アイランドキッチンのメリットやデメリット、価格や費用を徹底検証!

スポンサー広告
auiewo編集部
auiewo編集部
住宅・建設業界のライター歴8年の編集が主に執筆。必要とされる記事をわかりやすく執筆することを目指しています。

「キッチンをせっかくリフォームするなら、アイランドキッチンにしてみたい」と憧れる人は多いです。

アイランドキッチンは、非常に開放感のあるキッチンです。リビングとの一体感が強く、デザイン性が高いのが特徴です。ただ、アイランドキッチンは、その開放感ゆえに、料理の油はねや煙でリビングを汚しやすいです。また、価格が他の形のキッチンより高くなりがちです。

このページでは、アイランドキッチンのメリットやデメリット、価格について詳しく解説します。

アイランドキッチンを検討されている方は、ぜひ、参考にしてみてください。

アイランドキッチンとは

 

 

「アイランドキッチン」とよく聞きますが、どのようなものを指すのでしょうか。

なんとなくイメージは湧くと思いますが、その定義はあまり知られていません。アイランドキッチンとは何か、他のキッチンとの違いをみていきます。

アイランドキッチンとは、独立しているキッチンのこと

アイランドキッチンとは、「キッチン本体が壁に面しておらず、独立しているキッチン」のことをいいます。

アイランドキッチンの「アイランド」とは、島(Island)のこと。周りが海に囲まれてぽっこり浮かび上っている島のように、壁に面しておらず、独立しているキッチンを「アイランドキッチン」といいます。

ペニンシュラ型との違いは、壁に面しているか、いないか

では、ペニンシュラ型キッチンとの違いは何でしょうか。

アイランドキッチンとペニンシュラ型キッチンの違いは、「キッチンが壁に面しているか、いないか」にあります。

ペニンシュラ型キッチンとは、アイランドキッチンと同様にフラットな調理カウンターを持っていて、コンロ側もしくはシンク側のどちらかが壁に面しているキッチンのことです。多くの場合、壁はコンロ側にあります。

ペニンシュラ型キッチンの「ペニンシュラ」は、半島(Peninsula)を意味しています。

 

 

アイランドキッチンは、上述のとおり、キッチン自体が独立していて、その周りをぐるぐる回ることができます。

一方、ペニンシュラ型キッチンは、片側に壁があり、周りをぐるぐる回ることはできません。

 

 

このように、アイランドキッチンは、ペニンシュラ型キッチンと比べて、自由に周囲を動き回ることのできるキッチンといえます。

ペニンシュラ型キッチンについて詳しくは、こちらをご覧ください

対面ペニンシュラ型キッチンのレイアウトや使い勝手、価格や費用を徹底検証!

スポンサー広告

アイランドキッチンのメリット

ここからは、アイランドキッチンのメリットをみていきましょう。

 

開放感がある

アイランドキッチンのメリットのひとつは、非常に開放感があることです。

アイランドキッチンは、リビングとの間で、視線をさえぎるものが非常に少ないです。

アイランドキッチンの場合、リビングとキッチンを隔てる壁や吊戸棚が一切ありません。キッチンに立った時、視界にリビングの光景が広がっているイメージです。

開放感で、アイランドキッチンに勝るキッチンは他にありません。

 

リビング側とコミュニケーションが取りやすい

リビングにいる家族や友人とのコミュニケーションが取りやすいことも、アイランドキッチンの大きなメリットです。

アイランドキッチンは、リビングとの間に遮るものがありません。リビングにいる人と目を見て会話できます。さらに、キッチンの調理カウンターがフラットな形になっているため、配膳や片づけがしやすいです。小さな子供でも、簡単に片づけの手伝いができます。

また、アイランドキッチンは、周りをぐるぐる回れる構造になっていることから、リビングとの行き来もしやすいです。料理や食器の持ち運びに非常に便利です。

アイランドキッチンは、もはやリビングの一部。料理や洗い物をしながら、リビングで過ごす家族との団らんを楽しめる、究極のキッチンです。

 

ホームパーティーや子供との料理に最適

また、アイランドキッチンは、複数人の人で料理を楽しむのに最適です。アイランドキッチンなら、全ての方向からアクセスすることができます。そのため、ホームパーティーのとき、みんなで一緒に料理を楽しむことができます。また、子供と一緒に料理するにも最適です。

たとえば、ホームパーティーでは、2人が向かい合って野菜を切ることができます。1人がコンロで炒めものをしているとき、別の1人がコンロの横側から鍋に手を伸ばしこともできます。このように、ひとつのキッチンで役割分担をして、みんなで料理を進めることができます。

みんなでワイワイ料理を楽しめることも、アイランドキッチンの魅力のひとつです。

 

なんといってもオシャレ!

