LIXILのトイレ「サティス」の特徴・価格をリフォームの視点で解説!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/

タンクレストイレのリフォームを検討する際に、LIXILの「サティス」を候補に入れる人もいるでしょう。

 

この記事では、LIXILのトイレ「サティス」の購入を検討している人のために、リフォームでかかる費用や商品の特徴を紹介します。

室内の除菌をしたい人や、男性が利用する場合にサティスは役立つでしょう。

 

LIXILのトイレ「サティス」の概要

LIXILの「サティス」シリーズの基本情報は以下となります。

 

価格(S5グレード) 244,000円〜
サイズ Gタイプ 幅375mm×奥行705mm×高さ540mm
Sタイプ 幅375mm×奥行635mm×高さ524mm
排水方式 床排水
カラー Gタイプ6色、Sタイプ4色

 

「サティス」にはGタイプとSタイプの2種類があり、サイズやカラー、機能、価格が異なります。

 

サティスのGタイプには男性の小便の飛沫を抑える「泡クッション」機能がついています

このためGタイプはSタイプに比べて83,000円ほど高額となるでしょう。

 

スポンサー広告

LIXILのトイレ「サティス」の特徴

LIXILのトイレ「サティス」シリーズには、以下の機能があります。

 

  • 新品の輝きが100年続く「アクアセラミック」製
  • 少ない水で汚れを落とす「パワーストリーム洗浄」
  • 男性の小便利用時の飛沫を防ぐ「泡クッション」
  • 不快なニオイを取り除く「エアシールド脱臭」
  • イオンのパワーでトイレ室内を消臭する「ルームリフレ」
  • やさしさにこだわった、おしり洗浄「シャワートイレ機能」
  • 意外と役立つ「スマートフォンリモコン」

 

「泡クッション」と「ルームリフレ」はLIXILのサティスにしか存在しません。

それぞれの機能はトイレの利用時にどう役立つのでしょうか。

 

新品の輝きが100年続く「アクアセラミック」製

アクアセラミックは、新品の輝きが100年続く、トイレ用の新素材です。

落ちにくい汚れでも、トイレの水を流すだけで洗浄できます。

 

トイレ汚れの原因と言えば「便器の黒ずみ」や「くすみ」でしょう。

サティスのようなアクアセラミック製のトイレなら、水垢がこびりつかないため掃除の手間が省けます。

※定期的に掃除をしないと輝きが失われたり汚れが付着したりする可能性はあります

 

また、アクアセラミックはキズ汚れに強いという特徴があります。

トイレの便器に傷がついてしまうと汚れが付着しやすくなり、表面が劣化していくでしょう。

 

アクアセラミックは高い硬度を誇るジルコンという素材を含有しているため、キズがつきにくく、汚れが付くことを抑制します。

 

アクアセラミックは黒ずみの原因となる細菌の繁殖も抑えます。

イオンパワーによって抗菌をするため安心して利用できるでしょう。

 

少ない水で汚れを落とす「パワーストリーム洗浄」

サティスでは、3つの吐水口を利用して洗浄するため、無駄に水を使わずに便器内の隅々まで洗い流すことができます。

トイレの使用頻度が高い家庭や、節水したい人に向いているでしょう。

 

男性の小便利用時の飛沫を防ぐ「泡クッション」

男性が利用すると便器の周囲が汚れやすいですよね。

立ち小便による飛沫汚れを防ぐ画期的な機能が「泡クッション」です。

この機能はLIXILの「サティスGタイプ」にしか存在しません。

 

泡クッションは、男性の立ち小便時に水滴の飛散を92%防止します。

また、尿の着水音を約7.5デシベルも低減するため、音が響いて不快になることも抑制できるでしょう。

 

不快なニオイを取り除く「エアシールド脱臭」

LIXILのサティスでは、便器内に気流を発生させることで強力な脱臭効果を実現しています。

悪臭が便器の外にもれないよう、気流が吸い込んでくれるのです。

 

イオンのパワーでトイレ室内を消臭する「ルームリフレ」

ルームリフレはLIXILのサティスにしかない機能で、便器内のみならずトイレ室内全体を脱臭してくれます。

設定した時間に便器のフタが自動でひらき、プラズマクラスターイオンによってトイレ室内の悪臭を防止します。

 

プラズマクラスターイオンとは、シャープが開発した技術で、ニオイ原因菌やウイルス、カビ菌を抑える効果があります。

 

