2020/06/27   洗面台

トクラスの洗面化粧台「LESTO」(レスト)の特徴や価格、評判をプロ目線で紹介!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

出典:https://www.toclas.co.jp/dresser/lesto/

出典:トクラスのショールームより

トクラスの洗面化粧台「LESTO」(レスト)は、トクラスの洗面化粧台のカテゴリーの中では、省スペース・セカンド洗面化粧台となる、最近人気のベッセルボウルタイプのシリーズとなります。

新築やリフォームで、間取りと共に色々な活用ができる洗面化粧台になります。プランでの活用の仕方も合わせて、トクラスの洗面化粧台「LESTO」の特徴や価格、評判や口コミなどを、住宅設備メーカー勤務のプロの目線を交えて解説していきます。

「LESTO」の価格・サイズなどの基本情報

まずは「LESTO」の基本情報について見ていきます。

本体標準価格
(メーカー参考価格)
215,000円~
間口(幅) 750mm・900mm・1000mm・1200mm・1350mm・1650mm・1800mm
高さ 1850mm(ミラー設置時高さ)
引き出しタイプ 引き出しタイプ・開き扉タイプ
ミラーキャビネット シングルミラー・アクセントミラー(LED)
洗面ボウル材質 陶器製
洗面ボウル種類 1種類(6L・ベッセルボウル・ホワイト)
水栓 シングルレバー水栓
カウンターカラー ホワイト色・ダークウッド色
カウンター素材 高圧メラミン化粧版
扉カラー 全4色(S・Nシリーズ ※ペールメープル・ダークウォールナットのみ)
スポンサー広告

「LESTO」の特徴

それでは、トクラスの「LESTO」の洗面化粧台についての特徴を見ていきましょう。

ベッセルボウル

「LESTO」のボウルは、四角いベッセルボウルを採用しています。最近では、洗面化粧台をおしゃれに仕上げたい方に、非常に人気があるスタイルになっています。

デザインもシンプルでスタイリッシュなボウルとなっているので、例えば玄関や廊下にあっても違和感がないように仕上げられています。洗面ボウルはで選べる色はホワイト色のみです。

・洗面カウンター

最近人気のよく見かけるスタイルとしては、一般的な陶器製のベッセルボウルと、木製のカウンターを組み合わせたような洗面化粧台です。

一見、見栄えはいいのですが、防水等の機能的観点が難しいのが問題です。その点、「LESTO」のカウンターの素材は、高圧メラミン化粧版になっているため安心です。

ベッセルボウルのデメリットの1つとしては、ボウルからカウンターへ水がこぼれやすいという点ですが、水分に耐性がある素材を使うことによって、気兼ねなく使えます。

・カウンター色

カウンター色は、ホワイト色とダークウッド色があり、インテリアテイストによって使い分けができるようになっています。(ただし洗面ボウルはホワイト色のみ)

・排水口の仕様

排水口は、ヘアキャッチャーの仕様になっており、ポップアップの排水口仕様です。

水栓

「LESTO」で選択できる水栓は1種類です。

シングルレバー水栓(節湯水栓C1)は、デザイン性が高く、すっきりとした印象でインテリア性を重視した水栓となっています。こちらの水栓はシャワーや引き上げる機能はありませんが、節湯水栓となっており、エコな水栓です。

 

節湯水栓C1とは?

