タカラスタンダードのシステムバス「伸びの美浴室」の特徴や価格、評判をプロの目線で紹介!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

出典:https://www.takara-standard.co.jp/product/system_bath/nobinobi/

伸びの美浴室(のびのびよくしつ)は、タカラスタンダードのマンション・戸建住宅2階向けのシステムバスです。

タカラスタンダードのマンション向けのシステムバスは、伸びの美浴室と、マンションリフォーム専用の広ろ美ろ浴室の2シリーズとなっています。

マンション用のシステムバスでありながら、高級人造石クォーツカウンターを使用したプレミアムタイプから、価格を抑えたベーシックタイプまで、幅広いラインナップが特徴です。

このページでは、タカラスタンダードのシステムバス「伸びの美浴室」について、特徴や価格、評判や口コミなどを、元住宅設備メーカー勤務のプロの目線を交えて解説していきます。

伸びの美浴室の価格やサイズ基本情報

伸びの美浴室の価格やサイズ基本情報について見ていきます。

本体標準価格
メーカー参考価格)
¥401,000~ (浴室サイズ1216 )
浴室サイズ
(ぴったりサイズシステムバス対応)
1616(1坪サイズ)
1418(1坪サイズ相当)
1317(0.75坪サイズ相当)
1216(0.75坪サイズ相当)
S1216(0.75坪サイズ相当)
1116(0.75坪サイズ相当)
浴槽タイプ ・くつろぎラウンド浴槽(ベンチ付)
・ラウンド浴槽
・スクエア浴槽(ベンチ付)
・セミスクエア浴槽(ベンチ付)
・ワイド浴槽(ベンチ付)
カウンター 高級人造石クォーツストーン(プレミアム)
アクリル人造大理石(ハイグレード)
樹脂製(ベーシック)
浴室パネルカラー  全38色
プレミアムクラス:10色
ハイクラス:16色
レギュラークラス:12色
スポンサー広告

伸びの美浴室の特徴

それではタカラスタンダードのマンション・戸建2階向けシステムバス、「伸びの美浴室」の特徴を確認していきましょう。

シリーズラインナップ

伸びの美浴室にはさまざまなタイプが用意されています。上から順にプレミアムハイグレードベーシックです。ベーシックタイプの中に、さらにDタイプJタイプSタイプPタイプがあります。

それぞれのタイプの違いを、比較しながら解説していきます。

・プレミアム

プレミアム
浴室サイズ
1616,1418,1317,1216

プレミアムタイプは、伸びの美浴室の中でも、最もグレードが高いタイプです。

浴槽には、最高級鋳物ホーロー浴槽を使用し、カウンターには高級人造大理石クォーツストーンカウンターを用いています。ホーロークリーンパネルはプレミアムクラス、照明はストレートライン照明が標準使用です。

マンション・戸建住宅2階向けでありながら、ハイクラスな仕様が標準となっているので、高級感あふれる仕上がりにすることができます。

・ハイグレード

プレミアム
浴室サイズ
1616,1418,1317,1216

ハイグレードタイプは、「良いものを使いたいけれど、最上級にこだわらない」という方にオススメです。

プレミアムタイプよりも価格を抑えることができますが、最高級鋳物ホーロー浴槽アクリル人造大理石スクエアカウンターが標準仕様となっています。

プレミアムタイプとの違いは、主にカウンターと照明です。この2点にこだわりがない場合はハイグレードタイプで充分満足できるでしょう。

・ベーシックDタイプ

プレミアム
浴室サイズ
1616,1418,1317,1216

ベーシックDタイプは、ベーシックシリーズの中ではグレードが高いタイプです。

ベーシックシリーズの中で、唯一浴槽が最高級鋳物ホーロー浴槽を使用しています。価格は抑えたいけれど、浴槽にこだわりがある方にはピッタリのタイプです。

・ベーシックJタイプ

プレミアム
浴室サイズ
1616,1418,1317,1216,1116

ベーシックJタイプは、価格を抑えたベーシックタイプの中で、バランスの取れたタイプとなっています。

アクリル人造大理石のキープクリーン浴槽キープクリーンフロア(ハイクラス)キープクリーンドアなどが標準仕様となっています。「価格を抑えて、しっかりとお手入れも楽チンなお風呂が欲しい」という場合には、Jタイプを選ぶと良いでしょう。

