2020/06/27   洗面台

トクラスの洗面化粧台「Jolie」(ジョリエ)の特徴や価格、評判をプロ目線で紹介!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

出典:https://www.toclas.co.jp/dresser/jolie/

トクラスの洗面化粧台「Jolie」(ジョリエ)は、トクラスの洗面化粧台のカテゴリーの中では、ベースグレードの洗面化粧台となります

今回の記事は、トクラスの洗面化粧台「Jolie」について、特徴や価格、評判や口コミなどを、住宅設備メーカー勤務のプロの目線を交えて解説していきます。

「Jolie」の価格・サイズなどの基本情報

まずは「Jolie」の基本情報について見ていきます。

本体標準価格
(メーカー参考価格)
117,000円~
間口(幅) 600mm・750mm
高さ 1865mm(1面鏡の場合)・1930mm(3面鏡の場合)
ミラーキャビネット ワイド引き出しタイプ・片引き出しタイプ・開き扉タイプ
引き出しタイプ 1面鏡(蛍光灯・LED)・3面鏡(LED)
洗面ボウル種類 1種類ボール(600mm幅:14L・750mm幅:19L)
水栓 洗髪シャワー水栓
カウンターカラー 2色
カウンター素材 全5色(E・Cシリーズ)
扉カラー 陶器製
スポンサー広告

「Jolie」の特徴

それでは、トクラスの「Jolie」の洗面化粧台についての特徴を見ていきましょう。商品コンセプトは「スリム&シンプル」となっています。

ベースグレードの洗面化粧台として、価格は定価・値引率ともに、お求めやすい価格です。気兼ねなく普段使いがしやすい洗面化粧台となっています。

陶器製ボウルカウンター

トクラスの「Jolie」は、排水口が向かって右側に配置されているがポイントで、底面を広く使うことができます。

洗面化粧台で服や靴などを洗ったりする場合、押し洗いの際に、どうしても排水口が引っかかる感触があります。しkし、「Jolie」では少し右に位置されているので、引っかかりにくいようになっています。

・洗面カウンター色

ホワイトとピンクの2色から選択できます。

・排水口の仕様

排水口は、ゴム栓とチェーンの仕様になっております。

水栓

「Jolie」で選択できる水栓は1種類になります。

洗髪シャワー水栓(節湯水栓C1)

洗髪や洗顔はもちろん、水栓自体を引出せばバケツへの水汲みや、カウンターまわりの掃除にも便利です。また吐水とシャワーの切り替えが手元できるようになっているので、好みに合わせて使いやすい水栓となっています。

また水栓の立ち上がりの周囲に汚れが溜まりにくいように、根元部分は10度の傾斜がついており、水が切れやすい構造になっています。

そしてベースグレードの洗面化粧台でも、節湯水栓になっているところが嬉しいポイントです。

 

節湯水栓C1とは?

水栓のもう1つの機能面で、「Jolie」の水栓は節湯水栓となっています。

節湯水栓とは、水栓のレバーを水と湯の切り替え位置が「カチッ」というレバーの感触でわかるようになっています。これにより、お湯を知らないうちに使わないようして、ガス代・電気代の削減に繋げることができます。

量も同じように水量70%の位置で「カチッ」という感触でわかるようになっており、節水もしやすいようになっています。

また各種補助金の申請などにも使える仕様の水栓になります。こちらの水栓の省エネ効果は、意外に馬鹿にできない省エネ効果があり、洗面化粧台にかかるガス代・水道代・下水代を約3割程度削減します

 

ミラーキャビネット

トクラスの洗面化粧台は、ミラーキャビネットの使い勝手が良く評判が高いです。ベースグレードの「Jolie」でもこだわりが見られますそんなミラーキャビネットの特徴を、順番に解説していきましょう。

「Jolie」で選択できるミラーキャビネットは3面鏡と1面鏡になります。

・3面鏡

「Jolie」の3面鏡は、トクラスのハイグレード洗面台に搭載されているような、「Wミラー」ではありませんが、使い勝手が良いよう工夫されています。

【くもり止めヒーター採用】

正面のミラーはくもり止めを採用しています。照明のスイッチと別々になっているので、必要な時にスイッチの入切ができるので、無駄遣いをしません。

【スライドトレー】

左右の中にある樹脂製のトレーは、取り外して位置の変更や掃除が簡単にできます

【化粧品専用トレー】

化粧品の瓶を置く専用のトレーが左下にあります。化学物質の液だれで変色などしやすいため、一番下のトレーも取り外しが可能です。

【コンセント】

通常、ベースグレードの洗面化粧台のコンセントは1個のみが多いですが、「Jolie」は左右にコンセントがあります。ご家族が一緒に使う朝の時間帯など、ドライヤーと電動歯ブラシなどが同時に使えます。(ドライヤーの2個使いは、最大出力を超えるのでできません)

