トクラスのキッチン「Bb」の特徴や価格、評判をプロの目線で紹介!

auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

–家づくりはカタログ一括請求から始めよう!–

本文に入る前に、マイホームを考えているあなたに向けて重要なことをお伝えします。

マイホーム作りでまず初めにやらなければいけないこと、それは「住宅メーカー選び」です。

土地探しよりも、資金調達よりも、まず初めに住宅メーカーを探すことが大事。というのも、依頼する住宅メーカーに関して後悔する声が後を絶たないからです。

建てた後に後悔してしまわないように、初めの段階でメーカーの比較を十分に行っていきましょう。

でも全国各地に無数にある住宅メーカーからどれを選べばいいかわからない

という問題が出てきますよね。

そこで活用してほしいおすすめサービスが、東証一部上場のリクルートが運営するカタログ一括請求サービスです。

カタログ一括請求サービスを利用すれば、条件に合うおすすめ住宅メーカーのカタログが一括で届きます。しかも無料

予算や住宅のテーマ、シニア向けやエコ住宅などの条件を選択できるので、あなた好みの住宅メーカーを探すことが可能です。

ぜひ一括請求で理想のハウスメーカーを探してみてくださいね!

SUUMOでカタログを一括請求してみる⇒

トクラスのキッチン「Bb」は、低価格帯〜中価格帯に位置するキッチンです。

Bbは、トクラスの人造大理石を使用しつつも、価格を抑えることができるキッチンです。

このページでは、トクラスのキッチン「Bb」について、特徴や価格、評判や口コミなどを、元キッチンメーカー勤務のプロの目線を交えて解説していきます。

「Bb」の価格や基本サイズ(255cm)、レイアウト

画像引用:https://www.toclas.co.jp/kitchen/bb/feature.html

まず、トクラスのキッチン「Bb」に関する基本情報を確認していきます。

メーカー参考価格
(フロアスライドプラン)
¥725,000~ (間口255cm 扉シリーズE・C)
キッチンレイアウト  I型プラン・L型プラン・フラット対面プラン(奥行き75cmに限る)
キッチン対応間口 I型対応間口:180〜270cm
調理カウンター高さ 80cm、85cm、90cm
扉カラー  9シリーズ 全31色
(価格帯は3段階)
使いやすい調理カウンターの参考高さ   身長(cm)÷ 2 +5cm

トクラスキッチン「Bb」の特徴

画像引用:https://www.toclas.co.jp/kitchen/bb/feature.html

トクラスの「Bb」の特徴について挙げていきます。

人造大理石

画像引用:https://www.toclas.co.jp/kitchen/bb/feature.html

トクラスは、人造大理石を得意とするメーカーです。

人造大理石といえば、コーヒーや醤油をこぼして変色したり、重いものを落とすと割れてしまったりするようなイメージがあるかもしれません。

トクラスの人造大理石は、汚れキズ衝撃熱に強いものを使用しています。

人造大理石のデメリットの部分を改善しているため、キッチンのカウンターやシンクにもってこいの素材となっています。

 

〜トクラスの人造大理石の4つの安心感〜

・汚れに強い

トクラスの人造大理石は、汚れに強いのが特徴です。

色の濃いものをこぼしてしまっても、サッと一拭きでキレイになります。

油汚れも、中性洗剤で簡単に洗い落とすことができます。

 

・キズに強い

トクラスの人造大理石は、もともとキズがつきにくく、丈夫です。

万が一キズが入っても、ナイロンたわしやサンドペーパーでこすることによって、補修することができます。

キズの部分を削っていることになりますが、10年間こすり続けても0.1mm程度で、目に付くことはありません。

キズがついても、こすることによって何度でも蘇るようなイメージです。

 

・衝撃に強い

人造大理石は、重いものを落とすと割れてしまうようなイメージがあるかと思います。

トクラスの人造大理石は、重さ198gの鉄球を1mの高さから落としても、割れないことが実証されています。

ショールームに行くと、実際に重たい缶詰等を使って実演してくれます。

 

・熱に強い

トクラスの人造大理石のカウンターは、熱に強く作られています。

空焼きして350℃に熱したフライパンを10分間放置しても、割れ・変色が起こりにくい特性を持っています。

 

トクラスのカウンターやシンクに使われる人造大理石は、トクラスで研究・開発されたものです。人造大理石の、素材の研究から成形までを一貫して自社で行なっています

1976年にトクラスは、当時はステンレスキッチンが主流だった時代に国内初となる人造大理石カウンターのキッチンを発売しました。トクラスの歴史は人造大理石と共にあるため、他のどのメーカーよりも人造大理石に対する安心感があります。