節湯水栓とは、水栓のレバーを水と湯の切り替え位置が「カチッ」というレバーの感触でわかるようになっています。これにより、お湯を知らないうちに使わないようして、ガス代・電気代の削減に繋げることができます。

量も同じように水量70%の位置で「カチッ」という感触でわかるようになっており、節水もしやすいようになっています。

また各種補助金の申請などにも使える仕様の水栓になります。こちらの水栓の省エネ効果は、意外に馬鹿にできない省エネ効果があり、洗面化粧台にかかるガス代・水道代・下水代を約3割程度削減します

 

ミラーキャビネット

「LESTO」のミラーキャビネットは、奥行きが省スペースになっている反面、選択できるミラーキャビネットも薄いタイプのミラーから選択するようになっています。

・シンプルミラー

裏側に収納や、照明も付帯されていないミラーだけのプランです。なにも付帯されていないことを利用して、LED照明やダウンライト、造作などで照明などを工夫して設置することができます

収納が必要な場合は、あらかじめ間取りを考えておいた方が良いでしょう。

・アクセントミラー(全サイズ対応)

デザイン重視のミラーキャビネットで、ミラー下部にLEDの間接照明が付属しています。この間接照明によって、落ち着いた雰囲気を演出するとともに、手元を照らしてくれるため、1面鏡とダウンライトなどを併用する際にありがちな「洗面ボウルが暗い」というデメリットを解消してくれます。

鏡裏の収納がないため、収納が必要な場合はあらかじめ間取りを考えた方が良いでしょう。

照明や壁紙等の上手な使い方

照明や、洗面側に貼る壁紙・タイル等を上手に使うと、単純な1面鏡がおしゃれになります。

まずミラーに照明がついていない1面鏡の場合は、どうしても暗くなってしまうので、ダウンライトを上部に設置しましょう。明るさや個数(1~2個)は周囲の状況によって異なるため、プランに応じて決めてください。

また、住宅会社に相談して、造作で間接照明を作って鏡~顔を照らすこともおすすめです

最近は縦型LED照明が流行っていますが、直管のLEDを縦に設置してしまうと眩しくなってしまうこともあるので、縦型LEDにしたい場合は、しっかり明るさ等を相談してみましょう。

壁紙については、「LESTO」のようなベッセルボウルの洗面化粧台は、水が飛び跳ねることを想定して、ビニールクロスがおすすめです

最近はホワイトだけでなく、様々な模様のクロスがあります。

例えば寝室に「LESTO」を設置する場合、設置してある壁を少し模様の入ったアクセントクロスで仕上げると良いです。洗面化粧台に向かった時の印象も、洗面化粧台の周りの雰囲気も、高級感を出すことができます。

またモザイクタイルでミラー周りをコーディネートする方も最近は多くいます。色や種類が豊富なので、設置される空間に合った色合いのタイルで、トータルコーディネートのワンポイントになるようなイメージで、住宅会社に相談してみましょう

洗面化粧台だけでタイルの雰囲気を選ぶと、空間全体とマッチしないことになると残念なので、そこだけ注意しておきましょう。

「LESTO」の上手な使い方

商品コンセプトは。「空間を選ばないシンプルなデザインで、間口ぴったりに納まるラインナップ。奥行コンパクトでリフォームにも対応」となっております。

通常の洗面化粧台は奥行が550mm以上のものが多いです。理由としては、洗面化粧台で洗顔を行った際に、3面鏡の出っぱりにより頭をぶつけたりすることで、最低でも約550mm程度は必要になってきます。

「LESTO」は奥行が470mmと、通常の洗面化粧台に比べて約80mm以上奥行がコンパクトに設計されています。家の色々なところに設置がしやすい洗面化粧台です。この「LESTO」を設置する場所での活用方法を、例を踏まえながら解説していきます

ちなみに設置する際は、給排水管が必要になってくるため、新築の間取り決定時や、大掛かりなリフォームを行う際に、あらかじめ考えておきましょう。

「LESTO」は間口(幅)の種類が豊富

間口の種類としては、750mm・900mm・1000mm・1200mm・1350mm・1650mm・1800mmの7種類から選択することができます。

また細かい調整も、カウンターを現場でカットして、750mm~1800mm以内であれば自由な幅に調整することができます。

玄関、洗面所、寝室、2階の廊下といったあらゆる場所で、プランがしやすいように様々な間口のプランが用意されており、壁と壁の間にぴったり納めることができます。

玄関スペースへ設置した場合

最近の新築では、箱型の玄関収納ではなくシューズクロークを設けるプランが多くなってきています。そのシューズクロークの一角に、この「LESTO」があると非常に便利です

