2017/12/18   特集コンテンツ ,

100人の方に聞きました!「FPに相談した事ランキング」

スポンサー広告
ブロードマインド株式会社 平原直樹
ブロードマインド株式会社 平原直樹
お金周り全般についてアドバイスしているファイナンシャルプランナー、第一種証券外務員。 日本全国で年間100回を超えるセミナー講師を務める人気講師、明快で分かりやすい解説がお客様の好評を博しています。
100人の方に聞きました!「FPに相談した事ランキング」

はじめまして!ブロードマインド株式会社の平原と申します。

今回、auiewoに寄稿させていただくことになりました。どうぞよろしくお願いいたします。

皆さんはFP(ファイナンシャルプランナー)ってどんな仕事をしていると思いますか?相談することでどんなメリットがあると思いますか?

今回、世間の人はFPに”どんな相談をしているのか”を探るべく、FPに相談をした経験のある方100名を対象にアンケートを取ってみました!

(調査:ブロードマインド㈱ 集計期間:H29 年7月~H29年11月、調査対象:20代~50代の男女)

FPに相談した事ランキング

※横軸は回答した人の割合(%)(複数回答有)

FPに相談したことランキング

1位は「保険相談」 、FPサービスを利用した人の半数以上が保険についてのアドバイスを求めているという結果に

  • 「加入している保険を見直したい」
  • 「今入っている保険が自分に合っているかどうかを確認したい」
  • 「保険料を少しでも安く抑えたい」

など。相談する内容は様々ですが、やはり保険商品は難しいと感じている方が多いようで、そこでお金の専門家であるFPに相談するという傾向が見られます。

また、複数の保険会社を取り扱っているFPに相談すれば、数ある保険商品の中から自分に合った商品を選べるという点も大きな魅力になっているようです。

2位は「老後への備え」 、セカンドライフや老後に漠然とした不安を抱えている人が多い?

日本の将来、少子高齢化などが影を落とし、社会保障に係る負担が増えていくことが確実な状況の中、果たして自分は「いつから」「いくらの」年金をもらうことができるのか?ということは大きな関心事です。

また、年金だけを頼りにして、自分たちの老後の生活は成り立つのか?ということもとても気になります。

5位にも「貯蓄・資産形成」がランクインしており、やはり老後に向けてお金をしっかりと貯めておきたいという意向が表れていますね。

3位は「教育資金の備え方」、子供の将来のことがやっぱり気になる!?

子供にどういった教育を施してあげたいかは人によって様々です。私立に進むのか、それとも公立に進むのか?子供が生まれた家庭では、やはり子供のことがどうしても気になります。

しかし、特徴的なのは子供の教育について考え始めることがきっかけとなって、これからの人生を真剣に考え始める方が多いことです。例えば、

  • 家を買った方がいいか
  • 家計全体を見直すべきか
  • 奥様の仕事を今後どうしていくか

などです。その辺りが幅広い金融知識を持つFPに相談する理由の一つになっているかもしれないですね。

スポンサー広告

そもそも、FPってなに?

世間の人が抱える悩みや相談をワンストップで解決してくれるのが「ファイナンシャルプランナー」通称FPと言われるお金のアドバイザーです。

保険の相談であれば、保険会社。住宅のことは、不動産会社。預金や住宅ローンは銀行。投資のことであれば証券会社。それぞれ別々に聞いている方もいらっしゃるのではないでしょうか?でも、そんなに聞くにも時間がないし、よく分からないし、なにより面倒くさいですよね。

FPがいれば色んなことが一気に解決!あなたの頼れるアドバイザーです。

FPサービスをご利用するにあたっての注意点

FPサービスといっても、FPにもさまざまなメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
保険会社 自社の保険に詳しい 1つの保険会社に限る
乗り合い代理店 保険比較できる、住宅ローン・資産運用など幅広い知識を得られる 多少個人の能力差がある
保険ショップ 保険の比較ができる 保険のみしか扱えない
不動産系FP 住宅ローン返済シミュレーションなど、住宅の分野に詳しい 住宅以外の保険などの金融商品も扱えるが、商品知識などが弱い
証券会社系FP 証券などの資産運用系に強い 証券以外の保険などの金融商品も扱えるが、商品知識などが弱い
会計士・税理士 会社経営には精通している 商品情報が乏しい

