クリナップのキッチンシリーズの特徴や価格、評判をプロの目線で紹介!

auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

–家づくりはカタログ一括請求から始めよう!–

本文に入る前に、マイホームを考えているあなたに向けて重要なことをお伝えします。

マイホーム作りでまず初めにやらなければいけないこと、それは「住宅メーカー選び」です。

土地探しよりも、資金調達よりも、まず初めに住宅メーカーを探すことが大事。というのも、依頼する住宅メーカーに関して後悔する声が後を絶たないからです。

建てた後に後悔してしまわないように、初めの段階でメーカーの比較を十分に行っていきましょう。

でも全国各地に無数にある住宅メーカーからどれを選べばいいかわからない

という問題が出てきますよね。

そこで活用してほしいおすすめサービスが、東証一部上場のリクルートが運営するカタログ一括請求サービスです。

カタログ一括請求サービスを利用すれば、条件に合うおすすめ住宅メーカーのカタログが一括で届きます。しかも無料

予算や住宅のテーマ、シニア向けやエコ住宅などの条件を選択できるので、あなた好みの住宅メーカーを探すことが可能です。

ぜひ一括請求で理想のハウスメーカーを探してみてくださいね!

SUUMOでカタログを一括請求してみる⇒

出典:https://cleanup.jp/kitchen/

「クリナップ」は、ステンレスに特化したキッチンメーカーです。

創造的な商品を打ち出し、キッチン業界をリードしてきました。

「システムキッチン」という和製英語もクリナップによって作られました。

このページでは、クリナップのキッチンについて、キッチンメーカーに勤める管理人の「プロの目線」を交えて解説していきます。

ステンレスを得意としたクリナップ

クリナップは、ステンレスを得意とする住宅設備機器の専門メーカーです

主に商品は、システムキッチン・システムバス・洗面化粧台を取り扱っています。

1949年の創業以来、業界初となる商品を多く世に輩出し、業界のスタンダードとなるものを生み出してきました。

そもそも「システムキッチン」という言葉は、クリナップが作った和製英語です。

クリナップは、キッチンが一番の主力商品で、ステンレスに特化しているのが特徴です

ステンレスの加工技術も特化していて、他社には真似できないような、独創的な商品があります。

主婦モニターの意見を積極的に取り入れ、主婦目線での使いやすさを追求した商品が多くあります。

グレード別キッチンシリーズの特徴

続いて、クリナップのキッチンのシリーズを紹介します。

クリナップは、たくさんの種類のキッチンを持っています。

メインとなるキッチンは主に3種類です。

高価格帯に「CENTRO(セントロ)」、中価格帯に「クリンレディ」、低価格帯に「ラクエラ」を持っています。

CENTRO(セントロ)

