2020/09/07   洗面台

LIXILの洗面化粧台「ドゥケアカウンター」の特徴や価格、評判をプロ目線で紹介!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/lavatory/do_care/

出典:LIXILのショールームより

LIXILの洗面化粧台「ドゥケアカウンター」は、LIXILの洗面化粧台のカテゴリーの中では、病院や福祉施設から、公共施設、車いすの方がいる家庭向けの洗面化粧台となります。

LIXILは、元々別の5社が合体した会社ですが、洗面化粧台については旧INAXの技術が受け継がれています。そんなINAXの頃からの技術で、車いすの方にも配慮が行き届いている洗面化粧台が「ドゥケアカウンター」です。

今回の記事は、LIXILの洗面化粧台「ドゥケアカウンター」について、特徴や価格、評判や口コミなどを、住宅設備メーカー勤務のプロの目線を交えて解説していきます。

「ドゥケアカウンター」の価格・サイズなどの基本情報

まずは「ドゥケアカウンター」の基本情報について見ていきます。

価格 170,000円~580,000円
間口(幅) 750mm・900mm・1000mm・1200mm・オーダー(タイプにより異なる)
高さ 1850mm・1900mm(ミラー設置時高さ)
引き出しタイプ 引き出し無し
ミラーキャビネット 3面鏡・1面鏡
カウンター材質 人造大理石(ポリエステル樹脂製)
洗面ボール種類 4種類(4シリーズで各1種類)
水栓 2種類(車いす対応ストレートコンボタイプ・ラウンドコンボタイプ)・2種類(自立歩行者向けコンボタイプ)・3種類(車いす対応ストレートフリータイプ)
カウンターカラー 1色
扉カラー 5色(車いす対応ストレートコンボタイプ)・2色(車いす対応ラウンドコンボタイプ)・1色(自立歩行者向けコンボタイプ)・扉なし(車いす対応ストレートフリータイプ)
スポンサー広告

「ドゥケアカウンター」の特徴

それでは、LIXILの「ドゥケアカウンター」の洗面化粧台についての特徴を見ていきましょう。

商品コンセプトは「病院・福祉施設から公共施設まで暮らしを機能で支える洗面カウンター」となっています。

「ドゥケアカウンター」は、全4シリーズあります。居室空間向けでの3シリーズ(使われる方の要介護度に応じた)と、共有空間向けの洗面で1シリーズです。

居室空間向けのシリーズ

車いす対応で2タイプと、自立歩行ができる方向けで1タイプあります。

車いす対応向けの2タイプ

  • 「車いす対応ストレート・コンボタイプ」

洗面ボウルの形状が、四角い形状になっています。ボウル面積が大きく、ゆっくりワイドに使えるカウンターです。

  • 「車いす対応ラウンド・コンボタイプ」

洗面ボウルの形状が、手前側が丸みを帯びた形状になっています。介助する人も、手助けがしやすいような形状で、奥行もストレートタイプに比べて15mm短く設計されています。要介護度が比較的高い方でも使いやすい洗面化粧台です。

自立歩行者向けの1タイプ

  • 「自立歩行者向けコンボタイプ」

自分で立って生活ができる方向けの洗面化粧台です。車いす対応タイプに比べて、奥行440mmとコンパクトに設計されています。

共有スペース向けのシリーズ

  • 「車いす対応ストレート・フリータイプ」

共有スペース向けで、最大3つのボウルまで連結させることができるカウンターです。サイズは900mm~最大で3,000mmまで間口に合わせてミリ単位でオーダーが可能です。

車いすの方も、自立歩行できる方も両者で使いやすい形状になっています。

「ドゥケアカウンター」のカウンター・ボウル

上記で解説した4つのシリーズで、カウンターボウル形状が異なっていますので、それぞれで解説していきます。

車いす対応ストレート・コンボタイプ(概要)

居室向けで、車いすを利用される方向けの洗面化粧台です。洗面ボウルの形状は、その名の通りストレート、スクエア型になっています。

排水口は向かって右側にあり、水が片側一方向へ流れるため、洗面器全体を広く使うことができます

また車いすに乗りながら水栓へ手を伸ばすと、ひじが当たらないような設計になっておりストレスが軽減されています。

そして、洗面器を支えにしながら立ち上がることも考えられています。カウンターの手前側を持った時に、手のひらに沿うような滑らかなカーブ形状で、安心してつかまることができます。