アイランドキッチンは、なんといってもオシャレです。ドラマのワンシーンや、モデルハウスにも登場するように、アイランドキッチンには空間をスタイリッシュに変える力があります

アイランドキッチンは、リビングの一部。各キッチンメーカーは、リビングの雰囲気にフィットする、おしゃれなデザインのアイランドキッチンを数多く作っています。

 

アイランドキッチンのデメリット

アイランドキッチンは、魅力的なメリットがある反面、デメリットもあります。実際にアイランドキッチンを設置しようと考えている場合、デメリットをしっかり理解する必要があります。

ここからは、アイランドキッチンのデメリットについて、みていきます。

 

油が飛散しやすい

アイランドキッチンの大きなデメリットのひとつは、料理中に、はねた油が部屋に飛散しやすいことです。

通常、料理中に油はねした場合、その汚れは、コンロ付近の調理カウンターや壁に付着します。しかし、壁に面していないアイランドキッチンでは、油がそのままコンロ付近の床に飛び散ります。そのため、アイランドキッチンでは、コンロの正面に、高さ20~30cmのガラスパネルを設置することが多いです。

ただ、それだけでは不十分。料理中の油は、私たちが思っている以上に飛んでいます。コンロ正面のガラスパネルを飛び越えてリビング側に飛んでしまうことも多々あります。

アイランドキッチンは開放感に優れているがゆえに、周辺の床を油で汚しやすいデメリットがあります。

 

匂いがリビング側に拡がる

また、アイランドキッチンは、匂いや煙がリビング側へ拡がりがちです。キッチンとリビングの間に遮るものがない分、料理中に発生する煙もリビング側に逃げてしまいます。

たしかに、コンロの真上には、換気扇があります。ただ、換気扇が全ての煙を吸いきれるわけではありません。

他の形のキッチンであれば、コンロ周りの壁によって、煙が周辺に流れるのを遮ることができます。一方、コンロ周りに壁が一切ないアイランドキッチンの場合、換気扇で吸い込みきれなかった煙は、リビングの方へと拡がってしまいます

また、料理中の煙は、匂いだけでなく油を多く含んでいます。これを「油煙」といいます。油煙は、換気扇の油汚れの原因。リビングに油煙が拡がると、匂いだけでなく油も一緒に拡がります。

リビングへと油煙が拡がるアイランドキッチンの場合、リビングのコンロに近い部分については、こまめな掃除が必要です。

 

キッチンの上を常にキレイにしなければならない

アイランドキッチンは、キッチンの上も常にキレイにしておかなければなりません

キッチンの上がリビング側からまる見えになります。普段から片づけていないキッチンでは、急な来客で困るのは必至。キッチンの上に散らかったものを隠す場所がありません。

アイランドキッチンの場合、調味料やキッチン道具は出しっ放しにせず、引き出しに片付ける習慣をもつことが、見た目の良いキッチンを保つための秘訣です。

また、調味料を小さなビンに入れ換える等の工夫を行い、インテリアとしてあえて見える所に置く、という方法もあります。

アイランドキッチンは、キッチンの上を常にキレイに整えておく点でも、他のキッチンと比べて手間がかかります。

 

広いスペースが必要

アイランドキッチンの設置には、広いスペースが必要なことも、デメリットのひとつです。

アイランドキッチンは、周囲をぐるぐる回れる分、両サイドに通路スペースが必要になります。通路スペースとして、最低でも片側につき60cm、合計1m20cmは必要です。ゆったりした通路にするなら、片側につき80cm、合計1m60cmはあった方が良いでしょう。

通路スペースを確保できない場合、アイランドキッチンの設置は難しいです。

このようにアイランドキッチンを設置するためには、様々な問題をクリアしなければなりません。

 