・ベーシックSタイプ

プレミアム
浴室サイズ
1616,1418,1317,1216,1116

ベーシックSタイプは、「価格を極力下げたいけれど、きちんとした機能は欲しい」という場合に選ぶべきタイプです。

伸びの美浴室の中で、価格帯が下から2番目のシリーズですが、高断熱のカラーステンレス浴槽キープクリーンフロア(レギュラークラス)などが標準仕様です。

・ベーシックPタイプ

プレミアム
浴室サイズ
1616,1418,1317,1216,S1216,1116

ベーシックPタイプは、価格を追求した、最もお求め安い浴室タイプです。

タカラスタンダードの特徴である「ぴったりサイズ」には対応していませんが、その代わり浴室サイズの種類は最も豊富です。

浴槽や床はFRP(ガラス繊維強化樹脂)になってしまいますが、壁パネルはタカラスタンダードの最大の特徴であるホーロークリーンパネル(レギュラークラス)が標準仕様となっています。

鋳物ホーロー浴槽

伸びの美浴室では、プレミアム、ハイグレード、ベーシックDタイプ最高級鋳物ホーロー浴槽が標準仕様となっています。

価格を抑えたベーシックシリーズでも選択することができるため、予算に都合が合えば、ぜひ搭載したい仕様です。

そもそもホーローってなに?

ホーローとは、ガラスの美しさと、鉄の強さを合わせた素材です。

ガラスは熱・水・ニオイに強く、さらに見た目が美しいのが特徴ですが、割れやすいのが欠点。逆に鉄は見た目の美しさはないものの強さを持っています。鉄にガラスコーティング(焼きつけ)という方法で2つを掛け合わせることで「割れないガラス」を再現しました。

タカラスタンダードといえばホーロー、ホーローといえばタカラスタンダード」というように、ホーローはタカラスタンダードの代名詞ともいえます。

金属をベースとした素材であるため、非常に丈夫で、経年劣化がほとんど起きない素材です。特徴としては以下のようなものが挙げられます。

  • 水や湿気、汚れが染み込まない
  • 高温でも変色、変質しない
  • 傷つきにくく衝撃に強い
  • 金属ベースであるため磁石がくっつく

鋳物ホーロー浴槽は、優美な質感と肌触りにこだわり抜き、極上のくつろぎを生み出すことができます。その美しさと機能性は、主に4つの特徴を持っています。

・重厚感

鉄がベースである鋳物ホーロー浴槽は、なんと重量が100キロ以上もあります。ズッシリとしているたたずまいで、身体を預けたときの安定感がまるで違います。

・肌触り

表面がガラスの素材でできている鋳物ホーロー浴槽の肌触りは、真珠のようにしっとりです。アクリル人造大理石の1.5倍、FRPの5倍ものなめらかさを持っており、他の素材にはない入浴汗を楽しめます。

・清掃性

鋳物ホーロー浴槽はモース硬度5〜6ほどあり、これはナイフでひっかいてもキズがつかない硬さです。日常のお手入れでキズつくことはなく、いつまでも表面のなめらかさを保ちます。そのため汚れがつきにくく、ついた汚れも簡単に落とすことができます。

・温浴効果

鋳物ホーロー浴槽は、ベースが金属であるため、浴槽自体が熱を蓄える性質があります。そのため、お湯の熱と浴槽の熱のダブルの温浴効果を得ることができます。

 

鋳物ホーロー浴槽は、独特の絶妙なデコボコ感じることができます。完全にピシッとまっすぐではないのがホーロー独自の触り心地です。

ベースが金属であるため、浴槽に足を踏み入れるとき、背中をドンと預けるとき、その頼もしさを感じることができるでしょう。重厚感があって表面硬度が高いものの、非常になめらかな肌触りでどこか優しさも感じることができます。タカラスタンダードの特徴を最大限生かした浴槽です。

カウンター

伸びの美浴室では、浴槽のタイプによってカウンターの種類が変わります。

プレミアム 高級人造大理石
クォーツカウンター
ハイグレード アクリル人造大理石
スクエアカウンター
ベーシックDタイプ 樹脂製
ワイドカウンター
ベーシックJタイプ 樹脂製
ワイドカウンター
ベーシックSタイプ 樹脂製
ワイドカウンター
ベーシックPタイプ 樹脂製
ワイドカウンター

