2016/11/09   住み替え

田舎に移住ってこんなにお得!?メリットと田舎暮らしを支援する制度20選

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。
田舎に移住ってこんなにお得!?田舎暮らしのメリットと田舎暮らしを支援する制度20選

最近、「移住」という言葉に接する機会が多くなりました。移住をテーマにしたテレビ番組も放映されることがありますし、ネットで読める記事でも移住に関して触れているものが多くあります。移住といえば、リタイヤ後に田舎でゆっくり暮らしてみたいという願望の現われとして受け取れる言葉ではありますが、若い方であってもそれは同じです。

都会暮らしにつきものである満員の通勤電車に揺られることに疲れてしまった、子どもを出産することを機によりよい環境で子育てしたいなど、様々な理由で注目されています。

このページの目次

1.田舎暮らしのメリット

田舎へ移住することのメリットは、特に以下のようなポイントです。

1-1.同じ家賃・建築コストでも、より広く、良い住環境が手に入る

同じ家賃・建築コストでも、より広く、良い住環境が手に入る

家賃や建築コストを大きく左右するのは、土地の値段です。例えば賃貸なら、板橋区で駅から徒歩10分圏内の3DKは8万円以上が相場です。駐車場を借りるならさらに金額は上乗せです。これを温泉で有名な別府市に置き換えると、5万円台で駐車場2台つき・庭つきの戸建てを借りられます。お子さんの足音や声が周囲に響かないよう気にしながら暮らすことを考えれば、田舎の戸建ても悪くない選択です。

1-2.食のコストが抑えられる

食のコストが抑えられる

田舎の良さといえば、新鮮な旬のものが安く手に入ることも挙げられます。地のものが手に入る道の駅や農家直売所では、おいしく栄養価の高い食材を安価で販売しています。流通にかかる時間をほとんど要さないので、完熟の野菜・果実や取れたての魚なども手に入り、毎日の食事が充実したものになるでしょう。育ち盛りのお子さんには良いものをたくさん食べさせたいものですが、この希望をかなえるためにも田舎への移住は魅力的です。

1-3.四季を感じられる生活が手に入る

四季を感じられる生活が手に入る

都会では、なかなか四季を感じることができません。気温で季節の移り変わりを感じることができても、目や耳、口にするもので季節を実感することは少ないでしょう。その点、田舎では風景の移ろいやその土地のお祭り、食材で季節を理解できます。せっかく四季のはっきりした日本に住んでいますので、この豊かさを実感できる田舎暮らしも素敵なものです。

1-4.人との関わりを大切にしたい方におすすめ

人との関わりを大切にしたい方におすすめ

都会ではなかなか周囲の人との関係が広がらないケースがあるでしょう。特に「地縁」と呼ばれる地域との関わりが薄いことが多く、文字通り「隣は何をする人ぞ」といった暮らしですし、それが高じてしまうことで「他人への無関心」につながってしまうこともあるでしょう。

お子さんを育てるにあたって、より多くの人、近くに暮らす人とのご縁を大切にする感性を大切にしたいと考える方にとって、田舎への移住はひとつのメリットとなります。田舎にはすでにご近所のコミュニティができあがっていますので、そこに上手に入れれば、地域による見守りを期待することができます。親御さんがそのコミュニティに対して起こすアクションを見て、お子さんが「お付き合い上手」になることも望めるでしょう。

スポンサー広告

2.都会に住む人が田舎暮らしするにあたっての注意点など

都会から田舎に移住する際、ある種の覚悟のようなものが必要です。とはいえ、都会暮らしより田舎暮らしのメリットが上回るとお考えであれば何ら心配はいりません。

2-1.仕事はあるの?

