2018/11/30   住宅建築用語集

防音ガラスとは

auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

 

 

防音ガラスとは、外からの音を室内に入れない、家の中の音を外に漏らさないために利用するガラスです。具体的には、2枚以上のガラスの間に防音用の特殊な膜を挟みこみ、音(=振動)を遮断する工夫をしています。

音は、空気の振動、そして壁などのモノの振動で伝わります。振動を防止することが防音につながるのですが、防音ガラスに加えて、サッシ部分の工夫も重要です。

 

防音ガラスの「得意」「不得意」

防音ガラスは、家の外からの音、内側からの音を相互に“やりとり”しないために設けるものです。しかし、サッシ部分は振動を伝えやすいので、サッシ部分も防音機能を持つものを選ばなければなりません。

また、防音ガラスは「万能」ではありません。音(=振動)を伝えにくい周波数に制限があります。ガラスそのものの厚みによっても防音の効果は変わります。

家を建てたい、既に家はあるけれど意外にも音に悩まされてしまったというときは、「何の音」が「どの位」するのか、防音ガラスに詳しい専門家に相談してみてください。

外から車の通行音がするのか、室内で楽器を楽しみたいのか…防音ガラスといってもさまざまな利用パターンがありますので、それに適したガラスやサッシを選ばなければならないのです。

 

防音ガラスで、断熱もできるの?

防音ガラスで断熱効果を狙うことはできません。そもそも「振動を伝えづらくする」ように作られているものですので、断熱効果はほとんどないのです。

しかし、「防音もしたい」「断熱性も重視したい」というときは、下記のとおり、「二重窓」が効果的です。

 

 

防音ガラス+内窓で「二重化」するのも検討して

防音ガラスを外側に、内側にもうひとつサッシをつけ、二重窓にすることはいかがでしょう。内側のガラスに断熱性の高いガラス+サッシを設ければ、防音と断熱性とを手に入れることができます。

このときのコツは、可能な限り、外側の防音ガラスと、内側の断熱ガラスとの間に空間を設けることです。こうすることで、音(=振動)の伝播や、内気と外気の接触を最小限にとどめることができるからです。

もし、スペースの問題で防音ガラスと断熱ガラスの間の空間を広く取れないときは、それぞれのガラスを高性能のものにすることで同様の効果が得られるはずです。

防音のこと、断熱のこと、双方に詳しい建設業者や専門店、建築家に相談することをおすすめします。

 

防音ガラスにリフォームするなら、こちらでお見積りがお勧めです。