幅は750mm900mmの2種類があります。奥行はどちらも605mmで、洗面化粧台のカテゴリーの中では、奥行きが深く広く使える洗面化粧台のカウンター形状です。

ボウルの幅は600mmあり、奥行だけでなく、幅もゆったりとしたボウルです。

またオプションで、手すりを設置することができます(本体幅900mmのみ)。普段杖を使っている方などが、身体を支えながら洗面を使用することができます。隣接してタオル類を収納するキャビネットも設置できます。

車いす対応ストレート・コンボタイプ(機能)

洗面器とカウンターにつなぎ目のない、一体型構造になっていますので、お掃除が楽な形状を意識して設計しています。

また排水口の上部には、石鹸等の濡れるものを置ける「ウェットパレット」が標準で付いており、使い勝手の良い形状です。また、向かって右側のカウンターは、「ドライスペース」となってタオルなどを一時置きできるスペースになっています。

排水口は、ポップアップの「ラクとれヘアキャッチャー」になっています。髪の毛が詰まりにくく、取れやすい形状でお手入れが簡単です。凹凸も少ない形状のため、ブラシで掃除もしやすいです。

車いす対応ラウンド・コンボタイプ(概要)

こちらのカウンターは、ボウル部が手前側に出てきている丸みを帯びた形状です。

この形状になっている理由は、使用者だけでなく介助者にも使いやすい形状として工夫されているためです。

写真のように、横に立って作業をする際に、使用者に近づきやすいようにカウンター部分の奥行がコンパクトになっています。

ボウル形状も、ストレートタイプと同様、車いすに座ったまま水栓へ手を伸ばす際に、ひじがあたらないようカーブ形状になっています。これにより使用中も勿論、洗面器を支えにしながら立ち上がる時に、手のひらに沿って安心してつかまることができます。

幅は750mm900mm1,000mm1,200mmの4種類あります。奥行は洗面器を含めると590mmと広いボウル形状になっています。洗面器の幅は600mmと大きいサイズであり、様々なシーンに使い勝手の良い形状になっています。

車いす対応ラウンド・コンボタイプ(機能)

洗面器とカウンターにつなぎ目のない、一体型構造で清掃性が高い形状です。

排水口はダブル構造になっています。まず食べカスなどの大きなゴミをキャッチするための、大型のステンレス製の目皿があります。

その下には「てまなし排水口」があります。水はけのよい大口径サイズで、しっかり水の通り道を確保して、詰まりにくい構造になっています。

介護度がより高い方を想定して作られているため、ストレートタイプとは排水口の形状が異なっています。そして水栓がある正面は一段低い設計になっており、左右のカウンターは、「ドライスペース」となってタオルなどを一時置きできるスペースになっています。

 

オプションでは、手すりの設置や、カウンターコーナーの角に、軟性樹脂のクッション材が設置できます。

自立歩行者向け・コンボタイプ(概要)

一般的な洗面化粧台の形状に近しいタイプになります。

こちらのタイプの特徴は、奥行がコンパクトで居住スペースを最大限に活かすことができることです。介護施設の特徴でありますが、自立歩行ができる方の居住スペース内には、トイレがあることがほとんどです。そのため、トイレ横の狭いスペースでも設置ができるような、奥行がコンパクトな設計になっています。

コンパクトでありながら、様々な使い方ができます。椅子に座りながら手を洗う際には、ひじが引っ掛かりにくい、やわらかいカーブ形状になっています。このカーブは、身体を支えるときに、つかみやすい形状にもなっています。

洗面化粧台本体の幅は、750mmのみです。洗面ボウルは奥行400mm、幅が450mmでコンパクトながら、手を洗ったり歯を磨いたりするには十分な大きさです。

自立歩行者向け・コンボタイプ(機能)

洗面器とカウンターにつなぎ目のない、一体型構造で清掃性が高い形状です。

また排水口は「てまなし排水口」になっています。水はけのよい大口径サイズで、しっかり水の通り道を確保して、詰まりにくい構造になっています。

車いす対応ストレート・フリータイプ(概要)

主に病院・介護施設向けの共有スペース向けに開発された洗面化粧台です。カウンター間口は、1mm単位でオーダーが可能で最大3連の洗面ボウルが設置可能です。

ボウルもカウンター長さによって、選択ができます。

  • 単体洗面器:間口800mm~1,800mm
  • 2連洗面器:間口1,550mm~2,400mm(洗面器間隔750mm : 1,550~1,950mm)(洗面器間隔900mm : 1,700~2,400mm)
  • 3連洗面器:間口2,300mm~3,000mm(洗面器間隔750mmのみ対応)