東京都心で働くほどの収入にはなりませんがあります。まず、2016年現在全国的に売り手市場とされていること(労働力調査(基本集計)平成28年9月分(速報)│総務省統計局)が挙げられます。自治体によっては都会で身につけた技術・能力を携えて移住したい方を企業とマッチングする体勢を整えていますので、そのようなイベントを利用するのもよいでしょう。思い切って、その土地ならではの産業の担い手に「立候補」することも可能でしょうし、「地域おこし協力隊」に参加して収入を得つつ、地域に溶け込むスピードを早めるという方法も考えられます。いずれにせよ、都会と同じく仕事が「即見つかる」ことはほぼありませんので、アンテナを張っておくことは大切です。

2-2.買い物で困らない?

買い物で困らない?

常に最新のファッションを求めている、といった方でない限りは困りません。地方は交通網が都会のように張り巡らされてはいませんので、自家用車の取得が必要となりますが、スーパーでの買い物はそれで事足ります。週末に小旅行を兼ねてまちでお買い物、というメリハリのついた楽しみ方もできますし、重たいものや田舎で手に入らないものの買い物もネット通販を利用すれば充分間に合います。

2-3.虫などで悩むことは?

あるでしょう。そもそも自然の豊かな場所を求めて田舎へ移住するのですから、「彼ら」との付き合い方を学ぶことも大切です。害のある虫もいますが、お子さんの好きな虫もいます。ベランダのプランターで家庭菜園をしていたら土の中からカブトムシの幼虫が見つかったということも珍しくありません。お子さんに生き物を飼う、生き物と触れ合うという学びの体験をさせることも可能です。

2-4.ご近所づきあいは面倒?

面倒な面はあるかもしれません。自治会などの地縁を大事にしなければ上手に地域に溶け込めないこともあるでしょう。しかし、それがあるからこそ人との縁を大事にするというより「人間臭い」暮らしができるのですし、地域で子どもを育てるという体験ができるというものです。

面倒の裏に隠れているリターンを考えれば、積極的に自治会活動やご近所とのお付き合いを大切にする意味は充分にあります。

3.田舎暮らししたい方必見!移住者支援制度20選

田舎暮らししたい方必見!移住者支援制度20選

田舎へ移住したとしても、そこで上手く生活できるのか、子育てできるのかという不安があるかもしれません。そんなとき頼れるのが自治体の移住者支援制度や子育て支援制度です。

※以下の情報は、2016年11月現在のものです。

3-1.【和歌山県】40歳未満の移住世帯に最大で250万円!

世帯主もしくはその配偶者が20歳以上40歳未満で、その世帯が県外から家族全員で移住すること・移住を理由に退職し求職中であることなどの条件を満たすと、最高で250万円の交付金が。移住前に参加できる現地体験会も定期的に開催されています。

問い合わせ先:和歌山県企画部地域振興局過疎対策課

3-2.【大分県豊後高田市】どんなケースにも対応するカバー力、出産お祝い金も!

引越し代金を10万円まで、結婚し2年以上住むことをお約束で10万円、住宅取得した場合10万円(2世代住宅なら20万円)、第2子まで5万円、第3子以降は10万円の出産祝い金、安い保育料金など、どのような移住のケースにも対応できる補助金制度が充実。

問い合わせ先:豊後高田市地域活力創造課

3-3.【北海道中富良野町】住宅取得でも賃貸でも補助、中学3年までの医療費無料!

新築住宅を購入し5年以上住むことを約束で100万円を、新婚ないしは子育て世帯の賃貸家賃を1万5千円×24カ月補助。また、お子さんの医療費を中学3年まで全額無料とし、チャイルドシート購入時には1万円の補助金が。

問い合わせ先:北海道中富良野町

3-4.【広島県神石高原町】子ども進学時10万円の補助金、住宅取得には最高150万円!

住宅を購入し住まいとするとき最高150万円まで助成、空き家バンク物件から購入もしくは賃貸借したとき50万円まで補助しています。お子さんが小学校・中学校に進学したとき、地域通貨「こうげん通貨」で10万円分の支給があります。

問い合わせ先:広島県神石高原町

3-5.【高知県】県をあげて移住を支援、ポータルサイトで家も仕事も探せる!

