短でどのくらい?

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

「外壁塗装で中塗りと上塗りの間隔を知りたい」

「1日で3回塗っても大丈夫なの?」

 

こういった疑問を持ってはいませんか。

この記事では、外壁塗装で中塗りと上塗りの間隔について詳しく解説します。

 

「工期を短縮するために1日に3回の塗装ができるのか」と疑問に思っている人は悩みが解消するでしょう。

 

外壁塗装において中塗りと上塗りの間隔は最短で何時間?

多くの塗料では乾燥時間は3〜4時間程度が目安となっています。

塗料の乾燥時間は商品ごとにメーカーが決めているため、上記に当てはまらない塗料もあるでしょう。

 

上記の乾燥時間は塗料にとって最適な気象条件であることが前提です。

3〜4時間という乾燥時間は気温23℃で湿度が85%以下の状況を想定しています。

気温が10℃以下だったり湿度が85%を超えたりする場合はさらに乾燥時間が必要でしょう。

 

外壁塗装では、乾燥が3時間だったとしても塗装作業で1時間以上が必要です。

このため、最短で4時間以上はかかる計算となり、午前8時から塗装をはじめても3回目の塗装をしようと考えると、午後4時は確実に過ぎます。

しかも、急いで作業をすることとなり、施工不良の心配も出てくるでしょう。

塗料の乾燥時間を考えると、1日に3回の塗装は現実的ではありません。

 

スポンサー広告

外壁塗装で中塗りと上塗りの間隔が足りないと起こる問題

 

中塗りと上塗りの塗装間隔が短すぎると乾燥不良を引き起こして性能が低下します。

乾燥不良によって起こる症状には下記があります。

 

  • ちぢみ
  • 割れ
  • 光沢の消失
  • 凹凸ができてしまう(リフティング)
  • ふくれ

 

それぞれどのような症状なのでしょうか。

 

ちぢみ

出典:ペイントワークス

塗装の表面にシワができてしまう現象です。

特に油性塗料を利用した場合に発生します。

見栄えが悪いだけではなく劣化が早くなるでしょう。

 

割れ

塗装の表面が割れてしまう現象です。

劣化すれば塗装は割れやすくなりますが、「弾性塗料」を使うことで抑制できます。

 

光沢の消失

出典:外壁塗装駆け込み寺

乾燥不良によって光沢が消失してしまう現象です。

艶あり塗料で光沢が消失すると、思っていたよりもみすぼらしい外壁となるでしょう。

 

凹凸ができてしまう(リフティング)

出典;アイジーコンサルティング

平らな面に塗装をしたのに乾燥不良によって凹凸ができてしまう現象です。

リフティングと呼ばれることもあります。

 

ふくれ

出典:相馬工業

塗料の表面がふくれてしまう現象です。

内部に空気や水が入り込むケースが多く、そのまま乾燥すると他の部位よりも劣化しやすくなります。

ふくれはやがて塗装の剥がれにつながります。

 

中塗りと上塗りの間隔を無視する塗装業者を避ける方法

中塗りと上塗りの間隔を知っていながら無視をする悪徳業者が存在します。

こういった業者は工期を短くするために品質を考えずに作業を進めてしまいます。

 

塗装間隔を無視する業者に依頼してしまうと、外壁塗装が剥がれやすくなったり見栄えが悪化したりするでしょう。

悪徳業者を避ける方法は以下の3つがあります。

 

相見積もりをする

複数の業者に同じ工事条件・材料で見積もりを依頼することを相見積もりと呼びます。

相見積もりをして業者を比較することで、費用が高すぎたり手抜き工事をしたりする会社を見抜きやすくなります。

業者の見積書をチェックして以下に該当する場合は悪徳業者のおそれがあります。

  • 塗料の商品名やメーカー名が記載されていない
  • 価格が高すぎる、安すぎる
  • 塗料の面積が「一式」と表記されている

 

上記に1つでも当てはまる場合は高確率で問題がある業者です。

依頼は避けましょう。

外壁塗装業者の相見積もりは、こちらがおすすめです。

 

訪問営業の業者に依頼しない

訪問営業をしてくる業者は高確率で悪徳業者です。

外壁塗装で起こるトラブルは訪問営業の業者が関わっているケースが多いです。

「キャンペーン中なので安くします」と言われても相手にしないようにしましょう。

 

歴史のある業者を選ぶ

外壁塗装で20年以上の歴史がある業者は信用性が高いです。

悪徳業者が営業を続けようとしても利用者からの悪評がたつため、20年をこえて営業することは困難でしょう。

20年を超える外壁塗装業者から依頼先を選べば悪徳業者に当たりにくいです。

 

まとめ

外壁塗装では1日に3回塗装することはできません。

また、中塗りと上塗りに必要な間隔は3〜4時間が目安です。

塗料ごとに乾燥時間は異なるため注意してください。

必要な時間を無視して重ね塗りをすると、塗料が乾燥不良を起こして耐用年数が短くなったり見栄えが悪くなったりするでしょう。

 

外壁塗装を悪徳業者に依頼してしまうと適切な塗装間隔を守ってくれません。

相見積もりを行って優良業者を見抜けるようにしましょう。

 

間違っても訪問営業をする業者に依頼してはいけません。

訪問営業をする会社は多くが悪徳業者です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告