油はね、油煙の対策

ここでひとつ、油煙や油はねの対策を紹介します。

 

アイランドキッチンではガスコンロがおすすめ

アイランドキッチンに設置する加熱機器は、ガスコンロがおすすめです。

ガスコンロとIHを比較した際に、ガスコンロの方は上昇気流を発生させるため、効率よく油煙を換気扇まで運ぶことができます。上昇気流とは、暖かい空気が上方へ向かう空気の流れのことです。

ガスコンロは、加熱する際に実際に火が出るので、コンロ周りの温度が上がります。それによって上昇気流が発生し、油煙とともに真上の換気扇へと流れていきます。

一方、IHヒーターでは、電磁波を用いて鍋を加熱するため、コンロ周りの温度はそれほど高くなりません。よって上昇気流の発生も少なく、油煙はいろんな方向に散らばっていきます。

効率的に油煙を排気する点で、ガスコンロはIHヒーターに勝ります。

コンロ正面のガラスパネルは、背の高いものを使おう

リビングへの油はねを防ぐため、ガラスパネルは、背の高いものを使用することをオススメします

アイランドキッチンの場合、料理中の油はねの飛び散りを防ぐために、高さ20~30cmのガラスパネルがコンロ前に設置することが多いです。

しかし、料理中の油はねは、高さ20~30センチのガラスパネルを飛び越えることも多々あります。油煙も、ガラスパネルの上から、リビング側へと流れていきます。

そのため、調理カウンターと換気扇をつなぐ、背の高いガラスパネルの設置をオススメします。油や油煙がリビング側へ流れていくのを防ぐことができます。

アイランドキッチンの価格について

それではアイランドキッチンの価格をみていきましょう。アイランドキッチンの金額は他のキッチンよりも高くなりがちです。

 

アイランドキッチンの価格

アイランド型キッチンの価格は、各メーカー中価格帯のキッチンで120~180万円程度。他の形のキッチンと比べると高めです。

ここでの注意点は、カタログなどに載っているキッチンの価格は「メーカー参考価格」、いわゆる定価です。実際にリフォームする際には、キッチンの本体価格に値引きが入ったり、別途に工事費などがかかったりします。設備のグレードによっても、料金が大きく変わります。キッチンリフォームは、リフォーム費用の総額や、相場が分かりにくいのが現状です。

キッチンリフォームで実際にかかる費用を知るには、業者から見積もりを取ってみるのが一番です。このとき、見積もりは、必ず複数の業者に依頼するようにしてください。料金は、リフォームの内容だけでなく、業者によっても異なります。

複数の業社から見積もりを取ることで、リフォーム費用の相場や、適正な価格が見えてきます。

⇒こちらから複数の業者に見積もりをとることができます

なぜ、アイランドキッチンは高いのか

そもそも、アイランドキッチンが高価なのはなぜでしょうか。アイランドキッチンの金額が高くなる主な原因は、以下の通りです。

 

理由①調理カウンターが高価

アイランドキッチンの金額が高くなる原因のひとつは、「調理カウンター」です。

アイランドキッチンの場合、通常より大きなサイズの調理カウンターを使用します。大きな一枚ものの調理カウンターは、必然的に金額が高くなります。

 

理由②たくさんの部材が必要

アイランドキッチンの価格の高さには、使用する部材の量も影響しています。

アイランドキッチンは、壁がない分、リビング側から見える面をキレイに整えておく必要があります。キッチンの骨組みをそのまま見せるわけにはいきません。そのため、扉面材の化粧板や収納など、通常より多くの部材が必要となります。

また、キッチンの側面も同様にキレイに整えておく必要があることから、多くの部材を使用します。

アイランドキッチンは、使用する部材が多い分、価格も高くなります。

 

理由③センターフードが高価

アイランドキッチンで使用する「センターフード」も、他のキッチンのものより高価です。アイランドキッチンでは、換気扇をセンターフードにするのが一般的です。

センターフードとは、天井から吊り下がる形の換気扇です。加熱機器の真上に設置します。

さらに、センターフードは天井から吊り下げるために「吊ボルトの設置」という特殊な工事が必要です。この工事もプラスでかかります。

このように、アイランドキッチンは、高価な調理カウンターやセンターフード、たくさんの部材を必要とします。そのため、他の形のキッチンよりも価格が高くなります。

 

