2020/11/08   洗面台

TOTOの洗面化粧台「エスクア」の特徴や価格、評判をプロ目線で紹介!

auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

出典:https://jp.toto.com/products/groom/escua/

出典:TOTOのショールームより

TOTOの洗面化粧台「エスクア」は、TOTOの洗面化粧台のカテゴリーの中では、最上位グレードの洗面化粧台です。

色々なスタイルにカスタマイズができる、贅沢を極めたシステムドレッサーとなっています。

フロートプランや、キャビネットタイプ、カウンタータイプなど、様々な形状のバリエーションが充実しています。

今回の記事は、TOTOの洗面化粧台「エスクア」について、特徴や価格、評判や口コミなどを、住宅設備メーカー勤務のプロの目線を交えて解説していきます。

「エスクア」の価格・サイズなどの基本情報

まずは「エスクア」の基本情報について見ていきます。

価格 292,700円~
間口(幅) 750mm~1,800mm(カウンター1mm単位/キャビネット50mm単位)・フローティングデザインプランの場合、790mm・940mm・1040mm・1240mm
カウンター高さ 1,900mm(ミラー設置時標準高さ)
引き出しタイプ 1段引出し・2段引出し・開き扉
ミラーキャビネット 3面鏡・1面鏡・大型1面鏡
カウンター材質 人造大理石(ポリエステル系樹脂)もしくは陶器製(セフィオンテクト)
洗面ボール種類 4種類
水栓  10種類
カウンターカラー 全11色
扉カラー 全14色

「エスクア」の特徴

それでは、TOTOの洗面化粧台「エスクア」の特徴を見ていきましょう。

商品コンセプトは「こだわりから生まれる洗練」となっています。

「エスクア」には、6つのバリエーションプランがあります。

どのプランも、女性の方であれば誰でも憧れるような高級感を演出します。

また高級グレードの洗面化粧台らしく、各項目で選択できるラインナップも多いです。

好みに合わせて扉色やミラー形状はもちろん、洗面化粧台のスタイルの種類が多く、洗面空間全体のコーディネートの幅を広げてくれます。

キャビネット形式のプランから、最近人気の高いフロートプランまで、プランの幅の広さは全メーカーの中でもトップクラスです。

その中でも、「エスクア」の一番の魅力でもある「プランニングのバリエーションの多さ」から解説していきます。

プランニングのバリエーション

フローティングデザインプラン

洗面本体を、壁で固定して浮かせた設計です

浮かせることにより、キャビネットタイプに比べて圧迫感が減り、デザイン性が高くなります。

キャビネットの側面は、扉柄と同じ色でコーディネートされるため、オープンな空間でも高級感が出せます。

フローティングデザインプラン」での条件です。

  • 洗面本体・カウンター幅:790mm・940mm・1,040mm・1,240mm
  • 洗面ボウル位置:センターのみ
  • カウンタータイプ:「陶器製洗面ボウルのベッセル式」のみ。

センターボウルプラン

洗面本体は、キャビネットでプランする設計です

そして洗面ボウルをセンターに配置するタイプです。

センターボウルプラン」での条件です。

  • 洗面カウンターの幅:750mm~1,850mmでの1mm単位でオーダーが可能です。
  • キャビネット本体幅:750mm~50mm単位オーダー。エンドスペーサーで幅調整を行う。
  • 洗面ボウル位置:センターのみ。
  • カウンタータイプ:人造大理石カウンター・ベッセル式 両方可

片寄せボウルプラン

洗面本体は、キャビネットでプランする設計です

そして洗面ボウルを、左右どちらかに寄せるタイプです。

片寄せボウルプラン」での条件です。

  • 洗面カウンターの幅:1,000mm~1,850mmでの1mm単位でオーダーが可能です。
  • キャビネット本体幅:950mm~50mm単位オーダー。エンドスペーサーで幅調整を行う。
  • 洗面ボウル位置:左片寄せ・右片寄せ
  • カウンタータイプ:人造大理石カウンター・ベッセル式 両方可