・高級人造石クォーツカウンター


高級人造大理石クォーツストーンカウンターは、天然水晶の美しさを持つ高級人造石のカウンターです。

スラリと真っ直ぐに伸びるデザインは、バスルームに重厚感を与えてくれます。主成分に天然水晶(クォーツ)を使用しているため、豊かな風合いを楽しむことができます。そこに樹脂などを合成しているため、もろさや汚れやすさ等の欠点を克服しています。

カウンターカラーは、ブランソルベ・カシューブラウン・ジュエルブラックの3種類です。

・アクリル人造代理石スクエアカウンター

アクリル人造大理石スクエアカウンターは、なめらかさと表面硬度の高さが特徴で、キズがつきにくくお手入れがしやすいです。

浴槽と同じ色、またはブラックから色を選ぶことができるため、お風呂全体に統一感を持たせることも、シックにきめることもできます。

広々としたカウンターは使いやすさも十分で、家族全員分のボトルを並べておいてもOKです。

・樹脂製ワイドカウンター


樹脂製ワイドカウンターは、伸びの美浴室ベーシックシリーズの標準仕様です。シンプルながらも横に広いカウンターで、洗面器はもちろん、お気に入りのボトルやバスグッズを並べることもできます。

両サイドが空いているため、奥の壁部分を掃除しやすいという特徴もあります。

もっとカウンター周りをシンプルにしたい場合は、マイナスオプションでスリムカウンターに変更すると良いでしょう。洗面器一つ置ける程度の最小限のカウンターで、周りの掃除がしやすくなっています。


ホーロークリーン浴室パネル

ホーロークリーン浴室パネルは、タカラスタンダード特有のホーローを用いた壁素材です。

ホーローは、表面に親水性を持ったガラスの素材をまとっています。水をかけると、汚れと壁の間に水が入り、汚れが落ちやすくなります。水アカなどの汚れの染み込みがないため、普段のお手入れをラクにすることができます。

また、ホーローパネルの表面にカビが発生することもありません。その清掃性の高さは、油性ペンも水拭きだけで落とせるほどです。

ホーロークリーン浴室パネル表面のガラス層のおかげで、色あせや柄が剥がれてしまうこともありません。何年経っても、その美しさをキープし続けることができるのです。

伸びの美浴室のホーロークリーン浴室パネルは、タイプによって標準仕様が違います。オプションにて違うクラスに変更することも可能です。

プレミアム プレミアムクラス
ハイグレード ハイクラス
ベーシックDタイプ ハイクラス
ベーシックJタイプ ハイクラス
ベーシックSタイプ レギュラークラス
ベーシックPタイプ レギュラークラス

 

本来、年数が経つごとに壁の汚れは落としにくくなっていきます。その原因が、壁についた「キズ」。

キズのなかに水アカカビが入り込んでしまうと、キレイに落とすのが難しくなってしまいます。スポンジでこすろうとしても、キズの隙間に入り込んでしまうと届きません。

その点ホーロークリーン浴槽パネルなら、高い表面硬度を持っているため安心です。たとえワイヤーブラシでゴシゴシこすってもキズ一つつきません。

 

ぴったりサイズシステムバス

伸びの美浴室の“ベーシックPタイプ以外”では、浴室サイズぴったりに調整することができます。

この「ぴったりサイズシステムバス」は、間口と奥行きを2.5cm刻みで調整し、限られた空間を最大限利用することができます。

建物本来の浴室スペースよりも、小さい規模サイズのシステムバスを設置することで、無駄なスペースが生まれてしまいます。本当はもっと広い浴室にできるはず空間であるため、この無駄なスペースをタカラスタンダードでは「もったいないゾーン」と呼んでいます。

さまざまな条件に柔軟に対応

広ろ美ろ浴室では、さまざまな制限に対しても対応しています。

・天井の高さ制限
・屋根の傾斜
・梁の出っ張り

規格のサイズでは、梁の下にできてしまう「もったいないゾーン」も、ぴったりサイズシステムバスなら、スペースにぴったりとはめ込むことができます。無駄な空間をなくしたため、浴室全体が広くなります。

