外壁塗装の色選びで失敗を避ける為の注意点

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

 

 

「外壁塗装は何色を選べばいいのだろう?」

「外壁に適した色を知りたい」

 

こう考えている人は多いでしょう。

この記事では、外壁塗装の色選びで失敗しないための注意点を紹介します。

 

外壁の色選びを間違えると10年は後悔することもあるため、事前に色選びのポイントを覚えておきましょう。

 

外壁塗装の色選びで注意するポイントとは?

 

 

色選びに迷ったら人気色を選ぶのが正解です。

ただし、周囲の景観などによっては人気色では不十分なこともあるでしょう。

自分の家に適した色を選ぶために、まずは目的から明確にする必要があります。

色を選ぶ前に目的を明確にする

あなたが外壁の色を決める際に求めるものは何でしょうか?

 

  • 周囲の景色に合わせたい
  • 他の家とは違う色合いにしたい
  • とにかく目立たせたい

 

など、目的によって適した外壁の色は変わってきます。

まずは、自分が求める方向性を大まかに決めてみましょう。

 

大まかな方向性を決めた後は色を選びます。

色を決める手段として「カラーシミュレーション」と「色見本」があります。

カラーシミュレーション

コンピューターなどを使ってあなたの家に色をつけてシミュレーションする方法です。

現実の塗料とはやや色合いが異なりますが、外壁塗装後のイメージを掴みやすいです。

色見本

紙や板などで塗料の色を確認する方法です。塗料と同じ色を確認できます。カラーシミュレーションと違って凹凸やツヤの表現も可能です。

カラーシミュレーションや色見本を信用しすぎない

 

 

カラーシミュレーションや色見本は、色のイメージを掴むのに適しています。

しかし、カラーシミュレーションや色見本だけで外壁の色を選ぶだけでは不十分な場合があります。

カラーシミュレーションは実際に仕上がる塗料の色ではない

コンピューターによるカラーシミュレーションで確認できる色は、実際に塗った色とは見えかたが違います

なぜなら、現実の塗料をデータ上で再現することは困難だからです。

 

現実の外壁に塗装をすると周辺景色、光の当たり具合、外壁の凹凸などで塗料の見えかたが変わってしまいます

 

イメージ通りに外壁塗装が仕上がることは稀ですので、カラーシミュレーションは過信しないようにしましょう。

色は塗る面積で見えかたが変わる

塗る面積が広くなるほど色は明るく見える傾向があります。

これを「面積効果」と呼びます。

 

色見本のサイズは、実際の外壁面積の1%にも満たないことが多いです。

色見本で決めた色を塗ったとしても、仕上がりはやや明るく見えるでしょう。

サイズが小さい色見本で外壁のカラーを決めるのなら、やや暗めの色を指定するとよいでしょう。

色は光源によって見えかたが変わる

色というのは光の反射具合によって変わります。

このため、光源が違うと色の見えかたは異なるものになるでしょう。

 

  • 蛍光灯
  • 太陽光
  • 白熱灯

 

同じ塗料でも上記3つの光では、それぞれ違う色に見えます

色のサンプルは室内で確認するため蛍光灯の光を使うことが多いでしょう。

 

しかし、外壁の色は太陽光で目にすることがほとんどです。

適切な色選びを行うためには色見本を室内で確認するのではなく、外に出て太陽光で照らすようにしましょう。

ホワイト、ブラック、レッドカラーを選ぶときの問題点

 

 

様々な色のなかでも、ホワイト、ブラック、レッドを選ぶときにはデメリットがあります。

ホワイト

汚れが目立ちやすい色です。経年劣化により外壁が汚く見えやすい色なので塗る前に理解しておきましょう。

ブラック

汚れが目立つうえに、太陽光によって室内温度が上昇しやすい色です。夏場の室温を少しでも下げたいのであれば避けましょう。

レッド

原色の赤は経年劣化によって色落ちしやすいです。

原色でなければ致命的な問題は起きにくいため、赤系の色だからダメというわけではありません。

 

ホワイトやブラックは外壁でよく利用される人気色ですが、デメリットを十分に把握しておかないと後悔するかもしれません。

レッドの場合は、色あせが怖いのなら原色に近い色は避けるようにしましょう。

 

スポンサー広告

外壁塗装の色選びに迷ったら人気色を利用しよう!

 

 

「周辺景色に合わせたい」といったおおよその方向性を決めたとしても、外壁の色選びで迷うことはあるでしょう。

そんなときは外壁塗装で人気の色から選ぶことをオススメします。

外壁塗装でオススメの人気色は何色なの?