  • 帰宅時に手を洗ってから玄関を跨ぐことができる。
  • 庭いじり等の際に、洗面まで行かずに手や道具を洗うことができる。

お子さんがいらっしゃるご家庭や、家の中に雑菌などを持ち込みたくない!という方におすすめです。

洗面所に設置した場合

「LESTO」をメインの洗面化粧台として設置することも全く問題ありません。大掛かりなユニットの洗面化粧台をデザインの関係で好まれない方は、メインとして設置されても良いと思います。

ただし、収納については他のシリーズと比較すると少ないので、間取りで洗面空間に収納をしっかり設けたり、パントリーなどを併用することをおすすめします。

またリフォームなどで、洗面空間にもう1台追加する際には、奥行がコンパクトになっているので、圧迫感がなく設置することができます。

そして2人同時に、それぞれの洗面化粧台の前に立って、歯を磨いたりしても圧迫感が最小限に抑えられていますので、忙しい朝などに活躍するはずです。

寝室に設置した場合


出典:https://www.toclas.co.jp/dresser/lesto/

最近の新築では、寝室に併設してウォークインクローゼットを設ける方が多くなっています。その中でもウォークインクローゼットの中や、寝室の端にこの「LESTO」がジャストフィットします。

「部屋の中に洗面化粧台?」と思われる方もいるかも知れません。しかし、お化粧に時間をかけたい方は、家族が洗面化粧台を使う際の邪魔になってしまったりします。

また、着ていく服と髪形やアクセサリー類のコーディネートをする際にも、寝室にコンパクトな洗面化粧台があると、使い勝手が非常に良い間取りになります。

お値段も手頃で、コンパクト設計であることから、化粧台として活用される方が多いです。

2階の廊下に設置した場合

2階のトイレは、多くの方が「タンクレストイレ」ではなく、通常の「タンクありトイレ」が多いと思います。もし、タンクの手洗いが苦手な方には、もってこいの洗面化粧台になります。

また家族が多いご家庭や、朝使う時間が一緒で洗面場が混雑しているご家庭にもピッタリです。1階は洗面化粧台を新たに置くスペースもなかなかないケースが多いです。しかし、2階の廊下で余っているスペースなどがあれば、有効活用できます。

また奥行がコンパクトであることから、通行の邪魔を最小限にして設置することができます。

奥行がコンパクトな「LESTO」は、上記のような洗面空間以外の設置場所でも有効的に活用することができます。間取りを考える際は、人が通る導線の問題もありますので、新築やリフォームを依頼する住宅会社によく相談して、設置場所を決めてみてください。

ベースキャビネット

「LESTO」のベースキャビネットは引き出し収納か、開き収納の2種類から選択することができます。また化粧台として使いやすいように、ボウル下に脚が入るスペースがあるニースペースプランと、通常の箱型のユニットで構成される収納を重視したプランがあります。

ベースキャビネット形状

それぞれのベースキャビネットのプランを見て行きます。

・ニースペース+引き出し収納タイプ

こちらは寝室や洗面所などに設置しやすいプランです。ボウル下に脚が入り、化粧品の瓶やメイク道具を入れやすい引き出しが2段ついているタイプです。

・ニースペース+開き扉収納タイプ

こちらは寝室や洗面所などに設置しやすいプランです。ボウル下に脚が入り、1枚の開き扉での収納なっていますので、収納量は多く収納出来ます。またご自身でもアレンジなどしやすいタイプです。

