2020/09/07   洗面台

LIXILの洗面化粧台「オフト」の特徴や価格、評判をプロ目線で紹介!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/powderroom/oft/

出典:LIXILのショールームより

LIXILの洗面化粧台「オフト(oft)」は、LIXILの洗面化粧台のカテゴリーの中では、ベースグレードの洗面化粧台となります。

LIXILは、元々別の5社が合体した会社ですが、洗面化粧台については旧INAXの技術が受け継がれています。そんなINAXの頃からの技術で、リーズナブルながらも使いやすいポイントが詰まっている洗面化粧台が「オフト」です。

今回の記事は、LIXILの洗面化粧台「オフト」について、特徴や価格、評判や口コミなどを、住宅設備メーカー勤務のプロの目線を交えて解説していきます。

「オフト」の価格・サイズなどの基本情報

まずは「オフト」の基本情報について見ていきます。

価格 80,000円~190,000円
間口(幅) 500mm・600mm・750mm
高さ 1,850mm/1,800mm/1,780mm(ミラー設置時高さ)
引き出しタイプ 引き出しタイプ・扉タイプ
ミラーキャビネット 3面鏡・1面鏡
カウンター材質 陶器製
洗面ボール種類 1種類(6L~15L 幅により変動)
水栓 4種類
カウンターカラー 1色
扉カラー 4色
スポンサー広告

「オフト」の特徴

それでは、LIXILの「オフト」の洗面化粧台についての特徴を見ていきましょう。

商品コンセプトは「みんなが快適、しかもエコなスタンダード洗面化粧台」となっています。ベースグレードとしてお求めやすい価格と共に、基本機能をしっかり備えつつ使いやすさに配慮された洗面化粧台です。

それでは、「オフト」の特徴を順番にみていきましょう。

洗面ボウル

「オフト」の洗面ボウルは、ボウルの大きさコンパクト設計を両立した形状になっています。

ボウルの大きさは、洗面化粧台本体の幅によって異なってきますが、500mm幅で6L600mm幅で11L750mm幅で15Lと、大きな器のボウル形状をしています。

これにより、漬け洗いやバケツへの水汲みなどがしやすい深い形状になっています。洗面本体の奥行が500mmと洗面化粧台の中では奥行がコンパクトな設計になっているので、少し小さめの洗面空間でも広々と設計することができます。

またベースグレードでありながら、しっかりとした深いボウル形状になっています。普段使いの洗顔や洗髪はもちろん、バケツに水を汲んだりすることも楽にできます。そして、カウンターには向かって右側に物を置くスペースがあります。

さて、洗面化粧台の汚れやすいポイントである水栓まわり。壁付けの水栓ではない、カウンターから水栓が立ち上がっている形状では、水が溜まりやすいのがデメリットです。「オフト」は水栓まわりのカウンターに傾斜角を5度つけて、水と共に水アカが溜まりにくい形状に工夫されています

洗面ボウル色

洗面ボウルカラーはピュアホワイトとピンクです。

排水口の仕様

排水口は、ポップアップのヘアキャッチャーの仕様と、ゴム栓の2タイプから選べます。

ラクとれヘアキャッチャー」は、髪の毛が詰まりにくく、取れやすい形状でお手入れが簡単です。凹凸も少ない形状のため、ブラシで掃除もしやすいです。

 

なお従来と同様のゴム栓は、価格重視の方におすすめです。またゴム栓の場合は、洗面器に触れずに置けるゴム栓置場があるので嬉しいですね。

洗面ボウル(500mm)

「オフト」には、洗面ボウル本体の幅が500mmのタイプもあります。

間口500mmで奥行が400mmとなっており、非常にコンパクトな設計になっています。2階の廊下に設置するなど、スペースが少ない場所でも設置可能です。

水栓

「オフト」で選択できる水栓は4種類となっております。

シングルレバー洗髪シャワー水栓(節湯水栓C1)