片寄せオープンプラン

洗面本体は、キャビネットでプランし、ドレッサー机を併設する設計です

洗面ボウルを、左右どちらかに寄せ、反対側がドレッサー机となります。

片寄せオープンプラン」での条件です。

  • 洗面カウンターの幅:1,350mm~1,850mmでの1mm単位でオーダーが可能です。
  • キャビネット本体幅:1,300mm~50mm単位オーダー。エンドスペーサーで幅調整を行う。
  • 洗面ボウル位置:左片寄せ・右片寄せ
  • カウンタータイプ:人造大理石カウンター・ベッセル式 両方可

2連ボウルプラン

洗面本体はキャビネットでプランし、洗面ボウルが名前の通り2連ボウルでのプランです

2連ボウルプラン」での条件です。

  • 洗面カウンターの幅:1,500mm~1,850mmでの1mm単位でオーダーが可能です。
  • キャビネット本体幅:1,450mm~50mm単位オーダー。エンドスペーサーで幅調整を行う。
  • 洗面ボウル位置:2連ボウルのみ
  • カウンタータイプ:人造大理石カウンター・ベッセル式 両方可

カウンタープラン

洗面本体に収納がなく、スッキリしたデザインのカウンタープランです

カウンタープラン」での条件です。

  • 洗面カウンターの幅:750mm~1,850mmでの1mm単位でオーダーが可能です。
  • キャビネット本体幅:750mm~50mm単位オーダー。
  • 洗面ボウル位置:センター・左右片寄せ・2連ボウル(ボウル形状により最小寸法異なる)
  • カウンタータイプ:人造大理石カウンター・ベッセル式 両方可

画像引用:https://jp.toto.com/products/groom/escua/

カウンター・洗面ボウル

「エスクア」では3種類のカウンター・ボウル形状から選ぶことができます。

カウンターとボウルが一体になっているタイプで2種類あります。

そしてもう1種類は、カウンターの上に陶器製ボウルを乗せるベッセル式のタイプになっています。

透明感のある、人工大理石を使った高級カウンターの「クリスタルカウンター」と「マーブライトカウンター」から解説をしていきます。

「クリスタルカウンター」「マーブライトカウンター」の特徴

クリスタルカウンターの特徴は、「すべり台ボウル」「使い勝手の良さ」です。

  • すべり台ボウル

画像引用:https://jp.toto.com/products/groom/escua/

排水口は向かって右側に配置された設計になっており、水が排水口へ一点に集中する設計になっています

水だけでなく、泡や髪の毛なども、スイスイすべるように流れていくため、使うたびにお手入れができます。

また排水口のポップアップは、一押しで開閉できる「ワンプッシュ排水ボタン」が特徴的です。

 

  • 使い勝手の良さ

「エスクア」のカウンターは、デザイン性だけでなく主に3つの使い勝手の良いポイントがあります。

1つ目は、ボウル内に傾斜があるので、洗うエリアと仮置きするエリアを分けて使うことができます

お子さんの服などを洗面所で洗っている方は、ゴシゴシ洗う場所と、漬け置きをするエリアに分けながら使えます。

2つ目は、カウンターの水栓まわりのセミウェットエリアです。

石鹸やハンドソープなど濡れやすいものを置きやすいよう、水が切れる段差のあるエリアが設計されています

最後は、カウンターとボウルが一体成型のため、隙間なくお手入れがラクなことです。

「クリスタルカウンター」カラー

そしてクリスタルカウンターは、高級感を極めたデザインの全5色です。

・(左)霞、(右)彩糸

柄が入っているタイプでは、山のふもとの霞を表現したグレーを基調としたカラーが1つ。

もう1つは、彩のある糸を引いたような繊細な色柄です。

  

