2020/10/05   洗面台

パナソニックの洗面化粧台「アクアファニチャー」の特徴や価格、評判をプロ目線で紹介!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

出典:https://sumai.panasonic.jp/dressing/aqua-furniture/

パナソニックの洗面化粧台「アクアファニチャー」は、パナソニックの洗面化粧台のカテゴリーの中では、スタンダードグレードで、コンパクトサイズのミニ洗面化粧台となります。

今回の記事は、パナソニックの洗面化粧台「アクアファニチャー」について、特徴や価格、評判や口コミなどを、住宅設備メーカー勤務のプロの目線を交えて解説していきます。

「アクアファニチャー」の価格・サイズなどの基本情報

まずは「アクアファニチャー」の基本情報について見ていきます。

価格 120,700円~
間口(幅) 500mm(洗面ボウル幅)
カウンター高さ 800mm(キャビネットタイプのカウンター上高さ)
引き出しタイプ 扉タイプ
ミラーキャビネット 1面鏡(3種類)
カウンター材質 人造大理石(ポリエステル樹脂)
洗面ボール種類 1種類
水栓 2種類
カウンターカラー 3色
扉カラー 3色
スポンサー広告

「アクアファニチャー」の特徴

それでは、パナソニックの洗面化粧台「アクアファニチャー」について、特徴を見ていきましょう。

商品コンセプトは「スタイリッシュなデザインでさまざまな空間に使える洗面化粧台」となっています。コンパクトな形状でお求めやすい価格と共に、様々なアレンジで空間インテリアにコーディネートしやすい洗面化粧台です。

それでは、「アクアファニチャー」の特徴を順番にみていきましょう。

洗面ボウル

「アクアファニチャー」の洗面ボウルは、1種類です。

材質は、人造大理石(ポリエステル樹脂)になっており、割れにくい材質であるとともに、お手入れもしやすい素材です。通常、「アクアファニチャー」のような洗面ボウルでは陶器製が主流ですが、パナソニックは人造大理石を採用しています。

またボウルの大きさは、幅500mm奥行きが350mmのスクエア型です。

どんな空間にも合うシンプルデザインであると共に、洗面ボウルとして使うことができる最小限の寸法である500mmは確保してあります。

これにより、「コンパクトさ」と「小さすぎて使いにくくならない」、バランスを取っています。

また水栓の立ち上がり部分については、幅100mmのスペースを確保しています。この場所にハンドソープなどを置くことができます。

端部については、水がこぼれ落ちないよう少し上がっている設計になっています。

またコンパクト洗面でありながら、ボウル容量は4L・深さは110mmありますので、手を洗ったりする際も、ストレスなく使うことができます。

洗面カウンター色

洗面ボウルカラーはホワイトのみです。

排水口の仕様

排水口は、ポップアップ排水栓で、簡易的なヘアキャッチャーの仕様になっております。

プランニングにおける組み合わせ方法

アクアファニチャーには、大きく分けて3種類の使い方があります。

  • ハンギングタイプ:洗面ボウルをシンプルにそのまま壁付けにして使うタイプです。
  • カウンタータイプ:洗面ボウルをカウンターに乗せて「ベッセル型」として使うタイプです。
  • キャビネットタイプ:キャビネットに乗せて使うタイプです。

それでは、各々の特徴や使い方例も合わせて紹介していきます。

ハンギングタイプ

「見せるオシャレ」を追及して、スタイリッシュなインテリアに仕上げたい方におすすめのプランです。また、カウンターやキャビネットが単純にないため、価格も安価に仕上がります。

使う場所としては、トイレの手洗いとして、または玄関の手洗いとしてプランニングすると良いでしょう。

ハンギングタイプの場
合は、排水管は3種類あります。その中の、デザイン上「ボトルトラップ」を選ぶとスタイリッシュな印象が創り出せます。なお、その際は排水方法が壁排水になりますので、壁排水にしてもらうことを、住宅会社に相談しておきましょう

カウンタータイプ

カウンターの上に、「アクアファニチャー」を乗せてベッセル型として使うタイプです。

カウンターは、標準品との組み合わせと、自由なカウンターとの組み合わせどちらでも可能です。

  • 標準カウンター

標準カウンター幅は900mmのみで、現場にてカットして長さ調整を行うか、そのまま900mmで使うことになります。

また標準カウンターの色は、3色あります。

エクセルダーク色・エクセルライト色・ミスティホワイト色

  • カウンターとの組み合わせ


また上の写真のように、様々な形状や材質のカウンターを組み合わせることが可能です。

ただし、ここで注意としては、洗面ボウルがコンパクトであることから水が垂れることを想定して、カウンターを選びましょう

無垢材などをカウンターとして使用すると、水を吸ってカビなどの原因になりますので、耐水の木製カウンターか、タイルのようなカウンターで仕上げることが良いでしょう。

木製カウンターであれば、同じパナソニックの建材シリーズ「ベリティス」で、「耐水インテリアカウンター」という商品が販売されています。

この耐水インテリアカウンターは、「アクアファニチャー用の穴加工」ができますので、納まりもぴったりです。

 

耐水インテリアカウンターとの組み合わせ

「ベリティス」の「耐水インテリアカウンター」は、色によって材質が「アカシア」「ゴム」という水に強い木材を使っています。

パナソニックでアクアファニチャー用の加工を施して、出荷された場合は穴の部分まで防水加工がされています。これにより、カビや腐食の可能性をほぼなくします。

また、サイズのオーダーも1mm単位で可能です。

そして、耐水インテリアカウンターの色は10色から選ぶことができます。

アカシア集成材

 