画像引用:https://cleanup.jp/kitchen/rakuera/

「CENTRO(セントロ)」は、クリナップのキッチンの中で最上級ランクのキッチンです。

「キッチンを暮らしの真ん中に」というコンセプトのもと、細部に渡りキッチンに立つ人の動きを考えています。

中でも「クラフツマンデッキシンク」は、他社にはない斬新なデザインです。

ステンレスのシンク部分が、独立してキッチンの上に乗ったような形をしています。

クリナップの特徴的な商品「流レールシンク」「ステンレスキャビネット」を標準仕様としています。

セントロについて詳しくは、こちらで説明してます

クリンレディ

「クリンレディ」は、クリナップの中価格帯のキッチンです。

1983年発売で、システムキッチンとして日本一のロングセラー商品です。

クリンレディは「CENTRO(セントロ)」同様に、「流レールシンク」や「ステンレスキャビネット」を標準装備しています

使いやすさと清掃性、収納力を追求したキッチンです。

クリンレディについて詳しくは、こちらをご覧ください

ラクエラ

画像引用:https://cleanup.jp/kitchen/rakuera/

ラクエラは、クリナップの低価格帯のキッチンです。

「楽(ラク)に選べる(エラ)キッチン」というコンセプトを持ち、キッチンのシンプルさを持っています。

豊富な扉カラーにより、部屋のインテリアを楽しむことができます。

ラクエラについて、詳しくはこちらを参考にしてください

クリナップのキッチンの価格帯を比較

それぞれのキッチンシリーズごとに価格を比較してみましょう。

【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒

ここで言う金額とは、メーカー参考価格(定価)で、キッチンの本体価格です。

クリナップのキッチンの中でも、CENTRO(セントロ)は仕様によって金額が大きく変わります。

逆に、本体価格が安いアレスタシエラを選んで、キッチンの形や加熱機器・食洗機等の設備機器を良い仕様にするという手もあります。

しかし、実際には上記の金額に工事費がプラスされたり、逆に値引きが入ったりして、リフォームの総額が分かりにくいのが現状です。

キッチンリフォームで実際にかかる費用を知るには、業者から見積もりを取ってみるのが一番です

このとき、見積もりは、必ず複数の業者に依頼するようにしてください。料金は、リフォームの内容だけでなく、業者によっても異なります。

複数の業社から見積もりを取ることで、リフォーム費用の相場や、適正な価格が見えてきます。

⇒こちらから複数の業者に見積もりをとることができます

クリナップの特徴的な商品

クリナップは、ステンレスやものづくりへのこだわりを持ったメーカーです。

さらに、実際にキッチンを使うにあたって重要な清掃性・使いやすさも重視しています。

様々なこだわりが詰まったクリナップの特徴的な商品を紹介します。

ステンレスキャビネット

クリナップの上位シリーズでは、「ステンレスキャビネット」を標準仕様としています

キャビネットとは、キッチン本体の箱の部分を指します。キッチンの引き出しを引き抜いたとき、本体の躯体となるキャビネットの部分が見えます。

他のメーカーではほとんどの場合が木でできています。

キャビネットをステンレスで作ることにより、カビやニオイをつけにくくしています。

そうすることで、キッチンを清潔に保つことができ、長寿命になります。

湿気や熱にも強く、ゴキブリなどの虫が寄り付きにくいという特徴もあります。

流レールシンク(ながれーるしんく)

画像引用:http://cleanup.jp/kitchen/centro/function/sink.shtml

「流レールシンク」は、シンクの中のゴミが自然と排水溝に流れやすいよう形成されたクリナップ独自のシンクです

シンクの中で、ゴミがたまりやすいところを水が通って流れていきます。

普段の手洗いや皿洗いの水で、勝手にどんどんシンク内のゴミが流れていきます。

流レールシンクの特徴をみていきましょう。

調理スペース側排水口

流レールシンクは、調理スペース側に排水口を設置しています。

シンクより右に調理スペースがある場合は右側に、シンクより左に調理スペースがある場合は左側に排水口が位置します。

調理スペースで出た野菜クズなどのゴミを、調理中でもサッとゴミを排水口に捨てることができるよう設計されています。

手前勾配

流レールシンクは、「手前勾配」という、水が手前に流れてくる作りにしています。

一般的なシンクは、排水口がシンクの奥にあるため、水はどんどん奥に流れていきます。

そうなると、手前に野菜くずなどの「ゴミだまり」ができてしまいます。

手前勾配にすることで、手前にあるゴミだまり部分に水が通って、自然と排水溝に流れていく仕組みになっています。

水路代わりのレール

手前に流れた水はレールを伝って排水溝に流れます。ゴミを流すために無駄な水を使う必要がなく、節水にも繋がります。

一体成型(いったいせいけい)の排水口

シンクの排水溝部分は、ステンレスの一体成型となっているため、お手入れがしやすく、清潔に保つことができます。

一体成形とは、一枚のステンレスをギュッとしぼったような加工で、継ぎ目がなくお掃除がしやすいです。

これは、ステンレスの加工技術に特化したクリナップならではの特徴です。

とっても静かな静音シンク

シンク内の水の音が非常に静かです。

シンクの底が静音構造になっています。

図書館並みの静けさを再現するため、調理作業をしながら会話を楽しむことができます。

お皿を洗っている時に、テレビの音が聞こえない、などの悩みがなくなります。

洗エールレンジフード

画像引用:http://cleanup.jp/kitchen/centro/function/rangehood.shtml

洗エールレンジフードは、業界初の全自動でフィルターを洗浄する換気扇です

洗エールレンジフードでは、風を起こすファンの部分と、油をキャッチするフィルターの部分が1つになり、「ファンフィルター」というパーツになっています。

ファンフィルターの掃除は簡単で、備え付けの給湯トレイにお湯をセットし、洗浄ボタンを押すと、自動でフィルターを洗浄します。

あとは、汚れて出てくるお湯を捨てるだけなので、非常に楽に掃除が完了します。

洗剤も不要なため、コストもほとんどかかりません。

「キッチンの掃除で、最も大変な部分はレンジフード(換気扇)」というアンケート結果が出るほど、換気扇の掃除は大変です。

年末に換気扇のフィルターを、一生懸命掃除している家庭も多いのではないでしょうか。

手洗いの時間や、使う水の量を比べると、洗エールレンジフードを使うことで圧倒的に節水・時短になります。

 