・(左)クリスタルスノー、(中)クリスタルグレー、(右)クリスタルグレージュ

プレーンな柄のないタイプです。

透明感があり、奥行がある美しさと、耐久性を兼ね備えた素材色です。

画像引用:https://jp.toto.com/products/groom/escua/

「マーブライトカウンター」カラー

こちらのカラーは、3シリーズで全5色があります。

 

・グラニットホワイトストーン、グラニットアマ―ロブラック

天然石のような柄が入っているタイプです。

その柄が、御影石のような輝きやあり、重厚な輝きがあります。

・オニックスマットホワイト、オニックスマットベージュ

一方向に流れているヘアライン柄タイプです。清潔感のある美しさの素材色です。

・ホワイト

シンプルなプレーン単色の色になります。

画像引用:https://www.catalabo.org/iportal/CatalogViewInterfaceStartUpAction.do?method=startUp&mode=PAGE&volumeID=CATALABO&catalogId=67136040000&pageGroupId=22&designID=link&catalogCategoryId=&designConfirmFlg=&pagePosition=L(TOTOカタログ)

陶器製洗面ボウル(ベッセル式)

「エスクア」では、ベッセル式のプランもできます。

カウンターに、陶器製ボウルを置く形は、最近女性の方を中心に人気のスタイルです。

水栓や洗面ボウル、カウンターがそれぞれでの選択肢が広がります。

これにより、インテリアにマッチしやすい、アレンジがしやすいスタイルが人気の理由です

「エスクア」では、3種類の洗面ボウルが選択できます。

角型洗面器(水栓立ち上がり有)・角型洗面器(水栓なし)・丸型洗面器(水栓なし)

画像引用:https://jp.toto.com/products/groom/escua/

 

セフィオンテクトとは?

TOTOは、陶器では世界でもナンバー1と言っても過言ではない技術を持っています。

ただ元々の陶器自体は、焼き物であり表面は意外と凹凸があります

この100万分の1のナノレベルの凹凸を、釉薬を表面に焼き付けることで回避しました。

この表面をツルツルにしたTOTOの陶器製品がセフィオンテクト」です。

表面が滑らかになることによるメリットは、汚れがこびり付きにくくなります。

陶器が主に使われているのはトイレです。トイレもセフィオンテクト採用の陶器では、汚れが付きにくく、清掃性が高いトイレになっています。

そして、その技術を洗面ボウルに転用しています。歯磨きやお子さんの服や靴を洗うこともあり、意外と汚れがたまりやすい洗面ボウル。

表面がツルツルになることにより、長くキレイに使うことができます

 

  • 排水口の仕様

 

画像引用:https://jp.toto.com/products/groom/escua/

髪などのゴミをキャッチする受け皿をサッと取り外して、簡単にポイッと捨てられるヘアキャッチャーになっています。

抗菌・防カビ効果でヌメリやカビ汚れを抑制し、お掃除がグンとラクになります。

水栓

「エスクア」で選択できる水栓は主に10種類あります。

どの水栓も、高級洗面にふさわしい、デザイン性の高い水栓を採用しています。

また、TOTOは水栓も自社で製造する技術があるため、水栓に関しては様々なこだわりが他社より多くあります

ただカウンタータイプによって、設置できない水栓もありますので、そこも合わせて解説していきます。

2穴タイプ・エアインシャワー水栓(節湯水栓)

適用ボウル:人造大理石製ボウル用

エアインシャワーは、TOTOのキッチンやお風呂などでも使われいる特徴のある水栓です。

水の中に空気を含ませて吐水することにより、1粒1粒の水滴が大きくなり、少ない水でもしっかり洗うことができます

その効果は、約20%の節水になります。

そしてシャワーヘッド方式になっており、引き出して洗面台の掃除をしたり、洗髪をしたりする際に便利です。

シャワーと吐水の切り替えは、吐水口で切り替えができます。

コンテンポラリーシリーズ(節湯水栓)