トクラスは人造大理石に絶対の自信があるため、現在はカウンター・シンクのステンレスの仕様が全くありません。

トクラス特有の丸いシンク

トクラスのBbのシンクは、4つのデザインがあります。

その中で、G2シンクは丸い形状をしており、一風変わったデザインにすることができます。

シンクのカラーも、落ち着いたベージュやホワイトに加えて、ライムグリーンやピーチピンクのような、ポップで明るいカラーを選ぶこともできます。

形や色はかわいい雰囲気ですが、これもしっかりとトクラスの人造大理石を使用しております。耐熱・耐衝撃などの、使い勝手における性能は心配いりません。

サイクロンフード

トクラスは「サイクロンフード」という独自のレンジフード(換気扇)を持っています。

サイクロンフードとは、トクラス独自の「フロントキャッチ方式」を用いたレンジフードです。

煙を水平渦巻き状態にしつつ吸い込むことで、小型のフィルターで油汚れをキャッチします。

レンジフード内部が汚れることを防ぐため、お掃除をカンタンに済ますことができます。

フィルターは片手で外すことができるほど小さいため、取り外しの大変さはありません。

フィルターは食洗機に入れるだけ、フード本体は油をはじく撥油加工がしてあるため、サッと拭き掃除をするだけでOKです。

画像引用:https://www.toclas.co.jp/kitchen/bb/feature.html

サイクロンフードを実際に触ってみると、フィルターの小ささに驚きます。ストレスなくカンタンに取り外して、あとは食洗機にいれるだけなので、お掃除がとっても楽チンです。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒

普段は、部品を外すことなく拭き掃除のみで済ますことができます。

サイクロンフードは、フードの中で煙の渦を作るため、どうしてもボディーが大きくなってしまいます

お掃除の手間の少なさはありますが、見た目が気になる人もいるかもしれません。

トクラスでは、サイクロンフード以外でも、スリムなレンジフードを選択することができるため、デザイン面を気にする人は他のフードを検討しても良いかもしれませんね。

シームレス結合・一体成形

トクラスのカウンター・シンクは、ステンレスという選択肢がなく、人造大理石のみ選択することができます。

調理カウンターとシンクがどちらも人造大理石となるため、シームレス接合を行います。

シームレス接合は、接合部分に隙間や段差がないため、汚れがたまる心配がありません。

「ステンレスカウンターと人造大理石シンク」や「人造大理石カウンターとステンレスシンク」など、異種素材になると、どうしても接合部分に隙間や段差ができてしまいます。

トクラスでは、シンク内の排水部分も一体成形であるため、お手入れは非常にカンタンです。

トクラスキッチン「Bb」のカップボード

続いて、Bbのカップボードを紹介していきます。

フルセットストッカー・家電ストッカー・2段開き扉ストッカー

フルセットストッカーは、背の高いトール収納です。

上から下まで収納することができるため、多くのものを入れることができます。

上から見やすいように、腰から下の収納は、引き出しタイプになっています。

家電ストッカーは、トール収納の中に家電収納を組み込んだ仕様になっています。

家電を置くための、オープン棚とスライド棚のそれぞれにコンセントを装備しています。

2段開き扉ストッカーは、同じく背の高いトール収納です。

上下2段とも、大きく開く観音開きのタイプであるため、中のものを一気に見渡すことができます。

デザインもシンプルに仕上がっているため、お部屋のインテリアを邪魔することはありません。

画像引用:https://www.toclas.co.jp/kitchen/storage.html

カウンター・ハイカウンタータイプ用キャビネット

画像引用:https://www.toclas.co.jp/kitchen/bb/feature.html

カウンター・ハイカウンター用キャビネットは、小物や調理器具、背の低い食器などを入れることができる収納です。

カウンタータイプが高さ85cm、ハイカウンタータイプが高さ1m2.5cmです。

種類は引き出しタイプや開き扉タイプ、イスやゴミ箱を入れることができるオープンタイプなど、様々です。

カウンター・ハイカウンター用キャビネットは、上にものを置くことができるため、家電を置いたり、ちょっとした作業スペースとして使ったりすることもできます。

家電送風機タイプキャビネット

トクラスのカウンターキャビネットでは、家電送風機タイプキャビネットを選ぶこともできます。

家電送風機タイプとは、引き出しの中に置いた家電が出す蒸気が、内部にこもらないように送風ファンがついたタイプです。

これを用いることで、炊飯器や電子ケトル、コーヒーメーカーなど、蒸気を出す家電も気にせず使うことができます。

「Bb」の様々なプラン

トクラスの低価格帯〜中価格帯キッチンである「Bb」ですが、その中でも様々なプランがあります。

基本はBbですが、目的や選べる仕様が異なるため、チェックしておく必要があります。

Bbスタイリッシュプラン

Bbスタイリッシュプランは、Bbの1ランク上のパックプランのようなものです。

Bbスタイリッシュプランにすることで、普通のBbでは選択することができない仕様を選べたり、デザイン性がアップしたりします

具体的には、以下のような点が挙げられます。

〜Bbスタイリッシュプランのメリット〜

  • ブラックの調理カウンターを選ぶことができる
  • 足元まで扉面材のデザインになる
  • 取手がブラックのロングバー取手になる

主にデザイン面でのメリットになります。

調理カウンターは、Bbでは「ニューグラーナホワイト」のみの仕様ですが、Bbスタイリッシュでは、ニューグラーナホワイトに加えて「ハイグラーナブラック」を選ぶことができます。

キッチンの足元部分は、「けこみ」と言い、少し凹んだデザインになっています。

Bbでは、蹴込みの部分はグレーのデザインになっています。

しかしBbスタイリッシュでは、けこみの部分まで扉面材になっており、高いデザイン性を誇っています。

Bbスタイリッシュプランでは、取手がブラックのロングバー取手になるため、全体的に引き締まったデザインになります。

Bbスタイリッシュプランは、Bbシリーズでありながら高いデザイン性を持ったキッチンです。

しかし、キッチンの形はI型に制限されるため注意が必要です。

トクラスのキッチンシリーズは主に2種類です。

Berry(ベリー)・・・中価格帯〜高価格帯
Bb・・・低価格帯〜中価格帯

Bbスタイリッシュプランは、「ベリーにするほどの予算はないけれど、Bbで出来るだけかっこいいキッチンにしたい」という要望に応えたプランと言えるでしょう。

Bbコンパクトプラン

Bbコンパクトプランは、狭いスペースに対応した、小さなBbのパックプランです。

マンション用のキッチンや、セカンドキッチンとして採用されます。

サイズこそ小さいものの、カウンターとシンクには、トクラスの高品質人造大理石を使用しています

ミニキッチンでも人造大理石にこだわりを持っているのがトクラスの特徴です。

メーカー参考価格
(標準開き扉プラン)
¥398,400~ (間口135cm 扉シリーズE・C)
キッチンレイアウト  I型プラン
*キッチン対応間口 I型対応間口:120〜210cm
調理カウンター高さ 80cm、85cm、90cm
扉カラー  9シリーズ 全31色
(価格帯は3段階)

暮らしのスタイルによって、コンパクトなプランを選ぶことができます。

コンロレスプランを選ぶと、シンクと調理スペースのみのキッチンにすることができます。

ビルトインのコンロスペースをなくすことで、調理スペースを広く取ることができます。

コンロぴったりプランを選ぶと、ビルトインコンロの位置を、壁側にぴったりと寄せることができます。

これも、調理スペースを広く確保することができます。

下の左画像がコンロレスプラン、右画像がコンロぴったりプランです。

 

画像引用:https://www.toclas.co.jp/kitchen/bb_compact/

トクラスキッチン「Bbの価格や値引き率

画像引用:https://www.toclas.co.jp/kitchen/bb/plan.html#h303

トクラスの低価格帯〜中価格帯のキッチン「Bb」の、価格や値引率について確認していきます。

「Bb」の価格

Bbは、トクラスの高品質キッチンを、価格を抑えて購入できるキッチンです。Bbの扉シリーズは9種類あり、価格は3段階に分かれます

どのシリーズがどの価格帯に位置するのかが、少しわかりにくいです。

そこで、それぞれの扉シリーズの価格をまとめてみました。キッチンの形は、基本プランのI型255cmとします。食洗機のありの場合の価格も記載します。

扉シリーズ フロアスライドプラン すっきり食洗機プラン
Dシリーズ、Sシリーズ、Lシリーズ、Nシリーズ、Yシリーズ ¥830,000 ¥1,018,200
Kシリーズ、Hシリーズ ¥777.500 ¥965,700
Eシリーズ、Cシリーズ ¥725,000 ¥913.200