また、規格のサイズが浴室のサイズと合っていない場合は、壁の裏に「もったいないゾーン」ができてしまいます。2.5cm刻みで調節することができる、ぴったりサイズシステムバスなら、空いたスペースにもぴったり収めることができます。

奥行き方向が伸びることで、浴槽サイズを1サイズあげることもできるかもしれません。ぴったりサイズにすることによって、入り心地が全く変わってきます。

 

パーフェクト保温

パーフェクト保温は、浴室まるごとを保温材で包み込んだタカラスタンダードの保温構造です。

浴室をあたたかくすることで、暖房を入れて過ごしている居室との温度差が小さくなり、ヒートショックの対策となります。タカラスタンダードのパーフェクト保温は、主に6つの箇所であたたかさを守ります。

伸びの美浴室では、以下のものが標準搭載されています。

天井 標準搭載
浴槽パネル 標準搭載
洗い場 標準搭載
断熱風呂フタ オプション
高断熱浴槽 オプション

天井は24mm、浴室パネルは16mm、洗い場は15mの、厚みのある断熱材で外からの冷気を遮断します。浴室全体を保温材でぐるっと覆っているため、冬場の入浴でもあたたかいです。


また、浴槽を保温材で覆い、保温材で作られた風呂フタを使用することによって、ためたお湯を冷めにくくします。後に入る人にも快適で、追い焚きの回数も少なくなり、経済的です。

高断熱浴槽と断熱風呂フタの組み合わせによって、4時間後の温度低下はわずか2.5℃以内に抑えることができます。

伸びの美浴室では、ベーシックPタイプ以外は高断熱浴槽が標準仕様となっています。マンションリフォームの小さなお風呂でも、きちんと温かく満足に入浴することができます。

 

ヒートショックとは、気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起きることです。

寒い冬では、暖房の効いた部屋であたたかく過ごしています。しかし、寒い脱衣所や浴室によって、血管が収縮して血圧が上がります。その後あたたかい湯船に浸かることによって、血管が広がり血圧が急降下します。血圧の急激な上下に耐えられず、さまざまな疾患を引き起こしてしまいます。

ヒートショックは、心筋梗塞脳梗塞脳内出血などを引き起こす可能性がある恐ろしいものです。さらに、年間を通して交通事故で亡くなる人のおよそ倍の人数が、ヒートショックにより亡くなっています

浴室内をあたたかくして、気温差を少なくすることで、血圧の上下を抑えることができます。そうすることでヒートショックになる可能性を幾分か下げることが可能です。

浴室内をあたためることは、単純に快適さを求めるだけでなく、安全のためにも一役買っているのです。

どこでもラック

どこでもラックは、壁の好きな部分に取り付けたり取り外したりできるパーツのことです。

マンションリフォームや戸建住宅2階用システムバスでは、なかなか他社との違いを表しにくいですが、どこでもラックによってしっかりと差別化をしています。

伸びの美浴室では最上級のプレミアムタイプから、最も価格が安いベーシックPタイプまで、すべてホーロークリーンパネルを採用しているため、どのタイプでも好きにアイテムをつけることができます。

タカラスタンダードのホーロークリーン浴室パネルは、ベースが金属です。そのため、マグネットで作られているどこでもラックは、取り付け・取り外しが自由自在です。

タオルハンガーシャワーフックなどを使いやすい位置に取り付けられます。シャワーフックの位置を自由に決められることで、高い位置から強い水圧で浴びることも、座った位置で手がさっと届く位置にシャワーを置くことも可能です。

シャンプーフック風呂イスフックを使うことで、お風呂に入っていない時に乾かして、衛生的に管理することができます。ボトルの底の部分のヌメリを掃除する手間が省けます。

 

どこでもラックは、タカラスタンダードならではの大きな特徴です。そもそも「壁にマグネットで自在に取り付けることができる」というのが、ホーローを使用しているタカラスタンダードならではの環境だからです。

他のメーカーでは、ラック等は取り付ける位置が決まっている上に、穴を開ける等の処理をする必要があるため、一度設置したものは基本的に動かせません。

好きなだけラックを設置できて、好きなアイテムを選ぶことができるので、お風呂の細かなレイアウトにこだわりがある方にタカラスタンダードはオススメです。

伸びの美浴室の価格

伸びの美浴室の価格について確認していきます。浴室サイズ1216、それぞれ標準仕様での価格比較となります。

プレミアム ¥1,085,000~
ハイグレード ¥897,000~
ベーシックDタイプ ¥686,000~
ベーシックJタイプ ¥523,000~
ベーシックSタイプ ¥498,000~
ベーシックPタイプ ¥401,000~