【仮置き棚】

水に濡らしたくない物の仮置きができるスペースがあり、メガネやコンタクトケースを置くのに便利です。

【歯ブラシたて】

標準でジャストフィットする歯ブラシたてが付属しています。

 

・1面鏡

まず1面鏡は、お値段重視の蛍光灯タイプと、長寿命省電力のLED照明タイプが選べます。

【ドライヤーフック】

左右の棚の側面に付けることができるフックが1個付属しています。1面鏡ではドライヤーの置き場所が困ることが多いですが、フックがあると便利です。

【収納トレー】

1面鏡の収納棚は固定式が多いですが、「Jolie」は収納トレーを取り外して洗うことができます

【コンセント】

通常、ベースグレードの洗面化粧台のコンセントは1個のみが多いですが、左右にコンセントがありますご家族が一緒に使う朝の時間帯など、ドライヤーと電動歯ブラシなどが同時に使えます。(ドライヤーの2個使いは、最大出力を超えるのでできません)

【仮置き棚】

水に濡らしたくない物の仮置きができるスペースがあり、メガネやコンタクトケースを置くのに便利です。

ベースキャビネット

「Jolie」のベースキャビネットは、使い勝手にこだわった様々なプラン形状が選択できます。個々の収納タイプでの使い勝手をみていきましょう。

・ワイド引き出しタイプ(幅750mmのみ)

2段で全て引き出しになっているキャビネットになります。ベースグレードの洗面化粧台で、引き出しタイプが選択できるのは珍しいです。

上段には、メイク用品など整理しやすいような引き出しになっており、手元での細かい作業がしやすいようになっています。そして下段は背の高いものを収納するのに適した収納スペースになっています。洗濯用品やバケツなどをたくさん収納することができます。

・片引き出しタイプ(幅750mmのみ)

 

お値段を抑えたいけど、化粧品などをしまうための引き出しは収納がほしい、という方にこちらの収納がおすすめです。ワイド引き出しタイプより安価にプランすることができ、半分開き・半分引き出しとなっています。

引き出しは上下の2段に分かれており、化粧品の使う頻度などで分類しても良いですね。そして開き収納では、背の高い選択ストック品などをしっかり収納でき、細かいメイク用品等と分けて収納できます

 

・開き扉タイプ(幅750mm・600mm対応)

洗濯用品やバケツなど、背の高いものを収納しやすい扉タイプです。またお値段も4タイプの中では一番安価になっていますので、お値段を抑えたい方はこちらの開き扉タイプを洗濯しても良いでしょう。

・カウンター高さ設計

昔の洗面化粧台は、洗面ボールの高さが床から、750mmという設計が多いですが、「Jolie」は高さが840mmの設計になっています。(水栓立ち上がり面)

洗面化粧台のカウンター高さが750mmでは、洗顔や歯磨きの際などに腰への負担が大きいです。毎日使う洗面化粧台だからこそ、こだわるべきポイントです。

洗面ボウルがカーブしているので、一番低い高さで788mm~水栓の立ち上がり面が840mmとなっております。

扉カラー

扉のカラー展開は全6色あり、他メーカーを見ても同等グレードの洗面化粧台では選べる種類が多いです。同じホワイト色でもグレードによって表面素材の仕上げや、見え方が異なります。そして価格も変動します。

・Eシリーズ(艶消し・オレフィンシート)

・Cシリーズ(艶消し・オレフィンシート)

・ホワイト

色に関しては、個人での好みや、インテリアイメージに合わせて選んでいただければ良いと思います。ただし、扉グレードは、同じようなホワイト色でも表面シートや塗装コーティングなどの細かい仕様が異なります。

詳細はショールームに行った際などに、色合いだけでなく表面のコーティングや、シートの貼り合わせ部分も見比べてみてください。

取手の形状

手がかけやすいバー取手になります。色はシルバーです。

周辺キャビネット

タオルや洗濯洗剤・シャンプーなどの買い置き品の収納で、洗面化粧台本体だけでは足りない!という方は、洗面化粧台本体の周辺にキャビネットを設計することで、収納を充実させることができます。

家族の人数が多い方や、洗面本体の幅よりタオル類などの収納をしっかり充実させたい!という方には、トールキャビネットがオススメです。トールキャビネットは、洗面化粧台本体のサイドに設置する、床面から天井近くまで高さのある収納です。

