2018/10/11   住宅建築用語集

バリアフリー住宅とは

auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

–家づくりはカタログ一括請求から始めよう!–

本文に入る前に、マイホームを考えているあなたに向けて重要なことをお伝えします。

マイホーム作りでまず初めにやらなければいけないこと、それは「住宅メーカー選び」です。

土地探しよりも、資金調達よりも、まず初めに住宅メーカーを探すことが大事。というのも、依頼する住宅メーカーに関して後悔する声が後を絶たないからです。

建てた後に後悔してしまわないように、初めの段階でメーカーの比較を十分に行っていきましょう。

でも全国各地に無数にある住宅メーカーからどれを選べばいいかわからない

という問題が出てきますよね。

そこで活用してほしいおすすめサービスが、東証一部上場のリクルートが運営するカタログ一括請求サービスです。

カタログ一括請求サービスを利用すれば、条件に合うおすすめ住宅メーカーのカタログが一括で届きます。しかも無料

予算や住宅のテーマ、シニア向けやエコ住宅などの条件を選択できるので、あなた好みの住宅メーカーを探すことが可能です。

ぜひ一括請求で理想のハウスメーカーを探してみてくださいね!

SUUMOでカタログを一括請求してみる⇒

バリアフリー住宅とは

 

バリアフリー住宅とは、障がい者や高齢者にやさしい住宅です。車いすや杖を使用する際、物理的な「バリア(段差や階段/車いすを使用する場合は狭さ)」を排除し、使いやすい状態にした家をバリアフリー住宅と呼びます。

近年では障がい者や高齢者など特定の人たちを対象としたことばである「バリアフリー」ではなく、世代や性別などを超えて使いやすさを追求する「ユニバーサルデザイン」ということばも広まっています。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒

 

バリアフリー住宅の基本は「段差をなくすこと」

車いすや杖を日常的に使っている方にとって、段差はとても怖いものです。世話をしてくれる方が常にいてくれれば別ですが、ご自身で移動するとき、段差を乗り越えられない、もしくはつまづいて車いすから落ちてしまう、杖が段差にひっかかり転倒してしまうことが考えられるからです。

それでなくとも体の機能が一部制限されていますので、段差が引き起こす事故でさらに健康問題が大きくなっては大変です。まずは段差をなくすことが重要です。

 

車いすの場合は、「広さ」も重要

車いす生活を想定しバリアフリー住宅を建てたい場合、段差だけでなく「広さ」も重要です。特に廊下やバスルーム、トイレで必要な広さを検討しなければなりません。

廊下は意外な盲点で、車いすの幅+他の家族とすれ違うだけの幅を考える必要があります。また、L字型の廊下の場合、車いすの回転も考えなければなりません。

バスルームやトイレであれば、将来的にご家族の介護が必要となったときのことを考え、車いすと介護者が一緒に入っても充分に動ける広さで検討しなければならないでしょう。

せっかくバリアフリー住宅を建てても、“将来の不安”にまで思いをめぐらせなければ、長く住める家とならない可能性があるのです。

 

各種設備は「リフォームしやすいもの」を

杖を使用し生活している方は、年齢を重ねるごとに必要なものが変わってきます。手すりひとつにしても、背の高さ、腕の稼動域や握力の変化で、適したものは変わってしまうからです。

要介護認定で要支援/要介護とみなされた場合、ケアマネージャーなどが手すりをはじめ、設備の相談にのってくれ、そのときそのときに必要なものを教えてくれます。しかし、手入れしづらい「がちがちの家」の場合、必要な設備が導入できない可能性があります。

もしもはじめから「バリアフリー住宅」として家を建てたい場合、バリアフリーの現実に明るい建築士に相談し、柔軟に手入れができる“予幅”を持たせておくことを念頭に置くべきでしょう。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