他社のメーカーでは、「メーカー参考価格」という定価を表示していて、そこから大幅な値引きが入って実際の購入金額になります。

一方タカラスタンダードは、値引き後の価格を表示しています。そのため、メーカーが提示する価格が低めとなっています。購入する側にとっては予算が立てやすく、値引率等は気にする必要はありません。

実際にシステムバスを購入するときには、工事費がプラスになったり、もう少し値引きが入ったりします。浴室のサイズやプラン、オプションに何をつけるかによっても、料金が大きく変わります。お風呂のリフォームは、リフォーム費用の総額や、相場が分かりにくいのが現状です。

お風呂のリフォームで実際にかかる費用を知るには、業者から見積もりを取ってみるのが一番です。このとき、見積もりは、必ず複数の業者に依頼するようにしてください。料金は、リフォームの内容だけでなく、業者によっても異なります。

複数の業社から見積もりを取ることで、リフォーム費用の相場や、適正な価格が見えてきます。

伸びの美浴室の口コミ評判

伸びの美浴室を実際に採用した人、実際にショールームなどで見た人の評判や口コミを見ていきましょう。

★採用機器

タカラ 伸びの美浴室

ベーシックPタイプ

壁パネル:ホーローパネル ダークグレーストライプ

浴槽:スクエア浴槽(FRP)

マグネット式タオル掛け

前回ご紹介したキッチンと色味を揃えられていてすごく統一感があります〇

ホーローのパネルなので、タオル掛けがマグネット式なので自由に動かすことができて、タカラのお風呂という感じがします^^

 

出典:https://handyman.jp/blog/miura-k/59614

タカラスタンダードのシステムバス『伸びの美浴室』(0.75坪/1216サイズ)です。
“高断熱浴槽”+組み合わせ式の“断熱フロフタ”で、お湯が冷めるのをふせぎます!!
壁パネルはもちろん「ホーロークリーン壁パネル」なので、マグネットが使えるので組み合わせ式の断熱フロフタを使わない時は、スッキリ壁に収納出来ます!!
事前の細かな打ち合わせにより、しっかりと梁に対応し、照明やランドリーパイプの位置も打ち合わせ通り納まりました!!

出典:https://ameblo.jp/ktn-works/entry-12085090219.html

 

タカラスタンダードのショールームへでかけ、マンションリフォーム向けとする「伸びの美」浴室の実物を見てきました。
「伸びの美」浴室は鋳物ホーロー浴槽タイプ(1217サイズの浴槽の底部寸法は922×460mm)、人造大理石浴槽タイプ(同865×472mm)、カラーステンレス浴槽タイプ(同1120×537mm)の3種類の浴槽から選べることが特徴です。

カラーステンレス浴槽タイプの1120mm**という底部寸法は1216サイズのユニットバスの中で圧倒的な長さです。そして多くの人が浴槽に入って足をゆったり伸ばせる寸法です。

出典:http://s-nagareyama.sblo.jp/article/31137017.html

伸びの美浴室は、タカラスタンダードの特徴的なホーロークリーンパネルを気に入られた方が多いような印象です。やはり、マグネットで自由自在にカスタムできるのが嬉しいようですね。

あとは、ぴったりサイズシステムバスのおかげで、名前の通りのびのびとお風呂に入れるようになった、という声も多くありました。

まとめ

伸びの美浴室は、マンション・戸建住宅2階向け浴室でありながら、クォーツカウンターや最高級鋳物ホーロー浴槽を用いて、高級仕様にすることができます。

反対に、ベーシックタイプを選ぶことによって、最低限の機能を保ちながら価格をグッと抑えることもできます。

幅広いライナップで、自分好みのバスルームに仕上げることができるのが特徴です。

マンションリフォーム、戸建住宅の2階でお風呂を検討している方は、伸びの美浴室を考えてみてはいかがでしょうか。

タカラスタンダードの「システムバス」を複数の業者にお見積り依頼ができるオススメのサービスはこちらです 

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告