適用ボウル:(左)人造大理石製ボウル用・(右)人造大理石製ボウル、ベッセル式併用可

ベーシックで人気のある水栓形状です

人造大理石製ボウルのみに使える水栓は、シャワーの引き出し機能があります。

なお、シャワーと吐水の切り替えはなく、吐水のみです。

GOシリーズ(節湯水栓)

適用ボウル:人造大理石製ボウル用・ベッセル式(インセット・アウトセット可)

こちらの水栓は、世界的権威のあるデザイン賞である「reddot award 2017 best of the best」に選出されているデザイン性の高い水栓です。

優美さ、繊細をによる上質感と、量感を兼ね備えたデザインとなっており、メッキも高級感なる仕様になっています。

GAシリーズ(節湯水栓)

適用ボウル:人造大理石製ボウル用・ベッセル式(インセット・アウトセット可)

こちらの水栓は、世界的権威のあるデザイン賞である「reddot award 2018 winner」に選出されているデザイン性の高い水栓です。

シンプルな印象で、曲線と直線を融合したシャープなデザインとなっており、メッキも高級感なる仕様になっています。

GRシリーズ(節湯水栓)

適用ボウル:人造大理石製ボウル用・ベッセル式(インセット・アウトセット可)

こちらの水栓は、世界的権威のあるデザイン賞である「reddot award 2017 winner」に選出されているデザイン性の高い水栓です。

角型の印象で、映り込みによる優雅な表情を追求したデザインとなっており、メッキも高級感なる仕様になっています。

グースネックタイプ(自動水栓アクアオート)

適用ボウル:人造大理石製ボウル用

こちらの水栓は、自動水栓です。小ぶりなグースネック形状になっており、お湯と水の切り替えもできます。

Aタイプ(自動水栓アクアオート)

適用ボウル:ベッセル式(インセットのみ)

こちらの水栓は、自動水栓です。

ベッセル式に適用できる自動水栓ですが、水のみの吐水になります。

なお、インセットのみとなっているため、洗面ボウルから直接立ち上げる形のみです。

コンテンポラリタイプ(自動水栓)

適用ボウル:ベッセル式(アウトセットのみ)

こちらの水栓は、自動水栓です。ベッセル式のカウンターから立ち上がって、洗面ボウルに向かって吐水する形になるため、Aタイプと比較すると大きくなっています。

グースネック形状で、吐水は水のみです。

「きれい除菌水」生成器

適用ボウル:人造大理石製ボウル用のみ(カウンタープランは設置不可)

TOTOの水まわり設備で、特に人気の高い次亜塩素酸水を活用したきれい除菌水」専用の水栓です。

効果などの詳細は、「プロの目線」で紹介いたします。

「きれい除菌水」生成器は、単独での設置ではなく、他の水栓に加える形で設置いたします

画像引用:https://jp.toto.com/products/groom/escua/

キレイ除菌水の効果は?

TOTOのキレイ除菌水のメカニズムは、水道水に含まている塩素を分解して、次亜塩素酸を含む水を作り出します

電気分解をしているため、時間がたつと元の水に戻り効果はなくなりますが、環境にやさしい技術として注目されています。

また「キレイ除菌水」を噴霧している時は、青く光ります。

これにより、洗面ボウル内の汚れやすい部分に汚れを付きにくくします。

「キレイ除菌水」を使うことで、歯ブラシやコップも清潔に使うことができます

そして「キレイ除菌水」の効果としては、北里環境科学センターの実験でも除菌効果が実証されています。

しかし、全ての菌が除菌できるわけではありません。また掃除が全く不要になるわけではない点はご注意ください。

 

タッチレス水栓のメリットとデメリット

まずタッチレス水栓は慣れると便利です。

石鹸で手を洗って、石鹸まみれになった手で水栓のレバーを触る…。そして手を洗いながら泡がついたレバーも一緒に洗う…

といったことはありませんか?