アイランドキッチン風のレイアウト

ここまで、アイランドキッチンのメリット・デメリット、価格について、お伝えしました。

アイランドキッチンは、開放感に溢れた、非常に人気のあるキッチンです。ただ、油や煙、価格などの問題を考えると、いまいちリフォームに踏み出せないかもしれません。

そこで、アイランドキッチン「風」のレイアウトを紹介します。アイランドキッチン「風」のレイアウトにすることで、アイランドキッチンのデメリットを補うこともできます。ぜひ、参考にしてみてください。

 

アイランド風I型キッチン

I型アイランド

 

アイランド風I型キッチンとは、周りに腰壁を作り、アイランドキッチンのようにしたレイアウトのことです。アイランド風I型キッチンでも、アイランドキッチンと同様に、周りをぐるぐる回ることができます。

また、リビング側から見て腰壁があるアイランド風キッチンなら、常にキッチンを片づけていなくてもOKです。腰壁が目隠しとなり、リビング側からキッチンの様子を見ることはできません。見えるのはキッチンに立つ人の上半身だけです。

腰壁は、リビングの油汚れや匂いの拡散の軽減にも役立ちます

価格の面では、たしかに腰壁を作る費用がプラスでかかります。しかし、キッチンの本体の価格はアイランドキッチンより安く済みます。そのため、設置にかかる費用を合計すると、アイランド風I型キッチンの方が安くなる場合が多いです。

ただ、腰壁を立てることで、開放感や複数人での料理のしやすさなどの面では、本来のアイランドキッチンと比べると劣ります。

 

アイランド風ペニンシュラ型キッチン

 

アイランド風ペニンシュラ型キッチンとは、アイランドキッチンと同様に、周りをぐるぐる回れるのが特徴です。

キッチン本体は、ペニンシュラ型キッチンです。ペニンシュラ型キッチンは壁に面していて、ぐるぐる回ることはできません。しかし、アイランド風ペニンシュラ型キッチンの壁は、独立しています。そのため、アイランドキッチンに近い使用感になります。

アイランド風ペニンシュラ型キッチンでは、コンロの横にある壁が、油はねや油煙がリビングに拡がるのを軽減します。コンロの正面に背の高いガラスパネルも設置すれば、その効果はさらに大きくなります。ただ、壁があることで、開放感は少し弱まります。

価格の面では、あまり期待できません。うまく利用できる既存の壁があれば良いですが、新しく壁を作るとなれば、それなりに費用がかかります。

ここで、それぞれのキッチンの特徴を表にまとめてみました。

/ / /
開放感
油はね・油煙の拡がり防止

(背の高いガラスパネルの場合)

(背の高いガラスパネルの場合)

手元の目隠し
価格の安さ

アイランドキッチンの設置が難しい場合、片づけに自信のない人やリフォーム費用を抑えたい人はアイランド風I型キッチン、油はね・油煙のひろがりを軽減させたい人はアイランド風ペニンシュラ型キッチンを検討してみてはいかがでしょうか。

なお、キッチンの設置に必要なスペースは、アイランド風I型キッチン・アイランド風ペニンシュラ型キッチン共に、最低でも片側につき60cm、合計1m20cm必要です。ゆったりした通路にするなら、片側につき80cm、合計1m60cmの通路スペースを確保しなければなりません。

設置する腰壁や、壁の厚みにより、より広いキッチンスペースが必要となるため、注意が必要です。

 

まとめ

アイランドキッチンは、非常に開放感があり、料理していて気持ちの良いキッチンです。そのスタイリッシュなデザインから、ついつい友人を自宅に呼びたくなる人も多いかもしれません。

ただ、アイランドキッチンには、油はねや片付けの問題などのデメリットもあります。「こんなはずじゃなかった」と思うことのないように、まずはデメリットをしっかり理解し、対策を立てましょう。

せっかくのキッチンリフォームです。後悔の無いキッチン選びをして、素敵な生活を送ってください。

アイランドキッチンをを無料で見積もりするならこちらがお得です。

 




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告