  

「オフト」でのおすすめの水栓になります。この水栓のポイントは3つ。

  • 使い心地が同じで、少ない水跳ねと20%の節水ができる微細シャワー吐水。
  • ホース収納式となっており、掃除や水汲みの際に便利。
  • 洗髪をする際などに便利なリフトアップ機能で、70mm水栓が上がる。

洗面タイプ水栓

(シングルレバー混合水栓・2ハンドル混合水栓・立水栓)

従来の洗面化粧台の水栓となっています。価格重視の方はこちらを選択することもできます。ちなみに、こちらの3種類の水栓はゴム栓のみになります。

節湯水栓C1とは?

節湯水栓とは、水栓のレバーを水と湯の切り替え位置が「カチッ」というレバーの感触でわかるようになっている水栓です。これにより、お湯を知らないうちに使わないようして、ガス代・電気代の削減に繋げることができます。量も同様、水量70%の位置で「カチッ」という感触でわかるようになっており、節水がしやすい水栓です。

また各種補助金の申請などにも使える仕様の水栓になります。こちらの水栓の省エネ性能は、意外にバカにできない効果があり、洗面化粧台にかかるガス代・水道代・下水代を約3割程度削減し、年間で約1,200円の節約効果があります。

ミラーキャビネット

LIXILの「オフト」は、3面鏡・2面鏡・1面鏡の選択になります。各ミラーキャビネットの特徴を、順番に解説していきましょう。

3面鏡

  • 全収納タイプ(幅750mmのみ)

3面鏡の上から下まで、鏡裏が収納になっているタイプです。高さのあるものや、モノをたくさん収納したい方に向いています。照明は上部左右に付いている電球型のLED照明となっています。内部はダブルコンセントで、鏡内部で収納しながら充電できます。

3面鏡を選ぶ上での注意点は、幅が750mmしかないため、他のサイズを選ぶことができないことです。高さは1780mmと1850mmの2択になってきます。

そして「アジャストミラー」として、高さを1,780mm~1,900mmまで10mm単位で高さをオーダーすることができ、リフォームで活躍できるタイプになります。ちなみに、こちらのタイプはLED照明がスリムLEDになります。

  • 2面鏡(幅600mmのみ)

2面鏡タイプは、アジャストミラーのみになります。

右上部にLED照明が付いているタイプで、高さが1780mm~1900mmまで10mm単位でオーダーできるタイプです。

  • 1面鏡(幅750mm・600mm)

鏡の形状に応じて3タイプのラインナップがあります。なお高さは1780mmと1850mmの2択になってきます。

  • ロングミラー

  • ショートミラー

  • 標準タイプ

 

ベースキャビネット(本体収納部分)

「オフト」のベースキャビネットは2種類から選ぶことができます。

引き出しタイプ(幅750mm)

 

引き出しタイプについては、フルスライドと比較して、細かい引き出しと開き収納に分かれて構成されています。引き出しは上下2段で分かれており、小物類の収納に適しています

化粧品などの使う頻度の高いものは、上段に収納して、下段は洗濯用品などを収納することができます。

扉タイプ(全幅対応)

 

扉タイプは、収納量を最も優先させたい方に向いています。また価格も3タイプの中では一番安価にプランできます。

カウンター高さ設計

昔の洗面化粧台は、洗面ボールの高さが床から750mmという設計が多いですが、「オフト」は高さは815mmです。

毎日洗顔や歯磨きの際などに腰への負担を軽くできる点が嬉しいポイントになります。

扉カラー

扉のカラー展開は全4色あり、グレードによって表面素材の仕上げや、木口のR仕上げ(面取り)が異なり、価格も変動します。

ハイグレード(木目調)

クリエペール

ハイグレード(鏡面仕上げ)

パステルピンク・ディープグレー

スタンダード(単色仕上げ)

