パナソニック「Lクラス キッチン」の特徴や価格、評判をプロの目線で紹介!  

auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

–家づくりはカタログ一括請求から始めよう!–

本文に入る前に、マイホームを考えているあなたに向けて重要なことをお伝えします。

マイホーム作りでまず初めにやらなければいけないこと、それは「住宅メーカー選び」です。

土地探しよりも、資金調達よりも、まず初めに住宅メーカーを探すことが大事。というのも、依頼する住宅メーカーに関して後悔する声が後を絶たないからです。

建てた後に後悔してしまわないように、初めの段階でメーカーの比較を十分に行っていきましょう。

でも全国各地に無数にある住宅メーカーからどれを選べばいいかわからない

という問題が出てきますよね。

そこで活用してほしいおすすめサービスが、東証一部上場のリクルートが運営するカタログ一括請求サービスです。

カタログ一括請求サービスを利用すれば、条件に合うおすすめ住宅メーカーのカタログが一括で届きます。しかも無料

予算や住宅のテーマ、シニア向けやエコ住宅などの条件を選択できるので、あなた好みの住宅メーカーを探すことが可能です。

ぜひ一括請求で理想のハウスメーカーを探してみてくださいね!

SUUMOでカタログを一括請求してみる⇒

 

「Lクラス キッチン」は、パナソニックのキッチンの中で高価格帯に位置するキッチンです。

「わがままを言うことから、はじめましょう」というコンセプトを持ち、細やかなプランを用意しています。素材や使い勝手にこだわった、パナソニックの最上位のキッチンです。

キッチンのリフォームならまずは一括見積もりをしてもらおう!

新築やリフォームなどでこだわりキッチンを考えている場合は、一括見積もりサービスを利用することをおすすめします。

というのも、キッチンは卸売りがほとんど。

メーカーの表示価格ではなく、中継するそれぞれの会社で値段が決まってしまうことがほとんどなんです。同じ内容でも、A社とB社では料金が大幅に変わってしまうということが多くあるのが現状。

大きな買い物だけに、後で後悔はしたくないですよね。

そこで便利なのがキッチンの見積もりサービス。

特にタウンライフリフォームでは一定基準を満たした優良企業のみを取り扱っています。

3分ほどの入力&無料で、各業者からの見積書を受け取ることができるので、これからキッチン周りのリフォーム等を考えているあなた、ぜひ活用してみてくださいね!

タウンライフでキッチンリフォームの見積もりをしてみる⇒

Lクラスキッチンの価格や基本サイズ(255cm)、レイアウト

 

まず、Lクラスキッチンの基本情報を紹介します。

メーカー参考価格(ベーシックプラン) 約86万円~ (間口255cm 扉グレード10)
キッチンレイアウト  壁付けプラン・アイランドプランⅡ型プラン・フラット対面
キッチン間口 165cm、180cm、195cm、210cm、225cm、240cm、255cm、270cm、285cm、300cm、315cm、330cm、345cm、360cm
調理カウンター高さ 80cm、85cm、90cm (80cm~90cmまでの間で1mm単位で自由に設定できます)
扉カラー   グレード80、グレード70、グレード60、グレード50、グレード40、グレード30、グレード20、グレード10(全100柄、取手10種類)
使いやすい調理カウンターの参考高さ   身長(cm)÷ 2 +5cm~10cm(パナソニック推奨)

 

タウンライフでキッチンリフォームの見積もりをしてみる⇒

 

Lクラスキッチンの特徴

それでは、Lクラスキッチンの特徴を紹介していきます。

Lクラスキッチンの特徴は、使いやすさを追求しながら上品なデザインを持っていることです。扉やカウンターや取手を、豊富な種類から選ぶことができます。また、パナソニックが得意とする設備機器(換気扇やIH、食洗機など)は選択肢が多く、最先端の物を選ぶことができます。Lクラスキッチンは、自分自身のスタイルに合わせて、こだわりを叶えることができるキッチンです。

選べる扉色が100柄

 

Lクラスキッチンは、扉色がなんと100柄もあります。豊富なラインナップで、お気に入りの扉色がきっと見つかることでしょう。

扉色は8段階あり、グレード10~グレード80まであります。鏡面のものやツヤがないマット調のものはもちろん、扉の表面に凹凸がついた框(かまち)風の扉や、取手と扉が一体化している扉もあります。

 

キッチンの扉のカラーバリエーションには、業界の人間だけが知っている暗黙の法則があります。

それは「需要が少なくても、扉カラーのラインアップの中に原色系(派手な赤や青や黄色)が含む」ということです。

派手な色をラインアップに入れることで、カラーバリエーション全体として華やかさが出ます。ラインアップを華やかに見せることで「うちのキッチンはこの中から選ぶことができますよ!」とアピールしやすくなります。キッチンメーカ―側の都合による企業戦略です。ひとつ例をあげます。

・選べる16種類!!