ソフトウォールナット色・ウォールナット色・チェリー色・しっくいホワイト色

ゴム集成材

ソフトチェリー色・オーク色・ソフトオーク色・メープル色・ホワイトオーク色・ホワイトアッシュ色

なお、ベリティスシリーズの内装ドアなどで使われているカラーは、シート材質となっています。耐水インテリアカウンターは、アカシア材のクリア塗装となっており、色合いが若干異なります

 

キャビネットタイプ

キャビネットタイプは、家具のような形で「アクアファニチャー」を置くことができます。

キャビネットは1種類のみです。上段には、オープンな収納があり、トイレットペーパーや飾りを置くことができます。下段は片開き扉の収納になっております。

キャビネットカラーについては、3色あります。

エクセルダーク色・エクセルライト色・レイクグリーン色

なお、レイクグリーンを選択した場合は、側面・内部はホワイトになります。

カウンター高さ設計

カウンターの高さについては、キャビネットタイプは、床から800mmの位置です。

なお、カウンタータイプやハンギングタイプは、推奨高さは800mmとなっていますが、自由に変えることが建築側で出来ます。

水栓

「アクアファニチャー」で選択できる水栓は2種類となっております。

スワンネックシングルレバー

水栓の形状は、白鳥のような形状からこの名前になっています。

吐水のハンドルは、レバーがついており、回しやすい形状になっています。なお、節湯水栓ではありません。

ハンドル式単水栓

水栓の形状は、スワンネックシングルレバーと似ていますが、吐水のハンドルの形状が異なります。ハンドルでくるくる回す形状になっています。なお、節湯水栓ではありません。

節湯水栓C1とは?

パナソニックの水栓は「エコカチット」という名称が付いている水栓は、節湯水栓です。

節湯水栓とは、水栓のレバーを水と湯の切り替え位置が「カチッ」というレバーの感触でわかるようになっている水栓です。これにより、お湯を知らないうちに使わないようして、ガス代・電気代の削減に繋げることができます。量も同様、水量70%の位置で「カチッ」という感触でわかるようになっており、節水がしやすい水栓です。

また各種補助金の申請などにも使える仕様の水栓になります。こちらの水栓の省エネ効果は、意外にバカにできない省エネ効果があり、洗面化粧台にかかるガス代・水道代・下水代を約3割程度削減します。

ミラーキャビネット

パナソニックの「アクアファニチャー」は、コンパクト洗面のため1面鏡のみの選択になります。

1面鏡

 

鏡の形状が3タイプあります。

  • ロングミラー:幅245mm×高さ980mm
  • ショートミラー:幅325mm×高さ650mm
  • スクエアミラー:幅490mm×高さ490mm

「アクアファニチャー」の価格

「アクアファニチャー」の価格は、各キャビネットや色などの組み合わせ構成によって左右されます。また「アクアファニチャー」はスタンダードグレードの洗面化粧台であることから、下記の定価からのある程度の値引きは期待できると思います

また、建材のベリティスシリーズは、パナソニックの建材シリーズではスタンダードなため、こちらも合わせて、ある程度の値引きは期待できると思います。

そして洗面化粧台の場合は、新築時は商品代に加えて施工費用、リフォーム時はさらに既存の洗面化粧台の撤去・処分費用が加算されますので、正確な価格については一度お見積もりを取得されて検討されることえをおすすめします。

目安価格

幅500mm 120,700円~

「アクアファニチャー」の口コミや評判

「アクアファニチャー」を実際に設置された方のブログなどから、口コミをみていきましょう。

玄関に手洗いを設けました。

手洗い器を何にするか、5月は色々迷っていたのが懐かしいです。

大きさ、形、見た目もパーフェクトです。

こんな大きくなくてもいいかなぁ、と随分まよいましたが、やはりこの大きさ(500×350)は絶対に必要でした。

これ以上小さいと満足に手を洗えなかったと思います。特に小さい子供はね。

出典:https://ameblo.jp/summersnow2020/entry-12616157164.html

≪ 中略 ≫

今回は、コンパクトというより、オシャレに演出するために採用しました。

右側の写真のイメージに近いですかね。

こちらになります。

カウンターを1800×500で特注。カウンター上250㎜をモザイクタイル。タイルの上に、1700×1000の鏡を特注。照明はシンプルに仕上げました。

【タイル】INAX インテリアモザイク  窯変ボーダー

 

今回はこちらを採用しました

一般的に一戸建てには、2階に洗面化粧台を設けるケースは、数多くありません。

ただ、あったら、いいですよね。

そんな時には、『アクアファニチャー』を設置してみてはいかがでしょうか

出典:https://ameblo.jp/shinsetu-oval/entry-12299819736.html

まとめ

「アクアファニチャー」は、コンパクト洗面としてスタンダードグレードで、コンパクト性が売りの洗面化粧台です。インテリアに合わせながら、プランすることで活用できます。

インテリア性を重視すると、「造作洗面化粧台!」となりがちですが、機能面や価格面を考慮すると、セカンド洗面として「アクアファニチャー」は検討の1つに入れておくべき洗面化粧台と言えるでしょう。

一度パナソニックのショールームへ訪問して、ご自身の目で使いやすさを確かめてみてはいかがでしょうか。

⇒パナソニックの洗面化粧台「アクアファニチャー」を複数の業者にお見積り依頼ができるオススメのサービスはこちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告