洗面ボウルの形状は、ストレート・コンボタイプと同様の形状をしていますが、洗面ボウルの幅が20mmコンパクトで、580mmとなっています。洗面カウンターの奥行は605mmで同じです。

洗面ボウルの形状は、排水口は向かって右側にあり、水が片側一方向へ流れます。それにより洗面器全体を広く使うことができます。また車いすに乗りながら、水栓へ手を伸ばすと、ひじが当たらないような設計になっています。

そして、洗面器を支えにしながら立ち上がることも考えられています。カウンターの手前側を持った時に、手のひらに沿うような滑らかなカーブ形状で、安心してつかまることができます

車いす対応ストレート・フリータイプ(機能)

洗面器とカウンターにつなぎ目のない、一体型構造になっていますので、お掃除が楽な形状を意識して設計しています。

排水口の仕様は、「ラクとれヘアキャッチャー」になっています。

髪の毛を受け取る箇所に、凹凸が少ないため、歯ブラシなどで掃除がしやすいです。

オプションで、手すりを設置することもできます。

 

介護度に応じてシリーズを決めましょう

「ドゥケアカウンター」は主に病院・介護施設向けの洗面化粧台になりますが、3種類あるシリーズは、使用者の介護度に応じて変えて設置しましょう

カタログ上では、車いす対応のストレートコンボタイプとラウンドコンボタイプは両方、要介護度5までおすすめと記載がありますが、個人的には要介護度が4~5と高い方が入居されるところには、「ラウンド・コンボタイプ」をおすすめします

理由は、3つあります。

  1. 1つは、介助する側が介助しやすい形状になっていることです。なかなか手を伸ばすことも難しくなってくると思われるため、使用者よりもむしろ「介助者が使いやすい洗面化粧台」である必要性が増してきます。
  2. もう1つは、排水口の形状です。ダブル構造になっていることで、ゴミなどのつまりに対応しやすいことと、ゴミが流れても水が溜まりにくい排水口になっています。万が一、ひとりで洗面を使っていて嘔吐などをして気を失った場合でも、洗面ボウルに水が溜まりにくい構造に工夫されています。そのため、排水バイパスの穴も、通常の洗面化粧台と比べて低い位置にあり、水が溜まらない構造になっています。
  3. 3つ目は、カウンターの高さが700mmを選択できる点です。

高齢の女性の方など身長が低い方が利用される際に、750mmでも高い場合が想定されます。700mmという高さは、一般的には少ないので、高齢の方に配慮された設計です。

 

洗面カウンター色

  • 車いす対応ストレートコンボタイプ・ラウンドコンボタイプ・自立歩行者向けコンボタイプ:プレーンネオホワイトのみ

  • 車いす対応ストレートフリータイプ:ピュアホワイト・グラニットブラック

水栓

「ドゥケアカウンター」で選択できる水栓は、タイプにより異なっています。

車いす対応ストレート・コンボタイプ、ラウンド・コンボタイプ

2種類から選択できます。

  • サーモスタット付自動水栓グースネックタイプ

手動スイッチ付きと、手動スイッチ・湯水切替スイッチ(サーモスタット付)両方付きの2種類があります。サーモスタットとは、温度調整機構のことを指します。手動スイッチ・湯水切替スイッチの水栓では、お湯を間違って高温にしないようお湯の温度を36℃に固定しています。

  • 吐水口引出式シングルレバーシャワー水栓(エコハンドル)

一般的な水栓の形状で、吐水とシャワーの切り替えができます。また引出式となっており、洗面ボウルを掃除する際に、便利な機能になっています。

またストレート・コンボタイプのみ、水栓のレバーを中央と、手の届きやすい右手前側に設置することができます

自立歩行者向け・コンボタイプ

2種類から選択できます。

  • 自動水栓(単水栓)

手をかざせば、自動で水が出ます。水はねの少ない優しい泡沫吐水になっており、使いやすさと節水性を兼ねています。この水栓は、お湯の切り替えはありません

  • シングルレバー混合水栓(エコハンドル)

こちらの水栓は、水とお湯の切り替えが手元でできる水栓です。グッドデザイン賞も受賞している水栓になり、デザイン性も高い水栓を採用しています。また、こちらの水栓は節湯水栓となっています。

車いす対応ストレート・フリータイプ

3種類から選択できます。

  • サーモスタット付自動水栓グースネックタイプ

手動スイッチ付きで、水を連続で出したい場合の操作は、根本のボタンで操作をします。サーモスタットとは、温度調整機構のことを指します。電気温水器付きの場合は、お湯の温度は36℃に固定されます。

