永大(EIDAI)のキッチン「ラフィーナ」の特徴や価格、評判をプロの目線で紹介!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

出典:https://www.eidai.com/product/kitchen/lafina/

ラフィーナ」は、永大(EIDAI)の中価格帯に位置するキッチンです。

永大(EIDAI)のキッチンシリーズの中での主流の商品となるため、扉カラーやキッチンの仕様が豊富な種類から選ぶことができます。

このページでは、永大(EIDAI)の主流である中価格帯キッチン「ラフィーナ」について、特徴や価格、評判や口コミなどを、元キッチンメーカー勤務のプロの目線を交えて解説していきます。

ラフィーナの価格や基本サイズ(255cm)、レイアウト

まず、永大(EIDAI)のキッチン「ラフィーナ」に関する基本情報を確認していきます。

I型プランセット価格
(メーカー参考価格
¥805,000~ (間口255cm V・F扉 食洗機なし)
¥953,000~ (間口255cm V・F扉 食洗機付き)
キッチンレイアウト  I型・L型・フルフラット対面・アップカウンター対面
キッチン対応間口 180cm〜300cm
調理カウンター高さ 80cm、85cm、90cm
扉カラー 7シリーズ、全32色
使いやすい調理カウンターの参考高さ   身長(cm)÷ 2 +5cm
スポンサー広告

ラフィーナの特徴

永大(EIDAI)の中価格帯キッチン「ラフィーナ」の特徴を見ていきましょう。

スリーレイヤードシンク

ラフィーナでは、スリーレイヤードシンクを選ぶことができます。

スリーレイヤードシンクとは、シンクの中が上段・中段・下段の3層構造となっており、調理や片付けをスムーズに行うことができるシンクです。

上から順番に、どのように調理や片付けをサポートするのかみていきましょう。

・上段

スリーレイヤードシンクの上段には、「調理プレート」を設置することができます。

調理プレートは、設置するとワークトップと同じ高さとなるため、作業スペースを格段に広げることができます。まな板を調理プレートの上に置いて、切ることも可能です。

シンクの上にまな板を持ってくることができるため、濡れた食材や汁を含んだ食材(豆腐やつけもの、こんにゃくなど)も気にせず切ることができます。

パスタなど、なにかを茹でる時には、鍋にたっぷりの水を入れる必要があります。

調理プレートの上に鍋を置いて水をいれることで、重たくなった鍋を持ち上げる必要がなく、コンロまでスライドして持っていくことができます。

・中段

水切りプレート」を使うことによって、シンクの中段を作業スペースとして使うことができます。穴の空いた水はけのよいプレートであるため、野菜を洗ったり魚のウロコ取りをしたりするのに最適です。

また湯切りの際に、ザルを水切りプレートに置いてから行うことで、水はねもなく衛生的です。

・下段

スリーレイヤードシンクの下段は、シンクの底面のことです。

大きな鍋もラクラク入る広々としたシンクです。排水溝が端の方にあるため、たくさんの洗い物を置いたとしても、スムーズに水が流れるようになっています。

 

スリーレイヤードシンクは、やり方次第でいろんな使い方をすることができます。

調理プレートや水切りプレートは、調理のサポートだけでなく食器洗いの仮置きに使い、片付けをサポートする役割も果たします。

スリーレイヤードシンクの良い点は、シンク内に大きな段差がないという点です。

 

一般的なシンクでは、中段プレートを置くために、シンク内に段差を作ってしまいがちです。スリーレイヤードシンクは、水切りプレートを置く部分を段差ではなく傾斜にしているため、掃除がラクになります。

ムシブロックパッキン

ラフィーナには、虫の侵入を防ぐ「ムシブロックパッキン」が使用されています。

ムシブロックパッキンとは、忌避材(害虫などがイヤがるもの)をコーティングしたパッキンのことです。キッチンの引き出しのサイドや下部に設置してあり、キッチン内部に害虫が侵入するのを防ぎます。

〜ムシブロックパッキンの流れ〜

  1. キッチンは程よい湿気や温度、食材があり、虫には快適な環境
  2. ゴキブリなどの害虫がキッチンに近寄り、ムシブロックパッキンに接触する
  3. 害虫は、触覚などを通して不快感を覚える
  4. 害虫は不快感を学習し、キッチンに近づかなくなる

ムシブロックパッキンによる、害虫の侵入阻害率は90%以上と言われています。さらに、8万回の扉開閉を行っても忌避材のコーティング量は保たれるため、効果が持続します。

この忌避材は、ゴキジェットで有名なアース製薬との共同開発です。ゴキブリなどの害虫に対して高い効果を持ちつつも、人間が触れても舐めても人体に影響はありません。ニオイも発生しないため、人間が不快感を覚えることはありません。