・収納プラン+引き出し収納タイプ

こちらは玄関や2階廊下などに設置しやすいプランです。ボウルは観音開きの収納になっており、洗濯用品やトイレ周りの用品などが収納できます。

化粧品の瓶やメイク道具などの細かいものは引き出しが2段ついており、分類して収納できるタイプです。

収納プラン+開き扉収納タイプ

こちらは玄関や2階廊下などに設置しやすいプランです。全て開きの収納になっており、洗濯用品やトイレ周りの用品などがたくさん収納出来ます。

カウンター高さ設計

「LESTO」のベースキャビネットは高さが700mmの設計になっています。

最近の洗面化粧台では、高さが750mmや800mmの洗面化粧台もありますが、化粧台として使うことを想定しているため、高さは標準的な机と同じ高さの700mmに設計してあります。

扉カラー

扉のカラー展開は全20色あり、他メーカーを見ても洗面化粧台の中では、選べる種類が非常に多いです。グレードによって表面素材の仕上げや、見え方が異なります。そして価格も変動します。

・Sシリーズ(PETシート)

・Nシリーズ(艶消し・オレフィンシート)

色に関しては、個人での好みや、インテリアイメージに合わせて選んでいただければ良いと思います。ボウルの色はホワイトのみ、カウンターの色はホワイト、ダークウッドになっています。

ホワイトやダークウッドでのモノトーンで仕上げるか、ペールメープルとホワイトで可愛い印象で仕上げても良いですね。

詳細はショールームに行った際などに、色合いだけでなく表面のコーティングや、シートの貼り合わせ部分も見比べてみてください。

取手の形状

材質はアルミで、手がかけやすいライン取手になっています。また色はシルバーのみになります。

「LESTO」の価格

「LESTO」の価格は、各キャビネットや色などの組み合わせ構成によって左右されます。また「LESTO」はスタンダードグレードの洗面化粧台であることから、下記の定価からの値引きはある程度対応できるのではないでしょうか。

また洗面化粧台の場合は、新築時は商品代に加えて施工費用、リフォーム時はさらに既存の洗面化粧台の撤去・処分費用が加算されます。正確な価格については一度お見積もりを取得されて検討されることをおすすめします。

各幅での目安価格(表記価格は標準の場合の目安価格)

幅1800mm 325,000円~
幅1650mm 312,000円~
幅1350mm 293,000円~
幅1200mm 287,000円~
幅1000mm 251,000円~
幅900mm 248,000円~
幅750mm 215,000円~

※こちらは組み合わせによって、同じ幅でも金額は変動します

「LESTO」の口コミや評判

ショウルームでのアドバイザーに「LESTO」の評判を伺って、おすすめを聞いてきました。

トクラスのショールーム訪問体験より


出典:トクラスのショールームより

「LESTO」のおすすめポイントをアドバイザー曰く、デザイン性と可愛い雰囲気とのこと。

  • コンパクトな設計で必要最低限の機能!
  • 壁紙やモザイクタイルでアレンジが自分好みでできる!
  • 寝室などのドレッサーとして使ってもらうと奥様が喜ぶと思います!
  • 洗面化粧台としてユニットで大きくなく、色の選択次第ではかわいい印象にもなり、スタイリッシュな雰囲気も出せます!
  • 色んな間取りで使える洗面化粧台です!
  • プランするならニースペースでのプランが圧倒的におすすめ!
  • ミラーはアクセントミラーの方が手元が暗くならないのでいいと思います!

まとめ

トクラスの「LESTO」は主にセカンド洗面として、様々な場所で活躍できる洗面化粧台です洗面化粧台をご家庭にあった場所に設置することで、贅沢感が出ることはもちろん、家のプランや使い勝手も満足度の高い使い方ができる洗面化粧台です。

廊下などに設置する場合は、人が通れるか?などの導線を気にする必要がありますので、設置場所や洗面化粧台以外のプランニングも、住宅会社にしっかり相談して決めてみてください。

⇒トクラスの洗面化粧台「LESTO」(レスト)を複数の業者にお見積り依頼ができるオススメのサービスはこちらです 

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告