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒

AとBでは、Aの方がカラーバリエーションとしては華やかに見えます。しかし、実際に家のキッチンに選ばれるのは、落ち着いた色や木目調がほとんどです。よってBの方が、キッチンの扉色としては充実したラインナップになります。

Lクラスキッチンのカラーバリエーションは、比較的落ち着いた色で全100色が用意してあります。これは、本当の意味で豊富な選択肢となっています。ぜひ、お気に入りの扉カラーを見つけてみてください。

 

調理カウンターは選べる25柄

 

Lクラスキッチンの調理カウンターは、25色の中から選ぶことができます

中でも特徴的なのが、有機ガラス系人造大理石カウンター「グラリオ」です。このシリーズは、天然石を忠実に再現しています。天然石で特徴的な「きらめき感」と「積層感」を再現し、高級感あふれるデザインとなっています。カウンター表面に凹凸の加工を施し、デザイン性を高めています。また、表面硬度が高くてキズに強く、はつ油成分(油をはじく成分)を含んでいるため、汚れにも強いです。カウンターの厚みや、キッチンの端っこのエンドパネルの納まり方まで選ぶことができるため、キッチン全体の雰囲気も思いのままにデザインできます。

 

Lクラスキッチンのカップボード

Lクラスキッチンのカップボードは、家電品・食品・食器・ゴミ箱などをかしこく収納することができます。いくつか収納例を紹介します。

家電収納

 

Lクラスキッチンでは、家電収納ユニットはもちろん、収納の中段にオーブンを組み込めるフラットイン家電収納を選ぶことができます。腰を曲げなくて済む位置にあるため、開け閉めや取り出す作業がラクに行えます。

「ナノイー」搭載食品庫 根菜キーパー

 

食品庫の収納を置くことで、置き場所に困っていた根菜などを賢く収納することができます。食品を収納できるユニットは、「ナノイー」を搭載しています。「ナノイー」とは、水に包まれた微粒子イオンのことで、浮遊するカビを抑制する効果があります。

食器収納

 

パナソニックの食器収納で、回転するカゴがついたものがあります。アミかごを回転させることで奥の物をサッと取り出すことができます。中に置いてある食器全体を、一目で確認することができます。

ダストボックスワゴン

 

ダストボックスワゴンは、扉面材付きのワゴンにゴミ箱を置いて、すっきり収納することができます。ダストボックスワゴンの収納ユニットには、「ナノイー」を発生させる脱臭フィルターを設置することができます。ゴミ箱付近のイヤなニオイを軽減させることができます。

 

 

収納のあらゆる箇所に「ナノイー」を搭載させるのは、さすがパナソニックといったところです。

ナノイーは、カビ抑制効果を持った微粒子イオンです。ナノイーを発生させる装置を設置することで、野菜を守ったり、においを軽減したりする効果が得られます。

しかし、機械であるため電気代が気になるところです。ナノイーは、通常運転で1日あたり1.2円程度。30日使用しても約36円です。

 

タウンライフでキッチンリフォームの見積もりをしてみる⇒

 

Lクラスキッチンの価格や値引き率

Lクラスキッチンは、パナソニックの最上位グレードのキッチンであるために、金額が高くなりがちです。キッチンリフォームは、大きなお金がかかるため、できるだけ費用は抑えたいものです。Lクラスキッチンは選べる仕様や扉カラーが多いため、プランによって金額が大きく上下します。キッチン本体価格がムダに高くならないよう、本当に必要な部分を選択し、不要な部分を削る必要があります。

ここではメーカー参考価格を元に、扉色やプランによってどのように金額が変わるのかを掴みましょう。

扉色による価格の違い

「壁付け・I型」間口255cm 標準ガスコンロプラン

扉グレード 金額(税抜)
グレード10 ¥860,000
グレード20 ¥900,000
グレード30 ¥940,000
グレード40 ¥1,020,000
グレード50 ¥1,060,000
グレード60 ¥1,245,000
グレード70 ¥1,325,000
グレード80 ¥1,405,000