  • サーモスタット式自動水栓

手をかざせば、自動で水が出ます。水はねの少ない優しい泡沫吐水になっており、使いやすさと節水性を兼ねています。この水栓は、お湯の切り替えはありません。こちらも電気温水器接続の場合は36℃固定です。

  • 吐水口引出式シングルレバーシャワー水栓

一般的な水栓の形状で、吐水とシャワーの切り替えができます。また引き出し式となっており、洗面ボウルを掃除する際に、便利な機能になっています。

エコハンドル(節湯水栓C1)とは?

節湯水栓とは、水栓のレバーを水と湯の切り替え位置が「カチッ」というレバーの感触でわかるようになっている水栓です。これにより、お湯を知らないうちに使わないようして、ガス代・電気代の削減に繋げることができます。量も同様、水量70%の位置で「カチッ」という感触でわかるようになっており、節水がしやすい水栓です。

また各種補助金の申請などにも使える仕様の水栓になります。こちらの水栓の省エネ性能は、意外にバカにできない効果があり、洗面化粧台にかかるガス代・水道代・下水代を約3割程度削減し、年間で約1,200円の節約効果があります。

ミラーキャビネット

LIXILの「ドゥケアカウンター」は、タイプごとに3面鏡か1面鏡の選択になります。各ミラーキャビネットの特徴を、順番に解説していきましょう。

車いす対応ストレート・コンボタイプ、ラウンド・コンボタイプ

  • 収納力の3面鏡(照明なし)

「ドゥケアカウンター」の3面鏡は、キャビネット上部が3面鏡、下部が1面鏡になっています。洗面ボウルが大きく設計されているため、3面鏡で圧迫感が出ないよう工夫がされています。

  • 1面鏡(照明付)

照明は、上部に付いておりLEDです。また着脱式のトレイが2段付いています。

そしてミラー全体は、くもり止めコートが施してあります。表面コーティングで、曇りを防止しており、電気を使わないため省エネになっています。

  • 1面鏡(照明なし)

シンプルな形状の1面鏡です。

自立歩行者向けコンボタイプ

  • 1面鏡(ロングミラー/LED照明)

中央にロングミラー、両サイドは収納トレイになっている1面鏡です。

照明は、上部に2個LED照明が付いています。また着脱式のトレイが2段付いています。

そしてミラー全体は、くもり止めコートが施してあります。表面コーティングで、曇りを防止しており、電気を使わないため省エネになっています。

  • 1面鏡(照明なし)

シンプルな形状の1面鏡です。

車いす対応ストレート・フリータイプ

  • 1面鏡(照明なし)

シンプルな形状の1面鏡です。

ベースキャビネット

「ドゥケアカウンター」のタイプごとで異なります。ベースキャビネットは3種類から選ぶことができます。

車いす対応ストレート・コンボタイプ

引き出しや収納はありません。車いすの動作をベースとしているため、側板を斜めにカットされています。それにより、車いすに乗ったまま洗面を利用しやすくなっています。

足元の蹴込部はさらに奥行が確保されており、足もぶつからないよう配慮されています。洗面カウンターの高さは床から、750mmのみです。

また、キャビネット内にオプションで小型電気温水器「ゆプラス」を設置することができます。この小型電気温水器は寒い日も、捨て水なくお湯をすぐに使うことができます。

車いす対応ラウンド・コンボタイプ

ストレートタイプに比べて、キャビネット側面板の奥行がコンパクトな設計になっています。より車いすで動きやすい形になっています。

そして側面板には、足をぶつけても衝撃を和らげるためにクッション材が付いている点も、配慮が行きわたっています。

また洗面カウンター高さは、700mm750mmから選択できます。身長に合わせて使い分けもできます。一般的には低くて750mmという高さまでが一般的であるので、700mmという高さは、身長の低い方が車いすに乗った時も使いやすいです。

また、キャビネット内にオプションで小型電気温水器「ゆプラス」を設置することができます。この小型電気温水器は寒い日も、捨て水なくお湯をすぐに使うことができます。

自立歩行者向けコンボタイプ

自立歩行者向けのキャビネットは、斜めにカットされています。この形状は、圧迫感を出さないことや、座って使う場合に足が当たりにくいこと、歩いているときに足を引っかけないように配慮されている形状です。

