永大(EIDAI)のキッチン「ハイル」の特徴や価格、評判をプロの目線で紹介!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

出典:https://www.eidai.com/product/kitchen/highru/

ハイル」は、永大(EIDAI)のお手頃な価格で購入できるシンプルなキッチンです。取手のないすっきりとしたデザインでありつつも、収納力はしっかりと確保しています。

このページでは、永大(EIDAI)のキッチン「ハイル」について、特徴や価格、評判や口コミなどを、元キッチンメーカー勤務のプロの目線を交えて解説していきます。

ハイルの価格や基本サイズ(255cm)、レイアウト

まず、永大(EIDAI)のキッチン「ハイル」に関する基本情報を確認していきます。

I型ペーシックプラン
(メーカー参考価格
¥599,000~ (間口255cm 食洗機なし)
¥739,000~ (間口255cm 食洗機付き)
キッチンレイアウト  I型・L型・ペニンシュラ型
キッチン対応間口 210cm〜270cm
調理カウンター高さ 85cm、90cm
扉カラー 4シリーズ 全20柄
使いやすい調理カウンターの参考高さ   身長(cm)÷ 2 +5cm
スポンサー広告

ハイルの特徴

永大(EIDAI)のお手頃キッチン「ハイル」の特徴を見ていきましょう。

ハンドルレスのデザイン

ハイルのデザインの大きな特徴は、キッチンの取手部分がないハンドルレスであることです。

通常はキッチンの引き出しに取手がついており、取手を引っ張ることで引き出しを開閉します。ハンドルレスのハイルは、引き出しの上か下に隙間があり、そこに手を入れて引き出しを開けます。

ハンドルレスのデザインにすることで、扉面材を全面的に見せることができる上に、全体的にすっきりとした印象を与えます。お部屋のインテリアを邪魔することなく、キッチンが生活空間に溶け込むことができます。

取手の部分に手を拭くタオルをかけている方も多いと思います。ハイルでは、ハンドルレスの隙間専用のタオルハンガーをオプションで取り付けることができます。

 

ハンドルレスのデザインは、見た目が非常にすっきりするため、キッチンが家具のような雰囲気を出します。

引き出しを開閉するために手を入れる隙間には、アルミラインが入っています。このアルミラインは、シルバーとブラックの2色から選ぶことができます。

扉面材の奥からのぞいているアルミラインを、好みの色にすることでキッチン全体のイメージを変えることができます。

 

 

こだわりの収納力

ハイルは、お手頃な価格のキッチンでありながら、収納力に対してこだわりをもっています。

しっかりとした3段引き出しに、奥行きいっぱいまで収納スペースを確保しています。永大(EIDAI)の従来の商品と比較すると、収納底面積が45%もアップしています

フライパンや鍋はもちろんのこと、カセットコンロやホットプレートなどの大きめの調理器具も収納することができます。中段のメインスペースには、2リットルペットボトルを立てたまま扉を開閉できます。

 

ムシブロックパッキン

ハイルには、キャビネットをきれいに保つ「Eキャビ」という特徴がります。その一つが、虫の侵入を防ぐ「ムシブロックパッキン」です。

ムシブロックパッキンとは、忌避材(害虫などがイヤがるもの)をコーティングしたパッキンのことです。キッチンの引き出しのサイドや下部に設置してあり、キッチン内部に害虫が侵入するのを防ぎます。

〜ムシブロックパッキンの流れ〜

  1. キッチンは程よい湿気や温度、食材があり、虫には快適な環境
  2. ゴキブリなどの害虫がキッチンに近寄り、ムシブロックパッキンに接触する
  3. 害虫は、触覚などを通して不快感を覚える
  4. 害虫は不快感を学習し、キッチンに近づかなくなる

ムシブロックパッキンによる、害虫の侵入阻害率は90%以上と言われています。さらに、8万回の扉開閉を行っても忌避材のコーティング量は保たれるため、効果が持続します。

この忌避材は、ゴキジェットで有名なアース製薬との共同開発です。ゴキブリなどの害虫に対して高い効果を持ちつつも、人間が触れても舐めても人体に影響はありません。ニオイも発生しないため、人間が不快感を覚えることはありません。

抗菌シート

Eキャビの特徴として、「抗菌シート」があります。

抗菌シートが施してあることで、キャビネット内のカビ等の増殖を抑えることができます。さらに、シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒドを吸収し、分解する効果もあります。