「Bb」の値引き率

上記の物は全て「メーカー参考価格」、定価のことです。

実際にキッチンを購入する際には値引きが入ります。

Bbの値引き率は、約40~50%です。つまり、定価の約5~6割程度で購入することができます。

しかし、実際にキッチンを購入するときには、工事費がプラスになったり、逆に値引きが入ったりします。

間口やレイアウト、設備のグレードによっても、料金が大きく変わります。キッチンリフォームは、リフォーム費用の総額や、相場が分かりにくいのが現状です。

キッチンリフォームで実際にかかる費用を知るには、業者から見積もりを取ってみるのが一番です。このとき、見積もりは、必ず複数の業者に依頼するようにしてください。

料金は、リフォームの内容だけでなく、業者によっても異なります。

複数の業社から見積もりを取ることで、リフォーム費用の相場や、適正な価格が見えてきます。

⇒こちらから複数の業者に見積もりをとることができます

「Bb」の評価や評判、口コミ

画像引用:https://www.toclas.co.jp/kitchen/bb/plan.html#h301

Bbを実際に使っている人、実際にショールーム等で触ってみた人の評判や口コミを見ていきましょう。

私はキッチンカウンターもシンクも全て人造大理石が希望ラブラブでしたので、人造大理石といえばトクラスひらめき電球トクラスといえば人造大理石ラブだからですピンクハート
今年で人造大理石カウンターキッチンを発売して40周年、人造大理石をキッチンで初めて使用したメーカーがトクラスだそうですおねがい
他社より倍は分厚いと言われる人造大理石のキッチンカウンターやシンクには「使用上の注意」というシールが貼られることもなく、高温にも衝撃にも強いという衝撃の丈夫さハッ
トクラスの人造大理石はとっても丈夫なのでお鍋や缶等の重たい物を上から落としても割れませんびっくり
高温の鍋を鍋敷き無しで置いても大丈夫!
そして、傷付いた部分はナイロンタワシでゴリゴリ削るだけで、あら綺麗キラキラ
人造大理石ラブなCheeseとしては、トクラスのBbは標準仕様でキッチンカウンターもシンクも人造大理石ということでしたので気持ちはトクラス優勢でした
出典:https://ameblo.jp/ameamemaumau/entry-12195806925.html

人大の強度

1番の理由は、天板・シンクの手入れのしやすさ。トクラスのショールームへ行った事のある方ならもう既にご存知かと思いますが、パフォーマンスが凄い!!

人大の天板に3日放置した醤油染みが用意されていて、普通のスポンジに水をつけただけのもので軽くクルクルクルクル…これだけできれーいに落ちました∑(゚Д゚)

人大のシンクに担当者さんが缶で傷をつけ、もちろんその部分には目立つ傷がつきます。これもまたスポンジのカタイ方で軽くコシコシ。(傷を削り取ってるとの事)シンクは元どおりです∑(゚Д゚)20年毎日ゴシゴシしても、厚さはほぼ変わらないそうです。

人大のシンクに、目の高さから重い缶を落とします。(みかんの缶詰サイズ)結構凄い音がします。でもシンクは割れません。そしてついた傷はゴシゴシでキレイに∑(゚Д゚)

もういっちょ!あっつあつのフライパンを天板に押し付けてくれます。天板に跡がつかないし変色もしません∑(゚Д゚)

なんだこの!めちゃくちゃに使える人大は!(笑)めちゃくちゃに使うつもりはありませんが、あまり神経質にならなくてもよさそうです。

出典:http://www.yasagure17.com/entry/2016/08/09/000000

何故気に入っていたリクシルASではなく、トクラスBbにしようと思ったのか??
それは、ズバリハッ
コスト面でーす笑い泣き
私はどうしてもキッチンのカウンターだけでなく、シンクも人造大理石にしたいと考えておりまして、そうなると標準仕様で人造大理石のシンクが入っているBbが断然お得!!
また、ズボラなのでお掃除の時にゴリゴリ削っても心配無いぶ厚い人造大理石を使っているトクラス製は安心感があります照れ
他社製の人造大理石はトクラスと比較するとどうしても薄いそうで、実際どうなのかリクシルのショールームで伺ったところ、ゴリゴリは削らないで下さいとことでした!!
それと、我が家のキッチンは壁付けI型のキッチンを対面にし、造作でカウンターを作っていただくという造作I型キッチンでして、その際にレンジフードの下、つまりコンロ前の壁をオープンにしたいという希望がございまして、壁をオープンにする為にはそれに対応するレンジフードに変更しなければなりません!!その際のオプション料金がお安いのがこれまたトクラスでした口笛
出典:https://ameblo.jp/ameamemaumau/entry-12144052377.html

トクラスの人造大理石に対する高評価が多いようです。Bbでは、価格を抑えつつもこの人造大理石を使うことができるため、非常にコストパフォーマンスの良い商品と言えます。

まとめ

トクラスのBbは、予算が厳しいけれどもトクラスのキッチンにしたい、という人に嬉しいキッチンです。

Bbを選ぶことによって、トクラスの高品質の人造大理石を、低価格で使うことができます。Bbスタイリッシュプランにすることで、デザイン性をグッと上げることもできます。

低価格〜中価格の予算で、トクラスのキッチンを使いたいという方は、ぜひBbを検討してみてはいかがでしょうか。

トクラスのキッチン「Bb」を、無料で見積り依頼できるサービスはこちらがおすすめです

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