ホワイト

取手の形状

取手の形状は、手をかけやすいハンドルになっています。

周辺キャビネット

洗面化粧台本体のサイドに備え付ける収納キャビネットになります。家族の人数が多い方や、タオル類などの収納をしっかり充実させたい!という方におすすめのキャビネットです。

「オフト」は、洗面本体の幅の種類が4つありますので、トールキャビネットの幅を、ご自身の好みと洗面空間全体を考慮してプランしてみてください。

アッパーキャビネット

(上部設置/幅150mm・250mm・300mm・650mm・750mm)

洗面化粧台の上部に設置する開き扉タイプの収納です。この収納キャビネットは、収納できるスペースの高さが約1900mm以上になります。女性の方ではなかなか手が届かない収納になってしまいますので、高さだけ注意が必要です。

ランドリーキャビネット

(幅650mm)

こちらの収納は、オープン収納で下がポールラックとなっており、通気性の良い収納です。

サイドベースキャビネット

(幅150mm・250mm・300mm)

洗面化粧台の横に、タオルや洗濯用品をしっかり収納することができます。カウンター高さより低い収納で、2段引き出しになっています。

「オフト」の価格

「オフト」の価格は、各キャビネットや色などの組み合わせ構成によって左右されます。また「オフト」はベースグレードの洗面化粧台であることから、下記の定価からの大幅な値引きが期待できると思います。

また洗面化粧台の場合は、新築時は商品代に加えて施工費用、リフォーム時はさらに既存の洗面化粧台の撤去・処分費用が加算されるので、正確な価格については一度お見積もりを取得されて検討されることえをおすすめします。

⇒LIXILの洗面化粧台「ルミシスセレクト」を複数の業者にお見積り依頼ができるオススメのサービスはこちらです。

各幅での目安価格(表記価格はベースの目安定価)

幅500mm 77,000円
幅600mm 74,500円
幅750mm 89,000円

「オフト」の口コミや評判

オフトを実際に設置された方のブログなどから、口コミをみていきましょう。

続いて2階の洗面台。
鏡と収納部分はなくして、洗面台だけにしてもらいました。鏡と、タオルリングは施主支給します。
機能面では、全く問題なしです。機能面では…(笑)
2階の洗面台は全てオプションになります。本体と施工費用で、多分+10万円くらい。
結構な出費ですが、後から付けるのも大変だと思うので、しっかり役に立ってもらいたいと思います!
当面は、2階トイレ後の手洗い用ですね。
こんな感じで、いたって普通の洗面台です。
出展:https://ameblo.jp/syaunia/entry-12442357973.html

今回は古くなった洗面化粧台を三面鏡のタイプに変えてほしいというご依頼でした。

既存はシステムアップされた洗面化粧台です。こちらの収納部分は残して洗面化粧台の部分のみ入れ替えるということです。

まずは入れ替え部分の寸法です。

こちらに合うLIXIL オフト/19モデルを提案させていただきました。

≪ 中略 ≫

こうして完成です。

うまく収まりました。

最後にミラーキャビネットと化粧台本体の隙間にシリコンコーキングを施工し、水が回り込むことを防いでいます。

完成し奥様に喜んでいただけました。お仕事に感謝ですね。

以下Before&After

出展:https://ameblo.jp/mr-corner/entry-12538276238.html

まとめ

「オフト」はLIXILのベースグレードの洗面化粧台ですが、使い勝手にこだわった機能を兼ね備えている洗面化粧台になります。

最も安い価格帯で、洗面化粧台をお探しであれば、LIXILの「オフト」はひとつの選択肢になるのではないでしょうか

3面鏡でも1面鏡でも、着脱式のトレーダブルコンセントなど使いやすい工夫がされています。安かろう悪かろうの洗面化粧台では決してない、価格の割に満足度の高い洗面化粧台になること間違いないでしょう。

⇒LIXILの洗面化粧台「ルミシスセレクト」を複数の業者にお見積り依頼ができるオススメのサービスはこちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告