 

人気の色は地域や時代によって変化します。

しかし汚れにくい色や、デザイン性が高いものは人気があります。

人気の色としては以下があります。

ベージュ

 

 

「らくだ色」とも呼ばれ、薄くて明るい茶色を指します。

ベージュは汚れや劣化が目立ちにくく、周囲の景色にもとけこみやすいため人気があります。

綺麗な外壁を長持ちさせたい場合に向いているでしょう。

クリーム

 

 

赤みがかった薄い黄色で、クリーム色も汚れが目立ちにくい、周辺の景色にとけこみやすいといった特徴があります。

ブラウン

 

 

周囲の景色に溶け込みやすく、家全体を落ち着いた雰囲気にできる色です。

他の色との相性もよいため外壁を2色や3色にしたい場合にも適しています。

グレー

 

 

汚れや劣化が非常に目立ちにくいです。

ねずみ色と考えるとデザイン性が悪いようにも感じますが、外壁塗装で使うと落ち着いた雰囲気になります。

綺麗な外壁を長持ちさせたい場合にも適しています。

他の色を引き立てる効果も期待できるため外壁を2色以上にしたい場合に向いています。

ブラック

 

 

汚れが目立ちやすい一方で、高級感あふれる外壁に仕上がります

太陽光を吸収してしまうため室内温度が上がりやすい点には注意して下さい。

単色でもよいですが、ホワイト系の色とのコントラストを楽しむことでデザイン性が高まります。

ホワイト

 

 

汚れが目立ちやすい代わりにシンプルな外壁に仕上がります。窓枠との相性もよい色です。

単色で外壁に利用するよりも、ブラックなどの濃い色と合わせてバランスを整えると見栄えがよくなるでしょう。

ブラウン、グレー、ベージュはどんな色にも合いやすい

人気色のなかでも失敗しにくいのがブラウン、グレー、ベージュです。

この3色には以下のようなメリットがあります。

 

  • 汚れが目立ちにくい
  • 周囲の景色にとけこみやすい
  • 他の色と組み合わせてもバランスがとりやすい

 

もし色選びに迷ったらブラウン、グレー、ベージュに近い色を選ぶことで失敗を避けやすくなるでしょう。

 

外壁塗装で失敗しやすい色選びの方法をチェック

 

 

外壁塗装工事をする際に、注意しておかないと失敗するポイントを紹介します。

以下の点を知らずに色を選ぶと後悔しますので、事前にチェックしておきましょう。

外壁だけで4色以上を使うのは危険

外壁部分に使う色の数は3色までにしましょう。

屋根の色を加えて4色までです。色数を増やしすぎると統一感がなく不格好な外壁となってしまいます。

 

外壁の色は統一感があるほど見栄えがよくなります

このため、2色あるいは3色で塗るのが一般的です。

1色では単調になりすぎて逆にデザイン性が低下することがあります。

 

3色を使う場合でも壁の大半は2色にしたほうが無難でしょう。

ベランダなどのわずかな面積だけに3色目を使うことで統一感が出しやすいです。

 

外壁に4色を使って統一感を出すことも不可能ではありません。

しかし、非常にセンスを問われるので外壁の色選びに自信がある人以外は避けましょう。

経年劣化で色あせしやすい色は要注意

経年劣化で色あせしやすいものには以下があります。

 

  • 赤色
  • 黄色
  • 青色

 

上記の3つを原色で使うことは避けたほうが無難です。

どうしても原色で使いたいという場合は、5年ごとに塗り替えを行うか、数年で色あせする覚悟をもって塗装をしましょう。

屋根の色は外壁よりも濃くするほうが見栄えがよくなる

屋根に塗る色は外壁よりも濃いほうがデザイン性が高くなります。

このため、屋根に使う色はブラック系が人気です。

 

ブラック系の他にはグレー系、グリーン系なども人気があります。

ブルーやレッドなど原色に近い色を使う場合は、経年劣化で色あせする期間が短いことも理解しておきましょう。

色の境界線は目立たないように工夫する

単色で外壁を塗るのでもなければ、色同士の境界線は必ず生まれます。

色分けは目立たないようにサイディングの境界線や、外壁の角などを利用します。

 

中途半端な場所で色を区切ってしまうと、境界線が乱れてしまい素人が塗装したような外壁に見えてしまいます。

外壁塗装の仕上がりで後悔しないよう、色分けする部位は業者にしっかりと確認しましょう。

 

外壁塗装で失敗しないために色選びの手順を紹介

 