移住には、住まいや仕事の心配がつきものですが、その心配を一気に減らしてくれるのが「高知家で暮らす。」というポータルサイトです。まちの雰囲気を知りたい方のために最低3カ月からの短期契約ができる賃貸物件の紹介、引越し料金を最大30%OFFにしてくれる特典など、隅から隅まで目を通したくなる情報ばかりです。

問い合わせ先:高知県産業振興推進部移住促進課

3-6.【山口県周防大島町】「試住」から「定住」までお手伝い、子どもの医療費は無料!

職業体験ツアーや短期試住、移住の先輩方との出会いを支援。コミュニティに溶け込める仕組みがあります。子どもの医療費は条件付ながら中学3年生まで無料です。暮らし方を「数字」でイメージできるよう、ファイナンシャルプランナーがふるさとライフプロデューサー(FP)として相談に乗ってくれます。

問い合わせ先:周防大島町役場・政策企画課内 周防大島町定住促進協議会

3-7.【北海道芦別市】1子出産10万円、市内に就職で最高30万円交付!

移住により家を建てたとき最大で100万円、中古住宅の取得は上限50万円までの奨励金。出産は1子10万円の地域限定商品券が用意されます。U・Iターンで市内の事業所へ就職した方には3年間で最高30万円の地域限定商品券が交付されます。

問い合わせ先:北海道芦別市役所

3-8.【群馬県高山村】子育て支援が手厚い!出産祝金や高校・大学の学資貸与も!

第1・2子出産には20万円、第3子以上には30万円の出産祝金が支給され、小中学校への進学時には子1人あたり2万円が支給されます。経済的理由で就学困難な子が高校や大学へ進学を希望するとき、学費を無利子で借りることができます。

問い合わせ先:群馬県高山村

3-9.【山形県遊佐町】子育て世帯移住奨励金、職探しのための交通費も助成!

公的機関が実施する面接イベントなどで職探しをする際の交通費を上限2万円まで助成してくれます。移住者の子どもが0歳~義務教育課程にあり、移住の日から5年以上継続して住み続ける場合は子どもひとりにつき年12万円(3年上限)が給付されますし、18歳までの医療費は無料です(条件あり)。

問い合わせ先:山形県遊佐町

3-10.【滋賀県彦根市】お試し移住に家賃補助、これから子どもが欲しい方におすすめ!

1年目は1カ月あたり2万円、2年目は1万円の家賃補助をし、お試し移住を支援しています。また、不妊治療助成や妊婦健康診査費用助成、妊婦さんやママ同士の交流をサポートするいくつもの仕組みを実施していますので、新たな地で子を生み、育てたいという方に魅力的です。

問い合わせ先:滋賀県彦根市

3-11.【兵庫県相生市】1人5万円の出産祝い金から給食無料化まで子育て家庭に

賃貸住宅契約した新婚世帯に毎月1万円(3年限度)を補助しています。1子生まれる度に5万円のお祝い金、3歳になるまで利用できる2万円分の子育て応援券交付、中学3年までの医療費が無料(所得制限あり)、給食無料など、結婚を機に移住したい方におすすめです。

問い合わせ先:兵庫県相生市企画総務部定住促進室

3-12.【鳥取県鳥取市】東京・大阪に相談窓口設置、お試し定住1日1,200円、各種子育て支援あり

東京と大阪に移住支援用相談窓口があります。お試しで住んでみるための住宅を1日1,200円で借りられますので住み心地の確認ができますし、移住後も子ども18歳まで医療費の補助、第3子以降の保育料完全無償化など、子育てに関する各種補助が充実しています。

問い合わせ先:鳥取県鳥取市

3-13.【青森県西目屋村】「子育て応援日本一宣言」、育児中の世帯に手厚い支援

出産祝い金は第2子15万円、第3子20万円、それぞれ入学祝い金もでる他、予防接種や高校3年生に相当する年齢までの子の医療費がゼロ、無利子で奨学金を借りることができるなど、子育て世帯に魅力的な制度がいっぱいです。

問い合わせ先:青森県西目屋村

3-14.【北海道士幌町】家が欲しい、安心に子育てもしたい!がっちりサポート!