 

扉グレードがひとつ上がると、金額が5~10万円程度あがっています。グレード10~グレード80には大きな金額差があります。

これは扉面材の価格であるため、キッチンの間口が大きいほど金額差は大きくなります。背面収納がある場合でも同じです。扉面材がどれだけあるかによって金額は変わってきます。

プランによる価格の違い

間口255cm 扉グレード10

 

設備機器(換気扇やIHや食洗機など)は、金額を大きく上下させます。食洗機の有無、パナソニックの特徴であるトリプルワイドプラン、これらも金額を上下する要因のひとつです。設備機器を上位機種にすると、その分だけ金額は上がります。価格を抑えるためには、なにが必要でなにが不要かを、しっかり決めておくことが大切です。

Lクラスキッチンの値引き率

上記の物は全て「メーカー参考価格」、定価のことです。実際にキッチンを購入する際には値引きが入ります。Lクラスキッチンの値引き率は、約30~40%です。つまり、定価の約6~7割程度で購入することができます。

しかし、実際にキッチンを購入するときには、工事費がプラスになったり、逆に値引きが入ったりします。間口やレイアウト、設備のグレードによっても、料金が大きく変わります。キッチンリフォームは、リフォーム費用の総額や、相場が分かりにくいのが現状です。

キッチンリフォームで実際にかかる費用を知るには、業者から見積もりを取ってみるのが一番です。このとき、見積もりは、必ず複数の業者に依頼するようにしてください。料金は、リフォームの内容だけでなく、業者によっても異なります。

複数の業社から見積もりを取ることで、リフォーム費用の相場や、適正な価格が見えてきます。

⇒こちらから複数の業者に見積もりをとることができます

Lクラスキッチンの評価や評判、口コミ

Lクラスキッチンの使い心地や価格について、実際に採用した人たちの意見をまとめました。

Lクラスの方が、面材・カウンター材・取っ手金具・水栓金具など、
様々な点において選択肢が多く、Lクラスでしか選べないものも多いです。

また、引出しの奥行に違いがあります。
New Lクラスだと最大で575mm、New Sクラスだと最大で475mmと、
10cmの差があります。
まったく同じサイズのキッチンでも、収納力に違いがでてしまいます。

出典:http://usagiworks.blog.jp/archives/7355997.html

うちはキッチンだけでなくLDKまるごとリフォームすることが決まっていたので、キ

扉カラーもカウンター天板もLクラスでしか選べないものです。たぶんw

背面が収納ラックになっているのでゴツイです。

サイドを囲うタイプなので手元は閉鎖的なキッチンという感じでしょうか。

水はねも防止できるのでいいかと思います。

水道水源は源流というくらいの田舎ですが、私押しで浄水器を付けました。

妻は要らないと言っていましたが、あったらあったで使ってしまう浄水器です。

出典:https://ameblo.jp/iedukuri-panahome/entry-12274456317.html

グレードはパナソニックのキッチン、最上位機種のLクラスです。

1つ下のラクシーナでもよかったのですが、ラクシーナはシンク下オープンが無いんですあせる

減額しなきゃいけないのに…(*ノω・*)テヘ

出典:https://ameblo.jp/protp/entry-12305729437.html

◻︎カウンター
人造大理石カウンターグラリオ御影ブラック
旦那がこの天板がいい!後悔したくない!と譲らなかった御影ブラック。この天板のためだけに、Lクラス。笑えないぞ、電機屋。
でも、本当にかっこいーーー♡文句言ってますが、気に入ってます。

出典:https://ameblo.jp/s-s-k0728/entry-12382603895.html

Lクラスキッチンは、豊富な選択肢と自由なプランニングが強みであるようです。キッチンにこだわりを持っている人にはもってこいのきっちんです。

まとめ

Lクラスキッチンは、高級感をまといながら、デザインの自由度や最新の設備機器を持ち合わせています。扉色や調理カウンターの選択肢が多いところも、魅力の一つです。

キッチンに対してこだわりがある方、キッチンのデザインや機器類は譲れない方などにぜひオススメです。

Lクラスキッチンで、自分好みのキッチンをプランニングしてみてはいかがでしょうか。

Lクラスキッチンを無料でお見積りするならこちらがお勧めです。

 




【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