このように、あなたの相談の目的によって選ぶべきFPは異なってきます。

どれが正しいということはありませんが、FPを選ぶ際には“ご自身がFPに何を相談したいのか”という目的をはっきりした上でFPを選ぶと問題ないでしょう。

FPサービスの利用料金について

日本FP協会の調査(2011年)によると、「CFP」と「AFP」の資格を持っているFPに相談する場合1時間当たりの相談料は、5,000~20,000円以内という結果となりました。

スクリーンショット 2017-11-24 17.10.19

これはあくまで相談料で、提案書作成などは別途費用がかかります。

お金の相談は大切なことなので、信頼できるFPを探すことをオススメします。

実際のFP相談を受けた方にお話しを聞いてみました!

相談者:Aさん、ご本人様33歳(夫35歳、お子様0歳)

Aさん:

教育資金の貯蓄もしたいし、将来に向けて自分たちの貯蓄もしたいと思っていました。時短勤務になったことで、出産前より収入が減ってしまい、今後の貯蓄プランに不安がありました。

出産後、育児休暇が明けて仕事に復帰した後に相談しました。そんなとき、たまたま“FP無料相談”をwebで見つけ、申し込んでみました。最初はどんな人がくるのか、どんなことを聞かれるのかすごく不安でもありました。

ただ実際会ってみると、なんとなく不安に思っていたマネープランについて、ライフプラン表を作成して頂き、今後どのように貯蓄していけばいいのか、明確に知ることができました。家計改善の結果、月々5万円貯蓄できることがわかりました。これを、計画的に貯蓄するために、2万円を学資保険、3万円を銀行で貯蓄していくことになりました。

また、今後住宅購入も検討しているので、その際にも相談に乗って頂けるとのことでした!次回も頼りにしています!

相談者Bさん、ご本人様30歳(夫30歳、お子様2歳)

Bさん:

子供も産まれたので、そろそろ住宅購入をしたいと思っていました。

ただ、今後のライフプランも作らないと、いくらくらいの住宅なら購入できるか不安でした。

今回のお話しでは、住宅購入にあたっての必要となる金額(諸費用)や、ローンの金利の一般的な知識まで教えて頂き、大変勉強になりました!

今回は、住宅購入をしなかったので、保険の見直し等はしなかったのですが、しつこい勧誘もされず、「また何かあったらご相談ください」と真摯に対応頂きました。

また、子供が小さかったので、外出して相談するのもちょっと大変だなと思っていたところ、自宅までFPの方に来ていただいて、子供を見ながら相談することができて助かりました!

保険ライフのFPサービスを利用する3つのメリット

1.全国対応可能!!

登録しているFPが全国約1,500名在籍。FPはすべて独立系FPとなります。

2.相談は何回聞いても無料!

何度聞いて頂いても無料です。ご自身が納得いくまで、何回でもFPにご相談してみてください。

3.場所はご自宅、もしくはご自宅近くのカフェもOK

子育て中のママさんなど、聞いてみたいけど遠くには行けないって方もいらっしゃるかと思います。でも、FP無料相談であればご自宅近くまで来てくれるので、気軽にご相談が可能です。

4.お金の専門家を味方につけましょう!

現在の家計についてご相談もできますし、将来住宅購入した、お子様が増えたなど家庭環境が変わった場合にも、後々もしっかりフォローさせて頂きます!

まとめ

このように、

  • 数ある商品の中から、自分に合った商品を選択したい方
  • 年金などの社会保障や、税金、iDECOやNISAなどの幅広い情報提供を求めている方
  • 生涯設計などのライフプランニングをしっかりしたい方
  • 保険料が高い、ご自身の入っている保険の内容が分かっていない方

ぜひ一度FP相談を受けて、あなたのより良いライフプランを実現してみませんか?

>>保険ライフのFPサービスの詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告