エアブリーズ

ラフィーナでは、対面キッチンのリビング側に「エアブリーズ」のパネルを選ぶことができます。

エアブリーズとは、上質な布地の化粧パネルです。家具調のデザインで、やわらかく落ち着いた雰囲気を作り出すとともに、たくさんの機能が備わっています。

〜エアブリーズの機能〜

・消臭効果

エアブリーズは、イヤな生活臭を低減させる効果があります。

具体的には、ペットやトイレのニオイのアンモニア、腐った魚のニオイのトリメチルアミン、腐った卵のニオイの硫化水素、腐ったキャベツやタマネギのニオイのメチルメルカプタンなどです。それに加えて、ノネナール(加齢臭)を低減させる効果もあります。

これらの物質を、エアブリーズが吸着して分解するため、半永久的に消臭し続けてくれます。

・化学物質を吸着

ニオイに加えて、ホルムアルデヒドや、アセトアルデヒドなどの化学物質も除去します。

・吸音効果

エアブリーズには、音の振動を吸収する効果もあります。

生活音が反響する音を、多機能なウールフォームが吸収してくれます。ウールフォームは、音響室やオーディオの分野で吸音材として用いられています。様々な周波数の音を、一定の割合で吸音する効果があります。

・調湿効果

エアブリーズには調湿効果があります。

調湿効果とは、湿度を快適に調整する機能です。湿度に応じて湿度を吸収したり放出したりするため、室内の湿度が自然に調整されます。

エアブリーズはマグネット式の取り付け方式であるため、汚れた場合も簡単に取り外しすることができます。

また、足元に金属製の見切り板があるため、掃除機が当たってもパネルはキズつきません。

引き出し収納の機能

ラフィーナは、キッチンの引き出し収納に、好みに応じて様々な機能をつけることができます。

・らく取り包丁差し

らく取り包丁差しは、シンク下に設置してある包丁差しです。

包丁は普段よく使う道具なだけに、腰をかがめずにサッと取り出せる位置にあると嬉しいですね。チャイルドロックも付いているため、小さな子供がいても安心です。

・たてぽん

たてぽんを用いることで、使用頻度の高いキッチンペーパーやラップ、アルミホイルなどを立てて収納できます。

収納スペースを取らずにサッと取り出せるのが魅力です。

・モバイルラック

モバイルラックは、加熱機器の横にあるスパイスを入れるラックです。

ラックごと取り出してカウンターの上に置くことで、料理の途中で何度も引き出しを開けて、ひとつひとつスパイスを取り出す手間が省けます。また、ラックはまるまる水洗いできるため、お手入れもらくらく行えます。

・スマートツール収納

スマートツール収納は、重量のあるボトル類を出し入れしやすいように、引き出しの上部に持ってきている収納です。

同時に、おたまや菜箸をかけるホルダーも設けてあるので、こちらもラクラク取り出せます。

・シキリータ

シキリータは、フライパンや片手鍋を立てて収納できる仕切りです。

鍋類を重ねて収納してしまうと、下に置いたものが取り出しづらくなってしまいます。立てて収納することによって、取り出したいものをいつでもサッと取り出すことができます。

ラフィーナのカップボード

それでは、ラフィーナのカップボードを見ていきましょう。

カップボードとは、キッチンの背面収納のことです。食器や調理器具、家電やストック食品など、キッチンに関する様々なものを収納することができます。

カウンタータイプ収納

カウンタータイプの収納は、上下に分かれていて、間の空間をカウンタースペースとして使うことができます。カウンタースペースは、調理家電を置いたり軽い作業スペースとして活用したりできます。

ハイカウンタータイプは、家電収納のキャビネットです。蒸気排出ユニットをつけることで、炊飯器やコーヒーメーカーなどの蒸気を出す調理家電も、気兼ねなく使用することができます。

家電収納スペースは、手前に引き出すことができるため、炊飯器のご飯をよそうのもラクラク行えます。

トールタイプ収納

トールタイプの収納は、上から下まで繋がっている背の高い収納です。たくさんの食器や調理器具を収納することができます。

トールタイプには、扉が観音開きのものと、スライドする引き戸タイプのものがあります。引き戸タイプのものは、開けたままでも邪魔にならないため、スペースが狭い場合におすすめです。さらに、サポートカウンター付きのものを選ぶと、食器の仮置きなどができるためラクに作業ができます。

その他のトールタイプ収納

トールタイプの収納には、様々な形のものがあります。

手持ちの食器が非常に多い場合は、大型引き戸タイプの収納を採用すると良いでしょう。間口が105cmと120cmの対応があるため、たくさんのものを入れることができます。

上から下まで1枚のガラス扉のデザインとなっている、トールボックスタイプもあります。すっきりしつつも迫力のあるデザインで、キッチンをおしゃれな空間にしてくれます。

両面ハッチタイプでは、両側から出し入れできる収納であるため、空間の仕切りとして活用することもできます。

ラフィーナの価格や値引き


出典:永大(EIDAI)ショールームより

ラフィーナの、様々な価格比較を見ていきましょう。

・レイアウトによる価格表

食洗機なし 食洗機付き
I型 255cm
(V・F扉)
¥805,000 ¥953,000
L型 240×165cm
(V・F扉)
¥973,500 ¥1,075,500
フルフラット 258cm
(V・F扉)
¥927,000 ¥1,076,500
アップカウンター 259.5cm
(V・F扉)
¥761,500 ¥911,000