やさしさにこだわった、おしり洗浄「シャワートイレ機能」

LIXILのサティスは、おしりを洗浄するシャワートイレ機能も充実しています。

従来のシャワートイレは、勢いを弱くする際は水量を少なくして調節していました。

 

しかし、水量を減らすとおしりを十分に洗うことが難しくなります。

そのためサティスでは、洗浄ノズルから噴出する水量ではなく、水滴の大きさや速さを調節して洗浄水の強弱をコントロールしています。

 

この他にも、LIXILでは女性が利用しやすいよう、おしり洗浄用とは別でビデ洗浄用のノズルが取り付けられています。

 

意外と役立つ「スマートフォンリモコン」

LIXILの「サティス」で嬉しいのが、スマートフォンリモコン機能です。

スマートフォンからBluetoothの無線を利用して、毎日のトイレ状況の把握や排水スイッチを利用できます。

 

特に、おしりの洗浄位置を記憶できる機能は優秀です。

洗浄のたびに自分でいちいち移動する必要がありません。

「おしりの洗浄位置がいつもズレて面倒」という人に対して、スマートフォンリモコン機能は適した機能でしょう。

 

LIXILのトイレ「サティス」のグレードによる性能の違い

サティスにはGタイプとSタイプがあり、各タイプには3種類のグレードが存在します。

 

GタイプとSタイプの違いは、男性の立ち小便時の飛沫を防ぐ「泡クッション」機能の有無です。

男性が利用しない場合はSタイプで十分でしょう。

 

サティスには「G8」「G6」「G5」「S8」「S6」「S5」の6グレードがあります。

各グレードにおける機能の違いは以下を確認してください。

 

G8 G6 G5 S8 S6 S5
アクアセラミック
泡クッション × × ×
エアシールド脱臭
便器内除菌
ルームリフレ × ×
フルオート便座 × ×
ほのかライト × ×
リラックスミュージック × × × ×
部屋暖房 × × × ×

 

「フルオート便座」は、トイレのフタが自動で開閉する機能で腰の負担を和らげます。

「ほのかライト」は、夜中の利用時でも目を覚ましにくいよう、足元をほのかに照らすライトです。

「リラックスミュージック」は、便座に座ると心地よい音楽がステレオで流れる機能です。

「部屋暖房」は、トイレから温風が吹き出して冷え込みを防止します。

求める機能を備えたグレードを選別し、費用を抑えるようにしましょう。

 

LIXILのトイレ「サティス」の価格とカラー

サティスの価格は以下のようになります。

 

タイプ グレード 価格
Gタイプ G8 407,000円〜
G6 367,000円〜
G5 327,000円〜
Sタイプ S8 324,000円〜
S6 284,000円〜
S5 244,000円〜

 

商品の最低価格が244,000円となります。

上記は商品価格のため、工事費用が追加で必要です。

 

工事費用は業者によって異なります。

商品と工事費用を含めて上記より安いケースもあるようです。

 

トイレリフォームは室内の状況や工事範囲によって費用は大きく変動します。

業者から見積もりを取得しなければ正確な価格はわからないでしょう。

 

リフォーム業者に工事を依頼する前に、3社以上から見積もりを取得する「相見積もり」を行ってください。

「サティス」を、無料で見積り依頼できるサービスはこちらがおすすめです

 

1社だけに依頼すると相場より高額な場合でも気づかずに支払ってしまい、大損をする可能性がありました。

 

LIXILのトイレ「サティス」のカラーバリエーション

カラーバリエーションはGタイプで6種類、Sタイプで4種類が存在します。

それぞれ、以下のようなカラーがあります。

 

Gタイプのカラー

ノーブルブラック

ノーブルトープ

ピュアホワイト

オフホワイト

ピンク

ブルーグレー

Sタイプのカラー

ピュアホワイト

オフホワイト

ピンク

ブルーグレー

トイレ室の壁紙の色や、好みに合わせたカラーを上記から自由に選びましょう。

 

まとめ

LIXILのサティスは「泡クッション」機能が特徴的な、床排水式のタンクレストイレです。

男性の立ち小便時の飛沫や音が気になる人に向いているでしょう。

 

他にも、100年は新品の輝きが維持できるという新素材「アクアセラミック」を利用しているため、掃除の手間が省きやすいメリットがあります。

 

サティスは、イオンパワーによる空気清浄機能でト室内に臭いがこもりにくいトイレでもあります。

臭いや汚れが気になる人は、LIXILの「サティス」を検討してみるとよいでしょう。

「サティス」を、無料で見積り依頼できるサービスはこちらがおすすめです

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告