「Jolie」は、洗面本体の幅が600mmと750mmなので、トールキャビネットの幅を、ご自身の好みと洗面空間全体を考慮してプランしてみてください。

・トールキャビネット(幅150mm・300mm)

ミラーキャビネットのサイドに設置するウォール部と、ボウルの横にサイドカウンターとして使えるベース部と分離されてます。トールキャビネットを設置しても圧迫感が少ない設計になっています。

※写真は幅150mmのオープンの場合

ウォール部は、幅300mmの場合は可動式の棚での開き扉の収納になります。幅150mmの場合はオープンで使えるようになっており、化粧品などを置きやすいようになっています。

ベース部は、カウンター横に物を置きたい時に便利なフラットなサイドカウンタになっています。中の収納部分は、可動棚が1枚ついている開き扉タイプの収納になっています。

洗面化粧台の本体に入りきらない洗濯用品などを収納できます。

・ウォールキャビネット(幅650mm・750mm)

ウォールキャビネットは、天洗面化粧台の上部収納です。洗面化粧台の高さが1865mm以上ありますので、多くの方は踏み台を利用して使う収納になります。

リフォームや、新築でもプランでどうしても洗面空間に収納が取れない方に、洗面化粧台の上部を収納として利用することができます。

幅のラインナップは、本体サイズと同じ650mmと750mmの2種類があります。

「Jolie」の価格

「Jolie」の価格は、各キャビネットや色などの組み合わせ構成によって左右されます。また「Jolie」はスタンダードグレードの洗面化粧台であることから、下記の定価からのある程度の値引きは期待できるのではないでしょうか

また洗面化粧台の場合は、新築時は商品代に加えて施工費用、リフォーム時はさらに既存の洗面化粧台の撤去・処分費用が加算されますので、正確な価格については一度お見積もりを取得されて検討されることをおすすめします。

各幅での目安価格(表記価格は扉グレードがスタンダードの場合の目安価格)

幅750mm 128,000円~
幅600mm 117,000円~

※こちらは組み合わせによって、同じ幅でも金額は変動します

「Jolie」の口コミや評判

「Jolie」の口コミや、おすすめポイントを抜粋しております。

あなたも、洗面化粧台は後回しにしてしまっていませんでしたか?

でも、洗面化粧台ってとても使用頻度が高いんです。朝の身支度を洗面化粧台でほとんど済ましてしまっている・・・という人も多いのではないでしょうか?

私も仕事がある日は、ほとんどを洗面化粧台の前で済ませてしまいます。朝食は取らないので、着替える時のみ自分の部屋へ・・・

それ以外は洗面化粧台の前です洗面化粧台が散らかりやすいのは、それだけ使用頻度が高い証拠でもあります。

是非、洗面化粧台のリフォームをお考えの際は、デザインだけでは無く、使いやすいかを重視して選んでみて下さい。

洗面化粧台の高さはあっていますか?腰痛くないですか?顔を洗うとき、腕に水が伝って、床がビショビショになっていませんか?水栓は使いやすいですか?ボウルは小さくないですか?収納は足りていますか?

 

特に洗面化粧台の高さと、ボウル、水栓の形状はしっかりと選んで下さい。高さがあっていないと、腰を痛めますし、ボウルが小さすぎると水ハネがひどく、壁、床がびしょびしょになってしまいます。

水栓はシャワーホースが必要なのか・・・など自分の生活スタイルにあった洗面化粧台を選びましょう。

 

オススメ②

<洗面化粧台の高さ85㎝、大きなボウルにリフトアップシャワーホース水栓>

トクラス ジョリエ

 

洗面化粧台の高さの目安として、

  • 身長170㎝・・・85㎝
  • 身長165㎝・・・80㎝
  • 身長155㎝・・・75㎝

と言われていますが、個人的には腰も痛めにくく、朝シャン(死語?)もし易い、高さ85㎝がオススメです。

 

出典:https://okegenanjo.boo-log.com/e475177.html

 

まとめ

「Jolie」は、トクラスのベースグレードの洗面化粧台ではありますが、使い勝手にこだわった機能を兼ね備えている洗面化粧台になります。

最も安い価格帯で、洗面化粧台をお探しであれば、トクラスの「Jolie」はひとつの選択肢になるのではないでしょうか

3面鏡でも1面鏡でも、着脱式のトレーダブルコンセントなど使いやすい工夫がされています。安かろう悪かろうの洗面化粧台では決してない、価格の割に満足度の高い洗面化粧台になること間違いないでしょう。

⇒トクラスの洗面化粧台「Jolie」(ジョリエ)を複数の業者にお見積り依頼ができるオススメのサービスはこちらです 

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告