・扉カラーによる価格表(I型 255cm)

食洗機なし 食洗機付き
V・F扉 ¥805,000 ¥953,000
W・Q扉 ¥856,000 ¥1,009,000
T・Z扉 ¥924,500 ¥1,072,000
ST扉 ¥1,103,000 ¥1,256,000

 

上記に記載の金額は、全て「メーカー参考価格」つまり定価のことです。

実際には、キッチンを購入するときには、工事費がプラスになったり、逆に値引きが入ったりします。間口やレイアウト、設備のグレードによっても、料金が大きく変わります。キッチンリフォームは、リフォーム費用の総額や、相場が分かりにくいのが現状です。

キッチンリフォームで実際にかかる費用を知るには、業者から見積もりを取ってみるのが一番です。このとき、見積もりは、必ず複数の業者に依頼するようにしてください。料金は、リフォームの内容だけでなく、業者によっても異なります。

複数の業社から見積もりを取ることで、リフォーム費用の相場や、適正な価格が見えてきます。

永大(EIDAI)の「ラフィーナ」を、無料で見積り依頼できるサービスはこちらがおすすめです

ラフィーナは、永大(EIDAI)の中で、中価格帯に位置するキッチンです。他のメーカーの中価格帯キッチンと比べると、価格が安い印象があります。予算にあまり余裕がない人にとっては、ラフィーナの価格設定は非常に助かります。

実際にキッチンを導入する際には、値引きが入るため、正確な金額が知りたい場合には実際に見積もりを取ると良いでしょう。

 

ラフィーナの評価や評判、口コミ

ラフィーナを実際に採用した人、実際にショールームなどで見た人の評判や口コミを見ていきましょう。

リビング側からのキッチン

抜き打ちにしてはヨメさん、綺麗にしてる方ではないでしょうか。
まぁいつもこんな感じです。

オープンキッチンなので「常に片づけとかないと」っていう気持ちがあるみたいです。

これはいい傾向でございます。

ペニンシュラキッチン 永大 ラフィーナ

オープンなキッチンを選ぶにあたって心配してたのが油はね。

永大を選んだのはデザインや色ももちろんありますが、オイルガードの高さが決め手でした。

しかし油はね、ほとんど気にしなくていいですね・・・
まぁ、ガード越えて飛ぶことはほぼありません。

出典:http://sweet-home.fam-hobby.com/?p=1066

Lafina(ラフィーナ) フルフラット対面2580㎜
写真(印刷)だと茶色っぽいのですが、もちろんモノトーンです!

で、お気に入りのカラーはコチラ!


全体的に黒にして、天板が下の2色から選べました。
迷った結果、クールな左側の色付きにしました。
フォルテストーンII✨白より高級感✨
このキッチンカラーかっこよすぎる😍

・ファインモーション機構搭載
(最後ゆっくりしまるよ)

・モバイルラック
(調味料を一括で取り出せるよ)

・シキリータ
(フライパンなどを仕切れるよ)

・たてぽん
(キッチンペーパーやラップを立てておける仕切りよ)

・らく取り
(包丁が取り出しやすいよ)

の機能が付いているのも永大産業さんに決めたポイントです♪

出典:https://plaza.rakuten.co.jp/mohuandnyasu/diary/201807020000/?scid=wi_blg_amp_diary_next

無印良品の家で見たことあり、オールステンレスでかっこいい!と思ってました。

上の4つが気に入らなかったんで、試しに見入ってみたら、かっこいいし、引き出し3段あるし、排水口も標準でステンレスだし、シンクも最近改良したらしく良さげ。

「ラフィーナエアプラス」に決めました。

天板はヘアラインで、引き出しのパネルはステンレスにすると10万ちょっとアップするし、妻もオールステンレスには難色を示していたのもあって、グレーで一番安いグレードにしました。

出典:http://noumusu.hatenablog.jp/entry/2016/09/19/062757

ラフィーナは、使い勝手やデザインの面で評価が高いようです。価格が安いため、対面キッチンにするなどのレイアウトの選択肢も増えるようです。

まとめ


出典:

ラフィーナは、デザインの良さ機能性や使い勝手価格の安さなど、バランスのとれたキッチンです。害虫の侵入を防ぐムシブロックパッキンや、カップボードの種類の多さも魅力の一つです。

価格を抑えたオールマイティなキッチンを求めている方は、ぜひラフィーナを検討してみてはいかがでしょうか?

永大(EIDAI)の「ラフィーナ」を、無料で見積り依頼できるサービスはこちらがおすすめです




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告