キッチンは口に入れるものを扱うため、キャビネットをクリーンに保つことができるのは嬉しい機能です。

ハイルのカップボード

ハイルのカップボードの種類を確認していきます。

カウンター・家電収納タイプ

カウンタータイプ家電収納タイプは、収納の上にカウンタースペースがあります。

カウンタースペースには、ものを仮置きしたり、ちょっとした作業スペースとして使うこともできます。ケトルやトースターなどの調理家電を置いても良いでしょう。

炊飯器やコーヒーメーカーなどの蒸気が出る調理家電は、家電収納のスペースに収納します。蒸気排出ユニットによって、気兼ねなく使用することができます。

トールタイプ

食器や調理器具が多い方には、トールタイプのカップボードを設置することをオススメします。

トールタイプの収納は、上から下まで収納力があるためたくさんのものを入れることができます。手持ちの道具の多さによって何を採用するか決めると良いです。

カウンタータイプの収納と組み合わせることもできます。

ハイルの価格や値引き

ハイルの様々な価格比較を見ていきましょう。

・レイアウトによる価格表

食洗機なし 食洗機付き
I型 255cm ¥599,000 ¥739,000
L型 240×180cm ¥787,500 ¥974,500
ペニンシュラ型 258cm ¥838,500 ¥980,000

上記に記載の金額は、全て「メーカー参考価格」つまり定価のことです。実際にキッチンを購入する際には値引きが入ります。

しかし、実際にキッチンを購入するときには、工事費がプラスになったり、逆に値引きが入ったりします。間口やレイアウト、設備のグレードによっても、料金が大きく変わります。キッチンリフォームは、リフォーム費用の総額や、相場が分かりにくいのが現状です。

キッチンリフォームで実際にかかる費用を知るには、業者から見積もりを取ってみるのが一番です。このとき、見積もりは、必ず複数の業者に依頼するようにしてください。料金は、リフォームの内容だけでなく、業者によっても異なります。

複数の業社から見積もりを取ることで、リフォーム費用の相場や、適正な価格が見えてきます。

永大(EIDAI)の「ハイル」を、無料で見積り依頼できるサービスはこちらがおすすめです

 

ハイルの評価や評判、口コミ


出典:永大(EIDAI)のショールームより

ハイルを実際に採用した人、実際にショールームなどで見た人の評判や口コミを見ていきましょう。

システムキッチンハイルは「デザインと収納性に、ひとつ上クオリティを。」をコンセプトに作られたキッチンです。

永大のキッチンの中ではお求めやすい価格のキッチンですが、非常に使いやすいキッチンです。

オーク材の豊かで温かみのある木目柄を鏡面調に仕上げた鏡面調木目柄もキレイですし、程よい立体感と柔らかな手触りを追求した、うづくり調仕上げの扉もいいですよね。

木目が好きな方は気にいるものが見つかりやすいかもしれません。

出典:http://iejoho.com/archives/626

マイナーなメーカーなのでかなり不安だったんですけど、これにしてよかったです。これにした一番の要因は価格の安さだったんです。リフォーム会社がほぼ半値で購入が出来るというのでこれにしたんですが凄く良いですね。静音設計のシンクもしっかりと役割を果たしていますし、収納スペースも無駄な所が一切無いので凄く使いやすいです。これといった不具合も無いので、ずっと使い続けていきたいと思っています。ホワイトカラーが凄く上品です。

出典:http://reform-kuchikomi.com/shop/?m=index&s=76

実際に実家がリフォームをしたので使った事があります。使用感メインでの感想ですが、中々良いですね。特に収納スペースがしっかりと考えられていると思います。コンロの下の収納スペースにフライパンを置けるので、良いと思います。取り出しの時もストレスは感じなかったです。大きい中華鍋は入りませんが結構大きいフライパンは入ります。デザインはかなりシンプルだなと思います。取っ手の無い収納棚なので移動の時に引っかかる心配がありません。実際に使ってみて私もこれにしようか悩みました。

出典:http://reform-kuchikomi.com/shop/?m=index&s=76

お手頃な価格でありながら、デザインや収納力に満足している声が多くありました。ハンドルレスを評価する意見もあり、好評のようです。

 

まとめ

ハイルは、永大(EIDAI)のキッチンシリーズの中でも、お手頃な価格のキッチンです。

シンプルですっきりとしたデザインですが、収納や使い勝手に関しては申し分ありません。ハンドルレスのデザインやムシブロックパッキン、抗菌シートなどの個性も光っています。

価格を抑えつつも、しっかりとしたキッチンをお求めの方は、ハイルがピッタリかもしれません。

永大(EIDAI)の「ハイル」を、無料で見積り依頼できるサービスはこちらがおすすめです




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告