移住体験住宅があり、町が気に入れば住宅団地を安く購入できます。100坪300万円弱のところ、子育て中の移住者に関しては100万円限度(半分は商工会商品券)で助成されます。また、出産時や小学校入学時にお祝い金が準備されていたり、小中学校の給食費が一部町負担などの制度があります。

問い合わせ先:北海道士幌町

3-15.【佐賀県】中学3年生でピロリ菌検査?移住に必要な情報をポータルサイトで発信

子育てを軸に移住を考えている方にとって、子どもの健康面支援はうれしいものです。佐賀県では中学3年生にピロリ菌検査と除菌治療事業を行ったりなど、驚きの子育て支援を充実させています。地元情報の提供と同時に移住までに行わなければならないことをとりまとめたポータルサイトも運営しています。

問い合わせ先:地域交流部 さが創生推進課 移住支援室

3-16.【鹿児島県いちき串木野市】転入・住宅購入で最高280万円、出産祝いや紙おむつ助成も!

市の準備している定住促進住宅地を購入し、少なくとも10年以上居住する世帯に、最高280万円の補助金が準備されています。出産祝い金は第1子2万円、第2子3万円、第3子10万円で、市内で購入した紙おむつ購入費用を乳児1人2万円まで助成。中学卒業までの子どもは、医療費全額助成です。

問い合わせ先:鹿児島県いちき串木野市

3-18.【埼玉県横瀬町】お試し移住に最適?通勤費助成金・新婚世帯家賃補助あり

田舎暮らしがどのようなものかを「疑似体験」してみたいという方におすすめ。西武秩父線を用いて遠距離通勤する人の通勤費用を年間最大6万円補助、新婚世帯の家賃を年間最大12万円補助しています。出産祝い金や入学祝い金の制度もあります。

問い合わせ先:埼玉県横瀬町

3-19.【宮崎県えびの市】移住・定住まで至れり尽くせり、子どもを地域で見守る仕組みが充実

移住目的で家や仕事を探す方に、滞在費やレンタカー代の一部を助成。定住促進住宅に入居する場合、18歳未満の子どもがいれば家賃は減額されます。おたすけ会員とお願い会員とを結びつけて子育ての手伝いをしあう「ファミリーサポート制度」や、子どもの医療費補助もあります。

問い合わせ先:宮崎県えびの市

3-20.【石川県七尾市】住宅取得で最高370万円助成、待機児童ゼロ、中学3年まで医療費補助あり!

県外からの転入者が家を新築・購入したとき最高370万円が、賃貸ならば最高月額1万5、000円×3年間助成金が助成されます。待機児童はゼロで、子どもの医療費助成があります。また「ななおiju創業パック」で、移住と創業を一貫して支援してくれます。

問い合わせ先:七尾市移住定住促進連絡協議会

まとめ

田舎でゆっくりと子育てしたいと考えてはいても、希望する土地に行ったことすらなければ暮らし方のイメージはできません。せめて何度か通い、「衣食住」ならぬ「衣職住」の雰囲気を掴むことから始めましょう。

  • 田舎暮らしのメリットは「安い家賃」「良い食べ物」「人との関わり」「自然」など
  • 「人との関わり」や「自然」がときにデメリットになることも
  • 自治体によって、移住者への支援内容が違う
  • ライフスタイルに沿った支援を行っている土地への移住も、ひとつの考え
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告
RECOMMEND
あわせて読みたい記事

(無料)希望予算で家づくりをしてくれる建築家を探してみませんか?

RELATED ARTICLE
あなたに読んでほしい記事
PICK UP
編集部おすすめの厳選記事