2018/12/29   住宅建築用語集

メゾネットとは

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

 

 

メゾネットとは、集合住宅のうち、1階と2階を内階段で結んだものを指します。「maisonnette(小さな住居/フランス語)」が語源です。

いわゆる「アパート」のような建て方ですが、2階建て2棟をつなげた長屋のようなもので、「ニコイチ(二戸一)」とも呼ばれます。もちろん、2戸以上の住宅が連なることもあります。また、マンションの1室内で2つの階層があるときも「メゾネット」と呼びます。

 

メゾネットの別名

メゾネットは、「テラスハウス」や「タウンハウス」といった呼び方をすることもあります。特に注意したいのは、賃貸物件探しや、中古アパート購入のため物件探しをするときです。

物件情報サイトのフリーワード検索を利用するとき、「メゾネット」ということばだけでなく、「テラスハウス」「タウンハウス」というキーワードも用い、調べてください。候補物件が多くなるはずです。

 

スポンサー広告

メゾネットのメリット

アパートタイプのメゾネットは、

・敷地が狭くても、二世帯以上の家庭が住む建物を作れる

・1戸あたりの専有面積が狭くても、居住スペースを広く設けられる

・2階~3階と「上に」空間を作れるので、日当たりや風通しを確保しやすい

といったメリットがあります。

 

メゾネットのデメリット

もし、あなたが「大家業」を始めるためにメゾネットタイプのアパートを建てたいとお考えの場合、

・防音対策

に注意する必要があります。

メゾネットは、壁を共有するつくりですので、音が響きやすいという特徴があります。「二戸一」ならまだよいのですが、3世帯以上が連なる建物の場合、建物中心部の世帯は「両隣からの音」に悩まされることとなるでしょう。

 

メゾネットは「二世帯住宅」に向いている

マンションのメゾネットタイプではなく、いわゆる「二戸一」ならば、二世帯住宅に向いています。壁一枚向こうは親世帯、まさしく「スープの冷めない距離」で、濃すぎず、薄すぎずの家族関係をキープするのにちょうどよいのです。

これは、「完全分離型二世帯住宅」となります。後々親御さんが病院や高齢者向け施設に入居されたなど、空きとなったときに入居者を募ることもできます。

共有部分のある二世帯住宅では、部分的な貸し出しは難しいですが、完全分離ならば「大家」となり、収入を得ることも夢ではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告