インターロッキング(インターロッキングブロック舗装)とは

auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。
住宅用語集

–家づくりはカタログ一括請求から始めよう!–

本文に入る前に、マイホームを考えているあなたに向けて重要なことをお伝えします。

マイホーム作りでまず初めにやらなければいけないこと、それは「住宅メーカー選び」です。

土地探しよりも、資金調達よりも、まず初めに住宅メーカーを探すことが大事。というのも、依頼する住宅メーカーに関して後悔する声が後を絶たないからです。

建てた後に後悔してしまわないように、初めの段階でメーカーの比較を十分に行っていきましょう。

でも全国各地に無数にある住宅メーカーからどれを選べばいいかわからない

という問題が出てきますよね。

そこで活用してほしいおすすめサービスが、東証一部上場のリクルートが運営するカタログ一括請求サービスです。

カタログ一括請求サービスを利用すれば、条件に合うおすすめ住宅メーカーのカタログが一括で届きます。しかも無料

予算や住宅のテーマ、シニア向けやエコ住宅などの条件を選択できるので、あなた好みの住宅メーカーを探すことが可能です。

ぜひ一括請求で理想のハウスメーカーを探してみてくださいね!

SUUMOでカタログを一括請求してみる⇒

透水や保水に優れた素材で作られたブロックを用い、舗装をする工法のことです。

透水・保水効果によりヒートアイランド現象の緩和や、滑りづらく歩きやすい路面を作ることができるため、遊歩道や園路、商店街でも導入が進んでいます。

機能性の高いブロックを組むことで行う舗装

インターロッキングで舗装を行う際の特徴は、基本的にコンクリートなどの水を通さない素材を使用しないことです。

これにより、雨水といった水分は地面にまで通すことができます。

インターロッキングブロック自体も透水性を持っているために、滑りづらく歩きやすい歩道を作ることができます。

水分を地面に通すという自然に近い働きを持ちながらも、土がむき出しでない快適な環境を生み出すことができるのです。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒

インターロッキング

ブロックのパターンや色合いで家に合った外構が完成

玄関から道路まで、庭の一部や駐車場など、家の外構を舗装しようとお考えの場合は、このインターロッキングが候補に上がる事でしょう。

多くの会社が様々な色合いやパターン、テクスチャ(質感)のインターロッキングブロックを発売しています。

この多様な種類から選択できるブロックは、家のイメージを大きく左右する人目に付きやすい部分の表情をコントロールする手段の一つです。

機能と美観を兼ねた舗装手段として注目されるのも頷けます。

特に壁や生け垣と言った外からの視線を遮断する事をしない外構(オープン外構)の場合、家との一体感を生む色合いや質感が選べるのは大きなメリットです。

DIYでインターロッキングブロックを敷く方も

大型のホームセンターでは、このインターロッキング用ブロックを販売しているところもあります。

これらを使い、自分で外構部分に敷き詰めたり、既に舗装している上にブロックを敷き直し”リフォーム”したりする方も多いようです。

透水・保水性で満足するのはなにもヒトだけではなく、夏の暑さに弱いペットの犬が涼を求めてごろごろできるお気に入りの場所ともなります。

もしもDIYがお好きで、お仕事のない日の時間を割けるようでしたら、このブロック敷詰めの作業も楽しいかもしれません。

新築の家でインターロッキングブロックをDIYで敷いてみたい場合は、数年後に表れるであろうブロックのがたつきを抑えるため、土の部分の敷き均しまでは業者へ頼んでおくのがよいでしょう。

安定した面を作るのに必要なクラッシャーラン(砕石)をいくつかの層にして均しておいてくれるはずです。

このブロック下の手当てが、後の均衡性に大きく影響を及ぼします。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