自動水栓であれば、こういったストレスなく手を洗うことができます。

また、汚れた手でハンドルを触ることなく、手が洗えます

水を汲む時、連続で吐水したい場合は手動吐水に切り替えができる水栓もあります(グースネック・アクアオートのみ)

反対にデメリットとしては、反応が良くない時がある、ということです。

サッと出て欲しいときに数秒あるか無いかのタイムラグがありますので、それがストレスになる方もいます。

また洗面化粧台では、あまり気にしなくても大丈夫かと思いますが、センサーは赤外線を採用している為、ガラスやステンレス、黒い色のコップは赤外線が通過したり反射して反応しない場合があるので、その点ご注意です。

節湯水栓C1とは?

TOTOの水栓で「エコシングル水栓」という名称が付いている水栓は、節湯水栓です。

節湯水栓とは、水栓のレバーを水と湯の切り替え位置が「カチッ」というレバーの感触でわかるようになっている水栓です。

これにより、お湯を知らないうちに使わないようして、ガス代・電気代の削減に繋げることができます。

量も同様、水量70%の位置で「カチッ」という感触でわかるようになっており、節水がしやすい水栓です。

また各種補助金の申請などにも使える仕様の水栓になります。

こちらの水栓の省エネ効果は、意外にバカにできない省エネ効果があり、洗面化粧台にかかるガス代・水道代・下水代を約3割程度削減します。

ミラーキャビネット

「エスクア」は、選べるミラーキャビネットが非常に多いですが、最上位グレード洗面化粧台にふさわしく、全てフチがないスッキリした形状で、スマートなインテリアを演出します

それでは各ミラーキャビネットの特徴を、順番に解説していきましょう。

上下LED照明

照明の形状・機能が特徴的なミラーキャビネットです。

まず合計3本のライン照明LEDによって構成されています

最近の高級価格帯の洗面では、他社では縦型LED照明が多いですが、TOTOは上下から照らします。

上下LED照明の良い点は、顔全体に対し光が均等に当たって影ができにくく、化粧やひげ剃りがしやすい点、顔の印象が明るく見える点です

上からの光だけでは、顔の凹凸に応じて影ができやすくなってしまい、化粧の塗り具合や、ひげ剃りの際に鏡にアゴを無意識のうちに近づけてしまうことになります。

それに対して上下LED照明は、光の当たり具合がよく分かるので、お化粧もしやすく非常におすすめになります。

画像引用:https://jp.toto.com/products/groom/escua/

さらに顔を照らすだけでなく、洗面ボウルに向かっての下側の照明もあります

この照明で手元が明るく、作業しやすいくなります。

また、調色機能付きのタイプもあります。

時間帯や気分に合わせて、白色系の色と、暖色系の色に切り替えができます

夜や朝など使用シーンに応じて使い分けができます。

バックパネル

小さいお子さんが、洗面化粧台本体の前に立った時に、ミラーキャビネットが上にあり十分顔が見えないことも多いかと思います。

そんな場合に、活躍するのがバックパネルです。

ミラーキャビネットと、洗面カウンターの間がミラーになって、小さいお子さんでも鏡を確認することができます

また、この位置にミラーがあることで、洗面化粧台全体の奥行き感が出てきます。

洗面空間全体も、広く感じることができます。

エコミラー

画像引用:https://jp.toto.com/products/groom/escua/index.htm

ヒーターを使わずに、曇り止めができる「エコミラー」。

電気を使わず、特殊なコーティングによって、お風呂の湯気などでの曇りを抑制します。

ヒーターをつけて、ミラーが見えるまで待つこともなく、切り忘れることもありません。

木製3面鏡

(幅750mm~1,200mm ※50mm単位)

  • LED照明のみ
  • 上下LED照明・調色機能付き

木製1面鏡

(幅600mm・750mm・900mm・1000mm・1200mm)