そして自立歩行者向けコンボタイプは、収納ができるが設置されています。オープンな棚で物が取り出しやすいようになっています。

この棚は、椅子などに座って洗面化粧台を利用したい際は、取り外しができるようになっています。

なお洗面カウンターの高さは床から、750mmのみです。

車いす対応ストレート・フリータイプ

車いすの方も使いやすいよう、オープンな設計になっています。配管などもオープンになっているため、オプションで配管カバーがあり、小型電気温水器なども含めて隠すことができます。

そして洗面カウンターの高さは床から、750mmのみです。

扉カラー

扉のカラー展開はタイプごとで異なります。

車いす対応ストレート・コンボタイプ

  • ハイグレード:バークライト・バークブラウン・バークブラック

材質はウレタンコート紙、側板色も同色にコーディネートされます。

  • スタンダード:ホワイト・シルクウッド

材質はウレタンコート紙、側板色はホワイトでコーディネートされます。

  • ハイグレードとスタンダードでの側板の見え方の違い

車いす対応ラウンド・コンボタイプ

  • ホワイト・クリエペール

材質はウレタンコート紙、側板色はホワイトでコーディネートされます。

自立歩行者向けコンボタイプ

  • ホワイト

材質はウレタンコート紙、側板板もホワイトでコーディネートされます。

「ドゥケアカウンター」の価格

「ドゥケアカウンター」の価格は、サイズやオプションの組み合わせ構成によって左右されます。また「ドゥケアカウンター」は、介護用の特殊な商品のため、大幅な値引きは期待できないと思われますが、大型病院や介護施設での大量発注の場合は、値段を考慮してくれることもあります

また洗面化粧台の場合は、新築時は商品代に加えて施工費用、リフォーム時はさらに既存の洗面化粧台の撤去・処分費用が加算されますので、正確な価格については一度お見積もりを取得されて検討されることえをおすすめします。

⇒LIXILの洗面化粧台「ドゥケアカウンター」を複数の業者にお見積り依頼ができるオススメのサービスはこちらです。

  • 各タイプでの目安価格(表記価格はベースの目安定価)
車いす対応ストレート・コンボタイプ(幅750mm) 190,000円~
車いす対応ラウンド・コンボタイプ(幅750mm) 193,000円~
自立歩行型コンボタイプ(幅750mm 161,000円~
車いす対応ストレート・フリータイプ(幅800mm) 180,600円~

※こちらは組み合わせ・洗面化粧台本体幅によって、金額変動します

「ドゥケアカウンター」の口コミや評判

「ドゥケアカウンター」を実際に設置された方のブログなどから、口コミをみていきましょう。

吉川市T様邸では、お子様3人を含め5人のご家族がお住まいになっており、朝の時間帯など、使用時間が重なりがちのため、当初より洗面器を2つご希望されていました。

今回使用したのは、LIXILのドゥケアカウンターです。

商品の特徴としては、洗面器一体型のカウンターとなっており、つなぎ目もなく、お掃除も楽々です。

カウンターだけで使用すれば、車椅子のかたも使えるようになっております。

T様邸では、このカウンターを使用し、下の収納は造作の開き扉としています。

フリータイプのバリエーションは製作可能な範囲内で、1㎜単位で注文できます!

洗面台の左側には、オープンの棚や、普段使うタオルや下着などをたっぷり収納できる

開き扉を造作。 収納の下はあえてオープンにし、そのスペースを猫のトイレスペースとしています。

猫のトイレスペースを確保されたい、というご要望もよくいただきます。

玄関入ってすぐや、普段よくいるリビングより、洗面所スペースがおススメです!

出展:https://www.okuta.com/blog/i003/2038

まとめ

「ドゥケアカウンター」は、LIXILの洗面の中では病院や介護施設向けに設計されている洗面化粧台です。しかし、口コミに記載したように家庭でも使っていただくとこができます。

ご自宅で介護されている方などは、配慮がされている設計に助けられること間違いありません。介護施設の方も、要介護度や入居される方に合わせたタイプで選んでいただけると、入居される方に喜んでもらえるのではないでしょうか。

また設置事例でご紹介したように、2連~3連カウンターでミリ単位でオーダーできるフリータイプは、造作部材と組み合わせると、リーズナブルにオーダー洗面を作るという工夫もできます。大家族などで、大きめの造作での洗面化粧台を考えられている方にもおすすめできます。

⇒LIXILの洗面化粧台「ドゥケアカウンター」を複数の業者にお見積り依頼ができるオススメのサービスはこちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告