2019/01/26   住宅建築用語集

ユニバーサルデザインとは

auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。
いい家を建てたい!後悔しないために必要なコツをご紹介!

 

 

ユニバーサルデザインとは、直訳すると「全世界の」、もしくは「全般的な」「デザイン」です。家という建築物で「全世界」をどうこうすることはありませんが、「全般的」、つまり「どんな人にでも使いやすい家」を目指す動きがあり、「ユニバーサルデザイン」といいます。

ときに「バリアフリー」と同一視されますが、基本的な考え方が異なることに注意が必要です。

 

ユニバーサルデザインは何を目指している?

ユニバーサルデザインは

・だれでも

・いつでも

・どんな状態でも

使いやすいデザインを目指したものです。これは建築物だけでなく、文房具や道行く人を案内する看板、食器など、あらゆるものに取り入れられ始めています。

家の場合、子どもでも、大人でも、ケガをした人でも、高齢者でも…どのような世代/人でも住みやすい工夫をします。

たとえば、主婦(主夫)とお子さんが並んで料理をするとき、背の高さの違いから使いにくいキッチンになるはずですが、これを何らかの工夫で解消しようとするのもユニバーサルデザインの考え方です。

 

バリアフリーとは?

ユニバーサルデザインに対し、バリアフリーとは

・何らかの身体的ハンデを持つ人が

・できるだけ自身の力で生活をするために工夫すること

を指します。車いすや杖を使用している方にとって、段差はとても危険なものです。またトイレやバスルームも、特別な工夫が求められます。

「ハンデがあるのか/ないのか」の境目にある「バリア」を解消することを目的とするのが「バリアフリー」です。

 

家を建てるときから「ユニバーサルデザイン」で検討を

もしも、これから家を入手したい、一から家づくりに携わりたいとお考えの方は、ぜひ一度「ユニバーサルデザインの家」を検討してみてください。

誰でも、どんなときでも暮らしやすい家は、思わぬ事故で障がいを負ってしまっても、高齢となっても住める家です。あまり考えたくはありませんが、人が一生を全うする間には、いろいろなことが起きます。予見しえぬ問題であっても、事前に「家の機能」がそれに対応できていれば、ご家族はどれほど安心して暮らせるでしょうか。

また、「家族の成長」を難なく包み込んでくれる家があれば、事情に駆られて転居しなければならない、家を売りに出さなければならないといったことも回避できることでしょう。