上下LED照明で、調色機能付きです。

大型1面鏡

(幅600mm~1,850mm)

収納がないシンプルな1面鏡です。

ヒーターや、コンセント・照明スイッチ付きもあります。

LED照明ユニット(幅660mm)

画像引用:https://jp.toto.com/products/groom/escua/

サイドキャビネット

  • 大型1面鏡用(鏡タイプ)

(幅300mm・450mm)

 大型1面鏡と合わせて、2面鏡のような設計に組み合わせることができます。

 

  • 大型3面鏡用(鏡タイプ)

(幅250mm・300mm・450mm)

木製3面鏡と隣接させて設計に組み合わせます。

洗面カウンターが例えば1,500mmで設計した場合、1,200mmの木製3面鏡と、300mmのこちらのサイドキャビネットを組み合わせます。

これにより、4面鏡のように仕上げることができます。

 

  • 大型1面鏡用(鏡タイプ)

(幅250mm・300mm・450mm)

木製3面鏡と隣接させて設計に組み合わせます。

洗面カウンターが例えば1,500mmで設計した場合、1,200mmの木製3面鏡と、300mmのこちらのサイドキャビネットを組み合わせます。

これにより、収納が隠せる3面鏡と、オープンな収納で隣接してコーディネートできます。

ベースキャビネット

「エスクア」のベースキャビネットは、一見高級キッチンのような様相をしており、大きく分類して6種類の形態があります。

形態ごとにベストな使い方も含めて解説していきます。

「エスクア」の共通の機能としては、引き出しや開き戸にサイレントレール機能が付帯されております

洗面化粧台はどうしても化粧品の瓶などを立てて収納することも多いと思いますが、それらが倒れず静かに閉まります。

そして、キャビネットの色は、ダークグレーホワイトの2色から扉カラーによって設定されています。

フローティングデザインキャビネット(1段引出し)

画像引用:https://jp.toto.com/products/groom/escua/

フローティングデザインプランの場合は、引出しが1段になります

大きな引出しで、収納量が多く確保できる収納プランになります。

デザインキャビネット(2段引出し)

画像引用:https://jp.toto.com/products/groom/escua/

キャビネット形式の場合、引出しは大きな引出しが2段になります。

TOTOの洗面化粧台の引出しは、排水管の位置や構造を見直すなど、TOTO独自の工夫で引出しの収納スペースを、従来品に比べて広くとっています

右手のイラストの黄色部分が、広がった部分になります。

なお、カウンターの高さですが、

  • 陶器製洗面ボウルの場合:750mm(カウンター高さ)
  • 人造大理石製ボウルの場合:750mm・800mm(カウンター高さ)

になります。

デザインキャビネット(開き扉)

画像引用:https://jp.toto.com/products/groom/escua/

キャビネット形式の場合、開き扉の収納も選択できます。

キャビネット価格を抑えることができ、大きなものを収納することができます

なお、カウンターの高さですが、

  • 陶器製洗面ボウルの場合:750mm(カウンター高さ)
  • 人造大理石製ボウルの場合:750mm・800mm(カウンター高さ)

になります。

扉カラー

扉のカラー展開は全14色あります。

  • 扉グレード5

ルフレスノーホワイト・ルフレソルベージュ・ルフレダークグレー

  • 扉グレード4

リトホワイト・リトダークグレー

  • 扉グレード3

オプティホワイト・オーブライトグリーン・ペアホワイトウッド・べルベライトウッド・ペアブラウンウッド

  • 扉グレード2

パナシェホワイト・ミルベージュ・ロイミディアムウッド・ロイダルブラウン

取手

取手は3種類で、扉カラーに合わせたデザインに自動的に設定されています。

「エスクア」の価格

「エスクア」の価格は、各キャビネットや色などの組み合わせ構成によって左右されます。

また「エスクア」は高級グレードの洗面化粧台であることから、下記の定価からの大幅な値引きは期待薄にはなります

また洗面化粧台の場合は、新築時は商品代に加えて施工費用、リフォーム時はさらに既存の洗面化粧台の撤去・処分費用が加算されますので、正確な価格については一度お見積もりを取得されて検討されることえをおすすめします。