 

色選びをするためには、

 

  1. 家のイメージを決めて大まかな色を選ぶ
  2. カラーシミュレーションや色見本でイメージを明確にする
  3. 外壁に試し塗りをして細かい色を決定する

 

といった手順を踏むことで仕上がりをイメージ通りにしやすくなります。。

各手順における具体的な方法を紹介していきましょう。

家のイメージを決めて大まかな色を選ぶ

最初に決めるべきは家のイメージです。

あなたが考えるイメージごとに、参考となる色を以下でピックアップしてみました

周囲の景色に溶け込ませたい、色選びが面倒くさい

ブラウン、グレー、ベージュといった人気色がオススメです。

シンプルな外壁にしたい

ホワイト、ブラックによる単色か2色がよいでしょう。

落ち着いた外壁がいい

ブラウン系が向いています。ブラウン系は汚れにも強く周囲の色にとけこみやすいため他の色とも相性がいいです。

高級感がほしい、格式高いイメージにしたい

ブラックの単色が適しています。

バルコニーなどの面積が少ない部分を別の色にすることで、外壁全体にアクセントを付けることができるでしょう。

汚れや劣化が長期的に目立ちにくい色がいい

グレー系が適しています。ベージュ系やクリーム系でも問題はありません。

家をとにかく目立たせたい

レッドやイエロー、ピンクなど、周囲の景色に存在しないような明るい色だと目立ちます。

カラーシミュレーションや色見本でイメージを明確にする

可能な限り自分で管理する、ないしは管理会社を厳選

 

使いたい色の傾向を決めたら、カラーシミュレーションや色見本を使って外壁のイメージを明確化しましょう。

 

仮に「落ち着いた外壁」を望むのであれば、カラーシミュレーションで自分の家にブラウン系の色をいくつか重ねていきます。

単色だけではなく2色や3色も試してみて、好みのカラー候補をいくつか選びましょう

 

カラーシミュレーションの場合、実際に外壁を塗ったときとは見た目が異なります。

シミュレーションだけで色を決めて工事をしないよう気をつけましょう

 

次は、カラーシミュレーションで選んだ色の候補を色見本によって実際にチェックします。

サンプルの板に塗装をしている色見本であれば、外壁の凹凸も含めた色の見えかたがわかるでしょう。

 

ただし、色見本は面積が小さいため実際の外壁に塗ったときよりも暗く見えやすいです。

確実性を高めるためには、最終チェックとして「自宅に試し塗り」することをオススメします。

外壁に試し塗りをして細かい色を決定する

色見本で決めた色を自宅の外壁に試し塗りすることで最終チェックをします。

業者によっては試し塗りをしない場合や、有料ということもありえるでしょう。

 

「そこまでして色を合わせなくてもいい」と考えるのなら、色見本の段階で工事する色を決めても構いません。

 

実際に自宅の外壁に色を塗ることで、以下の点がわかります。

 

  • 太陽光に当てた際にどう見えるか
  • 自宅の凹凸を含めた色の見えかた
  • 外壁に塗ったときの質感

 

色見本だけでは上記3つはわからないことが多いです。

手間と時間をかけてでもイメージ通りの外壁にしたいという人は、自宅の外壁に試し塗りすることを忘れないようにしましょう。

 

色を選ぶなら人気色がオススメ!目的を決めると失敗しにくい

 

 

外壁塗装の色選びで失敗したくないのなら、人気色を選んでおけば安心です。

人気色とは、以下の3色です。

 

  1. ブラウン系
  2. グレー系
  3. ベージュ系

 

この3色は他の色との相性がよく、汚れが目立ちにくいという特徴があります。

 

外壁の色を決めるには目的を明確化することが重要です。

「落ち着いた外壁にしたい」「高級感を出したい」などイメージを最初に考えることで適した色が浮かんでくるでしょう。

 

色選びで失敗したくないのなら、カラーシミュレーションや色見本だけで工事を始めないことが重要です。

 

特にカラーシミュレーションは実際の塗料とは見えかたが違いますので、最低でも色見本によるチェックは行ってください。

 

自宅の外壁に試し塗りまで行えば、色選びで成功する確率は高くなるでしょう。

 

おすすめの外壁塗装業者を無料で見積り依頼できるサービスはこちらです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告
RECOMMEND
あわせて読みたい記事

注文住宅ならLIFULL HOME'Sでカタログ徹底比較

RELATED ARTICLE
あなたに読んでほしい記事
PICK UP
編集部おすすめの厳選記事