美コート

画像引用:http://cleanup.jp/kitchen/centro/function/rangehood.shtml

「美コート」は、油汚れが非常に落ちやすいコーティングです

美コートは、親水性のコーティングで、油汚れの下に水が入り込みます。

落としにくい油汚れも、サッと水で流すことができます。

また、美コートはセラミック系のコーティングであるため、非常に丈夫です。

キズに強いため、長く美しさを保つことができます。

「激落ちくん」のような、研磨の強いメラミンスポンジでも、気にせず使うことができます。

 

ステンレス扉

クリナップはステンレスに特化しているため、豊富なステンレス扉を持っています。

ステンレスの扉にすることで、キッチン全体に重厚感を出し、エレガントな印象を与えることができます。

独自のステンレス印刷の技術を用いて、他社にはない扉カラーも揃えています。

クリナップのキッチンの評判、口コミ

では、実際にクリナップのキッチンを購入した方の評判、口コミをみていきましょう。

セントロってキッチンが出てて、以前見た時はこんなキッチン無かった気がする!?と思い調べてみたら、2018年2月より販売スタートすると言う新商品でした。

このセントロはカッコいい!今までのどこか垢抜けないクリナップのキッチンとは違う。

そう思ったので、トーヨーキッチンのショールームに行ったその日に、クリナップのショールームも見てきました。

実際に見て、デザインも良くなってて排水口の掃除も1番楽そうだし、何よりステンレスキッチンとしての信頼度抜群!

引用:http://nekonekocube.com/archives/2018/02/07_1855.html

まず、クリンレディにした決め手は、キャビネットの中もステンレス、自動で洗ってくれるレンジフード、キッチンの前側全面に収納のある物にしたのですが、このデザインが好みだったことです。
ワークトップは、ズボラで丁寧な扱いが不得意なので、初めからステンレスに決めてました。
三角コーナーも付けましたが結局、流レールシンクのおかげで細かいクズが三角コーナーの下にある排水溝に流れて行くのでクズが排水溝に溜まります。なので、二度手間かと思います。
私の場合は、三角コーナーをずっと使ってきたので、流レールはいらなかったかもって思ってます。
あとは、キッチンの前側の全面収納がすっきりしていいのですが、収納の場所によって奥行きが違うのが使ってみて分かったので、これなら結構な値段もしたので、大工さんに作り付けで作ってもらっても良かったかなって後悔してます。でも、デザインはめちゃ好みです。

引用:https://goo.gl/a77PVX

シンクの下にはよく使うまな板や包丁を収納でき、IHの下には大きなフライパンや圧力鍋もすっぽり入る余裕のある広さが気にいっています。

少し高さのあるお醤油のボトルやパスタの保存ケースなども立てたまま収納することも可能です。

そして何より気にいっているのが、ゆっくりと閉まる「サイレント&フルエクステンションレール」です。

勢いよく閉めても最後の10cmくらいになると衝撃を吸収し、静かに閉まります。

この機能はオプションなのですが、忙しく動き回ってしまう私にはぴったりの機能です。

指を挟むことも少なくなり、とても重宝しています。

カラーは比較的落ち着いているものからカラフルなものまであり、従来の部屋に合った雰囲気のものを選べるというところも魅力です。

引用:http://reformsite.jp/blog-entry-440.html

クリナップはステンレスを得意とするメーカーだけあって、ステンレスに対する信頼は大きいようです。また、クリナップ独自の「流レールシンク」も、主婦モニターの意見から生まれたシンクだけあって、評判が良いようです。収納力に優れている点も、クリナップの特徴です。

クリナップの商品は、リフォーム経済新聞のリフォームの「プロ400名が選んだおすすめのキッチンランキング」にて、リフォーム大賞を受賞しています。

グレードごとに、高級価格帯(約40万~180万)、中級価格帯(約30万~140万円)、普及価格帯(約20万~100万円)の3つに分けて集計されていますが、上からそれぞれS.S.(セントロの前モデル)、クリンレディラクエラと3冠を達成しています

それも、数年連続で3冠達成しているため、業界内でも評判が良いことが伺えます。

まとめ

クリナップのキッチンは、主にステンレスに特化し、業界内でも評価の高いキッチンです。

主婦モニターなどを用いて、使いやすさ、清掃性などを徹底的に研究しているため、ユーザー目線に立った商品が多くあります。

ステンレスという素材の良さを魅力に感じたら、クリナップを検討してみてはいかがでしょうか。

無料で簡単にクリナップのキッチンを見積もりするなら、こちらがお勧めです。

 




【簡単1分】SUUMOで無料カタログを取り寄せる⇒