目安価格

各幅での目安価格(表記価格は扉グレードがスタンダードの場合の目安価格)

最安価格 292,700円~
フローティングデザインプラン(ベース価格) 592,700円~
センターボウルプラン(ベース価格) 619,800円~
片寄せボウルプラン(ベース価格) 650,400円~
片寄せオープンプラン(ベース価格) 691,000円~
2連ボウルプラン(ベース価格) 1,019,300円~
カウンタープラン(ベース価格) 463,500円~

「エスクア」の口コミや評判

わが家の洗面台はTOTOのエスクアにしました。

  • サイズ:  1450㎝
  • 高さ: 80㎝
  • クリスタルカウンター(かすみ)
  • きれい除菌水
  • エアインシャワー水栓

主な仕様は上記の通りです。

カウンターの高さは、洗顔のときに腰が楽になる高さで選びました。

低すぎると腰に負担がかかるし、逆に高いと、洗顔のときに水がヒジに伝わって垂れやすいのですが、159㎝の私には80㎝でちょうどいいです。(背の高い夫には低いかも)

実際にショールームで水を使ってみるといいです。きれい除菌水は、薬品や洗剤を使わず、水から作られる除菌成分(次亜塩素酸)で、排水口の周りや歯ブラシを除菌できるそうです。

あくまで、水から生成して、時間が経つとまた水に戻るそうなので、ノロウィルスなどの感染菌を除菌できるほどの強さではないらしいです。

ですが、これをやっておくことで、排水口のピンク汚れやヌメリは確かに少なくなりました。絶対抑えられるわけではないですが、掃除の頻度は以前よりも減りました。歯ブラシにも使えるので、娘の歯ブラシもこれをかけてます。

エアインシャワー水栓は、節水効果のあるエアイン機能搭載の水栓です。ホースが伸びて、隅々まで洗えるのはやっぱりいいですね

【他、洗面所の仕様】

水栓の後ろは鏡なしにしました。

アドバイザーさんに聞いたら、子どもが鏡を見られるようにするためのものらしくて「正直、水ハネでお掃除も大変なので、私個人としてはいらないと思います」と言っていました。

私も、いちいち水ハネを気にしなくてはいけないのは無理だなと思い、水栓後ろの鏡はなしにしました。子どもが大きくなったら、もはやいらないですもんね。

出展:https://ameblo.jp/sakura-ri0303/entry-12613115122.html

続いて洗面所です。ドアを開けたらこんな感じ。

洗面台はTOTOのエスクアです。

面材は一目惚れのルフレソルベージュ

フロートタイプに見惚れましたが、収納量を考えてこれで正解でした。

ミラーの下には追加工事を依頼した名古屋モザイクのタイル。

色味でとても迷ったけど、気に入りました

出典:https://ameblo.jp/hidamari-nooto/entry-12588897953.html

まとめ

エスクア」は、TOTOの洗面の中でも高級洗面であり、高級感は他社と比較しても引けを一切取らないレベルです。

中でも色々なスタイルの選択肢が広く、プランニングしていて楽しい洗面化粧台です。洗面空間のコーディネートに拘りたい方は、「エスクア」が選択肢の1つとなりえるでしょう。

またTOTOならではの「キレイ除菌水」など、充実した機能も魅力です。上下LED照明などデザインと、使いやすさを両立した機能もあります。

気になった方は、是非TOTOのショールームに足を運んでみてください!

⇒TOTOの洗面化粧台「エスクア」を複数の業者にお見積り依頼ができるオススメのサービスはこちらです。